ほしぞloveログ

天体観測始めました。

タグ:BackyardEOS

4月13日の夜、まだ平日なのですが、晴れ渡っていたので色々試しました。ただし満月直後なので、23時頃までです。ASCOMの便利さがわかってきました。


BackYard EOS単体で:
BackYard EOSでもASCOM経由で赤道儀と接続できるので、ライブ映像を見ながら位置を調整できます。今回初めて気づきました。特に自宅などからリモートデスクトップで操作している時に便利です。その場に行ってAdvanced VXのコントローラーにさわる必要がなくなります。写真を見るとわかりますが、BackYard EOS上に赤道儀の方向指示コントローラーが表示されます。

IMG_1672



Stellarium単体で:
これは以前書いたことですが、ASCOM経由で赤道儀をコントロールして、Stellariumで見たい天体を指定すると自動導入してくれます。位置の微調整はできますが、遅いです。


Cartes du Ciel単体で:
これも以前書きましたが、こちらでもASCOM経由で赤道儀をコントロールして、天体を指定すると自動導入してくれます。位置の微調整ができ、速度も変更できるので、Cartes du Cielの位置と実際の撮影した画像の位置がズレていても素早く直すことができます。


AstroTortilaとBackYard EOSとCartes du Cielを組み合わせて:
今回これが書きたかったのです。AstroTortilalでASCOM経由で赤道儀とつなぎ、さらにCartes du CielでもASCOM経由で赤道儀とつないでおきます。AstroTortilalで画像の入力先をBackYard EOSにしておいて、解析をスタートすると、ものの1分くらいで解析が終了し、その時の撮影した画像から特定した位置をCartes du Ciel上に表示し、さらにAVXの位置情報とのズレをAVX側にフィードバックして、ズレを無くしてくれますこれは結構すごい!その際BackYard EOSのsettingでserverにセットするのを忘れないでください(設定を変えると一度BackYard EOSを再起動しないとAstroTortillaから認識されません)。 

screen_ASCOM


特にリモートデスクトップで遠隔操作しているとそのありがたみがわかります。離れたところから細かい調整までできるような感覚です。位置決めで何度も何度も試し撮りする必要がなくなるので、すごく楽です。


上の操作ができるようになった理由の一つが、新たに導入したサンワサプライ製のUSBハブUSB-HAC402BKにあります。現在リモート接続用に使っているStick PCにはUSBポートが2つしかついていないので、USBハブを使う必要があります。このハブはUSB3.0とUSB2.0を同時に繋いでも、USB3.0の速度が落ちないことを保証してくれているハブです。AS224MCをUSB3.0でEOS 60DとASCOM経由のAdvanced VXをUSB2.0で繋いで、何の問題もなく動かすことができました。簡単そうなことなのですが、これができないハブの方が多いと思います。少なくとも私が試した中では唯一このハブが実戦レベルで使うことができました。


2017/11/24 追記: Windows 10 Creator updateでアップデートしたらAstoroTortillaが使えなくなりました。症状と対処法はこちら。 

よく考えたら、天体関連の機器を揃えるのに必死で、ソフトウェアに全く予算を割いていないことに今更ながら気付きました。そうは言ってもフリーのソフトがすごく充実しているのも事実で、無理にお金をかける必要がないという意見も一理あります。それでも一部に有料ですごく有益なソフトもありそうなので、そこらへんを少しづつ揃えていこうと思っています。

そんなわけで今回はCanon EOSでの撮影の補助としてBackyardEOS(以下BYE)を使ってみます。バージョンはこの時点での最新の3.1.8です。でもまだ使い続けるかどうかはわからないので、まずは30日の試用版です。ユーザー登録が必要ですが、キーを手に入れれば30日間は無料でフル機能使えるようです。

接続は最初ちょっと戸惑ったのですが、EOS 60Dの場合、新しくもなく、そこまで古くもないので、一番下のドライバーでした。チェックを入れておけば次回からは選択する必要がなくなります。

まずは右の上の方のSettingボタンをおして、保存フォルダを指定し直すことと、保存されるファイル名の設定の見直しを行いました。ファイル名はデフォルトの

<target>_<frametype>_<duration>s_<iso>iso_<fstop>_<temperature>_<filter>_<timestamp>

から少し変えてカメラ名を追加し

<target>_<frametype>_<duration>s_<iso>iso_<fstop>_<temperature>_<filter>_<cameraname>_<timestamp>

としました。

次にやったことはピント合わせです。左上の5つ並んでいるボタンの真ん中を押します。ここでMagic Lanternでライブビューの露光時間の制限を外してあることがすごく役に立ちました。ただそのままBYEで見てるだけだとたとえMagic Lanternでライブビューの露光時間の制限が外れていても、PCの画面に映った空は暗いままで、明るい星を頑張って導入する必要があるのですが、この時点でカメラ側のライブビューのモニターに画面をオンにしてやってカメラのモニター上に画像を写してやると、PCの画面のライブビュー映像も露光時間の制限が外れて、限界まで明るくできます。星がたくさん入るので、適当なところに向ければ大抵星が見え、たとえ暗い星でもそれを使ってピントを合わせることができます。ちなみに映っている星はすばるの一部です。


IMG_0267


ピント合わせは画面の星像内をダブルクリックすると四角い枠が移動できるので、映っている星のところに枠を合わせれば、拡大された映像を右上の拡大図の中で「同時に」見ることができます。枠はもう一度ダブルクリックすると、そこの位置で固定できます。BYEのすごいところが拡大映像をもとにFWHM(Full Width Half Maximum: 半値全幅のこと)を計算してくれるので、数値を見ながら一番小さくなるように合わせ込むことができることです。上の写真では3.7(単位はpixel?)になっています。

ちなみにFWHMとは、そこで見える星の光の明るさの最大値の半分になるところの、全部の幅(この場合直径)がどれくらいになるかという意味で、鋭さを表すときなどによく使います。FWHMが大きければ鈍っていて(この場合直径が大きいのでピンボケ)、小さければ鋭い(直径が小さいのでピントが合っている)ということです。

下の写真は先の写真と同じ星でピント合わせをしていますが、ピントが少し外れている例です。FWHMはこの場合27.9とすぐに相当大きくなるので、非常に正確にピントを合わせることができます。

IMG_0269


撮影は左上の5つ並んでいるボタンの左から2番目を押します。撮影された画像はメモリーカードの中のみでなく、PC内にも直接書き込んでもくれるので、いちいち後から移動しなくていいのが便利です。撮影モードの説明は他のページでも解説が結構されているので、今回は他に譲りたいと思いますが、(ここから2016/12/14に段落最後まで追記)一つだけ。もしシャッターを切るときのミラーの動きの振動で撮影像がブレるようなら、画面右の真ん中らへんの「Mirror lock」に数字を入れてみてください。その秒数分だけミラーが上がってから撮影開始まで待ってくれるので、ブレの影響が少なくなります

写真は実際に撮影をしている最中で、5枚中3枚目を写しています。下にこれまで撮った写真のサムネイルも出ています。

IMG_0266


一つだけ、撮影を開始するのに最初うまくいかなく、ログの細かいところを読むとバルブモードにせよとあります。これまでの機種のようにシャッターの近くにある露光調整ダイヤルを回しても30秒までしかいかないので困っていたら、マニュアルモードからさらにモードダイアルを一つ進めると初めてバルブモードになるというところは、しばらく気がづかなかったです。まだ60Dを使い込んでいないのがバレバレですね。さらにBYE内での撮影設定の時の露光時間の選択によるのですが、逆にマニュアルモードにしないと撮影が開始しないこともあるので注意です。

ピント合わせが非常に有効で、Magic Lanternとの併用ですごく使いやすくなります。ファイル名での管理もすごく強力なので、手放せなくなる気がしています。


追記: 2016/10/21、次の日の牛岳遠征に備えている最中に、お試し版だとインターネットの接続が必須とのことで、最悪iPhoneのテザリング経由で接続はできるのですが、iPhoneのバッテリーの持ちなどのことも考え、製品版を購入しました。ASCOMでの接続に備えてPro版にしておきました。$50で、Paypal経由で支払いましたが、全く問題なくスムーズに購入ができ、ライセンス番号もすぐに手にでき、新たにインストールをし直すことなくライセンス番号を変えるだけで、試用版が製品版になりそのまま使うことができました。


 

このページのトップヘ