ほしぞloveログ

天体観測始めました。

カテゴリ:場所 > 小海

恒例の戦利品です。

小海町の星と空のフェスティバルは結局日帰りで帰ってきてしまったのですが、いろいろ手に入れてきました。と言っても品数があるわけではなく、今回はインパクトです。

まずはとにかくスリービーチのスーパーチビテレ。アマチュア天文界の過去を調べている際に知った旧御三家の存在と、天文界の一大事件。あの実物を思う存分触ることができます。


IMG_5578
見よこの勇士。電視観望も対応可能。

Vixenの31.7mmアダプターが取り付けられるので、ASIカメラもそのまま取り付けられます。焦点距離が260mmと短いのでASI224MCが良さそうです。カメラレンズでいいじゃないかという声が聞こえてきそうですが、スーパーチビテレだから面白いのです。

一つわからない部品があったので説明書(説明書も当時のものがきちんと付属です)によると地上プリズムだそうです。説明書には地上プリズムがつかないモデルもあるとのことで、これは最初からついてきているもののようです。

IMG_5579


他にも長さ8cmくらいの金属筒のみのレンズも何もない等倍ファインダー。これは現在の入門機の2つ穴ファインダーに繋がるところがあります。なんかもう涙が出てきます。

IMG_5581
中にネジが縦横についていて、十字の代わりになります。

微動経緯台は押し引きネジのコンパクトなもの。頑丈そうではありませんが、この軽さの鏡筒なら十分な気もします。これは実際に使ってみないとわからないですね。

IMG_5582




アイピースは12mmと5mmが付属。前オーナーによると、少し曇りがあるかもとのことですが問題なさそうです。それよりも5mmのアイピースのレンズ径の小さいこと小さいこと。覗くのが厳しそうですが、現在の31.7mmアイピースが使えるなら問題ないでしょう。

IMG_5583


もちろん天頂プリズムも2倍バローレンズも付属で、とても綺麗です。

IMG_5584


むしろ気になったのは、ケースの発泡スチロールにまだ2箇所の、物が入っていたような穴があることです。何だったんでしょうか。検索して画像を比べてみると、それぞれリング上の部品があったようです。一つはカメラアダプターのようなものなのでしょうか?

IMG_5567


あ、三脚もついてきましたが、これは純正のものなのかどうかはよくわかりません。ただ、今でも千円くらいで売ってそうなあまりに弱そうなものなのでこれは使わないと思います。とにかくスーパーチビテレは数少ない貴重品。見えても見えなくても大事にしたいと思います。


次のアイテムは手作りの星座Bino。cokin製のレンズを二つ使っています。枠は3Dぷりんたでつくったとのことです。ところで倍率はどうやって考えればいいのでしょうか?レンズには200-52mmと書いてあります。製作者の方は1.なん倍とか言っていたので、見た目にも多分2倍以下かと思います。これのいいとことろは接眼側のレンズの径がものすごく大きくて視野が広いこと。多少主軸をずらしても余裕で見えます。一方欠点はピントが固定なこと。うまく無限遠で焦点が出るかどうか一度試す必要があります。

IMG_5573

同じ店で実はNIKONのレンズを使った星座Binoも置いてました。こちらは他のと比べて全然歪みがないのがよくわかる素晴らしい逸品です。ただし値段も結構したので今回は見送りました。でも欲しかったかも。もうひとつCarl Zeissのレンズを使った星座Binoも置いてました。こちらは売り物ではないということ。かなり貴重なものらしいです。でも実際にはNIKONの方が見えはいいとのこと。私も両方とものぞかせていただいてそう思いました。

とにかくこれで星座Bino系は5個目。観望会で活躍してくれそうですが、流石に数が多すぎでしょうか。


もうひとつの大物はVixenのポルタです。ユーザー同士の交換会の場所で、赤道儀と共闘セットを買っていかれた方が、逆に引き取ってくれないかと持ちかけて来られたものでした。ポルタは丁度欲しかったのですぐさま手を上げて直接交渉と相成りました。アイピースとかの付属品も全てあるようです。微動ハンドルもフレキシブルに交換してあったのですが、一方のフレキシブルハンドルが嵌め込みのところで入り込んでしまっていて、抜き取ることができませんでした。あと、ピッチ方向のフリーストップがゆるすぎて鏡筒の自重でお辞儀してしまいます。バランス調整はもちろんですが、もう少し硬めの設定にする必要がありそうです。いずれも道具を使って調整します。

IMG_5577


あとは細かいものばかりです。ユーシートレードで格安アイピース。
IMG_5574


スリービーチと同じ方からファインダー台と1インチのアイピース用のカメラアダプター。拡大撮影用みたいです。
IMG_5575


最後は貰い物です。

IMG_5576


また今回も散財してしまいました。いずれもお小遣いの範囲内くらいのもですが、今年は星まつりが4回と数も多かったのでちょっと控えないと。

あと、皆さんとの楽しい会話はプライスレスでした。

 

小海の「星と空のフェスティバル」に参加してきました。色々迷った末、結局日帰りになったのですが、とても充実していました。

今回のメンバーは私Samと中2の娘Natsu、小6の息子Sukeの3人。妻も誘ったのですが、寒い、暗い、眠いと言ってついてきませんでした。でも場所は小海リエックスホテルというリゾート。一応妻も調べたみたいで、どんなところかは聞いてみたらいつの間にか知っていて、どうやら今回も我々に偵察をさせて、よかったら来年行くかもということみたいです。

金曜の夕方に無理して出発しようかどうか迷っていました。現地の天気予報を見ると晴れと出ています。でもNatsuの帰りが思ったより遅くて到着が夜中近くになりそうなので、結局その日の出発は諦め、土曜日の朝早くに出ることにしました(後で聞いたら金曜夜は現地は結局霧雨だったようです)。朝4時過ぎに起き、最後の積み込みをして、5時過ぎには出発です。富山からだと上信越道を使う上周りと、下道で松本に抜ける下回りがありますが、会場近くの道が上周りだと佐久ジャンクションからさらに無料の中部縦貫道が下に伸びていて、下道は20分くらいで済みますが、下回りだと最後のメルヘン街道が地図で見ると山越えのような感じで、ぐねぐね道が長く続きます。上周りの方が20分くらい早いとのことなので、高速代がかかりますが疲れない方を選んで上周りを選択しました。でも会場であった富山勢に聞くと、下回りできた人がほとんどで、道も問題なかったとか。それでもなぜか皆さん帰りは上周りで行くと言っていたので、やはりちょっと大変な道なのかもしれません。

IMG_5540

会場到着は丁度午前9時頃。今回のイベントの一つ、紅葉ツアーの方達がたくさんいましたが、会場はまだ人も少なく、出展しているお店もほとんど空いていません。開店の準備をしているのがミザールさんとケンコートキナーさん、今回星まつり自体に初参加というユーシートレードさんくらいだったでしょうか。ユーシートレードには丁度先週顔を出したので、挨拶だけしておきました。どうも開店は10時からと決まっているようです。9時半近くになるとほとんどの店が開き出して、一部では販売も始めていたみたいです。

IMG_5545

9時半からは開会式でしょうか、舞台の上で中学生の演奏など始まっています。この頃には人もたくさん集まってくるようになりました。

IMG_5546

会場は小海リエックス ホテルというシャトレーゼ系列のリゾートホテルで、屋外の会場と、ホテルの一室が講演会場になっています。屋外は、天文関連のお店や地元の食材や軽食などのブースがあるメイン会場と、その上のユーザー同士の交換会のエリアがあります。他に観望エリアがあったらしいのですが、天気が良くなかったのと、どうやら車で移動しなければならないようで、徒歩で途中まで行ってみたのですが場所がわからなくて結局諦めてしまいました。施設としてはこのあいだの京都の星をもとめて同様、リゾート地なので、星まつりとしてはかなり豪華な部類に入ると思います。特筆すべきは温泉で、ホテル宿泊者以外でも普通の日帰り温泉くらいの値段で利用することができます。入浴可能時間が朝6時から23時までと長いのもありがたいです。さらにシャトレーゼ系列の特典で、入浴するとなんとシャトレーゼのアイスが無料で食べられるということらしいです。らしいというのは、結局私は温泉に入らずに済ませてしまって、子供二人が入ったのですが、下のSukeが何本もアイスを食べてお腹を壊したとか。くれぐれも食べ過ぎには注意しましょう。


食事の状況ですが、消防団など地元の方達が力を入れてくれています。まずは振舞いそば。なんと一人一杯無料でいただけます。この日は結構気温が低かったので、暖かくてとても美味しかったです。

IMG_5548


同じブースで天然きのこ汁が一杯200円でした。本当に採ってきたきのことのことで、信州味噌と合わさって絶品でした。

IMG_5549

チキンカレーはホテルの調理場で作っているもので味は抜群。野菜ごろごろで一杯500円、夕食でいただきました。実は3人が一致して意外なほど美味しいと言ったのが消防団の唐揚げ。見かけは普通の唐揚げです。値段も300円と特に安いわけでもありません。でも味はコンビニなんかで売っているものとは雲泥の差です。モモ肉がいいのでしょうか、あまりの美味しさにおかわりを重ねて結局4回も買ってしまいました。夜にはラーメン屋さんが来たのですが、開店の時点でお腹がいっぱいだったのと、21時頃にまだやってるかと思って行ってみたらもう終わってしまっていました。残念でしたが、来年も来るなら寒い中でのラーメンをぜひ味わってみたいです。

ホテル内のレストランは利用しませんでしたが、夕食のバフェがあったようです。ただ家族3人だと少し値が張るので今回は見送り、本当は泊まって贅沢に朝のバフェに行こうと計画していたのですが、結局朝までいなかったのでこれも見送り。来年は妻も来るなら予算を見込んでホテル泊でもいいかもしれません。

他にも地元のお店なのでしょうか、カフェや雑貨、アクセサリーなどのテント会場もあり、うちの子も木にハンダコテのような物を使って絵を描いていました。Sukeはタカハシの望遠鏡の絵を描いていて、あとでタカハシの方に絵を見せてどの機種か聞いてみると、少し迷っていましたが、「鏡筒が長すぎて入らなかったので少し短くした」というSukeのセリフでスターベースの80とすぐに判明してしまいました。経緯台なのが決め手だったようです。

IMG_5571


ただ、Sukeがぼやいていて思ったのですが、子供向けのイベントが少し少ない気がしました。地元の家族で来る方もいらっしゃると思うので、もう少しそういったイベントがあると良かったかもしれません。このことは不思議と京都の星をもとめてでは感じなかったのですが、Sukeがいなかったせいもあるのかもしれませんが、前回は学生スタッフが多かったからかもしれません。星をもとめてでは若い学生が子供たちの相手になっていたのでは、というのを改めて気づかされました。


今回の星フェスでの新しい試みの一つが、ユーザー同士の交換会です。品物を広げていた方の数は4-5組ほどとそれほど多くはなかったですが、かなりのお買い得品と、そしてかなりのコアアイテムがありました。その中で今回ゲットした一番の大物が、なんとあのスリービーチの「スーバーチビテレ」です。天文マニアの間では有名なあの事件のものです。スリービーチのものは機材は見たことはありますが夜に実際に鏡筒を覗いたことはまだないのでものすごく楽しみです。しかも、ほぼ新品に近いような状態の良さ!これはユーザー同士の交換会ならではのアイテムでしょう。1980年の天ガの評価記事に出ていた内容と比べて、じっくり確かめたいと思います。

IMG_5567

前回の胎内ではファミスコを手に入れたので、そのうちにフルスコ電視観望会でもやりたくなってきました。電視観望なら撮影ほどの精度を求めることはないので、意外に使えそうな気がしています。

あとで戦利品のページに詳しく書きますが、この交換会ではcokinのレンズを使った星座Binoとか、お買い得な品を手に入れました。買えなかったですがミザールのカイザーやCX150など、お金と車のトランクに余裕があれば、手に入れておきたいものが目白押しでした。

15時頃から車の中で少し昼寝をして、16時からはいよいよ大抽選大会。天文ショップからの提供品や、地元の野菜などの特産品など、ものすごい数の景品が用意されていました。3人いるので期待大です。すでに会場を後にした方も多かったようで、確率で言ったらその場にいた半分近くの人には何か行き渡っていた印象です。でもなぜでしょう、日頃の行いが悪いのでしょうか、我が家は3人ともカスリもせず。最後に何も当たらなかった人に配っていたタカハシのクリアファイルだけいただきました。

IMG_5551
大抽選会の様子。


会場ではたくさんの方たちと会うことができました。
  • 天リフ編集長のYさんはご無沙汰していましたが、天リフをいつもみているので全然久しぶりという気がしません。いつもブログを載せていただいてありがとうございます。
  • 天体望遠鏡博物館のブースもあって、遠く香川からHさんとTさんが来られていました。以前、望遠鏡博物館で子供達がさんざんお世話になったTさんと会えて、子供達も大喜びでした。
  • 富山勢では以前大量の天文ガイドをいただいたIさん、最近イベントごとに会うY君、県天のKさんにも会うことができました。特にIさんは今年も星まつりで会えると思っていたのですが、原村も胎内もお会いできなかったのでちょっと心配していました。お借りしていたVixenのギヤを返し、また天文ガイドをいただく話をしました。Iさんはものすごい古スココレクターかつ機材屋さんなので、一緒に回っていると色々教えてもらえて嬉しいです。
  • 「ネットよ今夜もありがとう」でお世話になったAstro Artsの編集のFさんには結局今年会うことができませんでした。本当は福島でお会いできると思っていたのですが、福島が流れてしまい、もしかして小海でと思っていたのですが、残念です。
  • 改造PSTの元になったジャンクPSTを購入さていただいた、テレスコ工房の店長さんにもお会いすることができました。会場すぐ近くに店舗がオープンしつつあって、今回の星フェスの開催にずいぶんご尽力されたと、他の何人もの方からお聞きしました。どうもありがとうございました。びっくりしたのは、全然天文マニアらしくない、長髪とメキシカンハットがバッチリ似合っている、とてもかっこいい方だったことです。
  • 夕食時にカレーを食べる時、一緒のテーブルにお邪魔させてもらったら、何と今回講師も務められたあの田中千秋さんとお仲間の方達でした。ご挨拶して少しお話しさせていただいたのですが、車中泊だという話になって夜寝るときのために3人分のカイロをいただいてしまいました。結局日帰りになってしまったので今回使うことができなくて申し訳なかったのですが、これから寒くなる夜の星見で使わせていただきます。いろいろ気を使っていただきありがとうございました。
  • 書ききれませんが他にもたくさんの方にお会いしました。顔なじみのショップの方たちや、新たにお会いした方ともたくさん話をすることができました。同じ趣味で色々話せたり、情報交換できるのは星まつりの醍醐味の一つだと思います。

この星フェスの特徴の一つが、ホテル内の会場で土曜日の朝から晩までずーっと講演会があることです。本当は全部聞きたいくらいなのですが、お店も回りたいし、人とも話したいしで、結局聞けたのはタカハシの講演と回折格子のお話でした。タカハシの講演が18時過ぎくらいからで、外がかなり冷えてきたのでホテル内の暖かさが嬉しかったです。

タカハシの講演はショップのS君が担当です。比較的焦点距離の短い鏡筒で新発売のフラットナーなどを使って四隅までどれくらい星像が出るかという話です。S君の友人でもあるY君と、うちの子供も一緒に最前列を陣取ってしまったのですが、とてもわかりやすくかったです。Sukeもほんとかどうかはわかりませんが「よくわかった」と言っていました。下の写真にあるように、講演後実際の鏡筒を触れることができるので、購入を考えている方にとっては非常に参考になったのではと思います。

IMG_5553

興味深かったのは、最後にCMOSカメラなどでの短時間撮影でラッキーイメージを使った撮影方法に言及していたことと、なんと電視観望にも言及していたことでした。タカハシというと、やはり眼視と、撮影にも耐えうる造り込みの素晴らしさがイメージなのですが、電視観望にも触れてもらえるような時代になったというのは驚きとともに、とてもうれしく頼もしい気がしました。かくいう私も、電視観望ではFS-60CBが主役です。

もう一つ、今回の星と空のフェスティバルのなかで、予想に反して一番面白かったのが、五島光学さんの回折格子の分光測定講演でした。その直前まで講演の終わったタカハシのS君と天リフ編集長のYさんと話していたのですが、Yさんが分光の講演に行くというので、私もご一緒させていただきました。半分ついていくような状態で、最初はそこまで期待していたわけではないのですが、話を聞いているうちに分光測定はアマチュア天文家でも手に入れられる一つの強力な武器だと思うようになりました。海王星がなぜ青いかという説明をメタンガスの吸収線の実測とともに示したり、ドップラーシフトの効果をグラフとともに示して、ハッブル定数の話まで絡めてくるなど、写真撮影だけにとどまらない、本格的な天文学みたいなことが自宅でできてしまうことになります。太陽のフラウンフォーファー線なんかと、PSTで撮っている画像なんかが比べられたら面白いかもしれません。

IMG_5566

最近、高校生向けの泊まり込みでの研究室レベルでの天文学体験がいくつかの大学で行われています。先日も娘のNatsuと一緒に「もし天」のまとめ映像を見ていたのですが、あれに近いことが自宅でもできそうです。これは楽しそうだと思ったのですが、惜しむらくはキットがパッとは手の出る値段ではなかったことです。星まつり会場で購入するにはちょっと勇気のいる値段です。とりあえず手持ちの簡易な回折格子と、fitsデータに限られてしまうかもしれませんがirafやMakaliなどでも同様の事が出来ないかとか試してみたくなりました。

この講演ですが、Natsuも聞いておけばよかったと思ったのですが、子供二人はその頃温泉へ。講演が終わってもまだ温泉から出てきません。アイスを食べながらテレビを見てるので遅くなると電話がありました。


この日は途中から霧が出てきて天気が良くなかったので、子供たちが温泉から出る頃、21時半頃でしょうか、メイン会場にはほとんど人も少なくなり、ブースもほぼ全部閉まっていました。実は少しだけASI294MCと広角レンズで電視で少しでも星が見えないかと試したのですが、さすがに雲が厚すぎて無理でした。

今回の星フェスですが、天気があまり良くないのと、とてもレアなアイテムを手に入れることができたのと、講演が面白かったので、もう十分満足がでました。それでもかなり迷ったのですが、まだ22時と中途半端に早い時間なのと、車中で寒い中寝るより走ってしまった方が楽な気がして、子供とも相談してこの時点で帰宅することを決めました。途中サービスエリアで30分くらい仮眠をとり、午前3時ちょうどくらいに自宅に到着することができました。今朝10時過ぎに起きて、あ、やっぱり残ってた方が良かったかなとも少し思いましたが、今週もまた忙しそうなので、せっかくの日曜日あまり無理をせずに少しのんびりすることにしました。

これで今シーズンの星まつりも終わりでしょうか。全日程いけなかったり、流れてしまったものもありましたが、とにかく楽しかったです。また来年もできるかぎり参加したいです。子供はいつまでついてきてくれるか?妻は来年はついてくるのか?そこらへんがポイントでしょうか。


 

このページのトップヘ