ほしぞloveログ

天体観測始めました。

カテゴリ:観測・撮影 > 天の川

今年も蛍の季節がやってきました。富山に来てから毎年6月初めはゲンジボタルを見に行きます。もう何度目になるでしょうか?星を初めてからは、一昨年昨年と、今年で3回目の蛍になります。蛍が出るのは基本的に梅雨の季節ということもあり、蛍と一緒に星を撮るのは難しく、去年も雲の合間にちらっと星が写ったのみでした。

蛍の寿命は短いです。実際に乱舞して見えるのはせいぜい1-2週間です。梅雨入り直前の6月7日、平日ながら雲もあまりなくラストチャンスかと思い、思い立っていつもの蛍スポットに娘のNatsuと向かいました。夕方雲が結構あり本当に行くかどうか迷っていたので、自宅を出たのが20時頃、到着したのは20時半過ぎです。駐車場はいっぱいでしたが、蛍も一旦休憩に入る時間で、もう他の人はほとんど帰るような時間でした。到着するとカメラを向けている人が何人かと、子連れの家族が一組いるだけでした。

ほんの5分もすると、他に誰もいなくなったので早速撮影に入ります。なぜ誰もいない方がいいかというと、今回はASI294MCでの撮影を試したかったからです。CMOSカメラを駆動するのにPCが必要なので、その画面がどうしても明るくなってしまい、他の人に迷惑になってしまうからです。

時間的に蛍は少なくなりますが、それでもまだまだ飛んでいます。撮影を開始して、最初は雲が出ていましたが、次第に空一面晴れて来ました。遅い時間に来たのはもう一つ理由があります。天の川を狙いたいからです。蛍は暗くなり始める午後7時半頃から飛び始め、午後9時前くらいで数が少なくなってきます。天の川はこの時間だとこの時期まだ低い位置にいて、なかなか蛍と天の川が重なる時間がありません。今回のタイトルでもあるように、下のように今年やっと念願の蛍と天の川を取ることができました。


output_comp_layer_nik_final
富山県射水市, 2017年6月7日22時17分から22時33分
Canon EOS 60D(ISO3200), 露出20秒
SIGMA 10-20mm F4.5 EX DC HSMを10mmで使用
蛍: 露出20秒 x 41枚をSiriusCompで比較明合成
星: 22時33分から20秒露光したもの一枚を処理(Photoshopを使用)


今回も天の川がやっと光害の少ない暗いところに登って来た頃までのものです。この日はホタルの数も多く、この時間まで結構飛んでいましたが、これ以降はかなり少なくなってしまいました。天の川部分は20秒露光の一枚からの処理になりますが、場所柄それほど暗いところではないので、一枚撮りからの天の川はこれくらいが限界ですが、それでもやっと撮れたものなので結構満足しています。梅雨入りしてしまった今年は、おそらくもう蛍と撮るチャンスはないのでまた来年もう少し時間を見計らって撮影したいと思います。

下はもう少し早い時間帯の、まだ雲がある頃のものです。

IMG_5866a
富山県射水市, 2017年6月7日21時12分から21時20分
Canon EOS 60D(ISO3200), 露出20秒x24枚をSiriusCompで比較明合成
SIGMA 10-20mm F4.5 EX DC HSMを16mmで使用


下は6月10日の週末日曜に撮ったものです。上の水路の反対側で北西の方向です。この日はドン曇りで星は全く見えません。

IMG_5934a
富山県射水市, 2017年6月11日20時43分から20時53分
Canon EOS 60D(ISO1600), 露出20秒x18枚をSiriusCompで比較明合成
SIGMA 10-20mm F5 EX DC HSMを16mmで使用


最後に、一番上の天の川の写真を星まで含めて比較明合成したものです。晴れ渡っているのがわかると思います。

output_compa


ところで、上の方で言っていたASI294MCの画像が見当たらないと思われるかもしれませんが、こちらは主に動画で撮影しました。編集にもう少し時間がかかりそうですが、さすが超高感度CMOSカメラです。かなりすごい映像が撮れています。2018/6/14 追記: 動画アップ記事書きました。



 

前回の記事と少し前後しますが、先週11月12日の話です。

今回の飛騨コスモス天文台の観望会はめずらしく日曜日開催でした。子供達はこの観望会をすごく楽しみにしているみたいで、いつものように3人で数河高原を目指しました。明るいうちに着きたかったのですが、途中食事をとったりで、結局到着したのは18時過ぎ。車から出るととても寒かったですが、天の川がものすごく綺麗で、南西から北の方までかなりくっきりとかかっていました。

IMG_5298_stitch_si8_ps_photo


この日の目的の一つは修理した赤道儀のテストでしたが、セットアップしている途中で電視に移ってしまい、最後まで試すことができませんでした。電視の方はというと、高山の方から来ている方が何人かいるということで、いつものM57とM27をみんなで見ました。ちょうどドームの中で写真をみせてもらったらしく、それが実際に空にあるものを見ることができたので、喜んでくれたようです。数河高原はさすがに光害も少なく暗い空です。星雲もとても色鮮やかに見ることができました。他にももう少し見ようとしたのですが、Nexstarの導入精度があまり取れていなかったので、あきらめてしまいました。それよりも天の川が綺麗なのと、おうし座北流星群が極大日だったので、普通に空を見上げて星を見るのが楽しかったです。

IMG_5306


今回子供メンバーはというと、4年生のKちゃんに、5年のSuke、中1のNatsu、中3のS君と、いつものメンバーで、走り回って大騒ぎをしていました。S君がSukeにとってちょうどお兄さんみたいで、いつも相手をしてくれています。途中Yさんが出してくれたコーヒーが暖かくてとても美味しかったです。子供達はお菓子をパクパク食べていました。Yさん曰く、修理したドームも夜に温度が低くなってもきちんと動いているということで一安心です。

実は今年度は今回で最後の観望会です。間も無く雪が降って来るので、来年の春、4月か5月くらいまでは車で入ることもできなくなってしまいます。みんな名残惜しそうに、「よいお年を」と声をかけ、22時頃にコスモス天文台を後にしました。代表のYさん、いつも双眼鏡や望遠鏡を出してくれるSさん、今回会えなかったですがコスモス天文台の皆さん、今年も楽しい観望会をありがとうございました。また来年春の観望会を楽しみにしています。



2017年8月18日、昨年のお化け屋敷観望会に引き続き、近所のお寺を借りて肝試し観望会を開きました。

IMG_2977


今回はうちの下の子Sukeの企画なのですが、お化け屋敷の時は泣きながらやりたいと訴えて、今回の肝試しもどうしてもやりたいと大人が集まる企画会議に無理やり参加して押し通しての実現でした。相変わらずやりたいことがあると、どうにかしてやり通してしまう性格は、困ったものですが、ある意味見上げたものです。しかも恐ろしく強いこだわりがあるらしく、自分のイメージと違うアイデアは大人が何と言っても絶対に採用しません。

IMG_2975


18時半頃からお堂の中で怖い話が始まり、19時頃から実際にお墓の周りをぐるっと回ってくるきもだめしが始まりました。私はきもだめしの間は観望会の準備をしていたので、あまり状況を把握できていませんが、怖がっている子ほど明るいうちに回り始めたようです。きもだめしが終わった子から呼び止めて、観望会へと誘いました。今回はC8で主に木星と土星を見ました。多少の雲はありましたが、お盆前に同じお寺でやった観望会の時よりもはるかに天気が良かったのと、子供達が順番に終わってからやってくるので、比較的みんなゆっくりと見ることができたと思います。

IMG_2668



観望会で星座解説をしながら気づいたのですが、雨上がりのせいなのか結構な数の星が見えていて、透明度が良さそうでした。そこで、きもだめしに来ていた仲のいいHさん家族3人と、うちのNatsuとSukeの計6人で、牛岳に天の川を見に行こうと、21時頃に出発しました。22時前には牛岳に到着し、空を見上げると結構な範囲で星が見えていました。ところが天の川を見ようと展望台に上がって、さあ見ようとした頃には残念ながらどんどん雲が広がって来てしまいました。今日はもうダメかと思っていたのですが、20分もしないうちに、また雲間が見えて来て、徐々に全天に星が見えてきました。しかもこの日は天の川がかなり濃かったです。一緒に行ったHさん一家も大満足のようでした。

その時に、娘がEOS kiss X7と付属レンズで写したのが下の写真です。5枚の画像を合成しています。モノクロにもしてみました。画像処理はまだ娘には難しいので私がしました。かなり加工をしてあるので、星景写真というよりは、アート写真に近いものになっていますが、入門クラスのX7でさえこれだけ撮れてしまうので、娘もすごく楽しいみたいです。


IMG_6911_stitch_cut_NIK_tone2_shrink_web2       IMG_6911_stitch_cut_NIK_tone2_shrink_web_mono

2017/8/18 22:43 
富山県牛岳
EOS X7, 18mm, F4.5, ISO3200, 25秒固定撮影
5枚をICEで合成, Photoshop CC + Nik collectionで画像処理



23時過ぎにHさん一家は帰っていったのですが、我々はもう少し残っていました。下の南天が開けているところに歩いていくと、県天のYさんが来ていました。実はYさんは同じ日に県天に入った方で、牛岳に来るとほとんど必ず会うので、すごいパワフルな方です。この日はペリカン星雲を取っていました。

この日は子供もいたので、結局私は撮影などはせずに、0時過ぎには自宅に向かいました。家に帰って驚いたのは、今日はなんと自宅からでも天の川が余裕で見えます。もったいなかったので、少しだけ撮影しました。その時の写真です。天頂を少し超えた夏の大三角あたりです。光害があるのであまりきれいには撮れませんが、それでも自宅で天の川を撮ったのは初めてなので、画像処理までしてみました。

IMG_4222_nik_cut

撮影地: 富山県富山市下大久保, 2017年8月19日0時38分
EOS 60D(新改造, ISO3200, RAW), 露出30秒、固定撮影
SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSMを10mmで使用
Photoshop CC + Nik collectionで画像処理


夜も更けて来て、もうすばるとアンドロメダ銀河が上って来ていました。今年初見です。お気楽極楽で一枚撮りをしてみました。アンドロメダは薄雲越しです。NIKONの50mm f=1.4のオールドレンズで撮ったのですが、どうも変なオレンジ色の光が写り込んでしまうようです。ちゃんとした写真には厳しいですね。

IMG_4253_ps

撮影地: 富山県富山市下大久保, 2017年8月19日1時37分
EOS 60D(新改造, ISO3200, RAW), 露出30秒、固定撮影
NIKKOR-S 50mm F1.4
Photoshop CC + Nik collectionで画像処理



IMG_4259

撮影地: 富山県富山市下大久保, 2017年8月19日1時52分
EOS 60D(新改造, ISO3200, RAW), 露出30秒、固定撮影
NIKKOR-S 50mm F1.4
Photoshop CC + Nik collectionで画像処理


今年の夏の天気はボロボロでしたが、本当に久しぶりにまともな星空を見た気がします。これ以降も回復してくれるといいのですが。






 


このページのトップヘ