ほしぞloveログ

天体観測始めました。

カテゴリ:software > plate solving

昨日試したPlateSolve2がいまいちマッチング成功率が悪かったので、別のソフトを試すことにしました。AstroTortillaと呼ばれるもので、PlateSolve2と同じくフリーなのですが、ネットを調べる限りPlateSolve2の方が評判がいいようでした。それでもこのソフトにした動機は、いろいろなソフトと連携ができ、その中に常用しているBackYard EOSが入っていたからです。うまくいくとBackYard EOSで撮影して、その位置を調べてどこを撮ったかわかるといったことができるかもしれません。

さてインストールですが、ここからダウンロードして実行するのみです。アルファバージョンのVersion 0.8 test release 1というのを落としてきました。インストールで迷いやすいところはFOVの指定くらいでしょうか。自分が撮影などする場合の最小の画角と最大の画角を含む製図を指定しなくてはなりません。画角は焦点距離とセンサーサイズからすぐに計算できますが、例えばこんなページが計算に便利です。私は最小がindex 4203, 2.5GB, 5.6-8 arcmin、最大がindex 4216, 332KB, 8-11.3 deg としました。ここまでは特に難しくないのですが、ここからの星図データのダウンロードが大変でした。表示されるトータル量はあてにならなくて、最初900MBくらいと表示されたのですが、実際にダウンロードしたサイズは4GB程度になりました。しかも途中何度か失敗したので、ネットワークの調子が悪いのか、元のファイルがなにかおかしいのか見分けがつかず、懲りずに途中でやめたりせず4度ほど再試行をして、トータルで3時間くらい時間をかけてやっとダウンロードに成功しました。これさえ越せばあとはほとんど問題なくcygwinも含めてインストールできるでしょう。

インストール後立ち上げるのですが、簡単な動作確認のために、元々撮ってあった画像を使って試してみました。メニューの「Tools」の「Goto Image」で用意してあった画像を選択すると、すぐに解析が始まります。ただし、画像を画面上に表示する機能が無いせいか、イマイチうまくいっているのか全然ダメなのかよくわかりません。もう少し反応を見やすくするために、メイン画面の「Telescope」のところで、Cartes du Cielの設定のところでインストールした「ASCOM Telescope」を選択し、同時にCartes du Cielを立ち上げておきます。

探索パラメータですが、それほど難しくありません。「Scale Minimum」と「Scale Maximum」が探索する画像の最小と最大で単位は度。私は0と10を入れています。10度四方のエリアを最大と仮定して探索するという意味だと思います。Search radiusは25にしています。これも単位は度で、半径25度のエリアを探索するという意味です。Custom optionsは

--sigma 50 -N none  -r --objs 50

としてあります。--objs 50は多いと精度が出ますが時間がかかります。--sigma 50は背景の暗さらしいですが、あまりよくわかりません。

Cartes du Ciel上で、試したい画像の写真のそこそこ近く(探索範囲に入るくらいという意味、実際に範囲内ならかなり離れていても大丈夫)を表示してから、最初と同様にメニューの「Tools」の「Goto Image」で用意してあった画像を選択すると解析が始まります。やはりPlateSolve2のように解析中の画像が出るわけではないので、イマイチうまく進んでいるかわかりにくいですが、そんな時はログを表示させるといいです。メニューの「Tools」「Log viewer」で表示することができます。

IMG_1645


うまくいくと写真の様にログに成功したというようなメッセージが出てきます。メイン画面の「Action」の「After solve」のところの「Sync scope」と「Re-slew to target」にチェックを入れておくと、赤道儀を同期させ、実際に撮影された位置に勝手に移動させておいてくれます。この際、Cartes du Ciel上で望遠鏡と接続しておくことを忘れないでください。

驚くべきことに、これだけ広い範囲を指定しても、決して粗すぎて見落としてしまうようなこともなく、今回の場合235秒で画像解析、マッチング、赤道儀の移動が終了しています。しかも、多少範囲を広くしても狭くしても、あまりかかる時間は大きく変わりません。遠慮なく広い範囲を指定することができます。

BackYard EOSを試す前にCartes du Cielで試したのですが、これは十分に実用的になりそうです。実戦投入が楽しみです。BackYard EOSでもやり方はわかったので、多分うまく行くのではないでしょうか。


2017/11/24 追記: Windows 10 Creator updateでアップデートしたらAstoroTortillaが使えなくなりました。症状と対処法はこちら。 



 

撮影した画像から、コンピュータ上でデータとして持っている星の位置と比較して、どの視野の画像かを特定することをplate solvingと言うらしいです。マルカリアンの鎖をSWAT-200で撮影しようとしたときに導入できなくて撃沈した経験から、ちょっと興味があったので調べて見たら、何種類かのソフトが見つかりました。その中でPlateSolve2というフリーのものを試してみました。

1. インストールは上記配布ページから
  • PlateSolve2 v2.28
  • APM Catalog Installer
  • UCAC3 Catalog
の3つをダウンロードし、 PlateSolve2とUCAC3は適当なディレクトリに展開、APM Catalogはインストーラーがあるのでそのままインストール。私はめんどくさいのでPlateSolve2ディレクトリの直下にUCAC3とAPMディレクトリを移動してしまいました。APMはインストーラーでインストールされたディレクトリから移してしまっても大丈夫なようです。

2. その後、 PlateSolve2の「File」メニューの「Configure Catalog Directries」からAPMとUCAC3のディレクトリを指定すれば準備完了です。

3. 適当な画像を PlateSolve2の「File」メニューの「Open Image」から開いてやり、メイン画面の「Show Image」で画像を表示し、一番右のアイコンの「Auto Adjust Levels(Normal)」を押します。

4. 調べたい範囲を指定します。まずはスタートポイントで、それらしいと思われる赤経と赤緯を入れます。例えばM86だと赤経12h 26m 11.814s、赤緯+12° 56′ 45.49″なのですが、ここら辺を探りたい場合は

12 26 00
12 56 00

などと半角スペースを入れて「RA」「Dec」のところに入力します。

5. あとは「Plate Match」を押すだけです。うまくいくと写真のようにマッチした画像と、位置が表示されます。

IMG_1643



少し試したのですが、サーチできる範囲は1x1度くらいまでが実用で、それ以上だと計算量が多すぎるのか落ちることがありました。 また「region」の数がデフォルト999ですが、100とかにして少なすぎると荒く探しすぎるのでマッチしません。うまくいかないときは更に「Edit Parameters」で色々触れるのですが、一番効いたところは「Max Stars」で、デフォルトは45ですが、数が少ないと早いですが、マッチを逃します。多いと遅いですが、マッチしやすいです。

感想としては、範囲内でも思ったよりマッチする条件が厳しくて、一番微妙なのは、マッチしなかったときにパラメーターが悪いのか、範囲に入っていないのの見分けがつかないことです。結構期待していたのですが、実戦投入にはちょっと厳しいかもしれません。

2017/4/9 追記: AstroTortillaが広範囲もミスることなくマッチングしてくれることがわかってきました。
 

このページのトップヘ