ほしぞloveログ

天体観測始めました。

カテゴリ: まとめ

1月末、今年の目標を考える時期になりました。書き始めたはいいのですが、反省と称してブログ見直してたら何日かにわたってしまって、とうとう2月に食い込んでしまいました。いつもに増して長い記事です。お暇な方はよろしければお付き合いください。

昨年の反省にならい
  • 機材、撮影、画像処理、考察評価など、活動、その他
と分けていきたいと思います。


機材関連

去年立てた目標を見直してみます。
  1. モノクロ冷却CMOSカメラを手に入れる。
  2. TSA-120を利用した眼視体制の強化。
  3. PENTAX 6x7レンズをできるだけ試して星景、星野の向き不向きを判別し、焦点距離の抜けを補完する。
うーん、2020年はコロナでショップに行けなかったこともあり、機材に関してはあまり進んでいない気がします。


1. モノクロ冷却CMOSカメラ
はASI294MM Proが出たので購入リストには入っているのですが、最近ASI2600MM Proが発表されたので迷っています。ただ、今もカラーカメラのブロードバンドやQBP、CBPでの撮影も面白くて、もう少し待つかもしれません。


2. TSA-120購入当初の頃はシリウスBを見たり、トラペジウムのE星、F星やさらに暗い星を見たりと、TSA-120ならではの楽しみかたで、かなり充実していました。



でもあとは惑星を少しみたくらいで、特に2020年の後半はそれほど進んでいません。その代わり、撮影に関して(後述)はQBPやCBPなどかなり進展がありました。



3. Pentax 6x7
レンズに関してはここでまとめましたが、

はほとんど進展はありません。しかも上記ページで評価した165mm、後に赤星像が肥大することがわかり、結構ショックでした。この記事で紹介した165mmが最後に購入したPentax 6x7レンズになります。

それでもNEOWISE彗星で6x7の105mmを使ったり、広域電視観望でも使ったりと、実用でもそこそこ役立っています。




あと、一昨年の目標で
  • Vixen Portaの経緯台の評価と安定化
というのがありましたが、これはZEROの評価の一環で、Vixen Portaの経緯台の評価を合わせてすることができました。


ポルタIIは入門用に広いシェアを得ています。ステップアップとしてZEROは面白いと思っていたのですが、残念ながらつい先日生産中止が決まってしまい、現行モデルでは在庫限りとなってしまっているようです。後継機が出てくれれば良いのですが、開発に大きく関わった方が引退されてしまっているというので心配です。

機材に関してはTSA-120以降、大きなものは購入していません。というかTSA-120が相当楽しいので、他を購入するモチベーションがかなり下がってしまっています。というわけで、

目標:  屈折はTSA-120でかなり満足しているので、反射のいいものが欲しい気もしています。まあ守れるかどうかわかりませんが、今年の目標としては
  1. モノクロ冷却CMOSカメラを手に入れる。
  2. 反射の口径の大きい性能の良い鏡筒を手に入れる。
としておきます。2に関しては2020年はVISACを使うチャンスがほとんどなかったので、まずはVISACを試し、それでもダメならということになるかもしれません。あと、先日SCOPIOで見た30cmのGinjiが魅力的でした。天リフのリレーで玄さんが30cmをぶん回していたのも楽しそうでした。30cmクラスは惑星や銀河用にできれば持っておきたいですが、赤道儀を選ぶことと、ここら辺までくると自宅ドームとか欲しくなります。最近自宅撮影でそこそこ満足いく結果が出てきてるので、本気で考えても良いのかもしれません。そのためにはまずは資金ですが...。


撮影

これも昨年の目標を見返してみます。
  1. TSA-120での撮影確立
  2. 飛騨コスモス天文台での満足のいく撮影
  3. ラッキーイメージングでの高分解能の追求
  4. ナローバンド撮影
  5. 電視観望技術を利用した超お手軽撮影で、どこまで迫れるか
  6. 太陽黒点の高解像度撮影
  7. 太陽アニメーションを作る手法を編み出す

1. TSA-120に関しては結構がんばったと思います。というか、昨年はTSA-120がメインの1年でした。作例だけ見ても、13あります。ちょうどCBPを手に入れた頃で、自宅庭撮りとかでも結構うまく出ました。これだけでもTSA-120を購入した甲斐があったというものです。かなりの稼働率です。













特にアンドロメダ銀河と、プレアデス星団と、オリオン大星雲は、昔撮影したものを再撮影してみたくなったものです。何年か経って、機材も画像処理の技術も随分と進化したことがわかります。

他にも、星景写真や惑星など、2020年に撮ったものは他の機材のものも含めてここにまとめてあります。



2. 飛騨コスモス天文台での撮影に関しては、雪解け時には既にコロナ禍であまり移動もできず、結局ドームでの撮影はできませんでした。飛騨コスモス天文台で観望会が3回あったのみです。

3. 4. のラッキーイメージとナローバンドに関してはほとんど進展がありません。VISACの復活とともに進めることになると思います。

5. 電視観望のお手軽撮影に関しては、SharpCapが一眼レフカメラに対応したことが大きいです。例えば6Dで連続撮影してその画像をLiveStackすることができます。電視観望をする際のいちばん大きな壁が、CMOSカメラの値段かと思います。小さな面積のASI224MCなどはまだ安価ですが、センサー面積の広いASI294MCなどは10万円近くするので、やはり初心者には敷居が高いと思われます。本当は導入の楽なセンサー面積の広いものほど初心者に使ってもらいたいのです。その点、APS-Cなどの中古の安価なカメラが電視観望ように使えるなら、かなり敷居が下がることになるかと思います。



ただ、いまだSharpCapの一眼レフ対応はベータ版で、そのまますぐに初心者におすすめというわけにはいきません。ここら辺は時間が解決してくれるでしょう。

もう一つ、サイトロンのSV305-SHJとSkyWatcherのEVOGUIDE 50EDを使った電視観望入門記事は、かなり好評だったようです。コメントの数も63とこれまでの記事で最も多いです。


6. 大口径鏡筒での太陽撮影は大きな進展がありました。C8とPSTを利用した口径20cmの太陽Hα望遠鏡です。2年越しの計画がひょんなことでうまく行きました。シンチレーションがいい日の解像度は物凄いものがあります。あくまで自己責任ですが、これはやった甲斐がありました。


その後の太陽黒点も、PSTで撮影したとは信じられないくらいの解像度で撮影できています。これは昨年の大成果の一つでしょう。




太陽関連で言うと、日食をまともに撮影したのは昨年が初めてでした。部分日食でしたが、それでも十分楽しめました。



7. 太陽アニメーション手法を確立できました。かなり複雑な手順になりますが、出来上がりを見るとやる価値はあると思います。


ただ問題は、恐ろしくディスク容量食うんですよね。節約して1コマ2GBで撮ったとしても200コマとか撮ると400GBです。処理も合わせると5-600GBとかいってしまうこともあります。なかなか気楽にはできません。


目標: 全体を振り返ると、TSA-120、お気軽電視観望、太陽まあそこそこ進んでいますね。撮影に関しては、そろそろ明るいのよりはもう少し淡いのとかが楽しくなりそうです。なので今年の目標は
  1. モクモク暗黒体を撮影する。
  2. 銀河も積極的に手を出す。
とかにします。その過程でナローになるのか、ブロードでまだ撮り続けるのか、いろいろ試しながら進めていきたいと思います。


画像処理

昨年の目標は
  1. 恒星処理
だけでした。これはまだ継続中ですが、着実に進歩していると思います。StarNetの扱いもだいぶノウハウが溜まってきました。またPixInsightでの恒星の扱いもだいぶマシになったと思います。というか、去年1年で画像処理全般の腕がかなり上がったのではと思っています。StarNetとDeNoise AIの力が大きいかと思いますが、画像処理全般について私だけでなくPixInsightの使いこなしなども含めて、特に新しい若い方を中心に進んでいる気がします。蒼月城さんのビデオ解説はもちろんですが、最近はNiwaさんのブログでの解説が非常に有用です。私も置いてかれないように丁寧な画像処理を今後も目指したいと思います。

あと、今もそうですが少し派手目な色調に傾倒しています。じっくりみると飽きてしまうのですが、最初のインパクトや画面を小さくした時でもきちんと認識されるのがいいところかと思っています。まだしばらくギリギリのところを攻めて行こうと思っています。そのうち飽きたら落ち着いた作風にするかもしれません。

あ、そういえばモニターのキャリブレーションも一時期凝ってました。印刷したものとモニター上の画面がこんなに合うとは、ちょっとびっくりでした。



カラーチャートまで作ってしまいました。

カラーマネージメントはそのうち通る道だとは思っていたので、いい経験でした。印刷に関してもある程度の知見を得ることができました。でもいまだに雑誌に投稿できてないチキンです。


目標: 画像処理に関しては、
  1. ハッと思われる画像処理を目指す。
  2. 隙のない画像処理を目指す。
としたいと思います。ちょっと抽象的なのでもう少しわかりやすくいうと、天体マニアだけでない、一般の人が見ても綺麗と思われるような、そして且つ天体マニアが見てもおかしいと思わないようなものを目指したいです。昨年末に撮ったM42もまだ少し不満が残っています。年明けに撮ったM78ももう少し感覚的でない、具体的にはPhotoshopよりもPixInsightを多用して定量的な画像処理をしてみたいです。新しい素材よりも、一度処理した画像を他の方法で処理し直す方が良い練習になるのかと思っています。M78、M42と過去に帰っていき、少し再処理を頑張ることで、次回の素材までに手法が確立できたらと思っています。


電視観望? 中継と言ってしまっても良いかも

去年は
  1. 電視観望がさらに一般的な観測手段になっていくように努力する。
という目標でした。昨年はコロナが大変で、観望会や星まつりが相当中止に追い込まれました。その代わりと言っては何ですが、電視観望がかなり広まったのではないかと思います。外に出れないので、ベランダ観望を始めた人が電視観望にも興味を持つというパターンです。

かくいう私も、Zoomを利用した電視観望中継を何度かやってみました。



あ、そういえばこの電視観望中継ですが、星ナビにも紹介されたのでした。これは大きな宣伝効果ですね。


そういえば、ネオワイズ彗星の中継なんかもしました。撮影のついでだったのですが、ずっと梅雨が続いていて全国的に天気が悪く、この中継で初めてネオワイズ彗星が見えたという方もいたみたいで、反応が大きかったです。マニアだけでなく、一般の方も結構参加してくれました。



ここら辺は広域電視観望の技術を確立できたことで、かなりやりやすくなり、見ている方も見応えが出る感があります。



広域電視観望については、この間の天リフさんのリレーでも紹介しました。昔からカメラをやっていた人にとっては、むしろこちらの方がとっつきやすいかもしれません。これも広まっていくと良いなあと思っています。


この過程で出てきた、「屋根から上る北アメリカ星雲」は電視観望ならではの臨場感で、最も気に入っているものの一つです。
IMG_9940

Zoomにおいては電視観望だけでなく、遠くのいろんな人と繋がることができる、ある意味コロナ禍でなければ気づかなかったかもしれない使い方を模索できました。

PST分解の中継
なんて、Zoomがここまで広まらなかったら多分考えもつかなかったと思います。



ブログやTwitterで質問が来て、それをZoomで相談にのるというのもありました。こんなのもやはり新しい形なのかと思います。



Zoom飲み会と称して、ノイズをネタに大勢が集まってしまって焦ってしまったこともありました。学会みたいだったと言われてましたね。


星まつりでの電視観望の講演などはコロナで実現しませんでしたが、その分結局別の方法でいろいろやることになったんだなというのが感想でしょうか。特にベランダ感冒のおかげか、ここ1年で一般の方達にも認識され始めるくらいになってきていると思います。今後も技術的なことはもちろん、リモートでの講演とかでも積極的に話して、電視観望の魅力を伝えていけたらと思っています。


目標: 今年の目標ですが、
  1. コロナ禍のうちはリモートでの企画を続ける
  2. 晴れてコロナ禍が終わったら、星まつりや観望会で電視観望の魅力を伝えていく
としたいと思います。できれば今年はコロナ収束して欲しいです。

IMG_1530


考察、実験、評価など

理論的なことは昨年は意外なほど進んでいない気がします。というより、これまで考えてきたいろいろなことが、ノイズ軽減や画像処理に生きてくるようになってきたと言っても良いのかと思います。

例えばノイズ飲み会のもとになった、天リフ編集長の疑問に答えるとかも、過去の考察があったからなのではと思います。


エタロンの直感的な理解の記事もやっと書くことができました。


CMOSカメラのコンバージョンファクターを求めることも継続していますが、カラーCMOSカメラはいまだに謎で進展がありません。Matlabの紹介くらいで終わってしまっています。



測定、評価に関しては大きく二つのことをしました。

ZEROの振動測定



大阪あすろとぐらふぃ〜迷人会の井戸端さん製作の微動自由雲台の振動測定です。



ともに、減衰特性に優れた素晴らしい機材です。惜しむらくは、ZEROが生産中止になって在庫限りになってしまったことです。井戸端さんはさらに改良を重ねているらしいので、こちらはさらに楽しみです。


他にもいろいろやってます。

CBPフィルターの検証は、彗星だけでなく、光害フィルターとしても十分に使え、しかもQBPより青系も出やすいとか、赤ハロを防ぐことができ恒星の色が出やすいとかのメリットもあるのではという面白い結果になりました。



トラペジウムを利用したバローレンズの見比べもかなり面白かったです。TeleVueいまだに借りっぱなしです。まだ使っていいよと言ってくれてますが、いい加減に返さなくてはダメですね。



縞ノイズ解析もやりました。画像処理に関連することになりますが、縞ノイズの一つの原因がフラットであることもわかりました。撮影後、暗い中で長時間かけて撮るフラット画像はノイジーということです。それよりも明るいところで短時間で撮った方がいいという結果でした。




大気収差も少し解析してみました。TSA-120で月を見て収差らしきものが見えてびっくりしたのですが、計算すると大気分散で説明ができそうでした。逆に大気分散が見えてしまうTSA-120の性能に驚きました。


シュミットさんからたまたまお借りしたEVOSTAR 72EDの勝手な評価記事は、なんと6本の分量になってしまいました。入門者の最初のED鏡筒としては手軽で扱いやすいものかと思います。タカハシのマルチフラットナーと組み合わせると像がかなり決まりますが、接続に少し苦労しました。








太陽用のBF(ブロッキングフィルター)を3.5nmのHαフィルターで置き換えられないかを、国際光器さんに協力していただいて試したのも面白かったです。結局この試み自体は失敗に終わったのですが、カメラ側に入れてやれば散乱光などを防ぐためか、コントラストが明らかに向上するという効果が見られました。この件シベットさんも追試してくれていました。その後3.5nmフィルターは返してしまいましたが、後のC8にPSTを繋げた時の散乱光の影響の大きさを見るに、やはり一定の効果があるものと今も思っています。





新しいStick PCも試しました。これすごく良くて2台持っています。電源だけが弱点ですかね。


縞ノイズの可視化は結構インパクトがあったみたいです。


固定三脚で天の川を撮影しPixInsightでスタックできるのは、結構実用性が高いと思いました。


小ネタは意外なほどウケがいいです。



あと、TSA-120を整備する過程での鏡筒周りの小ネタとか、ガイド鏡の固定方法とかケースについての考察とかです。






ソフト解説も少ししています。主に撮影ソフトですね。
 

 
 

電視観望の初心者向けにソフトの紹介です。SharpCapは初心者には思ったより敷居が高いみたいで、ASILiveの方がやはり楽みたいです。でもLiveStackは少し重いのと、微調整がやりにくいので、慣れたらSharpCapに移っていくのかと思います。

そういった意味では、ASILive自身が電視観望の普及という意味で、ずいぶん貢献してくれていると思います。

少しだけ開発もしてます。と言っても、以前pythonで書いたものの移植ですが。


こうやってみると、面白いことからくだらないことまで、相変わらず結構な量のことをやっていることがわかります。基本的にはその時に面白いと思ったことだったり、必要だったりしたことです。おそらくただそのまま撮影するよりは、何か新しいことをやってその結果を見たいというのがあるのかと思います。それでもTSA-120が来てからは、性能にはあまり疑いを持つ必要がなくなってしまったので、平日夜中中放っておいて撮影という余裕?みたいなものも出てきました。

目標: おそらくこれからも考察などは状況に応じて行き当たりばったりだったりします。機材の評価を突然頼まれたりもしますし、頼まれもしないのに勝手に評価したりもします。ここら辺は今後も、その時その時の興味の赴くままにやっていけたらいいのかと思います。


課外活動

昨年はコロナ禍ということもあり、ほとんど外で活動することができませんでした。

星まつりは福島のスターライトフェスティバルのみです。それでも開催できたのが奇跡と思えるくらいでした。



数少ない観望会飛騨コスモス天文台での観望会が3回。
 
 
 

富山市科学博物館での観望会はしばらく中止が続き、再開してからも完全予約制で人数を制限して現在も進められています。お手伝いはコロナ前が1回、落ち着いてからが2回参加できたのみです。




一方、こちらは富山のある企業が観望会を計画して実現するために機材を導入するという、少し面白い経験でした。


現在はさらに進化して、VMC260Lを発注したというから大したものです。


写真展は昨年の中では貴重な行事の一つでした。一つはコロナ第一波直後くらいでしょうか、黒部市の科学館です。


もう一つは、年末から年始にかけての富山市科学博物館での写真展です。




天文ショップには数えるほどしかいけていません。コロナ前にスターベースでTSA-120を決める時に行けたのと



コロナが落ち着いた時と、母親が骨折した時に、実家に帰って寄ったSCOPIOショップ2回のみです。




それでも新しい友人もたくさんできました。SNSなどのやりとりが主ですが、実際にあんとんシュガーさんが2度自宅に来てくれました。



科学博物館の観望会で知り合った宙ガールのMちゃんも自宅に来てくれました。相変わらず星三昧のようなので、これからどういう道に行くのかとても楽しみです。


これらの活動記録、並べてるので多少外でもいろいろやっているように見えますが、一昨年と比べると遥かに少なくなっています。一時はありとあらゆる行事が中止になってしまったので、コロナの影響はやはり大きかったです。ワクチンも出来てきて落ち着いていく方向に行くと思うのですが、今年はいろいろな行事もある程度は再開されることを期待したいです。


最後に

上の中から、昨年1年で大きく印象に残っていることを3つ挙げるとしたら
  • TSA-120購入から、テスト、撮影まで。
  • 口径20cmでの太陽Hα撮影でのものすごい分解能。
  • 画像処理の進歩
でしょうか。機材の一つは既製品の使い込み、もう一つは魔改造なので、いいバランスだったのかと思います。

画像処理は自分自身まだ進化している途中だと思いますが、自宅撮影とかでも長時間露光と相まってなのか、やっと少し満足するようになりつつあります。以前ももちろん、その当時はできる限りのことをしてきたつもりですが、今見直して再処理したくなるのがいくつかあります。当然、今いいと思っていても将来見るとまだまだだなあとなると思うのですが、昨年1年間に続き今年もこの路線を続けて、少なくとも自分で満足できるような、そしてできれば他の人が見ても納得してもらえるような方向で進められたらと思います。

ちなみに、1年で何本ブログの記事を書いたか数えてみると、2020年1月1日から12月31日まででなんと141本でした。3日に一本以上書いている計算になります。でもまだネタは全くつきず。書きたいことだらけです。

あ、去年の反省の最後に書いた「ブログの記事を短くする」は全く達成できませんでした(笑)。

こうやってみるとやはりこの1年間、たとえコロナ禍であってもいろいろやってきたんだなあと、改めて実感します。この趣味のおかげでしょうか、外に出れない厳しい環境下でもほとんどストレスなく、楽しいことに没頭できた気がしています。



突然の名古屋行き

天リフ中継の次の日、なんと実家の母親が足を2ヶ所も骨折したとの連絡が入り、急遽緊急事態制限下の名古屋に行くことに。母親の世話をしたり、病院に付き添ったり、家の片付けをしたり、結構大変だったのですが、それはそれでなんとかしました。少しだけ時間があり、せっかくなのでSCOPIOに顔を出しました。

夕方16時半頃に店に到着。店長さんと近況を話して、最近のC8での太陽撮影や、先日の天リフの広域電視観望でバーナードループが見えることなど一通り盛り上がります。昨年夏に導入をお手伝いした日本空調さんの様子も聞くことができました。最後に日本空調さんから連絡があったのが「電視観望の最中にASI294MCが突然画面が暗くなった」というので、「SCOPIOさんに相談した方がいい」と答えていたので、その後の様子を聞くことができました。カメラはそのまま交換したとのことで、後で確認したら電視観望の最中にUSBケーブルを何度も抜き差ししていたとのことです。見えなくなったのはそれが原因だったのではということでした。カメラ自体は特に問題なかったそうです。動作中のUSBケーブルの抜き差しは、電源も供給されていることを考えると、確かにあまり良くないかもしれないですね。私も覚えておくことにします。


購入品

この日SCOPIOでいくつか細かいものを購入しました。一つはSVbonyのヘリコイドです。

IMG_1509

今使っているサイトロンのガイド鏡ですが、不安定そうな一本足を取り除いて、出てきたT2ネジにASI290MMを直接取り付けてます。

IMG_9848

でもASI290MMは太陽撮影と兼用なので、いちいち取り外す必要がありちょっと面倒でした。代替機種として福島のスターライトフェスティバルでASI120MM miniを特価で購入しました。miniなので差し込み口の径がアメリカンサイズのアイピースと同じなのですが、T2ネジには直接つけることができません。そこで、T2からアメリカンサイズの変換アダプターのようなものが欲しかったのです。ZWOのヘリコイドがちょうどそのサイズだったのは知っていたのですが、その場ではZWO社のものはなく、代わりにもう少し安いSVbonyのものがあると出してきてくれました。ネジ径に問題もなさそうなことと、更にコンパクトなことと、少しだけ安いので、SVbonyのものにすることに決めました。

IMG_1513

実際にガイド鏡に取り付けてみましたが、上のようにASI120MM miniをうまく組み込むことができました。

カメラがヘリコイド内部の段差に当たってしまって、最後まで押し込めないのは誤算でした。カメラは圧倒的に小さくなって良かったのですが、ヘリコイドの分は当然体積が大きくなるので、そこはマイナス。ヘリコイドでピント調整がしやすくなったのはプラスです。前部の対物レンズでももちろんピント調整できますが、赤いネジを締め込むと少しズレしまうのが不満でした。でもまあ、一度合わせたらほとんどいじることはないので、どちらでもいいと言えばどちらでもいいです。

ASI120MM miniには、2mほどの長さのUSB Type A - USB Type Cケーブルが付属されていて、これまで使っていたUSB3.0のType Bケーブルより細くコンパクトになりました。さらに、もっと短いUSB Type A - USB Type Cケーブルも付属されているので、ASI294MC ProなどのUSB2.0出力があるカメラで撮影する際には、そこからガイドカメラのASI120MM miniに接続できるようになります。そのため長いケーブルが一本丸々省略できるためにこれは大きな利点です。

でもよく考えたら、最近ASI290MMも安いのでそちらを追加した方が良かったかもしれません。いや、太陽用だと290のセンサー面積が小さいのが少し不満なので、グローバルシャッターのASI174MMを買って、290をそのままガイドに使っても良かったかも。いや、ASI294MMだとアップデートで分解能倍くらいになるしいっそのこと...。


あともう一つちょっとした買い物は、サイトロン製の3倍の星ビノです。笠井製の3倍の星座ビノは持っていますが



サイトロン製のものは似て非なるなるもののようです。前回10月にSCOPIOに行った時にその場で直に比べさせてもらいましたが、明らかに周辺の歪み具合が違います。前回はまだ見本があっただけで在庫がなかったので、今回やっと手に入れることができました。値段も1万円台前半なのでおすすめです。

IMG_1518

まあ、夜に見ると笠井のものとの違いがどこまでわかるかは、実際に試してみないとわからないと思いますが、2倍のものはたくさん持っていても3倍のものは一つしかなかったので、ちょうど良かったです。

あとは細かいものだけです。中古のフレキシブルハンドル。ハンドルの持ち手が小さいのが気に入りました。

IMG_1519

Vixenの5mmのジャンクのアイピース。中にカビがあるかもとのことですが、みた限りは大丈夫そうでした。安かったので誰かにあげようと思ってます。

IMG_1520

天文年間。買い忘れてたのでちょうど良かったです。

IMG_1523


やくもふさんと

そんなおり、以前SCOPIOでお会いして、PSTの分解にも参加してくれたやくもふさんが入店してきて、Advance VX用の三脚にサイトロン製のカーボン三脚を実物と合わせていました。合わせてみるとピン位置が合わないので、そこは3Dプリンタで自作するかもとのことです。カーボン三脚実物は軽くて石突きも頑丈そうで、結構良さそうでした。お店にあるのは古いバージョンで、新しいバージョンは足を伸ばしたり短くしたりする時の空気抜けの穴が空いているとか。

やくもふさんが気づいたのですが、お店にGINJIが150mm、250mm、300mmとそろっています。

IMG_1504

わかりにくいかもしれませんが、写真の真ん中に3本並んで写っています。特に30cm、二人とも欲しがってたのですが、重さ約20kgとやはり赤道儀を選びます。タカハシならEM400クラス、VixenならAXDくらいが欲しいとのこと。CelestronでもCGXクラスとのことなので、少し考えてしまいます。ちょうど天リフのリレーでも玄さんが30cmを振り回してたのですが、個人でドーム無し持ち運んで運用するには多分30cmは限界近くの大きさでしょう。C14とかは35.5cmありますが、シュミカセなので短く、重さも20kg程度で同じくらい。EQ6Rなら20kgでギリギリ。まあいつかドームでEQ8とかで30cm以上というのを夢見ることにします。たまにお店に行くと、どんどん夢が膨らんでいきます。怖い怖い。

あともう一つ面白かったのは、15cmのシュミット補正版が2枚入っていてEDという名で売り出していたという珍しい反射型のオレンジ色の鏡筒がありました。メーカー名は聞いたけど忘れてしまいましたが、口径の小さいものも発売されていたそうです。一般的にシュミカセは周辺に行くほどコマ収差が気になるのですが、補正版2枚だと星像がどれくらいになるのか気になります。最近機材が多すぎるので我慢しているのですが、それでもかなり魅力的でした。でもここはぐっと我慢です。今の手持ちの本数から考えると、買っても絶対活用できなさそうです。以前どこかでも書きましたが、一度に操作できるのは(私は)せいぜい2本です。

最後に出てきたのが、Unistellar社のeVcope。お手軽電視観望を実現している新しいタイプの望遠鏡です。実物は初めてみました。思ったより細長いのと、実際に持たせてもらいましたが、見た目より軽くて運搬もそれほど苦ではなさそうです。

IMG_1501

初心者がなかなかパッと変える値段ではないですが、こういったパッケージ物の活路は必ずあるのかと思います。ソフトも独自開発みたいなので、もう少し値段もこなれて一般的になれば一気に広まって、望遠鏡の一ジャンルを絞めるようになるのかもしれません。


いろいろ終えて、やっと富山へ

仕事も休んで(と言っても一部はリモート会議)3日間名古屋に滞在しました。緊急事態宣言の中、結局外食は帰るときに高速手前で入ったすがきやだけでした。あとは全部コンビニかスーパーの弁当など。まあ、贅沢は言ってられません。 

名古屋からの途中の道も結構雪に降られ、富山についたらまた2-30cm雪が積もっていました。でも、次の日は朝から夜までものすごい快晴。

IMG_1508

月が夜中ころまで出てましたが、少しだけ撮影しました。あまりうまく行ったかどうか自信がありません。うまく撮影できていたら、また画像処理して記事にします。
 

2020年の反省を書こうと思ってブログを読み返してましたが、あまりに記事の数が多くて、しかもむやみやたらに長いので嫌になりました。あまりにやったことの幅が広くて、全くまとまりそうにありません(笑)。

もうどうしようもないので、せめて撮った画像だけでもまとめようと思いました。

それでは今年撮った天体関連の写真一覧、よろしければみてください。

星景・星野


「田んぼに映る天の川」
IMG_5538_all6

撮影地: 富山県富山市, 2020年5月14日0時36分



「透明度のいい日の自宅からの天の川」
IMG_5946_2
撮影日: 2020年6月16日23時36分



「夏の天の川2020」
integration
撮影日: 2020年8月14日23時38分-23時42分


「北の天の川」
integration_DBE
撮影日: 2020年8月14日22時41分-22時46分


「ペルセウス座流星群2020」
IMG_7940_ABE_cut3
撮影日: 2020年8月30日0時42分


彗星

「ネオワイズ彗星」〜人生初のしっぽの見える彗星〜 
integration1_ABE_DBE2_STR_cut
石川県羽咋市, 2020年7月16日20時49分


integration_DBE_STR_SNP_all_ps4
石川県羽咋市, 2020年7月18日20時15分-21時23分


星雲、星団

「EVOSTAR 72EDで撮ったバラ星雲」
light_BINNING_1_integration_DBE_DBE_DBE_STR_all_PS5a
撮影日: 2020年3月26日20時2分-21時59分


M65 M66 NGC3628: 三つ子銀河」
light_BINNING_1_integration_DBE_ST_PCC_SNP_all_PS3
撮影日: 2020年4月14日21時4分-23時1分


「回転花火銀河M101」
light_BINNING_1_integration_ABE_DBE_STR_DBE_STR_SNP_all_PS4_cut
撮影日: 2020年4月16日21時29分-4月17日0時20分


「TSA-120で撮ったヘルクレス座球状星団M13」
light_BINNING_1_integration_ABE_PCC_STR2_cut
撮影日: 2020年4月29日0時24分-1時23分


「子持ち銀河M51」
light_BINNING_1_integration_ABE_PCC_AS_all_PS3_cut
撮影日: 2020年5月13日21時22分-23時27分


「アンタレス付近」
masterLight_EXPTIME_181_5_DBE_PCC_DBE_AS_all_PS8_cut

撮影日: 2020年5月30日0時47分-3時11分


「M20三裂星雲とM21」
integration1_PCC_ST_all_AS6
撮影日: 2020年8月14日21時4分-23時40分


「M27:亜鈴状星雲」
masterLight_ABE_PCC_STR_all3_DBE4_cut
撮影日: 2020年8月18日21時47分-8月19日3時52分


「北アメリカとペリカン星雲」
integration_ABE_STR_all8_cut
撮影日: 2020年8月19日20時26分-8月20日3時32分


「三日月星雲」
masterLight_ABE_PCC_STR_SNP10_cut
撮影日: 2020年8月20日20時30分-22時42分


「らせん星雲」
masterLight_ABE_ABE_DBE_ALL3
撮影日: 2020年8月21日午前0時2分-1時29分


「M31アンドロメダ銀河」
masterLight_DBE1_PCC_AS_all4
撮影日: 2020年10月19日21時37分-20日3時40分


「M33: さんかく座銀河」
masterLight_180_integration_DBE_AS_hakiOK_all4
撮影日: 2020年11月12日21時1分-13日22時55分


「M42 オリオン大星雲」
masterLight_integration2_ABE1_PCC_SCNR_HSV_MS_all3_cut
撮影日: 2020年12月9日20時57分-12月10日1時10分


「M45: プレアデス星団(すばる)」
masterLight_integration_DBE1_PCC_HSV_AS_PIP_all6_cut
撮影日: 2020年11月14日23時32分-4時52分


太陽

「初めての日食」
integration_Preview01

comp
撮影日: 2020年6月21日

「久しぶりの黒点」
16_44_15_lapl2_ap2465_IP_all_combined_cut
撮影時間: 2020/6/8 16:44


「10月31日の黒点」
14_32_40_lapl3_ap1765_IP3_cut
撮影時間: 2020/10/31 14:32 
記事


「11月の大きな黒点」
12_19_28_lapl5_ap2515_IP

12_24_13_lapl5_ap2545_IP
鏡筒: 国際光器マゼラン102M、口径102mm、焦点距離1000mm、F10 アクロマート
撮影時間: 2020/11/21 12:19(上)、12:24(下)


「口径20cmでの初のHα撮影」
15_02_16_lapl3_ap504_IP2_cut

15_02_16_lapl3_ap504_IP2_color_dark_cut
鏡筒: Celestron C8、口径203mm、焦点距離2032mm、F10
撮影時間: 2020/11/21 15:02


「2020/11/30の大黒点」
11_51_38_lapl3_ap2313_RS

11_51_38_lapl3_ap2313_RS_color

撮影時間: 2020/11/28 11:51


「太陽プロミネンスのタイムラプス映像」
Blink
撮影時間: 2020/5/13 11:57



「TSA-120で初めて撮った月」
20_51_08_lapl5_ap2162_RS


「地球照」
18_59_37_lapl2_ap231_RS2_cut

18_59_37_lapl2_ap231_RS2_evening

19_02_07_lapl2_ap3065_evening
富山県富山市下大久, 2020年4月27日19時6分、月齢4.3
記事 


惑星

「久しぶりの火星」
Jup_201704_lapl5_ap123_RS

Sat_204251_lapl5_ap107_RS_cut

2020-10-02-1454_2-U-RGB-Mars_cut_L
撮影日: 2020年10月2日23時54分
記事

「MEADE2cmで撮った火星」
Mars_225441_lapl3_ap629_RS_cut


その他

「蛍と天の川」
integration_RGB_AS3
富山県射水市, 2020年6月9日22時3分から22時36分


「口径120mmで見るシリウスB」
Capture_00005 19_57_55_cut


「トラペジウムG星、H星、I星⁉︎」
integration_cut_arrows

まとめ

どうでしょうか?コロナ禍で大変な年でしたが、こうやってみると1年間で撮影した枚数もそこそこになるのを実感します。今年はTSA-120が戦力に加わり、星雲星団が昨年までより充実しました。それでも北陸の天気の悪さはいかんともし難く、休日に天気がいいことはなかなかないので、自宅での撮影が大半です。

あと昨年末くらいからでしょうか、ここ一年で画像処理がかなり進歩した気がします。StarNetやDeNoiseなどのツールのおかげももちろんありますが、腕の方もだんだんそれらのツールを使いこなすように上がってきているようです。

今回は画像の一年のまとめですが、実はこんなことはやったことは初めてです。電視観望の一年のまとめもやってみたくなりました。あと、これとは別に毎年恒例の1年の反省と新年の目標の記事をそのうち書きたいと思います。


今回は本ブログについて考えていることを書いてみます。これからブログを書いてみようと思っている方の参考になればと思います。

ブログを書き始めたきっかけ

この「ほしぞloveログ」ですが、星を始めた2016年4月30日当日から記事が存在していますが、実際に記事を書いたのはひと月ほど遅れて5月終わり頃だったと思います。なので最初の何回分かの記事はカレンダーを見ながら思い出して書いています。きっかけは、前趣味のラジコンでほとんど記録をしていなかったこと。途中からだんだん過去に何をしてきたか分からなくなっていたのですが、ある程度経つと「今更記録してもなぁ」と思ってしまい、少し後悔してたからです。なので星が趣味で確定だなと思った時に「あ、記録しておこう」と思いました。


最初は日記代わり

なので、最初の方の記事を見てるとわかるのですが、ほとんど日記です。今でもその傾向は強くて、あったことはできるだけ書き留めておこうと思っています。でも悩みは基本公開記事なので、公に書けないこともあることです。直接お会いした方にはいろいろ話すこともあるのですが、記録として残ってしまうとまずいことはあまりかけないので、それで忘れてしまうこともあったりします。

最初は日記だったのですが、興味が機材系に寄っていたここともあり、そのうちにコメントなどを通じてこのブログを読んでいてくれている人が結構いることに気づきました。そうすると少し意識も変わり、他の人が読んでも役立ったり、楽しいと思えるようなものにしようという気持ちになります。つい先日もTwitterであったのですが、このブログがきっかけで何か始めたとか、問題が解決したとか聞くのは、やはり正直とても嬉しいものです。

というわけで、今回はブログを書くことのメリットを中心に、いろいろ思っていることを書こうかと思います。


ブログを書くことのメリット

記録になっている:
このブログは毎回記事が長いのですが、その時に思ったことを忘れないようにできるだけ細かく書いているからです。読みにくくなっていることも多々あり、読んでいる方には甚だ迷惑かもしれませんが、ご容赦ください。自分であとで読んでその時の状況を思い出したり、再現するためです。後から読み返すとわかりますが、時間が経つと相当のことを忘れてしまっています。記憶を呼び起こすためにも、ブログはとても役に立ちます。

他の人が読んでくれている:
これはまず、単純に励みになります。ブログを書くモチベーションになります。コメントとか、感想を読んでいるのはとても楽しいです。その上で、もし他の方の役に立っているなら、こんなに嬉しいことはありません。

後で自分で読んでも楽しい:
これは、ブログを書き始めたあとしばらく立ってから気づきました。忘備録と言う意味ではなく、自分の過去記事が読んでいて楽しいのです。「あー、あの頃はこんなこと考えてたな」とか、「馬鹿なことやってたな」とか、その時の気持ちまで思い出してくるので、本当に楽しいです。暇な時は結構過去記事を読んでいたりします。すると更にアイデアが浮かんできたり、次の記事のモチベーションになったり、実はこの「読んでて楽しい」に気付いてからこれがいちばんのメリットの気がしています。

自分で読んでいるだけなら良いのですが、中にはケニ屋さんみたいに全記事制覇を宣言してくれるような奇特な方(もちろんありがたいという意味です)がいます。そんな時には長い記事は申し訳ないなあと思ったりしますが、その一方シベットさんみたいにもっと長くてもいいと言ってくれる場合もあります。確かに昔と比べると一つ一つの記事が長くなってきているのですが、逆に少し更新頻度が落ちているとも思います。ここら辺はバランスですが、この記事の最後に「ブログを書くコツ」みたいなのを載せておきます。

まとめることでより理解ができる:
記事を書く時に、頭の中でいろいろ整理します。また資料を調べ直したりもします。このことが例えばその場でわからなかったこと、未解決なことに道を開くことがよくあります。きちんと言葉や文書にすることで、何が問題だったのか、どう考えたら良いのか、ぼんやりしていたことがはっきりするのです。

趣味としてメリハリがつく:
星の趣味は、ある意味個人趣味かと思っています。星を見て、撮影して、自分で満足すればそれでおしまいです。もちろんそれだけだとつまらないので、他の人の機材を参考にしたり、他の人の成果を見たりで交流があります。「書き記しておく」と言うのは、更に加えて趣味の幅を広げることになると思います。少なくとも私の場合は「書く」と言うことが、機材を揃える、星を見る、電視観望する、撮影する、観望会をするということに匹敵するくらい、大きな割合を占めています。ブログを書いてなかったら、もしかしたらここまでのめり込んでなかったかもしれませんし、もしかしたらすでに他の趣味に映っていたかもしれません。

自分の思いや、細かい技術を残し伝えることができる:
ブログという形態の一番のメリットだと思っています。文字数制限とかもないので、自分の思っているくだらない考えとか、変なこだわりとかも気にせずに書くことができます。SNSと違って、アクセスしないと記事に接することはないので、変な考えの押しつけみたいになることも少ないです。また、技術に関してはブログのフォーマットでの制限は確かに存在しますが、工夫次第で数式も含めて相当細かく記録しておくことができます。時には小難しいことを書くこともあります。もしかしたらその場では理解できなくて読みにくいと思われる方もいるかもしれませんが、ある時期が来てものすごく役に立ったかあると嬉しいです。分かりにくいことはできる限りわかりやすく書いておこうと思っています。せっかくの楽しい趣味なので、技術などは出し惜しみせずできるだけ共有して、願わくば次の新技術につながればと思っています。


デメリット 

唯一のデメリットは、書く時間を取られることでしょうか。でもこれも趣味の一環なので、それほど苦にはなりません。「これだけ長い文書書く時間よくとれますね」とか言われますが、天文趣味の場合実はいちばん時間がかかるのは画像処理だったりします。

あと、ごく稀に返答に困るようなコメントとかもありますが、第一方針として楽しくやりたいので、悪口とかはできる限り書かないようにしています。それでも人によっては気分を害することもあると思うので、もし私の記事が原因で嫌な思いをされる方がいるとしたら、それは明らかにデメリットの一つかと思います。できるかぎり避けたいと思っています。

基本的にデメリットよりもメリットの方がはるかに多いと思っています。


このブログの方針

いくつかは繰り返しになりますが、今は以下のような方針でブログを続けています。
  • その場の細かいことは結構すぐ忘れてしまうので、くどいことでもくだらないことでもできるだけ細かく書く。
  • 基本的に悪口は書かない。
  • 自分に対するこだわりはたくさんありますが、自分のこだわりを他人に押し付けたりするようなことはしたくありません。
  • 人物崇拝は好きではなく、成果に対する正当な評価の方が正しいと思っています。なので、偉い先生が言っていたからとか、神話のようなことは自分で確かめない限りは信じないようにしています。
  • 一方、必要な情報を集めるのは当然のことと思っています。それでも鵜呑みにはせず自分で判断して取捨選択をするようにしています。

SNSとの関係

最近はTwitterで呟いて、そのまとめを記事にすることがよくあります。もともとSNSは時間を取られてしまうのであまり好きではなく、Twitterも最初は天リフさんの「#天文なう」に載せたいという理由で始めました。Facebookアカウントも持っていますが、最近はほとんど使っていません。

Twitterでブログのネタを宣伝することの問題点は、ブログのコメント欄への書き込みが少なくなることです。その一方、Twitterはその場の反応が見られるのがいちばんのメリットでしょうか。Twitterへの投稿は長くは残らない(残っていても見にくい)ので、のちに役立つ意見とかはブログのコメントに残したいのですが、ここら辺はバランスで今後の課題かと思っています。

現在使っているLivedoorブログですが、コメント書き込み時に以前あったメールアドレスを書き込む機能が、ちょっと前に無くなってしまいました。なので私に個人的に連絡を取る方法が限られてしまっています。もし個人的に連絡を取りたい方はTwitterのDM(ダイレクトメール)でお知らせください。Twitterでフォローとかされていない方は「ほしぞloveログ」を検索すればすぐに出てきます。DMで書ききれない込み入ったことはメールアドレスをやりとりして続けれたらと思います。


できてないこと


過去記事の最新情報への更新:
昨日、今年一年のブログのPVを集計してみました。12月28日までの集計になります。

PV_cut

こうやって見ると、マニュアル的な物や、導入時のレファレンス的な記事が何度も読み返されていることが分かります。しかも1位が2016年の記事、星を始めて半年経っていない時のものです。これが2020年でも1位とはちょっと驚きです。この記事は情報としては古くなっているので、書き直したほうがいいくらいです。他にも新しい製品が出てたりで、情報が古いものが散見しています。早急に書き直したほうがいいのですが、なかなか気合が入りません。そのうちにこっそり更新しておきます。

ボツネタの再記事化:
あぷらなーとさんに言われて、これまでのボツネタのタイトルを出してみました。Twitterで書いたのは文字制限があったので、こちらのほうが数が多いです。下に行くに従って古くなります。
  • PixInsightフローチャート
  • Stellariumで自動導入
  • 高度なツールについて
  • ここ何年かのエポックメイキング技術
  • ダーク補正続き
  • 天体撮影ソフトの比較
  • 最近の撮影スタイル
  • Conversion factorの件一応解決
  • 雨の日の観望会
  • 近所の子と星見会
  • 過去記事ピックアップ
  • ブログについて
  • ASI294MC Proの性能評価 (その4): ダークノイズ
  • 双眼鏡
  • 初冷却カメラ
  • ASIAIRみたいなplate solvingをやってみよう
  • Vixen ポルタ II A80Mf
  • SharpCapの無料版と有料版の違い
  • 天の川画像処理
  • 書籍
  • SharpCapの新機能: Sky Brightness測定
  • ノイズが少ないカメラって?
  • 各種機器改良やテストなど
  • 天体機器まとめ
  • 天文ガイド一気読み(その9): 1977年
  • MetaGuideでのオートガイド
  • なぜ星雲が見えやすくなるのか?
ついでに少し中身も見たのですが、いくつか再記事化すると面白いものになりそうなネタがありました。実は今回のこの記事もその一環だったりしています。


おまけ: ブログを書くコツ

何かあったら忘れないうちに、できればその日のうちにすぐに書くことが長く続けるコツの一つかと。次の日でいいやと思って一日放っておくとボツネタになることがよくあります。

書き方としては
  • 最初書きたいことを箇条書きにする。
  • 箇条書きを時系列や言いたいことの順に並び替える
  • 箇条書きの間を埋めていく
というやり方でやってます。箇条書きにするのは全体を考えて、頭に浮かんだことをとにかく書き留めておくため。この段階で細かいことを考えると、書きたいと思っていたこと自体を忘れてしまいます。逆に箇条書きにしてキーワードさえあれば、連鎖ですぐに思い出せます。

キーワード間を埋めるときは細かいことに集中します。そのことについてどれだけ深く考えることができるか、どれだけ詳細に思い出せるかが勝負です。

あとは、考えている時間をできるだけ少なくすること。考えると同時にキーボードを動かしていると余分な時間がかからずに嫌になりません。

書き終えたら必ず全体を見渡すこと。細かいことに集中して書いていると、それぞれセクションの間で不整合が起きていたりします。一度全体を読み直して俯瞰し、ミスなどを直します。私の場合はそれでもミスが残っていたりするので、のちに読み返した時もたくさんミスに気付いてその都度直したりしてます。


まとめ

今回は天リフさんのピックオフでTwitterの書き込みを取り上げてもらえたのと、



過去記事の一部にまとめようとしたのがあったので、一気に書いてしまいました。実際には天文ネタとあまり関係なく、コラム的に書いてしまいましたが、どうでしょうか?これからも、こんな気楽な記事もちょくちょく書いていこうと思います。

 

今回の記事はいろいろあるので、日記のようなものです。


2020年12月5日

この日は天気予報ではずっと雨で、朝から本屋に行って天文ガイドと星ナビを購入。富山では1日発売日が遅れるのでこれで最速です。そのままCostcoにいって食料品の買い出しです。買うものは大体決まっています。大抵いつも一品だけ新しいものを買います。今回は高山ラーメンのブースがあり8玉で1000円くらい、しかもスープを8種類から自由に選ぶことができます。帰りに食べるソフトクリームは相変わらず絶品で、どこの観光地に行ってもこれだけ贅沢な味のソフトクリームはなかなか出会えないです。生クリームをそのままソフトクリームにした感じで、これで250円なので毎回食べてます。

買い物が終わり外に出てみると、なんと南は快晴!急いで自宅に帰り、太陽撮影の用意です。ところがセットアップが完了したところですぐ脇に大型の暑い雲が迫ってます。天文あるあるの一つですね。わずか3ショットで太陽は隠れてしまい撮影はおしまい。その後雨が降り出しました。 本当はERFを外してみたかったのですが、そんな余裕は全くありませんでした。というよりも、シンチレーションが相当悪いです。その中の一つを画像処理しましたが、もうどうしようもないので強烈な画像処理をかけていて、よく見るといろいろ破綻しています。

12_53_30_lapl4_ap344_RS2

その日の夜はZoomでの集まりが2つありました。一つは20時からの「オープン双天会」です。私はあまり眼視の経験がないので大したことは話せませんが、シリウスBとトラペジウムの見え方を少しだけ話しました。ここは第一部だけで退散してまい、次の21時からの「天体画像処理研究会第一回オンラインミーティング」に参加しました。提案者の処理管理プロセスのプレゼンがあり、その後画像処理について話しました。関連して、PIでどこまで処理するかの話があったのですが、少なくとも私はPIの後にPhotoshopに引き渡しししまいます。PIだけでできたら再現性という意味でも理想的なのかもしれませんが、かなりの方がやはり感覚的にPhotoshopもまだ手放せないという感じでした。それでも若い人がこうやっていろいろと新しいことを提案してくれるのはものすごくいいことだと思います。私も年齢的にはもう全然若くないですが、この分野ではまだ4年半と長いわけではないので、心だけは若いつもりでいたいと思っています。

23時にオンラインミーティングが終わった後は、はやぶさ2の期間中継まで少し時間があったので、昔の画像の再処理です。第一弾はモンキー星雲。QBPを使い始めた2019年初め頃に撮影したころのもので、まだ癖が掴み切れていませんでした。約2年でどこをいじればいいかも大体わかってきたので、試しに再処理してみました。

Before
light_BINNING_1_integration_DBE_PCC_AS_PS5

After
light_BINNING_1_integration_DBE_PCC_HSVRepair_AS_all4_cut

です。メインのモンキーが赤一辺倒だったのを補正したのと、恒星がうるさかったのをシャープ化したことと、背景のモヤモヤを出してみました。モヤモヤはまだ試行錯誤中で迷っています。何か薄い模様があるのは間違いないのですが、これをこんな風に出していいものなのでしょうか?

そんなことをしていると、はやぶさ2の中継が始まるような時間になってきました。Youtubeの方をメインで見てましたが、テレビでも中継が一部あったようです。無事にカプセルが切り離され、ビーコンを受診し、一空いてをし、ヘリコプターが向かったとこらへんまで追っていましたが、4時近くでしょうかその後は寝てしまいました。


2020年12月6日

朝起きると、太陽は出ているものの雲も多くて、この日の太陽撮影は諦めました。そのため午前中に時間ができたので、富山市化学博物館の天体写真展に解説役として顔を出すことにしました。

IMG_1321

IMG_1323

IMG_1326

天体写真の他にもいろいろ展示してあったり、クイズがあったりと、子供でもある程度楽しめるようになっています。中でも隕鉄から作った刀「流星刀」は、幕末の榎本武揚が何振か作らせたもののうちの一つで、一見の価値ありです。

日曜と言うこともあり、基本的には親子連れがほとんどで、小さい子がたくさんいます。天体写真をメインに見にきていた方はほんの数人といったところでしょうか。ちょうど富山市天文学会の会長さんもきていて少し話したのですが、こういった写真展では周りの明かりが結構暗いこともあり、印刷の方で相当明るくなるように出しておいた方がいいのではと言う意見で一致しました。多分写真展に何度も出している会員の方はそういったことを知っているので、思ったよりかなり明るくして見栄えを良くしています。少なくとも私自身、フジプリで印刷して部屋で見たものよりは相当明るくした方がいいのではと思いました。

そんな中、私の顔を見て話しかけてくれた親子がいました。毎週の観望会に参加していて、私の顔を覚えていてくれたみたいです。小学4年生の男の子で、話していて昨年5月に月に北斗七星がよく見えていた子だと思い出しました。この子も星が大好きで、毎週科学博物館の観望会に参加し、ポルタIIを買ってしまったとのことです。以前うちに来てくれたMちゃんと同じような感じだったので聞いてみたら「名前まではわからないが、その子のことは観望会で毎週会っているのでわかる」とのこと。せっかくなので、「今度Mちゃん誘うときに一緒にうちにきませんか?」と声をかけておきました。

12時半頃でしょうか、外を見るとけっこう晴れてきています。太陽が撮れそうなのと、お腹も空いてきたので昼食がてら自宅に戻ろうとしたら、科学博物館入り口のところでなぜか偶然Mちゃんがプラネタリウムのチケットを受け取っていました。どうやら一人できているらしくて、昨晩の観望会はもちろん、ほぼ毎週の如くきているみたいです。

「昨日から天体写真展やってるよ」声をかけ、私も何枚か展示していることを伝えると「一緒に案内して欲しい」とのことで、再び特別展示室へ逆戻り。プラネタリウムが13時からなので、それまで写真を見ながらいろいろ話しました。なんでもはやぶさ2の中継を見ていて、夜中じゅうずっと起きていて今朝は寝坊したとか、赤道儀がいまだにうまく動かないとか、相変わらず宇宙三昧のようです。Mちゃんに、先に会った4年生の男の子のことを聞いたら、「名前は知らないけど毎週あっているので良く知っている」とのこと。熱心な子同士、ちゃんとお互いを認識しているみたいです。

プラネタリウムが始まるので、13時前にMちゃんと分かれ自宅に戻ります。午後は雲も少なくなり、太陽がずっと顔を出しています。こんなのは久しぶりなので早速撮影を始めます。ところがです、とにかく画面がユラユラです。昨日はたった3ショットで、あまり調整できなかったのできちんと判断できてなかったですが、昨日も今日もやはりシンチレーションがものすごく悪いみたいです。

それでも雲もなく時間だけはあったので、かなりの本数を取りました。その中で、前回の撮影記事のコメントにあったERFが悪さをしている可能性があるというのを試したくて、ERFの代わりに31.7mmのHαフィルターを入れたもので撮影してみました。ちなみにHαフィルターは7nmのものです。

まず、ERFからHαフィルターにすることでカメラに当たる光が80倍程度になりました。露光時間が10msから1.25msに変更で8倍、ゲインが300程度から100程度で10倍です。

明るさが変わるのは(接眼部に入っている)ERFが入っていたところ以降です。ERFの手前にあるエタロン部に当たる光量は変わりません。なので得た論に対する光量による損傷は(これまで問題ななら)関係ないでしょう。BFに関しては元々ERFの後にあり、Hαフィルターをカメラのところに取り付けたため、これまでと順番が変わり、BFにより多くの光が当たることになります。少なくとも上の80倍かける1/Hαの透過率くらいの光が当たっています。それでもまあUV/IRフィルターとエタロンで反射する分が相当あるため、実際の光量はそこまでなく(カメラの感度から言ってみれば通常の昼間の撮影程度の明るさに相当)、光によるBFの損傷なども少なくとも確認することはできませんでした。

実際に画像処理をしたものが以下となります。でもこの日も相当なシンチレーションの悪さです。その中で、かろうじて最後の処理までたどり着けたものです。ほとんどのものがスタックした段階でブロックノイズが出たりで破綻してしまいました。実際に比較してみます。

これまでのERFと
13_31_20_lapl4_ap2378_RS

次にHαフィルターに置き換えたものです。
13_36_12_lapl4_ap2410_RS

画像だけ見ると、Hαフィルターの方が周辺部まで模様が出ているように見えます。確かに、ここまで中心と周辺が均等に出たことはこれまでありませんでした。ERFがやはりなんらかの理由で周辺を崩していたのでしょうか?でも明るくなったために露光時間を短くできたことで、よりシンチレーションの影響が少なくなっただけの可能性も捨てきれません。何より、80倍の光量の違いと言うのがかなり大きくて、これが太陽からくるHα情報が80倍になったのならいいのですが、Hα以外の周りの波長が大幅に増えただけなら、Hαのコントラストという意味では逆に不利になってきます。

いずれにせよ、この日はシンチレーションがあまりに悪くて、ERFの問題については結論が出なかったといったところでしょうか。今後もう少しシンチレーションがいい日を狙って、再度検証しようと思います。

ちなみに、C8でプロミネンス をまだきちんと撮ってなくて、どこまで分解できるのか興味があるのですが、この日は流石にシンチレーションがとてつもなく悪く、まだ分解能に迫るようなことはできませんでしたが、一応一枚だけ処理できた(やはり他もブロックが出てしまったりでスタックさえまともにできませんでした)ものを載せておきます。

13_46_18_lapl4_ap244_IP

もう少しシンチレーションのいい日を改めて狙っていろいろ試します。

夜に科学館であった小4の男の子のお母さんからも連絡が来たので、この日の夜に官房会を開こうとも思ったのですが、ちょっと天気が厳しそうで諦めることにしました。でもそこそこ晴れていたので頑張ってやっても良かったかもしれません。

今週末もいろいろなことがあり、あまり星は見えませんでしたが、それでも楽しい週末でした。天気がもう少しよかったらもっと楽しめたのかもしれませんが、仕方ありませんね。





「2020/11/30の大黒点」
11_51_38_lapl3_ap2313_RS

11_51_38_lapl3_ap2313_RS_color


  • 鏡筒: Celestron C8、口径203mm、焦点距離2032mm、F10
  • エタロン: Coronado P.S.T.
  • 赤道儀: Celestron CGEM II
  • カメラ: ZWO ASI290MM
  • 撮影ソフト: SharpCap 3.3beta (64bit)
  • 撮影時間: 2020/11/28 11:51 ser形式でgain 300, 10ms x 2000フレーム中上位30%を使用
  • 画像処理: AS3にてスタック、Registaxで細部出し、PhotoshopCCで後処理


「口径20cmでの初のHα撮影」
15_02_16_lapl3_ap504_IP2_cut

15_02_16_lapl3_ap504_IP2_color_dark_cut
  • 鏡筒: Celestron C8、口径203mm、焦点距離2032mm、F10
  • エタロン: Coronado P.S.T.
  • 赤道儀: Celestron CGEM II
  • カメラ: ZWO ASI290MM
  • 撮影ソフト: SharpCap 3.3beta (64bit)
  • 撮影時間: 2020/11/21 15:02 ser形式でgain 300, 10ms x 2000フレーム中上位50%を使用
  • 画像処理: AS3にてスタック、ImPPGで細部出し、PhotoshopCCで後処理



12_19_28_lapl5_ap2515_IP

12_24_13_lapl5_ap2545_IP
  • 鏡筒: 国際光器マゼラン102M、口径102mm、焦点距離1000mm、F10 アクロマート
  • エタロン: Coronado P.S.T.
  • 赤道儀: Celestron CGEM II
  • カメラ: ZWO ASI290MM
  • 撮影ソフト: SharpCap 3.3beta (64bit)
  • 撮影時間: 2020/11/21 12:19(上)、12:24(下)、設定はともにser形式でgain 300, 10ms x 5000フレーム中上位50%を使用
  • 画像処理: AS3にてスタック、ImPPGで細部出し、PhotoshopCCで後処理

「初めての日食」

integration_Preview01

comp
  • 鏡筒: 国際光器マゼラン102M、口径102mm、焦点距離1000mm、F10 アクロマート
  • エタロン: Coronado P.S.T.
  • 赤道儀: Celestron CGEM II
  • カメラ: ZWO ASI290MM
  • 撮影ソフト: SharpCap 3.2 (64bit)
  • 撮影時間: 2020/6/8 16:44 ser形式でgain 410, 5ms x 1000フレーム中上位80%を使用
  • 画像処理: AS3にてスタック、ImPPGで細部出し、PhotoshopCCで後処理


「太陽プロミネンスのタイムラプス映像」

Blink
  • 鏡筒: 国際光器マゼラン102M、口径102mm、焦点距離1000mm、F10 アクロマート
  • エタロン: Coronado P.S.T.
  • 赤道儀: Celestron CGEM II
  • カメラ: ZWO ASI290MM
  • 撮影ソフト: FireCapture


「2019年4月13日の太陽黒点」

Capture_09_09_59__09_09_59_lapl5_ap2548_IP_mono_cut_small

Capture_09_09_59__09_09_59_lapl5_ap2548_IP_cut
  • 鏡筒: 国際光器マゼラン102M、口径102mm、焦点距離1000mm、F10 アクロマート
  • エタロン: Coronado P.S.T.
  • 赤道儀: Celestron CGEM II
  • カメラ: ZWO ASI290MM
  • 撮影ソフト: SharpCap 3.2 (64bit)
  • 撮影時間: 2019/4/13 8:45頃から10時00分頃までの15本のうちのワンショット、露光時間5ミリ秒、5000枚、うち20%を使用。
  • 画像処理: AS3にてスタック。ImPPGで細部だし、PhotoshopCCで疑似カラー化と後処理。




「太陽ジェットの噴出」

all3_amime_cut
  • 鏡筒: 国際光器マゼラン102M、口径102mm、焦点距離1000mm、F10 アクロマート
  • エタロン: Coronado P.S.T.
  • 赤道儀: Celestron CGEM II
  • カメラ: ZWO ASI290MM
  • 撮影ソフト: SharpCap 3.2 (64bit)
  • 撮影時間: 2019/4/6 14:50頃から15時40分頃まで、モノクロ16ビットのser形式で31本、それぞれ10ms x 500フレーム x 15本, 10ms x 1000フレーム x 15本, 10ms x 5000フレーム x 1本、ゲインはそれぞれサチらない範囲で最大 
  • 画像処理: AS3にてスタック。全て上位50%使用。ImPPGおよびPhotoshopCCで後処理。
 
「プロミネンス 」

 2018-03-03-0201_4_lapl4_ap914_w
  • 富山県富山市 2018/3/3 11時1分
  • P.S.T. + ASI178MC + x5 barlow lens + Advanced VX赤道儀
  • Shutter 200ms, gain 350, 80/200 frames
  • Autostakkert3 + Registax6 + Photoshop CCで画像処理



低ISOの方がいい!?

HIROPONさんが、画像処理まで含めたら低ISOの方がいいという記事を書かれました。



HIROPONさんは東京都心に住んでいるため、明るいところでの撮影を得意としています。確かに、都心のような超光害地ではHIROPONさんの言っていることは正しいと思いますし、HIROPONさん自身も光害地での撮影を前提に記事を書いているのかと思います。ただし、その「光害地での撮影」が前提であることを考慮せずに、低ISOが常に正しいと思い込んでしまう低ISO信者になってしまう人が出てくるのを少し心配しています。何事も鵜呑みにするのではなく、状況に応じて自ら考えることが大切なのかと思います。

HIROPONさんは、暗い場所でもさらに低ISOで露光時間を伸ばす方向に進めたいような発言もされてますが、光害地でISOが低いと不利になることの一つは、時間の制限があるからかと思います。無限に時間があるなら、低いISOで露光し続け、淡い天体まで出した方が得です。でも現実にはガイドずれや、人工衛星などの邪魔な光が入る可能性などがあるので、ある程度の時間で区切らざるを得ない。そんな時はISOを上げ、露光時間を制限した方が得になります。HIROPONさんもこのことをきちんと理解している旨の発言をしていますので、必ずしも全て低ISOがいいと言っているわけではないのかと思います。




高ISOの方がいいのか?

光害地での低ISOが有利な理由はHIROPONさんがすでに述べられているので、ここでは暗いところで高ISOが有利な理由を中心に述べていきたいと思います。

ISOを上げる一つの理由が、読み出しノイズよりも淡い天体を見たい場合です。読み出しノイズが加わる時点以前にゲインを上げることができるなら、より小さな信号を見ることができます。でもよく考えるとこれも先に挙げた露光時間を伸ばす代わりに時間制限があるのでISOを上げることと根は一緒ですね。

言うなれば、明るさ、時間という物理量に対して、露光時間、ISOというカメラ側の機能を駆使して、いかにカメラの持っている生のダイナミックレンジ(ファイルフォーマットでは16bit、一眼レフカメラは14ビット程度が多い)に入れ込むかという話に行き着きます。「明るさ」という物理量には、ターゲット天体の明るさ、背景光(+背景光ノイズ)、リードノイズ、その他ダークノイズ、ショットノイズなどがありますが、今回話題としているのはターゲット天体の明るさ、背景光なので、基本的にこれに絞り、必要ならノイズ(特にリードノイズ)を考えることにします。

2020/11/1 追記: Zoom会議で、やはり都心の超光害地で撮影されている方から、とにかく何も写らないのである程度滑らかにしておかないとダメ、だから天体からの光子数を少しでも稼げる低ISOがいいのではないかとの発言がありました。皆さん納得してましたし、私もその通りかと思います。


Twitte上での疑問

黒・天リフさんが今回のHIROPONさんの記事に対して、Twitter上で色々疑問を呈してくれています。勝手に引用してしまっているので申し訳なくて、まずかったらすぐに消しますが、折角の疑問なので、私(Sam)のわかる範囲で答えてみようと思います。私自身はノイズに関しては多少勉強はしてますが、センサーに関してはプロでもなんでもないので間違ったことを言っているかもません。なのでここで書いたことは正しいとは限らないですし、簡単に答えの出ないものもあるのかと思います。自分で考える発端になればいいかなと思っているくらいです。


黒・天リフさん
一番重要なのは、コンポジット前の1枚画像のヒストグラムが偏らない(いわゆる中央より右)ことではないか?根拠は一つ、それが一番限られたビット幅を有効に使えるであろうから。
反論)天体写真においてはヒストグラムの山から左は基本的にゴミデータ。ゆえに「意味のある階調のビット幅」は山から右端までの間になる。それなら山は左に寄せた方がより階調が広くなるのではないか?
反論の反論)・・・・・・「ヒストグラム山右寄せ」は多くの方が実践し好結果を得ているように思えます。私はチキンなのでいまだにヒストグラムを2/3より右にできませんが、人によってはびっくりするほど右寄せにされている模様。なぜ「右寄せの方がよりよい」のかが自分にとっては未解明。 

Sam
量子化ノイズの問題だと思います。左寄せはADCのLBS (量子化単位)に近くなっていくので損なはずです。階調不足と言った方がいいでしょうか。なので右寄せの方が好結果を得ているというのは正しいと思います。でも右寄せはダイナミックレンジを犠牲にしているので、当然恒星とかはサチりやすくなります。nagahiroさんがもっとわかりやすく説明してくれていて「見た目の明るさが2倍違う天体AとBを撮影したとして、ヒストグラムの左側を使っているとそれぞれ画像上の輝度値が5,10だったのが、右側を使うと50,100になって、後者のほうが諧調が豊か」ということです。

デジタルゲインでは階段上のまま増幅されるが、アナログでゲインを上げると階調豊かになる。


黒・天リフさん
天体の光は実際にはどのくらいの光子をセンサーに届けているのか?たとえばごく淡い分子雲を総露出120分で撮影したとき、1画素に分子雲の光子は「何個」届いているかです。これがもし「1」なら直感的には鑑賞写真では判別不能に思えますが、では何個なのかと。

Sam
天体を仮定して計算するのは大変なのですが、Unity gainがわかっているなら画像から逆に計算することができます。Unity gainは1つの光子が1ADCの単位(=1LBS、最小量子化単位)という意味なので、Unity gainで長時間露光して撮影した画像で天体が写っていたなら、そのカウント数を数えればそれがそのままま光子数となります。


黒・天リフさん
バイアスノイズ≠リードノイズ?バイアスはセンサーの輝度値の「ゲタ」と認識しているのですが、これは「リードノイズ」とは別物と考えていいのでしょうか。ゲインをかけて増幅した値を読み出す際のノイズがリードノイズ?

Sam
同じと考えていいのではないでしょうか?バイアス補正はするけれどもリードノイズ補正はしないし、メーカーのデータにはリードノイズは出てくるけれどもバイアスノイズは出てきません。リードノイズとはどれだけ光を無くしても、露光時間を短くしてダークノイズを減らしても、どうしても読み取り時に出てくるノイズです。最短露光時間にしてバイアスノイズを測れば時間に比例するダークノイズの効果は無視できるようになるので、それは定義から言ったらリードノイズになると思います。リードノイズもバイアスノイズもISO(ゲイン)に依存します。

2020/11/1 追記: Zoom会議中で出てきた結論は、バイアスとリードノイズは別物という意見が大半でした。素子レベルでのオフセットがバイアス。バイアスはオフセットであって、ノイズではないというもの。でも私はまだ少し納得ができてなくて、結局あるゲインでのバイアスフレームをとるとそれはそのままあるゲインでのリードノイズに一致するのではないかと思うからです。でないと他にリードノイズを測る方法がないです。概念としてバイアスがオフセットなので別物というのは理解ができます。
さらに新たに出た疑問として、バイアスの時間変化はあるのだろうか?とうのがありました。例えばSony α7S3では一定の期間でバイアスを取得して書き換えてると言うことです。あぷらなーとさんがバイアスに関してはかなり解析されてました。


黒・天リフさん

「ゲインをかけて増幅した値を読み出す際のノイズがリードノイズ」だとすると、「ISO100 15秒」と「 ISO1600 15秒」ではリードノイズの影響はISO1600の方が少ないことになると推測。現実にはCMOSセンサーのリードノイズは今やとても低いので大きな差にはならないのかも。 

Sam
リードノイズはゲインに依存します。メーカー値を見てもそうですが、例えばSharpCapを使ってZWOのASIカメラとかで実測すると、その依存性が出て、高いゲインの方がリードノイズが小さくなると出ます。ただし、この「小さくなる」というのは入力換算での話で、ゲインで割った後のノイズの値が小さいという意味です。ゲインで割らないと当然ノイズもゲイン倍されて測定されるので、ゲインが高い方がノイズの値は大きくなるのはいうまでもありません。
そのため、露光時間が同じ場合、淡い天体を撮る場合にはISOが大きい方が得だと思います。でも当然ダイナミックレンジは犠牲になります。
でも少し疑問もあって、そもそもISOで上げるゲインはどこにあるのでしょうか?回路的にゲインを上げるならリードノイズ前で増幅するので高ISOが得をします。一方、読み取った後に計算機上でゲインを上げるなら、リードノイズは変わらず、むしろダイナミックレンジで損をします。一応データでリードノイズがゲインとともに下がるとでているので、前者が正しいのかと思っています。

2020/11/1 追記: 実際の天体からくる光子数をあぷらなーとさんが過去に計算してくれてます。
https://apranat.exblog.jp/27577057/

これによると、M27で1秒間に1ピクセルに0.7個だそうです。


黒・天リフさん
理想的なセンサーと完璧な背景光キャリブレーションがあれば、背景光の輝度に関係なく、同じ画像を得ることが可能。これって実現可能性はゼロに近いですが、論理としては間違ってませんよね?
常々、光害地と遠征地でのディープスカイの写りの差はもっと少なくできてもいいはずなのにと思うのですが、その根拠?となる仮説です。でも実感値としては全く間違ってるような気がしますね・・背景光の「揺らぎ」のレベルが違うのでしょうか。 

Sam
そもそも光の揺らぎも0ということはあり得ません。光子数のルートに比例する統計的な揺らぎが必ず存在します。なのでたとえ理想的なセンサーがあってもダメです。
信号が全て中央値だけのような統計的にばらつきのないものなら、背景光なども完全に引くことができるのですが、実際には(光子数、センサー読み取り値ともに)ノイズは必ずばらつきがあるので、完全に取り去ることはできません。背景光が明るければその分そこからくる(統計的に明るさのルートに比例した)ノイズも大きいです。なので、ゲインをあげて、背景光のノイズが効かない分解能が高いところでノイズを差っ引いた方が有利です。
HIROPONさんが画像処理が前提の場合はISOが高くても低くても差はほとんどないと発言されてるのですが、これも天リフさんと同じような仮定をしているからだと思います。画像処理が前提でも、ADCのレンジのどこに落とし込むかを考えないと、特に低ISOの場合は量子化ノイズに制限されることがあります。また画像処理にはノイズを差っ引くような処理が多いのですが、ノイズの平均値を差っ引くことはできますが、ノイズ(揺らぎ)そのものを差っ引くことはできないので、ゲインをあげてRead Noiseなどのゲインステージよりも前に入ってくる信号をあらかじめ増幅した方が得です。量子化ノイズ、リードノイズよりも天体の情報の方が十分大きく、量子化ノイズ、リードノイズが無視できる範囲で、かつADCのレンジ内に十分入るならば、画像処理を前提にすればHIROPONさんの言う通り、ISOに関係なく同じ結果になると思います。この場合は背景光の効きは同じになるので、ISOによって有利不利はありません。

2020/11/1 追記: Zoom会議中に黒・点リフさんはライトフレームをスタックした場合を想定していて、私はライトフレーム一枚を補正することを前提として考えていることが判明しました。ライトフレームを無限にスタックしていけば、信号である天体に比べて、無相関なランダムノイズは統計的に枚数のルートに比例して揺れが小さくなっていくので、原理的に消すことができます。でも現実的にはライトフレームの枚数を増やしていってもあるところで改善が見られれなくなると思います。どこかに時間的に相関があるノイズが支配的になったりしてしまうなどが理由と思います。


黒・天リフさん
短秒多数枚はリードノイズが枚数分だけ乗ってしまうのが弱点(のはず)。リードノイズの大きな冷却CCDではあり得なかった戦略。でもISOを上げればリードノイズの影響を減らせる?という気になっているのだが、そこが根拠レスなので知りたいところ。

Sam
ISOの効果がリードノイズが加算される以前で効いているなら正しいです。ただしデジタルゲインと呼ばれているような、ゲインがリードノイズ加算の後に適用されている場合は正しくないです。むしろダイナミックレンジを削るので不利になります。でもダイナミックレンジで不利というのも程度問題で、計算機上で無限の(例えば32ビットとか、64ビットの)レンジがあれば無視できる問題です。


2020/11/1 追記: Zoom会議中の質問など
  • 高いISOだと温度が上がったりしないか? -> 経験上あまりそういうことはない。
  • リードノイズが枚数を増やすことで消せない理由が知りたい。 -> たくさん重ねると確かに得するが、他のノイズに比べるとその効きが悪いのであまり得しない。詳しくはここの「読み出しノイズ」を参照。
  • PIはファイルを読み込んだ時にビット数拡張分を上に加えるだけなので、最初ものすごく暗く見える。その状態でスタックして加算「平均」して平均するところで割ってしまうと、狭いビットレンジのところに戻ってきてしまうので、階調が改善されないのではないか? -> 内部の計算が整数ならダメだが、不動小数点で計算しているなら大丈夫だろう。もしくはファイルに落とす時にビット数を選択できるくらいなので、計算機内部ではもっと情報量を保っているのではないか?ただし、ファイルに落とす時に、暗いままで、整数で、低ビットで保存すると情報が失われるので注意。
  • ヒストグラムは対数かリニアでみてるか?Steller Imageで縦軸を対数で見ると、何も信号がないと思っているところでも小さな信号が残っていることがわかる。また、横軸をリニアで見るとかなり暗く見えてしまっている場合があるがそれでも大丈夫なのか?-> 上と同じ理由で計算機内部で情報を保っていれば大丈夫なのでは?でも同様に、ファイルに落とすときは注意。
  • ISO側でなにか画像処理をしているのではないか? -> 少なくとも拡張感度というのはデジタルゲインで、さらに何か処理をしている可能性が高い。それだけでなく、常用感度でもなにか画像処理している可能性は否定できない。さらにRAWと言われているものでも、色々処理している可能性がある。例えば、オフセット、カットオフなどは触っている模様。でもカメラメーカーの裁量で決めていることで、情報としては出てこない。
  • さらに、CMOSカメラも色々複雑。例えばASI294なんかは、ゲイン120のところからリードノイズがガクンと良くなる。これはノイズの違うアンプを2つ使っているから。それぞれのアンプはアナログの可変ゲインアンプで、外部入力で単体でゲインが変わるアンプが各画素に入っている。なので、大きなゲインでリードノイズが改善される。でもASI294はゲイン391以上でデータが1ビット間引かれ、以後ゲイン60(2倍)ごとに1ビットずつ抜かれていく。センサーメーカーのデータがそもそもゲイン390以上ないので、ゲイン390より上はカメラメーカーの後付けでデジタルゲインではないだろうか?
  • 本来のハードウェアビニングは、リードノイズが効いてくる読み出し前に加算してしまうもの。昨今のCMOSセンサーのように、隣接ピクセルのリードノイズが加わった読み出した後の演算ではありません(それだとソフトウェアビニングになります。なんちゃってハードウェアビニングなどともよばれてます)。CCDとは異なり、CMOSの場合は原理的に読み出し前の加算が不可能らしい。それでリードノイズに違いが生じて、真のハードウェアビニングはリードノイズが4分の1になるのに、なんちゃっての方はそのルートで2分の1にしかならない。
  • ASI294MCとASI294MMはセンサーの型番がIMX294とIMX492と違いがあれ、ほぼ同様のものと推測。そもそも294の方もクワッドベイヤー配列で、ユーザーが見る1つの素子が実は4つの素子からなっている。そのために本来12bitのダイナミックレンジが、14ビットに拡張されているのでは?
  • サッポロポテト現象がASI294MCだと全く出ない。普通はほぼ全てのセンサーで出るので、これは驚異的。クワッドベイヤー配列の恩恵か。不思議なのはMMでも出ない。カラーベイヤーでフィルタリングしているのがサッポロポテト現象が出ない理由の一つのはずなので、MMで出ないのは不思議。理由は不明。

回路との比較

これらのことは回路のことを少し知っていると理解しやすいかもしれません。

光害地で背景光が大きい状態は、回路でDCオフセットが大きすぎて信号が見えにくい状況に似ています。例えばオシロで10Vレンジで1mVの振幅の揺れは見えないようなものです。

高いISOで淡い星雲を見やすくすることは、回路でサチらない範囲で適度にゲインを上げてSN比を上げることに相当します。

実際の回路でノイズのことを学ぶのは、役に立つと思います。例えば「計測のためのアナログ回路設計―OPアンプの実践回路から微小信号の扱いまで」の最初の方はものすごくわかりやすくノイズについて書いてくれています。実際にこれをみながら低雑音オペアンプを作ってみると、ノイズについてよくわかるかもしれません。

これらの電気信号を計算機に取り込む必要があり、こちらはまた別の話になります。量子化ノイズについては、ADCについてもよく理解しておく必要があります。

センサーの個々のピクセルに関しては回路の話になるのですが、多数のピクセルが集まったセンサー全体の話になると、また特有の事情が出てきます。conversiion factorなんかはたくさんのピクセルの統計的な振る舞いから求める典型で、初めて学んだ時は眼から鱗でした。

画像処理まで考えるとさらに複雑ですね。天体画像処理には、ターゲット天体の情報を持つヒストグラムの極範囲の狭い領域を、可視全域まで広げるという特殊な事情があります。逆に言えば、この領域を生かすような撮影方法を考えるべきで、あとはむしろ外に追いやってしまうような手法がセンサーに近い側で確立されると、もっと得すると思います。でも今の市場規模だと大変なのと、やはりRAW出力を求めるので、なかなかとっぴなことは難しいと思います。


まとめ

すみません、黒・天リフさんの疑問が散らばっていたので勝手にまとめてしまいました。まずかったら消しますので言ってください。

とりあえずバババッと短時間で答えてみましたが、どこまで合っていることか。色々疑問もあると思いますので、コメントとかTwitter上でもまた議論してもらえればと思います。

ノイズに関しては昔色々書いています。





でもよく考えたらADCの量子化ノイズについて言及したのは今回が初めてかもしれません。

こういった話も天体写真の別の面白い一面だと思います。これからも続けて議論していければと思います。


ノイズネタを肴にしたZoom飲み会開催のお知らせ

追記です。10月31日午後21時から、ノイズをネタにZoom飲み会を開催しようと思います。

Zoomに始めて参加される方はアプリが自動でインストールされるはずです。Windows、Mac、Linux、アンドロイド、タブレット、iPhone、iPadなど各種対応しています。発現する場合はマイクが必要です。顔出しOKの方はビデオカメラもあるといいかと。

たくさんの質問をTwitterに投稿していただいた黒・天リフさんも参加されるとのことです。他にも大物ゲストが来るかもしれません。

めんどくさい込み入った話になるかもしれないので、聞いているだけでも構いません。たくさんの方のご参加お待ちしています。



金曜日の夜、皆さんいかがお過ごしでしょうか?台風のせいでしょうか、富山は今晩は天気が悪そうなので、今日は家の中でおとなしくしています。

過去記事のリストを見てたのですが、今年だけでボツになった記事が11本ありました。月1つ以上です。ちょっと書いてやめたもの、ほとんど最後まで書いたけど根本的に間違ってて公開できないものとかもあります。今回のも小ネタですが、放っておくと確実にボツ記事になるので、公開します。


8月のブログのPV

2016年に「ほしぞloveログ」を始めて、これまで約1500日たっていて、投稿数が640本だそうです。2.3日に一本です。結構なペースで書いていることになります。もちろん気がのらない時はしばらく書かないこともあったり、ネタがたくさんあると毎日、時には日に2本とか3本とか投稿することもあるので、あくまで平均です。

先月のブログのPVがなんと3万5000越えでした。しかも、19日は初めて1日2000PVを超えました。最初ロボットかとも思いましたが、ユーザー数も増えているのと、ペルセウス座流星群で天の川の記事だったので、一般の人も見に来てくれたのかと思います。3万越えはこれまで数回しかなく、平均は2万5千PVくらいでしょうか。

IMG_0536

PVが多かった8月19日の直後はLivedoorブログの写真・カメラカテゴリーでなんと2位。これも初めてです。順位はすぐに変動するみたいで、この後はすぐにいつもの5-10位くらいになってました。

rank


あまりPVとか順位とかは気にしてませんが、結構読んでくれている人いるんだなあと実感できます。感謝しています。


人気記事

順位ついでに、人気のある記事を見てみると、例えば8月は固定三脚での天の川撮影の記事がダントツトップでした。書いたばかりの8月の記事が読まれるのはまあ当たり前なのですが、古い記事で人気のあるものはだいたい決まっています。主に入門記事で、電視観望でSharpCapとか、ASILiveのソフトの解説記事、機器の評価記事、AZ-GTiの最初の使い方や赤道儀化の記事は相当人気があります。やはり、人気のあるソフトや機器の解説記事は需要が多いみたいです。人気記事の中にはちょっと古い記述もあるので、そろそろ書き直した方がいいかもしれません。


rank2


過去記事は密かな楽しみ

こうやってたまに過去記事を見返すのは、実は密かな楽しみです。自分の書いた記事ですが、いつも長いので何を書いたか忘れていることも多くて、読み返すと色々と思い出します。

それでよく思うのは、やっぱり自分は天文屋さんではないなあと。かなり機材ネタとかに走ってしまっているので、多分純粋に星を愛する人から見たら怒られそうな感じです。もちろん星は好きです。でも冷静に考えると、何か改良とかして、それで見た天体が改善されていることに一番喜びを感じるようです。なので、同じものをずっと毎日見続けるとかは苦手です

問題は、機材改良とかしてその成果を天体で確認できると途端に興味がなくなってしまうこと。これ、よく考えるとものすごくコストパフォーマンスが悪いです。結構な時間とお金をかけてせっかく使えるようになったのに、それを使い続けるのは苦痛なのです。次の新しいことに目が行ってしまいます。全然元が取れてません。まあ、趣味で自己満足のうちなので、納得しながらやってますが...。

あと、もう一つ自分が好きなことが自覚できてきました。人が育っていくところを見るのが好きなんですよね。だからやる気がある人、星が大好きな子供とかを無条件で応援したくなります。でも口を出し過ぎると絶対ダメなので、できるだけ自分で成長してもらって、どうしても困ったときだけ口とか手を出すとかです。

ブログとかでもコメントで質問があります。このブログはいつも長い記事なので、よほど好きな人が読んでくれてるのかと思います。そこで質問してこられる方、特に初めての人は本当に困って質問してきているのかなと。そんな時は自分のわかる範囲でできるだけわかりやすいように回答をするよう心がけてます。所詮趣味の世界なので、何が正解とかわからないこともたくさんありますが、自分のできる範囲内でこれからもやっていこうと思います。


昨晩の観望会から明け方に帰宅してしばらく睡眠をとり、朝9時頃にあぷらなーとさんからの電話で目が覚めました。13時頃にスコーピオで待ち合わせです。それまで少し時間があったので、5月19日で閉店になるという名古屋のスターベースに行ってきました。

IMG_7038


実は2016年のGWに星を始めるときに、一番最初に立ち寄った店がここです。でもその時は値段を聞いてびっくりで流石に手が出ることはありませんでした。その後も何度か立ち寄ったことはありますが、たいしたものを購入したことはありませんでした。それでも店長さんも私のことを多少覚えていてくれていたようで、今回も小一時間くらいでしょうか、お話ししてきました。店長さんが引退するのは少し前から決めていたそうで、後継者を探したけれどなかなか見つからなかっとのこです。望遠鏡のことを知らない一般の人からの応募もあったが流石に好きでないと厳しいとか、知り合いの方にも声をかけたがタカハシの顧客は比較的裕福な方が多いので逆に難しそうとか、それほど簡単な話ではないようです。2000年に現在の場所に移転してから19年間で万引きとかもわずか数回で、天文ファンには変な人はたくさんいるけど悪い人はあまりいないと言うのがある意味実証されたような裏話を聞くこともできました。

昨日の観望会で店頭にはもうほとんど何も残っていなかったとか聞いていたのですが、意外に掘り出し物もまだ残っていました。店長さんによると、閉店ということでこの機会に引き取ってもらいたい人も多く、回転がいつもよりずっと早いとのことです。閉店まで残り10日くらいですが、ちょくちょく覗くと新しい掘り出し物も見つかるかもしれません。ショップにすぐ行くことができるような状況は大都市ならではで、羨ましい限りです。

秋葉原のスターベース には電車で行くのですが、名古屋のスターベース は車で行くからダメですね。私も気づいたら、なぜか一本生えていました。あぷらなーとさんが「遠征生え」なら、私の場合は実家に帰ってなので「帰省生え」とでもいうのでしょうか。


IMG_7039
車の中で一本生えてきたことに気づいたとき。

生えてきたのは灰色の旧旧色時代のFC-76です。値段が値段だったので完全に気絶買いです。レンズに曇りがあるので、ジャンク扱いで部品取り用とか書いてありました。確かに撮影には厳しいかもしれませんが、それでも電視観望なら十分に使えそうです。今の手持ちの新フラットナーもリングだけ76用のを買えば使えそうです。後日レポートを書きます。

IMG_7065

IMG_7068
白濁は結構ひどい。その分格安でした。

あと、その場にあった製版用のCarl Zeissの300mm F5のレンズもかなり欲しかったのですが、こちらはなんとか思いとどまりました。以前「星を求めて」で隣の人に見せてもらった製版用レンズを使った収差ほぼ無しの手作り鏡筒を再現したかったのですが、すでに鏡筒を買ってしまった後だったので予算も少なく、泣く泣くあきらめました。

その後、SCOPIOに移ってあぷらなーとさんと店の前で開店時間に待ち合わせ。2日前に旅行からの帰りで立ち寄った時に雑誌だけ購入したのですが、今日は改めて気合を入れて訪れてます。

IMG_7051


K店長にSkyWatcherから新しく出た太陽観測用の自動導入経緯台を見せてもらいました。GPSが付いていてそこそこ北に向けてボタンを押すとものの数分で勝手に太陽にまで鏡筒を向けてくれます。

IMG_7040
最初に適当に北向きに置いた様子。

IMG_7041
数分後にはこのように自動で太陽を追っています。
影を見ると太陽方向に向いているのがわかりますね。
(追記: すみません、現場では影を見てたのですが、写真に写ってませんでした。)

そもそも太陽は普通のファインダーも使えないので、初期アラインメントが結構手間なのです。時代はここまできたんだなあという感じです。K店長が「覗くともう太陽が入っている」と言うので、あとはカーソルで微調整するだけです。見せてもらったPSTはかなり見える個体らしく、明るくて赤く見えるところが一部オレンジに光輝いていました。プロミネンスもよく見えます。自分が持っているPSTより明るいのかと思います。まあ私のはジャンクもので眼視はほとんどしないし、魔改造で原型をとどめていないので、比べること自体間違っているのかと思います。

そうこうしていると、なんと昨晩のやくもふさんがお店に来ました。特に待ち合わせていたわけではなく偶然です。今晩もどこかに遠征に行くみたいです。私とあぷらなーとさんは、新しくできた奥の展示場に移動。

IMG_7045
あぷらなーとさん物色中。

流石に中野の展示場には負けますが、それでもこれだけ出してあると実物を見て購入できるので非常に便利です。あぷらなーとさんはKenkoのフォーカサーを触りながら「思ったよりいいなあ」とかブツブツ。

ここでは太陽経緯台の固定バージョンも置いてありました。固定バージョンは鏡筒を変えることができないとかいうことでしたが、実際には六角のイモネジが付いているだけなので、特に心配することはなさそうです。

IMG_7049

途中やくもふさんも展示場の方に来てまた3人でいろいろ議論が始まりました。展示場にいたのは20分くらいでしょうか。

店舗に戻ると早速あぷらなーとさんが、さっきのKenkoのアクロマート120mmを「一本ください」と。ショップに行くとなぜかニョキニョキ生えてきてしまう不思議な現象で、今回は「遠征生え」というものに分類されるそうです(笑)。実は鏡筒の方は長年悩んで決めたとのことですが、ところがこれだけにとどまらず、その場にあったフリーストップ経緯台の初代のPHOTONを見つけて即買いです。バックラッシュが大きいと店長が説明していましたが、あぷらなーとさんのブログを見ると早速解決。

捨てる神あれば拾う神あり★先日のブログで『邪悪さ』を自慢したら・・・お気軽観望専用の邪悪兵器を組んで自慢したところまで...2019年 05月 03日

さらに鏡筒の方も早速ナロー撮影で成果を出しているようで、相変わらずものすごい実行力です。
『遠征生え』した12cmアクロマー...★インスタ映えならぬ『遠征生え』天体観測のため機材満載で遠征した際、現地から帰ってくると出発前...2019年 05月 05日

私の方はというと、笠井から新発売のCS -BINOを買ってしまいました。星座ビノとしては8個目です。どうやらやはりStellaScanの色違いみたいです。また単眼でも独立して販売していることからも、頑張って外すと2つの単眼としても使えるそうですが、私はまだ怖くて試していません。

IMG_7087


そんなこんなで買い物も終わりましたが、本当はあぷらなーとさんを富山に誘っていました。でもこの日は香川の夜が晴れるらしく、手に入れた機材を自宅で試したいとのことで、残念ながら香川に帰ることになりました。名残惜しくお店の前でお別れでしたが、いつか富山まで来てください。大歓迎します。後日談ですが、結局その晩は天気が悪かったとのことで、富山に行けばよかったーと後からメールが来ました。でも香川-富山間はさらに遠くなってしまい、GW中は渋滞もすごかったみたいでなので、あまり無理をしなくてよかったのかもしれません。

GWの天文記事、もう少しだけ続きます。
 

4月30日で星をはじめてはや丸3年が経ったことになります。本当に早いものです。

IMG_7053
3年経った現在の玄関の様子。自宅常備用です。
奥に太陽用の10cm屈折が見えています。

思えば2016年のGWにふらっと立ち寄ったスコーピオで購入したニュートン反射と赤道儀がきっかけでした。あの時ちょっと無理をして赤道儀にしておいて本当に良かったです。その後の趣味としての広がり方が全然違いました。昨日スコーピオのK店長とも話したのですが、あの時節約して経緯台にしておいたら、多分スタート時の進展具合が全く違ったものになっていたと思います。そういえば、2016年当時、本当に一番最初に寄った名古屋のスターベースも今月で閉店とのこと。3年間の間にスターショップ(旧誠報社)が程なく閉店。三基光学もシュミットも秋葉原から移転。そしてとうとう名古屋スターベースもです。まだまだこれからも移り変わっていくのでしょうか。ケーズデンキで天文機器を扱うことになったのも大きなことでしょう。

最初の一年間は全てが新しく、ものすごい密度でした。久しぶりに時間の進み方が遅くなった気がしました。電視観望に出会ったのも最初のころ、惑星や星雲の撮影も始めたり、星まつりにも参加したりと、家族を巻き込んでものすごく楽しい1年間でした。たくさんの星仲間もできました。この歳で新しい友人が増えることはあまりないのですが、これは嬉しい誤算でした。

2年目の一年間は、慣れのせいか最初の一年よりずっと時間が速く経った気がします。星は季節を感じることができるので、2年目になると繰り返しの感覚が出てきました。天の川も2年目、惑星も2年目、星まつりも2年目。技術的にもいろいろ進化しますが、逆に同じことなのでつまらなくなったとこともあります。。星まつりではたくさんの仲間に再会でき、CANPも初めて参加してさらに星仲間のつながりが広がっていきました。2年目で始めた新しいことは、太陽と立山でのスターウォッチングの参加でしょうか。太陽は改造を繰り返すなど趣味の王道を行っているようでとても楽しく、3年目まで続いています。


3年目の一年を振り返って

今回は3年目の一年間で何ができたのか少し振り返ってみようと思います。

まずは太陽。ちょうど昨年の始め頃からはじめて、PSTに10cmの屈折をつけるという魔改造機ですごく楽しむことができました。フィルターを熱で割ってしまうという大失敗もしました。夏には太陽の電視観望を何度か披露して、昼間でも安全に迫力ある太陽観測ができることがわかってきました。先月は大きな黒点も出て高解像度で撮影することができました。これからも太陽はまだまだ楽しめそうです。

電視観望の技術はある程度確立してきたので、今では観望会では安定してみなさんに見てもらえます。昨年一年間でも何度も観望会で電視観望を披露することができ、大活躍してくれました。電視観望という言葉もかなりというか、もう普通に認識されてきていますし、自らの手で試す方もかなり増えてきているようです。さらには鹿児島の電視観望を前提としたドームが出てきたことや、公共の天文台でも電視観望を導入するところが出てくるなど、大きな広がりを見せつつあるのは本当に嬉しい限りです。

電視観望で大活躍のAZ-GTiですが、これは購入当初からかなり遊べました。値段が値段なので撮影までの精度を求めるのは酷なのですが、アイピースでの観望や、電視観望では即実践投入できるレベルの商品としの完成度があります。しかも赤道儀化して、最後2軸ガイドまでできたので、十分に元を取ることができました。自動導入経緯台としての手軽さは、特に天文入門者やホントに星が初めてとかいう人にむしろオススメです。

夏には天の川の撮影の入門記事を書いたのですが、こちらは思ったより反応がなくてがっかりした覚えがあります。結構気合を入れて書いたのですが、これから天の川シーズンも始まるので、これをみて星景写真を試してみたとか言う人がいたら嬉しいのですが。

物として増えたのはSamyangの14mmの広角レンズでしょうか。これは天の川撮影で大活躍してくれています。値段の割にパフォーマンスが良かったものの一つです。

夏の火星大接近は期待したのですが、大黄雲で模様があまり見えなかったのが残念でした。それでも火星土星も綺麗に撮れたので満足です。同時期の当時中2の娘のNatsuの自由研究も見ていて楽しかったです。結構きちんとまとめていて、学校代表になりましたが、残念ながら市の方では選ばれませんでした。でもそろそろNatsuの天文熱も最後になるかと思います。一応今年のGW中の観望会も、あぷらなーとさんが来ると言ったらと付いてきたのですが、最初だけは起きていましたが、途中からほとんど車の中で寝ていました。もういつまで続くやらです。

あぷらなーとさんで思い出しました。香川の望遠鏡博物館の講演会の帰りにあぷらなーとさん宅に寄らせていただきました。本当にお話が面白い方で、話が機知に飛んでいて、かつ理論的。一緒に連れていったNatsuとSukeを魅了していました。自宅ではお母様にもずいぶんお世話になりました。おとといの観望会で岐阜まで来ていただきました。次回こそはぜひ富山までと思っています。

星まつりは3年目でも出来る限り参加しています。原村、胎内はもう3回参加したことになります。残念だったのは福島でしょうか。台風の影響で中止になってしまいました。その代わりでもないですが、3年目は京都の星を求めてや小海の星フェスに新たに参加しました。大きな戦利品としては、胎内で見つけたファミスコと小海で見つけたスーパーチビテレでしょうか。見え味はともかくとして、昔の古き良き?時代に少しだけ参加できた気がして嬉しかったです。

星まつりではたくさんの星仲間と話せました。このブログを見てくれている人も多くて、話しかけてくれるのはとてもありがたいです。もともと星まつりで暗い中話しかけてくれた、かんたろうさんが富山に来てくれたことも大きいです。昨年自宅に泊まってもらったのですが、まさか富山市民になるとは。あと、去年から富山に就職できたY君の存在も大きいです。星まつりや観望会など、結構イベントのたびに顔を合わせています。Y君みたいな若い人がこの業界を引っ張っていってくれればと思います。お二方とも県天に参加してくれたので、大きな戦力になってくれると思います。

秋から冬にかけては、赤道儀の水平出しの謎解きやらQBPフィルターで遊んでいました。QBPフィルターは自宅撮りの可能性を一気に広げてくれて、かつ色もあまりおかしくならないなど、非常に使い勝手がいいです。同時期にQBPと一緒にFS-60CBの新型フラットナーとレデューサ、およびFS-60Qを自宅でテストしていますが、上々の結果でした。

冬の北陸は天気が良くないのでで、撮影よりは解析とかに時間を費やすことになります。まだ未完ですが、ASI294MC Proでいろいろ検証しています。同様に光学設計も冬の楽しみの一つですが、こちらもシュミットカメラまでたどり着きましたが、シュミカセで止まってしまっています。こちらもまた再開させたいと思っています。

天文ショップにはいつも本当にお世話になっています。KYOEIのMさんにはいつもお世話になっています。いろいろ相談に乗ってもらっていてとてもありがたいです。スターベースのI店長さんはじめ、仲のいいS君にはいつも色々お話させてもらっています。この間あったアルバイトのK君も、S君と共に将来楽しみな若手です。中野に移ったシュミットのH店長にはAZ-GTiのトラブルの件では素早い対応をしていただきました。初めて行けた店もあります。スカイバードのS店長は星まつりでは何度もお会いしているのですが、店舗では初めてでした。相模原に移った三基光学でもM店長と20年以上前にもしかしたら会っていたかもと、大盛り上がりでした。Mさん元気そうで何よりでした。

3年が過ぎとうとう4年目に入りましたが、ものすごいベテランだらけのこの分野ではそれでもまだまだ若輩者です。これからも色々な方にお世話になると思います。まだまだやりたいことだらけなのでこれからも存分に楽しんでいこうと思います。今後ともほしぞloveログ共々、よろしくお願いいたします。


 

このページのトップヘ