ほしぞloveログ

天体観測始めました。

カテゴリ:見学、訪問 > 天文関連ショップ

木曜日から韓国のソウルに来ています。韓国に来ること自体初めてで、天文事情もよくわからないのですが、 せっかくの海外なので天文ショップを覗いてみようと思いました。事前に各国の天文ショップ情報が載っているサイトで調べたところ、韓国にも何軒かの天文ショップがあるようですが、 同サイトの日本のページを見てもわかるように、ちょっと情報が古いみたいで、リンク先がないページや専門ショップでなさそうなところもあります。その中でSky39(EXO SKYという店のオンラインショップ)、Sundu、Tekoの3件は少なくとも専門的なショップのようです。でもどのページも韓国語のみで英語表記などないのでなかなか情報を引き出すことができません。翻訳にかけてもまだ店舗を持っているかどうかはっきりとわからないので、Facebookの数少ない韓国人のともだちにダイレクトメッセージを入れて聞いてみました。

とりあえずわかったことは、韓国の人はほとんどオンラインで購入するので店舗はあまり盛んではないこと、EXO SKYは以前行ったことがあるがちょっと高いとのことなどです。あとTekoには直接メールを出して聞いてみたら、店舗もあるとのことです。でも次のメールで何か購入するのだったらあらかじめ相談して欲しい、ただ見に来るだけだったら人手も足りないのであまり相手ができないとのメールが来たので、一瞬昔のスリービーチの記事を思い出しましたが、向こうの都合もあると思いTekoは諦めました。今回はあまり時間がないので行けるのはおそらく一軒だけです。なので、こうやって正直に情報をくれたのはむしろありがたかったです。さて、EXO SKYとSunduで迷ったのですが、EXO SKYとSundoで値段を比べると実は高いと行っていたEXO SKYの方が良心的な値段をつけていて、かつ少なくとも店舗はあるという情報を信じてこちらを訪ねることにしました。

そもそも初めての韓国なので、移動の仕方もままなりません。ガイドブック片手になんとかメトロ(地下鉄)の乗り方を学びながら、降り立った金浦空港から目的の駅までなんとかたどり着かなければいけません。ちなみに、EXO SKYは752番の冨川総合運動場か753番の春衣、Sundoは746番の加山デジタル団地でともに結構近いです、Tekoは離れて613番のトッバウィという駅です。メトロはT moneyというチャージできるカードを使うのが楽だとわかりました。交通費は日本に比べると随分安く感じます。ちょっと遠くても気にせず行けることがわかりました。

EXO SKYまでは、空港から2回(一回間違えたので3回になってしいまいましたが)乗り換えでいけます。乗り換え回数を増やせば近道もあるみたいですが、とにかく迷わないように乗り換え回数を少なくしました。メトロは路線ごとに番号がついているのでわかりやすいのですが、ソウル中心から離れるとどこ行きかが韓国語でしか表示されていないところがあるので、どちら方向に乗ればいいのかが迷ってしまいます。電車が途中トラブルで止まったりしたこともあり、なんだかんだで店に到着したのが16時半頃。結構遅くなってしまいましたが、きちんと店はありました。

IMG_4712


でもここから大きな勘違いが判明します。どうやらここは店というよりは会社のオフィスです。実際には下の写真にあるようなものすごく大きなビルの27階にあります。これはやはり店舗ではないですね。

IMG_4710


韓国では本当にオンラインショップのみで、日本にあるようなリアル店舗はどうやら存在しないみたいです。そんなことも知らずに突然日本からやって来たただの天文ファンに、CEOのキムさんはものすごく喜んでくれて、とても親切に対応してくれました。

IMG_4719
社長のキムさんです。


IMG_4717
セレストロンの機材がたくさん並んでいます。

このEXO SKYはCelestronの代理店で、置いてあるもののほとんどがセレストロンの商品でした。そんな中見慣れない面白そうな機械があると思ってみてみるとSKYPIXの文字が。聞いてみると独自ブランドというので、最初ピンと来ませんでしたが、よくよく見ると星まつりで毎回見るタイムラプス用のレールでゆっくり動くシステムです。なんと、ここはその大元のメーカーでした。SKYPIXは日本にも代理店があるとのことで、いつも見ていたのはその代理店が星まつりに出店していたものでした。

IMG_4713


オフィス内でキムさんに自己紹介がてらブログを見せたのですが、途中から韓国語に訳して直接読んでもらいました。電視観望をやっていることや、最近は太陽に凝っていること、あとCelestronというのでAdvanced VXの軸が折れてしまった記事も読んで大笑いしたりしていました。実はキムさん英語があまり達者でなく、私も韓国語は全くダメなので、途中SKYPIXの日本の代理店の方に電話を繋いでくれました。日本SKYPIXのOさんは韓国語ぺらぺらで、Oさんを通じて韓国の天文事情を聞きたかったのですが、やはり店舗はあまりないということが判明しました。その後も、英語しかないのでなかなか意思疎通は難しいのですが、それでも韓国のアマチュア天文人口は日本よりはずっと少ないことや、もう一軒のSunduはVixenの代理店であること、電視観望のようなことはまだほとんど知られていないこと、キムさん自身は相当な天文マニアで、世界各国で天体写真を撮っていることなど、後から振り返ると結構なことを拙い英語どうして会話していて、非常に楽しい時間を過ごすことができました。

IMG_4716
Leofotoという少なくとも私は知らなかったブランドの雲台もたくさん置いてありました。

ここはある意味メーカーでもあり、オフィスの中になんとマシンショップまであります。かなりのことができそうな工具が揃っていました。また、台湾や中国などのあまり日本に入って来ていないメーカーのことも結構聞くことができ、得るものも多かったです。

IMG_4718

私が滞在している最中もキムさんにはひっきりなしに電話がかかって来ていて、忙しいところに突然お邪魔してしまい申し訳無かったです。時間もあまりなく、結局何も買うことができなかったのですが、帰りになんとショップオリジナルのカレンダーをいただきました。中古のものも結構あったようなので、時間があればじっくり見たかったのですが、話だけであっという間に時間が過ぎてしまいました。

電話で対応してくれた日本SKYPIXのOさんとは、その後メールのやり取りもしたので、星まつりで直接挨拶できたらと思っています。

最初はソウルで天文ショップが3件もパッと見つかったので、今の秋葉原も天文ショップは3件しかないことを考えると、韓国は結構な充実度かと思ったのですが、やはりそこは海外。なかなか状況が違うということがよくわかりました。それでもこれに懲りずに、また海外に行く用事があれば当地の天文ショップをのぞいて見みたいと思います。明後日まで韓国に入るので、ほんとはSunduも行ってみたいのですが、なかなか忙しくてちょっと時間的に厳しいかもしれません。

あ、ちなみに韓国は食事がとても美味しいです。下のカルビ定食で夜でなんと1500円くらい。お腹いっぱいになります。

IMG_4731




追記: とうとう明日帰国です。土曜の夕方くらいになんとかもう一軒天文ショップに行こうと思ったのですが、調べてみるとSunduは土日休みで、Tekoも土曜は14時まで。やっと諦めがつきました。その代わりできた時間でユッケを食べに行きました。日本ではもう食べられないですが、韓国では普通にあります。めちゃくちゃ美味しかったです。

IMG_4771
これで1800円くらい。かなりの量で大満足でした。


先週大阪に行く用事がありました。夕方梅田に到着したのですが、少し時間があったのでKYOEIを覗いてその帰り道、曇りの予報のはずの空が意外にそこそこ晴れているので、ふと思い立って2月に行ったばかりの星カフェSPICAにカウンター席が空いていないか電話してみました。前回は雨のために観望会が開催されなかったので、ぜひ一度観望会を体験してみたいと思っていました。さすがに平日ということもあり、一人のカンター席は空いているとのこと、 ただし19時半からプラネタリウムと観望会があるので、それまでに来て下さいとのことでした。梅田駅の御堂筋線のところで19時ちょうどくらいでしたが、松屋町までだったら30分あればじゅうぶん来れると教えてもらえたので、早速お店に向かうことに。

IMG_4552


到着したのは19時20分過ぎで、とりあえずドリンクを注文し早速プラネタリウムです。今回はオーナーさんは不在でしたが、代わりに「よるうどん」さんという方が解説をしてくれました。お客さんは二人組が4組と、あとは私一人。カップルが二組と、女性同士が二組で、やはり男同士でというのはいません。私以外はいずれも初めての来店とのことでした。話はさすが大阪、前回同様ユーモアたっぷりに星座ネタが続きます。半分お笑いですが、それでも星のことが心に残る構成になっているのはさすがです。春の大曲線から、アークトゥルス、店の名にちなんだスピカに持っていくなど、きちんとその後の観望会で見る星のことをさりげなく説明してくれています。ちなみにスピカの名前を聞いたことがない人が結構いたのには大笑いでした。「帰る時にでも店名を見てください」とのことでした。

IMG_4553
数量限定の「太陽スカッシュ」。
後からスライスしたオレンジをお皿に入れてもらって
デザートがわりに食べることができます。

さてプラネタリウムは15分もなかったでしょうか、天気が何とかなりそうとのことで早々と屋上に上がっての観望会です。入り口のドアをくぐって、さらにもう一つあるドアを外に出て、階段を上がるとビルの屋上に出ます。そこに望遠鏡と観望用の椅子が並んでいます。まだ金星がビルの上に見えていて、最後の薄明が残っているような時間帯でした。鏡筒はVixenの80mm程度の恐らく600mm程度の短焦点、レンズはEDとのことです。PORTA経緯台に載っています。

IMG_4558


 まずはアークトゥルスを覗いて、星の色を確認させてくれます。何人かは黄色っぽい色がついているのがわかったと言っていました。北斗七星は、周りが明るいのと霞で、ほとんどどこにあるのかわかりませんでした。それどころか、一等星のスピカでさえも全然目立たなくて、大阪ってこんなに見えないんだと、ちょっと都会の明るさをなめていたかもしれません。

新月期なので月は出ていないのですが、この季節はこの時間にすでに木星がソコソコ登っているので、みんなで木星を見ました。これも低空のかすみのせいでしょうか倍率100倍で縞が、慣れている人ならかろうじて何とか見えるような状況でしたが、これが逆にまた面白くて、縞が見えた人見えない人、衛星に注目して縞を見るのを忘れていた人色々で、すごく盛り上がっていました。その頃には金星がビルに沈んで、星が動いて行くのを実感させてくれます。縞が見えなかった人も再度アイピースを覗いて、全員が木星の縞を確認できたところで観望会は終了です。シンプルですが、解説がとてもうまくて、星に全く詳しくなくても十分に面白いと思える内容でした。

実際来ている人たちはこれまで望遠鏡を覗いたことがある人が2-3人と、ごくごく普通に雰囲気を楽しみたい人が来ているので、必要十分な説明だと思いました。でも話の端々によるうどんさんから「星好きの人感」があふれ出ていたので、観望会が終わってからカウンターでいろいろ聞いてみました。大学では天文同好会に所属していて、卒業後関西のかなり大きなプラネタリウムでボランティア解説員をやっていたとのことで、やはり相当星好きの方のようです。SPICAは7ヶ月くらい前から。大阪の天文部とかの学生とも繋がりがあるようで、以前富山大の天文部にいて私もよく知っているM君のことも知っていました。

「子供でもなく、年配の大人でもなく、若い人に星に興味を持ってもらうのにSPICAはとても面白い場所だ」とのことで、私も全くその通りだと思いました。オーナーの方も同じようなことを言ってたと思いますが、「大阪でも星が出ていることを実感して欲しい」という思いはSPICAにきて星を見上げた人たちにはきっと伝わっていると思います。

結局よるうどんさんと話し込んで長居してしまい、何と22時からの2回目の観望会まで参加してしまいました。時間制限がないのは平日カウンター席の特権だとか。2回目の観望ではだいぶん高度の上がった木星の縞がよりはっきりと見えていました。お客さんは今回もみんな大満足だったようで、若い世代に星を見せる機会をあたえてくれる星カフェSPICAはデートにも、星のことを話すにもすごく居心地のいいところです。



 

先週、今週と立て続けに東京方面に用事があり、少し時間があったので天文ショップのはしごをしました。秋葉原には現在3つの天文ショップがあります。KYOEI、スターベース、シュミットです。KYOEIは多種にわたるメーカーを扱っています。大阪店もあり、日本でも最大級のショップなのかと思います。スターベースはタカハシの直営店で当然タカハシ製品はアクセサリに至るまで充実しています。シュミットはサイトロンの直営店でセレストロン製品、SkyWatcher製品などが充実しています。以前は秋葉原にもう一軒、三基光学というお店もあったのですが、現在相模原方面へと移転の最中だとのことです。今回は恵比寿にあるジズコにも寄ってみました。また、以前にも関東だけでなくいろいろ天文関連ショップを訪れていますので、以下ののリンクも参考にして下さい。
 
天体関連ショップ訪問記


 さて、ここから今回の訪問記です。

シュミット

回った順に、まずはシュミット。先日購入したCGEM IIのコントローラーが動かなくなった件で、日本語版のファームウェアを書き換えるので送って欲しいと言われていたのですが、そのまま手持ちで訪れました。書き換えはすぐにやってもらえましたが、最近のSkyWatcherのコントローラーはWebに上がっているファームに日本語も含まれているのだが、Celestronのものはまだアップされているものは英語版だけで、日本語版は店頭にしかないとのこと。早く日本語版も含まれてくれればと思います。星座名や星の通称名はやはり日本語の方がわかりやすいです。

無事にコントローラーは動くようになったのですが、店長さんと話しているとそういえばこの間まで学生だった子が就職で富山に行ったよとか言う話になって、え、それ先週自宅に来たY君のことでは?と盛り上がり始めました。どうやら連休中に実家に帰ったY君はシュミットにも顔を出していたみたいなのです。店長さんによると名前までは知らなかったが、学生の中でも相当熱心な部類だったようです。やはりY君只者ではないみたいです。


スターベース東京

次に行ったのがスターベース東京店。顔なじみの店員さんS君にも会えて、FS-60用のAPS-C用撮影用のリングと、近接リングを購入しました。APS-CリングはFS-60でAPS-C撮影するときに周辺が1ピクセルくらいのオーダーで流れるのを防ぐと言うものです。その代わりにフルサイズの周辺を犠牲にするそうです。周辺が流れると言っても、あまり気にならない程度のもので、都市伝説ではないかとも言われているみたいですが、三基光学によるとフィルターとかを入れると顕著とのことで、まだAPS-Cで撮影する機会もありそうなのと、安価なので購入しておきました。今回のものはスターベースオリジナルのものですが、もともと三基光学でも同様のものを出していました。現在三基光学が休店状態なので、こう言ったものをタカハシの直営店が出してくれるのはありがたいです。中には自作している人もいるとのことです。

IMG_4532

さて、ここでもなぜかY君の話が出ました。連休中にちょうど来たみたいで、自宅に来ることをS君に話していたみたいです。なんと違う大学の天文部だけれど、学生同士の繋がりでS君とY君は知り合いだとのことです。大学生では珍しいくらいに熱心で、やはり機材屋さんだったそうです。しかも天文ショップで昔バイトしていたそうで、やはりY君只者ではないみたいです。


ジズコ

今回、恵比寿にあるジズコにも初めて顔を出してみました。マンションの一室が店舗になっています。取り扱っているものは輸入物が多く、展示してあるものを見ても、相当なマニアのためのショップという印象です。この間新調した赤道儀を選ぶときの候補だった、ロスマンディーも置いてあったのでじっくり見ることができました。太陽もCORONADO、LUNTとかなり充実していました。店内に置いてあった書籍に、「天体望遠鏡徹底ガイドブック―光学系分析と実写テスト」というのがありました。天文ガイドの記事をまとめたものらしいですが、望遠鏡の詳細がかなりきちんと書かれていて、それらを一覧で見ることができるのでとても有用そうな本です。2008年と少し古いですが、それでも鏡筒だとまだまだ現役のものも多いので、早速自宅に帰ってからアマゾンで中古を探し手に入れました。今回はジズコさんでは特に何も購入することがなかったのですが、もう少し予算に余裕ができたらぜひお世話になってみたいお店かと思います。


KYOEI TOKYO

最後はKYOEIの東京店です。ここではASI290MMを購入しました。私にとって初めてのモノクロカメラです。買うか買わないか散々迷ったのですが、太陽と惑星の撮影に有効そうなのでついに購入に踏み切りました。その際仲のいいMさんと小一時間話していたのですが、感度と分解能について有意義な話を聞くことができました。モノクロカメラの分解能の検証もしてみたいので、また使ってみて状況をブログに書こうと思っています。

IMG_4518
 
あと、以前このブログで紹介したRevolution Imager R2がついにKYOEIから発売されるようになりました。嬉しい限りです。オールインワンパッケージでモニターまでついていて、PCを使わない電視観望としては、この手軽さはベストな選択肢なのではないでしょうか。アメリカの天文雑誌「Sky & Telescope」で2017年のHOT PRODUCT賞をとっています。開発者のMikeとは当時ショップでものすごく盛り上がり、今でも連絡を取り続けています。日本語版が発売されてとても喜んでいるとのことです。

IMG_9915


 

とうとうP.S.T.用の秘密兵器がオーストリアから到着しました。

IMG_4274

分解したP.S.Tのエタロン部の先に妙な筒がついています。
これが今回の秘密兵器です。

P.S.T.は太陽のHα機器としては非常に廉価なのですが、口径わずか40mmと小さいために分解能があまり良くなく、ドーズ限界で考えると3秒ほどにもなってしまいます。P.S.T.の焦点距離が400mmで5倍のバローレンズなんかをつけてしまうと合成焦点距離が2000mmとかになってしまい、例えば今使っているASI178MCは1/1.8インチサイズで3096x2080画素なので、一素子あたりの画角を計算すると0.24秒ほどになります。口径からくる分解限界が、センサーの画素の12.5ドット分にもなってしまうので、やはりもう少し口径を大きくしてカメラの方の分解能を活かしたくなります。ちなみに、分解能は動画の多数枚スタックで緩和されると思うのですが、枚数のルートで良くなっていくと考えてもいいのでしょうか?ここら辺の理論限界の話をあまり聞いたことが無いので、いつかまた考えてみたいと思います。

日本ではP.S.T.の改造は「庭先天体写真家?」さんや、「星への誘い」さんなど、検索すると数例がヒットしますがそれ以外はほとんど見つかりません。それでも海外ではこの手の改造はもっと盛んなようで、P.S.T.の改造はStage1とかStage2とか段階を踏んで名前がつけられていますが、口径を大きくしようとすると必ず突き当たる問題があります。エタロン部の先のネジがM50で、それを例えば2インチサイズになんとか変換して鏡筒の2インチの接眼部に取り付けるなどの必要があります。このM50から2インチの変換が大変で、改造したい場合は大方の場合特注で部品を作られているようです。特注は大変そうなので、がんばって色々探していると、世界で唯一オーストリアの天文ショップがこんなPSTの改造が前提という摩訶不思議な変換アダプターを、なんと在庫ありで置いていることがわかりました。「PST-50」という型番なのですが、結構よくある型番みたいで、Googleでこれを検索しても他のものばかり出てきてなかなかヒットしません。これを見つけたときは海外にもかかわらず早速注文してしまいました。

面白いのがここからです。発注後店長さんからメールが届いて、なんと奥様が日本人だということで、たまたま日本に帰る機会があるから、ちょっとだけ待てるなら送料が安くなるので日本に着いた時に送ってあげるよとメールが来たのです。普通だとオーストリアからの輸送は意外に費用がかかって、55ユーロの部品に35ユーロの送料がかかるみたいです。迷わず待つ方を選び日本からの送付をお願いし、今度は奥様とのメールのやり取りが始まりました。その過程でわかったのですが、なんとこの店長さんはあの有名なガイドシステム「M-GEN」の開発者だったのです。M-GENは天体写真を撮ろうとする人は一度は検討する、日本で今最も有名なガイド機材で、KYOEIさんが販売を手掛けています。ちょうど今月5月号の天文ガイドでもM-GENの詳しい解説がされていました。

とにかくこの時点で、さすがに世界で何人が必要とするかわからないアダプターをなぜ製作販売するのか、やっと理由がわかりました。本人が筋金入りのマニアで、しかも技術も才能も十分にあるショップなのです。ちなみにM-GENはLACERTA M-GENと呼ばれたりもしていますが、LACERTAとは、店長の名前と、トカゲ座(lacerta)を重複させた意味の会社名だそうです。メールのやり取りの途中で色々と話が合うところもあり、店長と奥様と結局25通ほどもやりとりしてしまい、ショップで作っている数々のオリジナルグッズからいくつかサンプルを送るので、日本でも紹介してほしいと、そんな運びになってしまいました。

届いた箱を開けてみてびっくり。予想もしていなかったものがめちゃくちゃ大量に入っています。もともと欲しかったのはPSTの2インチへの変換アダプターPST-50のみ。そのほかは全部オリジナル商品のサンプルで、順に行くと

1. まずはももともと頼んでいたPST-50。

IMG_4273


これをP.S.T.のエタロン部の先に取り付けると、2インチ径になるために、2インチのアイピースが取り付けることのできる鏡筒に接続することができます。実際に取り付けた写真がこのページのトップのもので、前回までは大口径化のテストとして80mmの鏡筒の接眼部をまるまる外し、下にアリガタを取り付けて無理やりくっつけていたのですが、これでやっとF値の違いや光軸合わせも心配せずに取り付けることができます。

今週末は雨のようなので、次回晴れて時間が取れるときに試したいと思います。今からものすごく楽しみです。


2. LACERTAロゴが入っている、赤いLEDが先に埋め込まれたキャップ。写真で光っているのがわかりますでしょうか?これは下のSukeがすぐに持って行ってしまいました。来年の星まつりにかぶっていくそうです。

IMG_4281


3. ワインボトルです。

IMG_4259


と言うのは嘘で、実は星座がプリントされた折り畳み傘。これは娘のNatsuが傘がちょうど欲しかったと言って持っていってしまいました。

IMG_4266


4. 太陽関係で、太陽用のファインダーも入れてくれていました。PSTを大口径改造するとファインダーの光の取り入れ口が影になってしまい、PST付属のファインダーが使えなくなってしまうので、これは素直に嬉しかったです。太陽ファインダーはTelevueのSol-SearcherとCORONADOのSol Rangerがメジャーですが、日本で入手しやすいのはSol-Searcherの方だけだったりします。これも日本で発売されると嬉しい方も多いと思うのですが。

IMG_4269

試しにSkyWatcherのBKP200取り付けてみました。特に問題なくハマるようです。

IMG_4283




5. 次のは今まであるようでなかった商品かと。潜望鏡タイプの小さな望遠鏡のようで、倍率を1.25倍と2.5倍に変えることができます。一見下側の穴にアイピースを取り付けられるようですが、微妙に径が合わなくてアイピースは入りません。

IMG_4267


最初何に使うかよくわかりませんでしたが、ここを見てやっとわかりました。極軸望遠鏡に取り付けて、無理な体勢で見なくてむ拡大鏡です。うちのセレストロンのAVXに付いているCG-5にはそのまま取り付けることができました。これはもしかすると意外なほど便利かもしれません。

IMG_4272




6. あと、これがどうしてもわかりません。Remote Shutter Relese Quadrublicateと書いてあるので、連動してシャッターをどうにかするようなスイッチか何かみたいなのですが、どなたかわかる方いますでしょうか?

IMG_4270


7. 最後にモーツァルトチョコレート。家族みんなでいただきました。

IMG_4275


8. あと、一緒にショップのカタログも入っていたのですが、多分オーストリアなのでドイツ語なのでしょうか、全然読めないので写真や図から色々想像を巡らします。実は海外ショップのカタログってこれまでみたことがなく、このカタログが今回送ってもらったものの中でなぜか一番面白かったです。SkyWatcherとかタカハシとかCelestronなど、日本でおなじみのメーカーのものも載っているので大体はわかるのですが、オリジナル商品もたくさんあり、こちらは結構本気で推理しないとどんなものかなかなかわかりません。

USBで接続できる電動フォーカサーシステムのようです。M-GENのようなオリジナル開発で、カタログの中ではM-GENと並んで大きく取り扱ってありました。

IMG_4277


こちらもLACERTAオリジナル開発のニュートン反射のようです。店長とのメールのやり取りの中でいつかこのFoto-Newtonを香川の天体望遠鏡博物館に入れたいと書いてありました。

IMG_4278


200kgの重さを乗せてもビクともしないLACERTAブランドの木製三脚が左下に載っています。右のページは未だに何かよくわかっていません。

IMG_4280

子どもの頃英語のパンフレットで、読めもしないのに想像を巡らしていたことを思い出してしまいました。ちなみに、M-GENのカタログも入っていて、こちらは英語だったので、ドイツ語?よりもはるかにすらすら読めるような気がして、なんだか不思議な気分でした。


オリジナルで、痛いところをつく非常に有用な開発を進めるLACERTAですが、今回ふとした縁から、色々話が発展しました。実はKYOEIの方ともお話ができて、M-GENの取り扱い時についても少し話をお聞きすることができました。その当時オーストリアまで交渉に行って自宅にまで招かれたそうです。LACERTAの店長さんはもちろん日本のこともよく知っていて、前回行った香川の天体望遠鏡博物館の話をしたら、是非とも次回日本に行く際には寄ってみたいとのことでした。こうやって少しずつ人の輪が広がっていくことも天文趣味の醍醐味かと思います。
 

続き P.S.T. (その14): 今回のPST-50を使ってみました。
果たしてその結果は? 

大阪に行く用事があり、兼ねてから行ってみたかった星カフェSPICAに寄ってきました。前回のCafe TEMOに引き続き、星関係をうたっているカフェ訪問の第2弾です。

場所は地下鉄松屋町駅から歩いて数分。表通りから一本入ったビルの5階にあります。

 
IMG_3532

階段を上がってドアを開けると、室内は壁に投影された星空を見るためか、思ったより暗くて目が慣れないうちは足元を見るのも大変です。店員さんの案内に従って席に着きます。途中VixenのPortaらしき望遠鏡、他に青い鏡筒が見えました。後で聞いたらSCOPETECHのSUBARUバージョンのメローペ 80Aのようです。SCOPETECHは自宅でも子供用に使っているのと、今使っているFS-60Qと同じような青色なので一度見て見たいと思っていました。実物を初めて見ることができたのはよかったのですが、さすがに暗くて、青色がかろうじてわかるくらいであまりよく見えなかったのが残念でした。

今回一人だったので、カウンター席に通されました。メニューはオリジナルカクテルがたくさんあり、きれいな見た目と宇宙にちなんだ名前がワクワク感を演出します。今回まず頼んだのは「アンドロメダ」。

IMG_3533
左の雨の日サービスのコースターをもらって来るの忘れてしまいました。残念。

綺麗な青色とライトの光がアンドロメダ星雲を思い起こさせてくれます。せっかくカウンターに座ったので店長さんと少し話しました。ちょっと驚いたのが、以外に星好きの、特にマニアと呼ばれる人たちはあまり来ないとのことです。割合的にもおそらく1割くらいだとか。世間的に見て星マニアの比率はそれほど高くはないので、まあ1割なら多いかとも思ったのですが、周りを見ると私以外はカップルが2組、残りは全て女性二人組でした。男二人というのはまずないとのことなので、天文マニアが来るのは意外に敷居が高いのかもしれません。でも一人のカウンター席は比較的空いているとのことなので、逆に一人なら気楽に来れそうという印象です。私みたいにわざわざ遠くから来るお客さんも多いみたいで、一組は山口からとのことでした。なんでもユニバーサルスタジオの帰りに寄っていく人も多いとのことです。


IMG_3537
カウンターの上には宇宙にちなんだ小物が。

カクテルが一杯終わって、次に夕食も兼ねて「スピカバーガー」というハンバーガーを頼みました。ハンバーグが凄くジューシーで、家庭で食べる手作りハンバークのような食感でとても美味しかったです。その時一緒に頼んだのが、「ミルキーウェイ」というカクテルです。こちらも名前のごとく天の川をイメージしています。

IMG_3534


19時半からはお待ちかねのプラネタリウムです。時間が近づくと準備のためにオーダーストップに。

IMG_3536


プラネタリウムが始まる直前にお会計で帰ろうとする女性二人組がいらっしゃいましたが、店長が必死に止めていました。これを見なければただの雰囲気のいいバーと同じだというのが持論だとのことです。
 
プラネタリウムですが、壁に映し出された星空を見ながら、店長さんの軽快なトークを楽しむことができます。話は普通のプラネタリウムとは全然違って、かなり個性的で、ちょっとお笑いが入っています。店長さんによると、話は何パターンもあるそうなので、何度かリピートして違うバージョンを聞くのも楽しいかと思います。後で聞いたところによると、一人で40分くらいは星ネタでお笑い芸人のように持たせられるそうです。

IMG_3549


プラネタリウムが終わって、もし天気がいい場合は外に出て実際の星を観測するのですが、あいにくこの日は小雨が降っているため天体観測は中止で、その代わりにプラネタリウムがロングバージョンだったようです。皆既月食の時には60人以上が屋上に上がったとか。

プラネタリウムが終わると、私以外のお客さんは結構続けざまにゾロゾロと帰ってしまい、店内は私だけに。そのため店長さんとじっくり話すことができました。その時頼んだのが、「コメット」というノンアルコールカクテル。女性が多いということで、ノンアルコールのオリジナルメニューも充実しています。

IMG_3551
下に入ったライムが彗星をイメージしています。


この店はすでに7年になるとのことのなのですが、もともと店長さんは公務員で在職中からこういったコンセプトの店を開くことを考えていたそうです。私と同じで、子供の頃から街にいて星が全然見えなかったためか、小さい頃から星が特別好きだったわけではなく、車を手に入れて遠くに星を見に行ってみたら、これまで大阪で見ることのできなかった星が、リアルに存在しているのを見てはまってしまったそうです。大阪に帰って夜空を見てみると、今まで見えなかった、というより見ていなかった星が街中でも存在しているということに気づいて、「街中でも星があるということに気づいて欲しい」という思いでこの店を続けているとのことです。前職を辞めてから2年ほどの準備の間、物件を探しつつ、科学館に多い時は週2ペースで通ったということで、その時の知識がいまのトークのベースになっているとのことです。

星のトークをカフェバーと結びつけたのは店長さんの素晴らしい才能でしょう。普通のプラネタリウムのように教育を目的として話す場はたくさんあるけれども、星を綺麗だとかロマンチックだとか、雰囲気を主に楽しむのもありなのでは?というのがこの店を立ち上げた目的だとのことです。(2018/2/3追記:店長さんがツイッターでコメントしてくれました。『ここちょっと違います(笑)これは「自分が楽しむため」の理由で、お店が伝えたいのは雰囲気でも星の美しさでもなく、「星を楽しむこと」!』とのことです。なるほど、お客さんにも星を楽しんでもらいたいというのが一番なんですね。「自分が楽しめないとお客さんも楽しめない」というようなことも言われてたので納得です。申し訳ありませんでした。)

その中で星を好きになってもられえばいいとのことで、私もすごく共感できました。ごくごく一般の人に星をもっと好きになって欲しいというのが根底にあるようで、これは一つのやり方だなあと感心しました。

天文マニアにとっては、プラネタリウムでの店長の語り口が大いに参考になるかと思います。観望会などで話す機会も多いと思いますが、私も色々アイデアをもらいました。店長さんとの会話が面白いので、もっとずっとしゃべっていたかったのですが、第二ローテーションのお客さんが来はじめて、忙しくなりそうなところで店を後にしました。とても雰囲気のいいカフェで、大阪に来た際はまた是非とも寄りたいと思います。

店長さんから、他にもこんなコンセプトのカフェが最近ちょこちょこでき始めているという話を聞きました。心斎橋、神戸、名古屋だそうです。また探して色々行ってみたいと思っています。(追記: 2018/5/17、出張の折立ち寄って見ました。)

天文ショップを少し回りました。

特に買いたいものがあったわけではなかったのですが、スターベースで入門用の望遠鏡を選んでいるお客さんがいろいろ迷っているみたいだったので、お手伝いがてら話すことに。迷っていたのはSCOPETECH、Vixen、Celestron、MEADの入門用の屈折です。スターベースに置いてあるものなので、どれも入門用としては十分で、月や惑星を見るぶんには困らないと思います。その途中に、もう一人話に参加して来た他のお客さんがいて、その人と私でえらい盛り上がったのがスターベース製の入門用の屈折です。タカハシ色になっていて、国産品で作りはかなりしっかりしているようでした。アクロマートなので値段も特別価格のせいか、先のメーカと十分競争になるような価格帯なので、下手をしたら上記メーカーの入門機を食ってしまうような感じです。店長さん曰く「そうだといいんですが...」とのことで、さらにいろいろ聞くと、まだつい昨日かそこらでタカハシの工場に届いたばかりと、出来立てホヤホヤの新製品のようです。最初に迷ってたお客さんも、私たち二人の盛り上がり具合を見てさらに迷いだしたのですが、その方が一番重要視するのは、子供が使うということで重さとのことです。最後はSCOPETECHを選ばれたのですが、うちの小学5年生のSukeもSCOPETECHの大ファンで、軽さは何物にも変えがたいことも十分わかっているので、いい選択だったのではと思います。

さて、やっとここで今回のタイトルにたどり着くのですが、そこで一緒に盛り上がった方から「cafe TEMOって行きましたか?」と言われました。私は全く知らなかったのですが、なんでもcafe TEMOのTEMOは「てんもん」の意味だそうです。店長さんが双眼鏡が好きで、日の出光学の社長さんや、今回のSCOPETECHの社長さんもちょくちょく来ているところらしいです。そういえば天文ショップはこれまでたくさん行きましたが、天文をテーマにしたカフェなんてのは行ったことがなかったので、少し足を伸ばして行ってみました。

cafe TEMOの場所は武蔵小杉駅からだと歩いて15分くらい、武蔵中原駅からだともう少し近いみたいですが、今回は散歩がてら1kmちょっとの道をのんびり歩きました。お店は細〜い道にあり、一旦見過ごしてしまい、引き返してやっと見るけることができました。

IMG_3213


中に入ると、双眼鏡の棚があり、横には反射型望遠鏡が。

IMG_3221


この日は星月だというご主人は不在でしたが、奥様が店にいて、聞くとなんとこの反射型の鏡は貴重な木辺鏡だとか。

IMG_3218


私も星が好きなことを伝えると、所属グループの会報を見せてくれて、木辺鏡の由来なども知ることができました。2016年9月号の星ナビにも、由女さんのマンガにcafe TEMOの訪問記が載っていることがわかりました。いろいろ話を聞くと、ご主人は双眼鏡で星を見るのが好きで、売るほどあるので5年ほど前から販売も始めたとのこと。この日は日の出光学のD1という機種を覗かせてもらいました。

お客はずっと私一人だけ。本当に小さな、まるで隠れ家のようなカフェなのですが、もちろん食事もできます。この日はカレーを頂きました。五穀米に大きな牛肉がゴロゴロしていて、上に野菜をのせた、とても丁寧に作ってあるカレーでした。味はもちろん、ボリュームもかなりあり、大満足でした。奥様とついつい長話をしてしまい、カフェオレとチーズケーキまで食べてちょっと贅沢をしてしまいました。チーズケーキはチーズと生クリームだけで作った、何も焼いていないレアチーズケーキで、甘さも控えめで、とても美味しかったです。

IMG_3222


奥様とも星の話をいろいろしたのですが、その途中で娘さんがご主人にプレゼントしたという、新潮社の超大型本の部類に入る「PLANETFALL」という惑星の写真集を見せて頂きました。とても綺麗な惑星の写真を集めてあり、私は特に火星の表面の模様に感動しました。値段を見ると7000円と多少高価なのですが、本の大きさと内容の充実度から考えると全然安く感じます。それでも娘さんが高校生くらいの歳の時に、頑張って自分のお小遣いでお父さんにプレゼントしたというのを聞いて、同じ娘を持つ父親としてよほど嬉しかったんだろうなあと、その時の状況が眼に浮かぶようでした。そのお嬢さんも中3くらいまでは星見に付いて来てくれたみたいです。うちのNatsuも今中1ですが、いつまでついて来てくれるやら。

あまりの居心地の良さに、すっかり長居してしまいましたが、今度はぜひご主人がいる時に行ってみたいです。

他にも天文が好きな人がやっている店はあるはずで、こう行ったところを回るのも面白いなと思いました。また機会があれば、どこか行ってみようと思います。






 

名古屋の実家に用事があったので、週末7月21日の金曜日、仕事が終わってから娘のNatsuと二人で車で富山から移動しました。移動の途中数河高原の飛騨コスモス天文台に立ち寄りました。薄雲が出ていたのですが、ところどころ星が見えているのでWideBino28で星見をし、少し晴れている間にドームと一緒に天の川を写しました。JPEG撮って出しに、Macのプレビューで少しだけ画像処理をしたものですが、天の川も十分見えています。

IMG_4107



IMG_2225


途中ISSが綺麗に見えました。20時18分で、マイナス1.4等星だったそうです。

結局2時間ほどいたのですが、途中真っ暗闇なので娘がクマが怖いと言い出し、最近始めたギターを弾き始めました。私も一緒に歌いながら天気が良くなるのを待っていたのですが、だんだん雲が多くなり、22時頃には諦めて名古屋に向かいました。

今回の用事の一つは、CANPで知り合った紅一点のYさんのお誘いで、次の土曜日朝早くから名古屋市科学館に見学に行きました。

IMG_2246


科学館公認の天文クラブのメンバーと一緒に回ったので、メンバーのロケット関係の方の外の展示ロケット説明などとても充実していました。荷物は周期表のロッカーに入れます。

IMG_2227

すでにニホニウム(Nh)がありました。私はノーベリウム(No)を選びました。

朝早く行ったせいかフーコー振り子のスタートするところを見ることができました。ここのフーコー振り子は外部エネルギーなしで、2時間に一回ほど振り直すそうです。生の振り子を実演したいからだそうです。

IMG_2231


外のH-ⅡBロケット見学は暑かったですが、さすが開発に関わった方の話でとても面白いです。そもそそも外にあるロケットはパカっと二つに別れるための実験で使ったものだそうで、色々開発時の面白い話を聞くことができました。

プラネタリウムは名古屋科学館名物の生解説です。照明を一番暗くしての星の投影は、まるで山奥の光害のないところでの星空みたいで、とても迫力があります。プラネタリウムでは私は昔からこれが一番好きで、ある意味都会で唯一見える満天の星空です。今回はプラネタリウム内にWideBino28を持ち込みました。初めての試みでしたが、思ったより面白いです。ほんとの空みたいに星が増えます。実際にはコントラストが上がって増えて見えるわけではなく、拡大されるのと、裸眼もしくはあっていないメガネよりピントが合わせられるからなのですが、それでも星座観察もできるしアンドロメダ銀河なども見えて面白いです。

IMG_2245


プラネタリウムが終わってから生解説してくれた学芸員さんが天文関連の展示物の解説もしてくれました。5階フロアの天井にある白い六角形の枠はTMTの30mの大きさを表しているそうです。座席に同じ音を届けるために位相差をつけて音を届かせる工夫だとか、色々な裏話を聞くことができました。

科学館のお土産は星座が内側に印刷してある折り畳み傘と、宇宙食(たこ焼き)、星座表のバンダナなどです。たこ焼きは4個入りで家族で分けて食べたました。一応たこ焼きの味がして、タコも入っていました。結構美味しかったです。

IMG_2253

IMG_2254

その日のお昼は名古屋名物のあんかけスパゲティです。娘はあんかけの方を頼みましたが、私は名古屋人には懐かしい鉄板に卵を引いたナポリタンを食べました。久しぶりに食べて美味しかったです。でも昔ナポリタンなんて言わずにイタリアンスパゲッティーと言っていた気がします。

IMG_2249

その日は娘のギター関連で楽器屋さん巡りに付き合いおしまい。昨晩実家に着いたのが遅かったので、この日はぐっすり眠りました。


次の日は天文ショップ巡りで、スターベースの名古屋店とスコーピオをはしごしました。写真はスターベースで、ちょうど留守にしている時に着いてしまい、開いていないかなあと娘が外から覗いている時です。

IMG_2250


スターベースは去年星を始める時に実は一番最初に一度寄ったのですが、その時はあまりに高くて何も手が出なくて、結局スコーピで最初の望遠鏡を購入しました。今回も手が出なかったのは同じなのですが、一年経って多少は経験したせいか、やっと店員さんと小一時間話すことができました。ここは高橋製作所のアンテナショップで、店員さんは実はタカハシの社員さんとのことです。途中お客さんが何人か来ていました。名古屋においても今では2つしかない天文ショップの一つなので、とても貴重です。掘り出し物はちょくちょく出るらしいので、また寄ってみたいと思います。

スコーピオでは店長さんはもちろん、お店に来ていたお客さんとも色々天文ネタで話が弾みました。こういった出会いは天文ショップならではです。こちらでは掘り出し物が一つあって、Vixenの古い手動タイプで赤道儀と経緯台が切り替えられる1200mmの屈折(多分、ポラリス80Lという型番)が格安で出ていました。少しさびがありましたが、レンズはすごく綺麗です。掃除して、また誰か星好きな子供に譲ればいいと思って購入しました。そうしたら一緒に行った娘が興味を持ってしまって、帰りの車の中で色々話が盛り上がって、自由研究で手動赤道儀のモーター化を試したらどうかという話になってきました。ただ、娘はまだ中1。設計に必要な三角関数とかわかるのか?ここら辺はまた記事(追記: 自動追尾化をまとめました。)にします。


もう一つ、実家で掘り出し物を発掘してきました。近頃ライト版が出た雑誌の「Newton」ですが、それの1981年7月号の創刊号と、会員特別配布版と書かれている創刊準備号が見つかりました。実はこれ私が高校生か大学生の頃古本屋で何冊かまとめて買っておいたものの2冊なのですが、他のものは処分してしまったみたいで、最初の2冊だけ残っていたものです。

IMG_2256


当時はそれほどとは思いませんでしたが、今見るとかなり面白いです。創刊にかける編集長の思いとか、中に乗っている記事もすごいです。例えば江崎ダイオードの話を江崎玲央名氏が直接寄稿していますし、ニュートリに質量があるかどうかがこの頃議論され始め、それから35年くらい経ってやっと昨年ノーベル賞です。星の記事もたくさんあります。銀河の特集の中には今見ても綺麗なメシエ天体の写真が使われています。今でこそGoogle mapで見えますが、その当時の衛星から撮った日本列島の写真を12ページにわたって紹介しています。今となっては貴重な2冊なので、大事にとっておこうと思います。

 

IMG_1917


関西に行く機会があり、少し足を伸ばして京都の上桂にある国際光器によってみました。上桂駅から5分ほど歩いた住宅街の中にあります。ホームページや雑誌の広告などからもわかるように、ここはいろいろ面白い商品を取り扱っています。


IMG_1919


暑い日だったのですが、入店後アイスコーヒーを入れていただきました。店内は赤道儀も鏡筒もかなりの数が展示してあります。セレストロンの新しい赤道儀も展示してありました。珍しいところでは10micronというところのイタリア製の赤道儀が置いてありました。すごくいいと言っていましたが、値段もなかなかのものでした。あとで調べたら日本で扱っているのは国際光器だけみたいです。アメリカでは結構流行っているとのことです。

何人かの店員さんといろいろ話して、すごく親切にしていただいた割には大したものは購入できなくて、結局今回購入したのは、一つはC8用の調整ネジのBob's knob。ずっと欲しくて、三基光学館で一度見たことがあるのですが、その時は在庫はC9.25用とかのみでC8用が切れていたので、今回やっと購入することができました。C8用のネジは、鏡筒がオレンジ色、2005年以前のインチタイプ、それ以降のネジがメトリックタイプと3種類あるのですが、どれかを確定するのにちょっと苦労しました。私が持っているのはVixen時代の古いやつなので、おそらく2005年以前のインチタイプでいいはずです。自宅に帰ったら試してみます。他に以前星まつりで購入したアイピースケースを購入しました。

他にもいろいろ面白いものがあるのですが、今回一番興味を引いたのが個人用の天体ドームで、カナダ製でプラスチックのパネルを組み立てるタイプです。屋上に設置してある展示器を見させていただきました。大きすぎず小さすぎず、丸いドーム型をしていて、屋根の半分が開く、見るからに天体ドームという形をしています。値段を聞くと一般のドームよりははるかに安価で、かなり頑張れば手が出ないでもない額でした。

でもやはりまだ一箇所に落ち着くのは贅沢で、今しばらくは遠征も含めて毎回出すのが主だと思います。いつかそのうちに、大型の赤道儀と今あるMEADEの25cm反射をにわか屋根の上に常駐させるのが夢です。パネル組み立て式なので、設置した後にも、将来邪魔になった時は片付けることも可能だとのことでした。

また京都に行った際には是非とも寄りたい店です。 

ゴールデンウィークですが、調子を悪くしてしまい夜に起きている体力がなく天文台に行った以外はほとんど星見ができていません。自宅でWidebino28で春の星座をトレースしていたくらいです。最近神話がやっと面白くなってきました。以前買った誠文堂新光社の「四季の星座神話」の話が最近ようやく頭に入ってくるようになりました。この本すごくわかりやすいです。またそのうちに独立記事で取り上げます。

星見もままならないのですが、ゴールデンウィークで家族サービスで子供達を何処かに連れていかなければならないので、例年のごとく安上がりの名古屋の実家に行きました。今回の目的は2つ。一年前に星を始めるきっかけになったSCOPIOに行くことと、三重県津市にあるEYEBELLに行ってみることです。

というわけで5月3日、名古屋に着いたその足で久しぶりにSCOPIOに顔を出しました。去年の4月30日にこの店で買ったBKP200とAVXが星生活の始まりでしたが、店長さんもこのブログやFacebookを見ていてくれているらしく、 一年間の歩みを伝えることができていたみたいです。当時は衝動買いに近かったですが、いい趣味に出会えたと改めて思いました。今回の購入は星ナビの最新号とEOSのストラップだけと、大したものは買えませんでしたが、また名古屋に行った時には顔を出したいと思います。

次の日、やっと念願だったEYEBELLに行くことができました。名古屋からは東名阪で行くのが普通みたいですが、途中高速の渋滞がひどかったので、桑名過ぎくらいから下道に降りて23号を走りました。それでも下道の渋滞も結構ひどくて、名古屋から結局2時間以上かかりやっとの事で到着しました。

IMG_1795

建物は屋上にドームがあるので遠くからでもすぐにわかります。店舗は眼鏡屋さんの上にあり、表から見るとあまりわかりませんが、中は日本の天体ショップの中では有数の大きさかと思います。駐車場は道を挟んだ専用駐車場があるのですが、入り口の坂が急なので車の下をこすらないように注意です。裏手のドアのところから2階店内へ入ります。

IMG_1801

まず店の中で驚かされるのは、展示してある望遠鏡の数々です。しかも3分の1くらいは木の三脚時代のすごく昔のもので、非売品とのことです。展示はほとんどが中古品のようでした。昔のものは見ているだけでも楽しいです。

IMG_1802


次に驚かされるのは雑誌コーナーです。天文ガイドの一番古いのは1966年の創刊号に近いものからありました。自由に読むことができるので、時間があれば長居してしまいそうです。娘も一緒に行ったのですが、ずっとここで雑誌を読んでいました。

ここでの目玉商品はEYEBELLオリジナル製品です。今回はそのオリジナル製品の中でも、ポタ赤のCD-1のコントローラー付きの中古がたまたま安くでていたので、それを購入しました。SWATの2軸目の制御のベースモデルとして使いたいと思っています。新品だとさすがに気が引けますが、中古なら気軽に分解、改造できそうです。他にも中古の安いアリミゾと昨日SCOPIOで売り切れだった天ガの最新号を購入しました。

IMG_1798


CD-1は開発時のプロトタイプのようなものがあったので、お店の方に聞いて写真をとらさせていただきました。CD-1は発売されてからもう10年くらい経っているはずなので、その当時のものなのでしょうか。

店員さんはとても親切で、いろいろ相談に乗ってくれそうです。こんな店が近くにあれば入り浸ってしまうでしょう。たまたま名古屋からご夫婦で来ていたお客さんとも話していたのですが、去年一年間仕事が忙しくて写真が撮れなかったのに、それでもEYEBELLには月一回顔を出しているそうです。やはりここまで来るのに渋滞がひどいので、下道で来るそうです。お店の方によると、来年になると高速がもう少し整備され、渋滞も緩和されるはずとのことなので、来年以降は実家からももう少し行きやすくなりそうです。

帰りはずっと高速で名古屋まで行ったのですが、やはり渋滞で2時間近くかかってしまいました。やはりゴールデンウィークの移動は大変です。


今回は家族サービスの一環でディズニーシーに行ったついでに、珍しく娘のNatsuと一緒にスターベースに寄らさせてもらいました。スターベースは天文ガイドの出版社の誠文堂新光社の書籍を扱っていて、珍しく子供の科学のバックナンバーが大量に置いてあります。娘は子供の科学を2013年9月号からずっと購読しているのですが、持っていないバックナンバーもありずっと読んでいました。

今回の購入品は、前回ちょっと寄った時に売り切れだったFS-60Q用のカメラ回転装置とEOS用のワイドカメラマウントでした。三基のものにしようかとか色々迷って、散々時間をかけて、やっと購入に至りました。今回は在庫もありました。 少し勘違いしていたのは、ワイドかメラマウントは2つの部品を組み合わせるのかと思っていたのですが、それはKenko製の半額くらいのTリングをつけることができるものらしいです。ガタが少し心配だったので、純正のものにしました。

IMG_1379


タカハシカラーが薄緑から青系に変わったのですが、青の色が自宅で見ると思ったより濃かったのでびっくりです。

今回は毎度のS君にも会うことができました。Natsuが原村の星まつり福島の星の村フェスティバルでお世話になっていたのでお礼がてら連れて行きたかったのです。ニュージーランドのテカポで取ってきたイータカリーナの写真を印刷したものを見せてくれました。すごく綺麗で、北半球からは見ることができないものなので、私もそのうちに南半球に行って見たいと思いました。あと、私が古い天文雑誌を集めているのを覚えていてくれて、整理して出てきたという昔の雑誌を取っておいてくれました。SKYWATCHERの一部が揃いました。しかも上のと合わせて少しサービスしてくれました。ありがとうございました。

さて今回のもう一つの出会いは、同じくスターベースにお客さんと来ていた、流星研究会のYさんです。まだ星を初めて間もない頃に出席させてもらった流星会議でいっしょにすごく盛り上がった方なのですが、私はあまり人の顔を覚えるのが得意でなく、話していてどこかで見た人だなと思っていたら、流星という話が出てやっと繋がりました。Yさんの方も同じことを思っていたそうです。そこからは私も星を初めた頃のことを思い出し、懐かしいやら、あれから半年で電子観望や撮影など、すごくたくさん進んだことを色々話したいやらですごく盛り上がって、まだまだ話したかったのですが、帰る時間がせまっていて全然時間が足りませんでした。

もうひと方は帰りがけに少しお話ししたのですが、ちょうどFS-60CBを使っていらっしゃる方で、たまたまこの日にエクステンダーを購入しFS-60Q化をはかろうとしている方でした。もともと双眼鏡をやっている方らしいのですが、徐々に撮影に移ってきているみたいで、SWATの話でも盛り上がり、JILVAを狙っているとのことでした。このブログのことも知らせておいたので、コメントなどいただけると嬉しいです。

富山に帰って、早速FS-60Qにつけて見ました。以前中古で買ったフラットナーも付けてあります。これまで使っていた部品と合わせて写真に撮って見ましたが、少し重く、少し長くなりました。これはできるだけ軽くという方針からすると反対方向ですが、それで得られる撮影時の安定性、例えば落下や回転によるピンボケの心配から解放されると思うと、十分価値はあるのかと思います。これ以降海外で撮影することも考え、エクステンダーを外してより短焦点広角で撮影の練習をする方向に移していきたいと思います。

IMG_1381



 

このページのトップヘ