ほしぞloveログ

天体観測始めました。

カテゴリ:場所 > 数河高原

昨日のお寺観望会に引き続き、連日の観望会です。今年もペルセウス座流星群の極大日になりました。去年は柳田の満天星で見たのですが、今年はどこで見ようかずっと悩んでいたのですが、天気予報ではどこも厳しどうですが、特に富山は完全に曇りっぽいです。南へ行く程多少いいみたいなので、子供達にもどこで見たいか聞いてみて、今年は飛騨コスモス天文台の観望会に参加することにしました。18時半過ぎに自宅を出て、実際に到着したのは19時半過ぎくらいだったでしょうか。辺りはすでに暗くなっていました。途中富山の完全な曇り空に加え、少し雨もぱらついていたのですが、神岡を過ぎたあたらりから多少雲の隙間が見え始め、木星など少し星てきました。

普通の観望会かと思っていたのですが、会場では予想に反してたくさんの人がいて、お祭りのような雰囲気でした。輪投げあり、抽選会あり、クイズ大会ありです。子供達もたくさん来ていましたし、若い大人だけのグループも来ているようでした。天気はというと、最初は雲が多かったのですが、途中一部の空がかなり晴れて、天の川も見え始めました。曇るとクイズ大会になって、晴れてまた空を見て、また曇ると次は抽選会と、天気に左右されましたが、それでも一時7、8割の空が完全に開けて、カシオペアから南に向かって大きく天の川がかかった時には皆さんさすがに感嘆の声を上げていました。

写真はクイズ大会の様子です。たくさんの子供が来ているのがわかります。

IMG_2542


肝心の流星ですが、うちの下の子は30個ほど見えたそうです。私も7、8個は余裕で見えました。雲に隠れていた時間も多かったので、明るく長いのが多く見えた印象です。途中写真も撮りましたが、カメラを用意してからはだんだん晴れ間が少なくなって来て、たいしたものは取れませんでした。唯一流れ星らしきものが写っていたのが、下の写真です。クリックして拡大して見ると、真ん中より少し下に二本の線が見えますが、前後の写真を見比べると下の線は人工衛星ですが、上の線は流星と思われます。北の空はあまり流星が出なかったようで、もう少し早い時間から、天頂方向を狙ったほうがよかったかもしれません。

IMG_4164



21時半頃で一旦観望会としてしては解散して、後片付けが始まりました。今回はたくさんの人が来ていて、この間一緒に原村に行ったS君と、その妹のYちゃん、他にも普段と違った方もたくさんいて、暴れまくっているうちの子二人の相手をしてくれました。途中天の川を見ながら、どなたかがスマホから流してくれた「君の名は。」の主題歌から始まったのか、片付けの最中もリクエスト曲に合わせて、みんなで大声で歌っていて、さながら昭和の歌声喫茶のような様相を呈していました。空がすっかり雲で覆われてしまった頃には、後片付けもほぼ終わり、結局22時半頃に完全終了となりました。

そのあと、前回の観望会の時にドームが動かなかったとのことだったので、少し見て見ました。ざっと見て、電気系統、ドームの開閉部分はそれほどおかしくなさそうです。窓が開き過ぎたり締まり過ぎたりするのを防ぐように、センサーでチェックしているのですが、センサーも問題なさそうでした。センサーがオンになるのを一旦強制解除して動かしてみると、窓が閉まる方向にはモーターも回りますが、窓が開く方向にはモーターが回りません。チェーンで窓を動かしているのですが、たとえチェーンにたるみがあってもモーターが回らないようです。どうもモータのトラブルと見込んだのですが、今回は脚立などもなくモーターまで手が届かないのと、道具もないため、次回の観望会までに一度道具を持って来て、一度モーターを外して動作チェックしてみようと思います。

結局23時半頃に天文台を出ました。天気予報を見ている限り、最初ほとんど期待はできなかったのですが、それにもかかわらず流星群と言えるくらいは満足に流れ星を見ることができました。相変わらずここでは私は晴れ男扱いのようで嬉しい限りです。代表のYさん始め、スタッフの皆様、今回もとても楽しい時間をありがとうございました。今回はあまり手伝うこともせずにほとんどお客さん気分で参加してしまいましたが、また懲りずに子供共々参加させてください。

帰り道、少しだけカブトとクワガタを捕まえに寄り道をしました。今回の成果はミヤマクワガタ雄特大を筆頭に、欲しかったカブトのメス2匹、クワガタのメス6匹の計9匹でした。ぱっと寄っただけにしては上出来です。



 

6月3日、飛騨コスモス天文台で今年初めての観望会が開かれ、私と子供二人 (中一の娘: Natsuと小五の息子: Suke)で参加しました。昨年(1回目2回目)に引き続き、今回で3回目の参加になります。妻は迷っていましたが寒いのが嫌みたいで、結局家でお留守番です。

この日は夕方5時半頃自宅を出発し、神岡町のいつも行く「もりのや」というところで6時半くらいから夕食を取りました。子供たちは飛騨牛カレー。 Sukeは贅沢に250円もアップしてソーセージトッピング付きです。わたしはとんちゃん定食。美味しかったです。

19時過ぎ数河高原に向け出発です。神岡町からは15分くらいでしょうか、19時半前には到着しましたが、空はあいにくの全面曇り。しかも外に出るととても寒いです。とりあえず暖かいところへ行こうとドームを覗くと代表のYさんはじめ、すでに6人のいつものメンバーが来ていました 。我々3人と、途中さらに前回会ったS君一家3人加わって計12人で、中は所狭しです。今回子供が多かったのも特徴です。小さい子順に、小学2年生のYちゃん、毎回来ている4年生のKちゃん、うちの5年生Suke、同じくうちの中1のNatsu、前回も来ていた中3のS君(Yちゃんのお兄ちゃんです)、高1のSちゃん(Kちゃんのお姉さん)。みんな星が好きな子ばかりです。

到着した直後に雨が降ってきて、今日はもうダメかなとも思っていたのですが、天気予報では晴れと出ていたのでそのうち晴れるだろうと、まったりムードでドームの中で天文談義に花を咲かせました。前回来たのがが昨年11月だったので、それ以降撮った写真なども含めて、このブログを紹介したり、前回訪問時のブログの記事を読み上げたりと、結構盛り上がっていました。

そんなこんなで、だんだん空も晴れて来たので、外に出ました。ここに来るときはたとえ最初天気が悪くても毎回すぐに天気が回復します。相性がいい場所なのでしょうか。

kanbo


この日は上限過ぎの月なので、空が明るく星雲などは諦め、月と木星と星座を楽しみました。下のSukeはすかさずSCOPETECHを持ち出しセットアップしています。私が外に出た時にはすでに月の導入済みでした。この足の速さは経緯台と二つ穴ファインダーならではだと思います。今回SCOPETECHでは木星も導入し、縞と衛星がすごくはっきりと見えました。SCOPETECH侮るべからずです。

IMG_1964a


 今回の主役はS君でしょう。以前譲ったミザールが日野金属産業時代の屈折型のNewアポロ型に加え、最近同じく日野金属時代の反射型を手に入れたとのことで、クラシック望遠鏡を2台並べての豪華な観望会です。反射の方の型式は確認できませんでしたが、口径は13cmくらいでしょうか、鏡筒の長さは1m程度でした。時間があればもっとゆっくり調べてみたいと思いました。

S君が反射型のファインダーの調整の仕方がわからないというので、少し手伝いました。ファインダーは豪華に前後にそれぞれ3点支持のネジがついています。前の方は動かさなくていいので、後ろだけで調節すればいいよとか言っていたのですが、どうやら2段ネジの構造がわからなかったみたいです。ファインダー表面に近い側のネジはこれ以上緩んだりしまったりしないための固定ネジで、調節するときは固定ネジを緩めればいいということを理解した後は他に何も言う必要がなく、S君自身で一人で調整をやっていました。なんでも自分でやろうという姿勢は素晴らしいと思います。S君は下のSukeにも赤道儀のことを説明してくれたり、色々面倒をみてくれるので助かります。

同じように、Yさんがメインのドームの赤道儀を動かすステラナビゲータが調子が悪いというので、見てみました。一つ目は立ち上げ時にステラナビゲータ内で見ている方向が地面の方向だったことと、立ち上げた時間がまだ明るい時分で、そこから現在時刻まで進んでいなかったために星が表示されなかったことです。二つ目が、少し厄介だったのですが、赤道儀と接続したら画面がロックされてしまうという現象です。これは結局何が原因かわからなかったのですが、望遠鏡との接続を切断するとロックは外れるので、何か制限がかかっていると思い、画面操作を色々やっていたらロックが外れました。でもロックが再現できなかったので、仕様なのかバグなのかわわからずじまいでした。S君はこの時も色々手伝ってくれて、しかも的確なアドバイスもしてくれるので、将来本当に楽しみな子です。全部解決したところを見計らって、再度一から立ち上げて、同期、導入と成功したので、多分これからも大丈夫でしょう。Yさんには毎回お世話になっているので、これくらいのトラブルシューティングで貢献できるのなら喜んでお手伝いしたいです。

再び外に出ました。月明かりがあってもWideBino28を使うと広角で暗い星まで見えて星座観察が星座の形まで含めてよくできます。12倍の双眼鏡での木星観察でも衛星まで見ることができました。同じく土星も12倍の双眼鏡で見たのですが、耳がついているような形まではわかりましたが、輪っかには見えませんでした。

22時頃からは雲がほとんどなくなり、地平線の方まで透き通った素晴らしい空になりました。さそり座が綺麗に見えていました。今回はあまり本格的な機材は出しませんでしたが、反射1台、屈折2台、双眼鏡3台と、それでも十分楽しめる観望会でした。むしろ簡単に操作できるものばかりで、たとえ小さい子でもそれぞれ自分で操作できるのがこういった観望会の魅力なのかと思います。

ところが空が一番綺麗なときには、寒いせいか子供達はドームの中で、大騒ぎの声が外に漏れて来ていました。あとで聞いたらクイズ大会ですごく盛り上がっていたそうです。こういった夜の盛り上がりも観望会の楽しみの一つなのだと思います。


あと、大人は今回撮影は全然していなかったのですが、Natsuがいつのまにか一人で撮影をしていました。愛機EOS X7です。最初の観望会風景もそうですし、ちょっとピンボケですが下の北東の空もそうです。ペガサスと白鳥が見えかけています。最近娘が一人で撮影することが多くなってきました。このまま放っておいたほうが勝手に成長してくれそうです。

IMG_6827


23時頃解散し、帰りの道路でみた温度表示はなんと5℃、寒いはずでした。子供二人はすぐに夢の中。朝起きて聞いたら二人ともとても楽しかったそうで、次回も是非参加したいとのことでした。Yさん、今回もとても楽しい時間をありがとうございました。

 

2016/11/24 仕事を終え空がすごく綺麗なので、急遽近くの数河高原に向かい撮影を試みました。今日の目的はとりあえずオートガイドを試すこと。ところがあいにく、またもやCCDにつける長焦点距離のレンズを忘れてしまったので、50mmのCマウントレンズで試してみました。

使ったソフトはPHD2で、以前Stellariumとの接続の時に、ついでにPHD2もCCDと赤道儀までは接続確認してあります。鏡筒はいつものFS-60Q、ガイド用CCDはこれもいつも使っているASI224MCに安物の焦点距離50mmのCマウントレンズをつけたもの、赤道儀はとりあえず使い慣れているAdvanced VXで、これはピリオディックモーションが15秒角程度で、FS-60Qでは2分程度の露光が限界、実用上は1分程度ということを確かめています。 撮影用カメラは天体改造済みのEOS 60Dです。

まず、 現地の駐車場に降り立った時の空の見事なこと。冬の天の川がはっきりと見えていました。あとはとても寒い! さすがスキー場になるようなところです。あいにくこの日は12月下旬の寒さと、この冬一番の冷え込みらしく、準備が嫌になるほど寒かったです。もちろんこの寒さでは他に誰一人いませんでした。

それでも30分くらいかけて、赤道儀の組み立てとSharpcapを使っての極軸調整、赤道儀のアラインメント、カメラのセットとBackYard EOSを使ってのピント合わせと試し撮りと、順調に進んでやっとガイドを試す段階になりました。

まず接続しようとすると、COMポートがなぜか3から4に変わっていたのでこれを変更したのですが、トラブルといえばこれだけで、あとはほとんど問題もなくすごく順調でした。というよりも、まだ使い方があまりわかっていないので、適当にやっているだけなのですが、とりあえずCCDの露光時間を0.5sにして「露出ループの開始」を押し、「ツール」メニューの「ガイド星の自動選択」を押すと、すぐにガイド星が見つかったので、そのまま「ガイドを開始」としたら、きちんと赤道儀がガイドされて動いているようでした(2016/12/4 追記: ガイドの一番最初にキャリブレーションを自動で行なっているようです。あとで写真を見直したら、一番最初の写真のみすごく大きく流れているのがありました。なんだったのかわからなかったのですが、多分これがキャリブレーションを行なっている際に撮影されてしまったものだと思います。)。あまりにあっけなかったので、もう少し突っ込んで探っても良かったのですが、寒いのと平日であまり時間もないので、このまま続行としました。あとでガイド中の画面のグラフの写真を撮ったのです。

IMG_0648

ちょっと調べたところ(そもそもガイドをしている最中には数値の見方もわかっていませんでした。なんとも情けない。)、出ている数値はそれぞれの自由度の誤差で、左がピクセル単位、右が秒角とのことです。RMSで赤径0.22、赤緯0.21ピクセルの誤差です。PHD2を稼働させたときの典型的な目標値は0.2から0.3ピクセルということのなので、ピクセルで見ている限りガイドの精度としては十分出ているということがわかります。一方秒角で見ると、概ね4秒角程度で制御できていることがわかりますので、まだ角度誤差としては結構大きいです。これはCCDのレンズの焦点距離が短いため、そもそもCCDの1ピクセルあたり15秒もあるのが問題です。レンズを焦点距離の長いものに換えるか、HUQさんが最近使っているというDEF-Guiderという複数の星をガイドに使うことできるソフトを使うことで解決できると思います。

それにしても、CCDの1ピクセルを十分下回って誤差を抑えることができるということに結構驚いています。おそらく基準星の中心の周りのピクセルの明るさ情報から、1ピクセル以下の精度で位置を出しているのだと思いますが、だからサチっている星は不可というのが納得できました。


とにかくこの状態で以前よりははるかに流れなくはなっているので、試しに撮影を開始してみました。下の写真は露光5分、ISO3200のM31で加工なしの撮って出しjpegファイルです。加工しなくてもすでに綺麗です。

M31_LIGHT_300s_3200iso_+4c_60D_20161124-20h10m16s390ms

それでもガイドのエラーがまだまだ大きかったので少し心配していたのですが、ピクセル等倍に拡大しても星は円状を保っているようです。12枚取ったのですが、1枚のみ何かの振動で揺れたのでしょうか?少しだけずれたのがあったので、12分の11の確率で使えます。以前のノータッチガイドでは1分露光で使える画像が半々くらいだったので、そこから比べたら十分な成果です。

あと、また前回と同じM45も、同条件で8枚撮りましたが、こちらは8枚全部使えそうです。無加工のjpegを載せておきます。こちらもすでに星間ガスがかなり見えています。空がいいとこんなに綺麗に撮れるのですね。

M45_LIGHT_300s_3200iso_+4c_60D_20161124-21h19m48s921ms


惜しむらくはダークフレームを取っている最中にPCのバッテリーが切れてしまったことです。ダークは3枚しか撮れませんでした。気づくと機材に霜がかなり分厚く凍りついて来たので、ここでギブアップです。フラットを取ることもできませんでした。

ピンボケですがセットアップの写真を載せておきます。テーブルに何か模様のようなものが見えますが、これら全部霜です。PCの画面も一部凍り始めていました。あ、ちなみに撮影中の待ち時間は車の中でエアコンをつけていたのでとても快適でした。

IMG_0651


23時ぴったりに帰路について、その途中たまたま道路にあった温度表示板を見ると−3℃の表示が。寒いはずです。今回は冬の天体観測の過酷さの一部を垣間見た気がします。

週末はゆっくりと画像処理です。








 

先々月訪れた飛騨コスモス天文台の月例の観望会に、2016年11月6日、下の子(Suke)を連れて再び参加しました。先月の観望会の日は大雨で代わりに星の村スターライトフェスティバルに行っていたので、これで2度目になります。でも残念なことに、今年の観望会はこれで最後だそうです。理由は単純で、冬は雪でこの場所まで入れなくなるからだそうです。

出発時に忘れ物をしたり、ガソリンスタンドへ寄って行ったりで、結局到着したのはちょっと遅れてしまい20時15分頃でした。途中、車の中から月を見ていると、何度も雲に隠れたりと心配だったのですが、到着した時には雲はほとんど見えなくなっていました。前回同様、晴れ男の面目躍如です。


到着して下の子はすぐに自分のSCOPETECHを持ち出して、勝手にいろいろ見始めました。私もすぐに準備を始めたのですが、前回も来ていた小学3年生の女の子のKちゃんが明日学校なのでもう帰ると言います。せっかくなので星雲だけ見せてあげようかと伝え、かなり急ピッチで準備しました。今回もAdvanced VXにFS-60CB+ASI224MCだけのシンプルな構成です。焦っていたのか、極軸があまりうまく取れず精度が悪かったのですが、それでも一応狙ったものは一発でCCDの素子内に入るくらいの精度はあったので、M57(リング状星雲)、M27(あれい状星雲)、M31(アンドロメダ星雲)+M22+M110、M45(すばる)と、いつもの定番ですが、Kちゃんに見せてあげることができました。もちろん他の方にも見ていただきました。M31はアイピースをつけての眼視もしたので、比較できて面白かったと思います。


IMG_0578


セットアップは前日のお化け屋敷観望会のと同じですが、写真を撮るのを忘れていたので上に載せておきます。今回の準備時間は15分くらいだったでしょうか。小学生はうちの子とKちゃんだけだったので、準備している間に一緒にココアを飲んだりお菓子をいただいたりして、仲良くしていたみたいです。さすがに空がいいので大した調整もせずともとても綺麗に見えました。ちなみに、SharpCapの拡大機能を使い300%くらいにすれば小さいM57でも結構見ることができることがわかりました。ますますBKP200の出番が遠のきます。

あとはカシオペアの二重星団をみたりしたくらいでしょうか。下の子の望遠鏡のレンズが曇ったり、そのうち雲が出て来たりしたので、22時半くらいに解散となりました。


来ていた子の中で中学2年生のS君がいて、天文機材にすごく興味を持っているらしく、近所にあるいろいろな天文関連の施設なども見学しているそうです。持っているのが以前うちの子も作った、自分で組み立てる望遠鏡だけと言います。SCOPETECHは経緯台だけれども星まつりでずいぶん安く買えた話をしたら、親子ともどもその値段なら欲しいとのことでした。来年星まつりに一緒に行くことになるかもしれません。赤道儀、CCDのことなども話して、高校生になったらバイトして買えるんじゃないかというような話をしていました。将来が楽しみな子です。話しながら片付けも手伝ってもらいました。どうもありがとうございました。

おととい昨日と合わせてだいぶん一般の方の反応もわかってきました。期待通り色付きの星雲を見たときの反応はすこぶるいいと思います。特に、これまで多少なりとも観望会などで望遠鏡を覗いた経験のある人の方が、(私もかつて残念に思ったように)眼視での星雲の見え方を知っていると思われるので、画面いっぱいに出る、例えばアンドロメダ星雲、色が綺麗に出るM57などは眼視とは全く見え方が違うので、とてもインパクトがあるのだと思います。トレードオフなのですが、いかに簡単にセットアップして、いかに素早くターゲットを見せて、眼視との比較もできて、ともう少し最適化をする余地はまだ残されていると思います。


飛騨コスモス天文台のYさんには、子供ともども毎回お世話になっています。車の中で子供がすごく楽しかったと言っていました。朝起きてからも妻にすごく楽しかったと話していたそうです。また何か行事などありましたら、是非誘ってください。今回は本当にありがとうございました。

追記: 今回を最後に今年は終わりで、次回は2017年6月3日でした。


 

2016年9月17日、飛騨コスモス天文台のYさんのお誘いで、月惑星研究会の方たちとお会いすることができました。毎号とても楽しみにしている、天文ガイドでの惑星撮影の短期連載をされている熊森さんが所属されている、あの月惑星研究会の方々です。

もともと群馬天文台の方々と交流があるとのことで、その中に月惑星研究会の方もいて、この日は飛騨の天文同好会と群馬天文台の年一度程度の食事会とのことです。たまたま私も誘って頂き、家族4人で参加させて頂いたのですが、何より嬉しかったのは、天文ガイドに記事を書いているような惑星撮影のスペシャリストとお話ができたことです。

少し早く着いたので、近くのコスモス天文台の方に寄って行って、この間真っ暗で見えなかった天文台の全景を撮影してきました。

IMG_0006


駐車場に前回の観望会で落としたと思われる、息子用の屈折望遠鏡の対物レンズキャップが落ちていて、しかも何かの動物のふんと思われるものにまみれているのには大笑いでした。きれいに洗ってまた使うようにします。

その後、数河高原のとある宿に着き、皆さんにお会いしてたのですが、まずびっくりしたのは、胎内での惑星撮影講演会に参加されていた方で、講演会の後少しお話しした(やっと今回お名前がわかりましたが)Sさんの顔を見た時でした。講演会の時と同じくアロハシャツを身にまとい、垢抜けした姿は今回も印象的で、Sさんの方も私のことを覚えてくれていたようでした。同じく胎内での講演会の時にCristfer Goさんの通訳をされていたAさんもいらしていました。最近の天文ガイドに載っていたAさんのフィリピンセブ島での記事はとても印象的で、日本と全く違う環境での惑星は素晴らしいもので、いつか自分もこのレベルのものを撮りたいと思いますが、Aさん曰くやはり日本ではシーイングが全く及ばないので、ほぼ不可能とのことでした。なんと今回は雑誌に載った写真の原板(プリンタで印刷したもの)を頂きました。とても嬉しかったです。

今回の皆さんとのお話の中で印象的だったのが、AO(Adaptive Tptics)と使っているソフトです。SBIG社からすでにAO機器が市販されているのは知っていましたが、Starlight Express社(なぜかページに繋がらないときが多い)というところからも発売されているというのは初耳でした。惑星撮影はオフラインのソフト側でアラインメントやスタック、wavelet変換など相当のことをしてしまうので、リアルタイムでAOがどれほど有効なのかは十分検討しないと無駄な努力になってしまいます。そんな中Sさん初め、皆さんが言われていたのがZ方向の補正というので、これは国立天文台の「すばる」などに利用されている、波面の揺らぎをリアルタイムで補正して分解能を上げるというものです。まだアマチュアレベルに降りてくるようなレベルの技術ではないのですが、ここら辺は非常に興味のあるところで、うまく惑星撮影に利用できたらなと思っています。あと、星雲などの写真の加工にPixInsightというソフトがよく使われているとのことです。調べてみると230ユーロの有料ソフトらしいのですが、フリーのトライアル版もあるとのことなので、まずはそちらで試してみようかと思います。

今回来られていたのは、前回の飛騨天文台の観望会でお世話になった方3人を含む、飛騨の天文同好会の方が5人と、群馬天文台及び月惑星研究会の方4人でした。飛騨天文同好会の方は主催者が女性の方でもあるせいか、5人中4人の方が女性で、皆さん非常に熱心に、そしてとても楽しそうにおしゃべりしているのがとても印象的でした。ブドウや山栗まで頂き、大変美味しく頂きました。どうもありがとうございました。

Aさんとは食事の時に席がすぐ前だったこともあり、いろいろお話しさせていただきました。セブ島に住んでいた頃の撮影の話や、機材のこと、月惑星研究会のことなど、惑星撮影を始めたばかりで、まだまだいろいろ学んでいる最中の私にとって、とても興味深いことばかりでした。聞いたことの一つに、透明度のことがあります。皆さんシーイングはやはりシミュレーションのページなどを活用しているとのことなのですが、空気の透明度は数値的には特定するのは難しくて、大雑把な見え方でのみ判断しているとのことでした。

月惑星研究会のもう一人の方はTさんで、最初分からなかったのですが、惑星撮影の際いろいろ調べた時に何度か名前を見た方だとやっと認識できました。撮影された火星の写真も見せていただきました。火星の模様が映っていく様子がわかる印象的なものでした。もう一人の群馬天文台のKさんとは、なんと望遠鏡をお譲りいただけるという約束までして頂きました。引き取りに行きますので、その際には群馬の天文台もぜひ見学させて下さい。

今回の食事会は私にとってとても刺激的で、とても有意義でした。雑誌に載るような方たちと直接お話ができたわけです。惑星のシーズンはもう終わりなので、しばらくお休みかなと思っていたのですが、来シーズンのために今のうちにやれることをやっておこうと思うようになりました。まだまだ研究会の方たちのような撮影までは程遠いですが、自分なりに頑張っていこうと思います。



9月3日の夕方から、下の息子(Suke)を連れて、数河高原にある天文台に行きました。たまたま仕事の時に知り合った方が星が好きだというので、いろいろ話していたらなんと天文台を個人で作って運営していて、天文同好会を主催している方と聞いて、早速観望会の日に参加させて頂きました。

富山を出た頃はまだ晴れていて、細い月と木星が沈んでいくところが綺麗に見えたのですが、途中から曇りで雨もぱらつき出し、今日はダメかなと思っていました。天文台のある場所は国道から少し山側に入った駐車場の横で、ほとんど何も見えないような真っ暗なところです。写真は真っ暗なところで撮った天文台の全景ですが、ピンボケになってしまいました。

IMG_9567


入り口のドアを開けるとお誘いいただいたYさんと他にも5人のお客さんがいらっしゃいました。その中のお二方は天文同好会の仲間とのことで、この辺りの星の見え具合や望遠鏡の機材のことなどお話しさせて頂きました。この辺りはお盆くらいまではいいのですが、お盆を超えるとずーっとすっきりしない空が続くそうです。また家族連れなのでしょうか、小学3年生の女の子もいて、この子は毎回観望会に参加しているそうで、うちの子ともいろいろ喋っていたみたいで、いい友達になれそうです。

天文台は個人運営とは思えないほど立派なもので、「コスモス天文台」というのの他にもう一つ「ビーナス天文台」というのもあるとのことです。以前お会いした時に聞いたのですが、星はご主人の趣味とかではなく、それどころか家族はあまり興味を示さずに、Yさん一人でこれだけのものを作ったとのことなので、相当星が好きでないとここまではできないと感心しました。

小一時間の間いろいろ話しながら、途中雨が天文台に当たる音が響いたりして天気がどうにもならないなと思い、このブログのことも見て頂いたりして、まったり過ごしていたのですが、いつしか子供の望遠鏡の話になって、どうせだから車から持ってこようと外に出ました。雨はまだ少し降っていたのですが、なんと一部星が見え始めています。皆さんに声をかけ、喜び勇んでとりあえず双眼鏡だけ準備していると、間もなくどんどん晴れ渡り、すぐに雲ひとつないとても澄んだ空になりました。とりわけ光害が少ないのか、天の川はペルセウス座流星群の時に満天星で見たものをはるかに超える濃さで、Yさんも周りの方も観望会の時にこれだけの空が見えるのは珍しいと言っていました。

私もさっそくついこの間試したばかりのリアルタイム星雲観望システムをフルで出してみることにしました。家族以外の人に見せるのは初めてなので、どんな反応があるのかとても楽しみでした。ただ、雨上がりで次の日の予定もあるので、結構焦ってセットしてしまい、極軸もろくろく取らずに見はじめてしまって、自動導入の精度が散々でした。時間がなくても、特に人に見せる時にはきちんとセットアップはしたほうがいいというのは、今回の痛い反省項目です。行く前に組み立てたモーターフォーカサーはトラブルもなく無事に動いてくれました。

それでもM57のリング星雲とM17の鉄亜鈴(アレイ)星雲はすぐに綺麗に見ることができました。やはり色が付いた星雲を見ることができるのはインパクトがあったようで、技術の進歩でこんなことまでできるようになったのかと言われた時は少し嬉しかったです。

他のものは導入のトラブルのせいもあり、かなり散々でM27、C12、M31(アンドロメダ銀河、大きすぎて中心しか見えない)、M33はトライしたのですが、全く入らないか、見えても色も形もわからないなど、全滅でした。その中でM13は色は付かないものの、球状星団の特徴が画面ではっきり見えてよかったです。この時に気づいたことは、このシステムは一つの天体をみんなで共有して同時に見ることができるということです。これはあまり想定していなかったのですが、みんなで同時に見るということは思ったより楽しいことでした。

どうやらこのシステムは得意なものと不得意なものがはっきり分かれる気がします。何度か試して得意なものを知っておくのは必須だと思いました。輝度が高くて、直径が10分くらいまでのあまり大きくないものが得意なようです。

ところで子供はというと、最初寝袋やシートを広げて、地面に寝っ転がって他の方たちと星を見ながらいろいろ話をしていたみたいのですが、もう一人の来ていた子が22時過ぎに帰ってしまってからは、程なくして寝袋にくるまって眠ってしまいました。私はそれからもしばらく空を見ていたのですが、23時半頃には撤収して子供を車に乗せてから帰路に向かい、家に帰り着いたら0時半頃でした。帰りにYさんからシールや本などお土産をいただきました。次の日起きて子供がとても喜んでいました。いろいろ気を使って頂き、どうもありがとうございました。とても楽しい時間を過ごすことができました。

惜しむらくは、カメラのレンズを持っていくのを忘れてしまったことです。綺麗な天の川をぜひ撮っておきたかったです。

次回の観望会は10月8日(追記: 大雨で中止)、その次は11月6日とのことです。子供もとても面白かったと言っているので、ぜひまた参加させて頂きたいと思います。


 

このページのトップヘ