ほしぞloveログ

天体観測始めました。

カテゴリ:観測機器 > アクセサリー

つい先月の末にも天ショップ巡りをしましたが、今月も関東方面に用事があり少しだけ時間が取れたので、秋葉原でスターベースとKYOEIに行ってしまいました。

スターベース

まずはスターベースです。

IMG_6902

ここで面白かったのは、仲のいいS君に紹介された新人のK君です。4月からアルバイトで来ているとのことで、上の写真にも姿が写っていますが、入店した時にちょうど店の前で鏡筒を触っていました。「あ、見慣れない人だ、ずいぶん若そうだな。もしかしたらメーカーの人かな?」とか思っていましたが、スターベースでのアルバイトさんとのことなので、これからも会うことができそうです。S君によると、K君はガチガチの眼視マニアだそうです。現在都内の大学院生で、高校の頃から天文部で活躍していたとのことです。でもよくよく話してみると、このほしぞloveログのことを知っていて、しかもTwitterでフォローしあっているということがわかりました。というか、ブログを相当読み込んでいてくれて、かなり突っ込んだ話をすることができました。眼視中心なのは撮影が大変だというのも理由の一つらしいのですが、この間のラッキーイメージの記事も読んでいてくれて、ラッキーイメージはガイドとかもなく機材がシンプルそうなので興味があるとのことです。

K君がせっかくの眼視マニアということで、これまでわからなかったことをいくつか聞いてみました。例えば「撮影用にいい鏡筒なのに、眼視用に向かないとはなぜか」とかです。単純に考えると撮影でアラが見えないくらい十分に使える鏡筒なら、眼視なんかは全然問題ないのではと思っていたからです。K君曰く、「眼視では中心像を強度に拡大することがあって、ディフラクションリングだとか見えた方がいいが、4隅はあまりこだわらないことが多い。逆に撮影用には4隅もこだわるために中心像だけを求めるようなことはないので、中心像だけを比べた場合、眼視に向いた鏡筒があるのでは。」とのことでした。私自身はあまり眼視のことはよくわかっていないので、本当に素人質問で申し訳なかったですが、わかりやすく答えてくれました。

実はスターベースのブログでFOA-60を使って、鉄道や航空機をものすごくシャープにとっているページがあって、かなり興味を惹かれていたのですが、ちょうどK君が触っていたのがFOA-60でした。アイピースのチェックをしているとのことで、少し見せてもらいましたが、ものすごくシャープに見えました。しかも軽いとのことなので、確かに長焦点レンズとしても使えるのかと思います。私も今度、手持ちのFS-60Qで航空機とかの撮影を、一度試して見たいと思っています。

あと、ちょっと前にTwitterで知り合った高校生の話が出ました。高校生でなんと光学設計までやってしまうような子なのでもう完全な天文マニアかと思いますが、K君も彼のことを知っていたので、一部で話題になりつつあるようです。彼が今度、岐阜で観望会を企画しているようです。ちょうど元号が変わる日の夕方から夜中にかけてで、私もたまたま近くに行くので、できたら電視観望機材を持って参加しようと思っています。「こんな子が将来光学設計とかの道に進んでくれたらなあ」とか3人で話しながら盛り上がっていました。スターベースのS君もK君も、高校生のS君も期待の若手です。この分野を引っ張っていってくれるような存在になってくれると嬉しいです。アマチュア天文界が、若い人や女性も含めて広がっていくような、未来のある分野になっていってくれればと、切に思います。


KYOEI

その後、夕方遅くにKYOEIに移動しました。途中、アイドルらしき女の子たちが走っているバスの中で歌って踊っているのを横目にKYOEIまで向かいました。

IMG_6904

秋葉原もどんどん変遷しています。私が初めて秋葉原を訪れたのは大学で東京に出てきたときでした。その頃は電気街とかパソコン街とかいう雰囲気でした。天文を初めた3年前からでさえも、秋葉原の天文ショップは変わっています。4件あった天文ショップが、今は2件だけなので少し寂しいですね。せいぜいそこにヨドバシとキタムラが加わるくらいです。もう少し天文とかカメラ関連で回れる店が増えるとより楽しいのですが。

IMG_6906

さて、KYOEIではずっと欲しかったZWOのフィルターホイールを購入しました。電動の5枚のフィルターを入れることができるものです。在庫切れのところが多かったのですが、KYOEIさんが在庫をもっていたので、無事に購入することができました。開けてみたら細かいネジやら、多分フィルターを固定する薄い板だと思うのですが、これが何枚もとか、いろいろ部品が入っていました。これで手持ちのバーダーのRGBフィルターと唯一のモノクロのASI290MMで少し遊べそうです。惑星も今年はRGB撮影に挑戦しようと思っています。いつかナローバンド撮影とかもやってみたいと思いますが、そちらは一からフィルターを揃える必要があります。

IMG_6907


もう一つ、最近話題になっているケンコートキナーのスターリーナイトフィルターが欲しかったのですが、どうやらちょうど次の日発売で、しかもサイズがいろいろあり、大きいのは結構高いとのことで、今回は手に入れることができませんでした。Samyangの14mmには大きいものでもそのままでは取り付けることができないそうです。なので購入する際にはどのサイズをどうやって取り付けるかをきちんと考えなかればダメみたいです。

と、こんなことを含めていつもの仲のいいMさんとずっと話しをしていました。MさんはRevolution Imagerの頃からいろいろ相談に乗ってもらい、いつも親切にしてくれるのでとてもありがたいです。この日も、星や機材ネタ、鳥のことなど、話は多岐にわたります。最後はインフレーションやビッグバンのことまで話が広がりました。そんな中で、先週撮った黒点の画像を見せたら流石にびっくりしていました。このブログをずっと読んでくれている方はわかるかと思いますが、あの太陽画像は、実売の1/4位で買ったジャンクPSTと、貰い物(実売価格も全然安価だったみたいです)の10cmのアクロマート屈折の魔改造機で作ったもので、機材としてはとてもじゃないですが高性能とは言い難いものです。単に値段と口径のみが取り柄で、高級機と比べたら操作性やらエタロン精度やら、欠点も数え切れないほどあります。撮影に使ったカメラのASI290MMだけはKYOEIさんで(めずらしく)新品で購入しているので、その成果をお見せできたような形になります。それでも私的にはこの機材でここまで撮れれば結構満足だったのですが、そのことを話すとMさんも大いに喜んでくれました。いつも小物ばかりの購入で話を聞いてもらって申し訳ないです。

あともう一つ、途中の「あきばおー」というお店で7インチの小型のモニターを購入しました。Stick PCのモニター用です。Remote desktopですんなり繋がればいいのですが、最悪遠征先とかで繋がらなかった場合の非常用です。IPS方式というもので、小さいですがデモを見る限り結構綺麗に表示できるみたいです。

IMG_6908


とこんな調子でお店を回っていたら、今回はいくつかモノを購入してしまいました。最近はできるだけ無駄遣いは控えようと思っているのですが、ホイールも小型モニターも前々から欲しいと思っていたものなので、その場で見てしまうとどうしても手が出てしまいます。まだ小物だからなんとかなりますが、大物だけはその場の雰囲気で買うことは、今の所かろうじて止めることができています。でも鋭い星像の大口径の鏡筒がものすごく欲しい今日この頃です。はい、値段もものすごいことになるので実際はおいそれとは手が出ません。


2月某日、関東方面に用事があったので、少し足を伸ばして相模原に移転したという三基光学館にいってみました。

以前の三基光学館は秋葉原4天文ショップ(御徒町駅からシュミット、スターベース、三基光学館、KYOEIの順に回る)の一つだったので、星を始めた2016年後半くらいからちょくちょく覗いてはいたのですが、その頃はごくごく一般の客でした。2017年のCANPに三基光学館の店長さんも参加されていて、物理出身ということで夜中の談義で随分と盛り上がったのがきっかけでよく話すようになりました。でも、その後すぐに体調を悪くされたようで長期休業していました。再開時は相模原に移転するということでしたが、なかなか再開しないのでずっと心配していました。少し前にやっと再開したということで、ちょっとほっとしていましたが、なかなか店舗まで行く機会がなく、今回やっと訪れることができました。

相模原のしかも田名という相模川近くの結構田舎の方なのですが、アクセスはそれほど不便でもなく、都心からだと京王線で橋本駅まで行ってバスに乗るのがいいみたいです。橋本駅からのバスは20分おきにはあるので、少し待つかもしれませんがそれほど大変ではないです。他にも横浜線淵野辺駅や相模線上溝駅jからのバスもあるようですが、1時間に2本程と、本数が少なくなるようです。橋本駅からバスに乗ると30分かからないくらいでしょうか、「田名バスターミナル」で降ります。バス料金は300円ちょっとでした。ターミナルからは歩いて数分なので、すぐです。


IMG_6386


新しい店舗は結構広い場所で、駐車場があるため車で来るお客さんが多くなり、むしろ秋葉原の時より人は増えたかもしれないとのこと。持ち込みの機材も増えたので、中古買取りも進んでいるみたいです。

店に入ると、久しぶりでしたが私の顔もきちんと覚えていてくれて、すっかり元気になっているようで何よりでした。相模原になった理由は実家だからとのことです。写真にはギリギリ写っていませんが、三基書房という本屋さんがすぐ隣にあり、ご家族が経営されているようです。秋葉原まで通うのが大変だったので、実家にお店を移したというのが移転の理由だそうです。

店の中は、いくつかの望遠鏡と、最近話題になっっているiOptronの赤道儀が何種類か置いてあります。iOptron赤道儀のCEMシリーズには軸からの回転を見ているエンコーダーがついるモデルがあり、例えばCEM25ECは12.3kgまでの荷重でピリオディックエラーがなんと0.3秒という驚異的な値を叩き出しています。値段も20万円代半ばと、十分リーズナブルな範囲です。エンコーダーなしのタイプのCEM25Pでもピリオディックモーション10秒以下と、それでも全然悪い精度でなく、こちらは10万円代半ばと一気に買いやすくなっています。他にも型番にECが付いているモデルは同様のエンコーダーがついていて、中でも最高機種のCEM120EC2は最大荷重52kgでピリオディックエラーが0.15秒以下と、ものすごい性能ですが値段も80万円程度と、こちらもものすごいです。でもこの対荷重でこの性能なら、十分価値ありではないかと思ってしまいます。他にも、ウェイトバーの取り付けも工夫がしてあって、回転軸からずらしてありぶつかりにくくなっているなど、各所に色々な工夫がしてあるようです。

IMG_6388
店長のMさん、すっかり元気そうです。机の上にもiOptronの赤道儀がのっかています。

三基光学館の特徴は何と言ってもアリガタプレートでしょう。下の写真を見てもわかるように、各種サイズのアリガタプレートを自前で取り揃えています。簡単な穴あけくらいなら、写真奥に写っているボール盤でサクッと空けてもらえるそうです。垂直な穴を自宅で空けるのはなかなか難しいので、ありがたいかもしれません。私は、ジャンクボックスに転がっていたVixen規格のアリガタを長さ別に2種類、あとC8用に富田式ロックを購入しました。

IMG_6392

さて、面白いのがここからです。店の中には天文関連の書籍や雑誌も置いてあるのですが、ランダウ=リフシッツの場古典や砂川先生の量子力学など、あまり天文に関係ない本が一部並んでいます。理論物理系と聞いていたので、それでもここまでは驚かなかったのですが、「他にも恩師の本が...」とのことなので聞いてみると、T先生の宇宙物理学という本が置いてあるというではありませんか。あれ?と思い、何でよく知っているT先生が...?とよくよく聞いてみたら、何と1990年代の何年間か同じ大学の同じキャンパスにいたことが判明しました。研究室までは同じではないですし、歳も少し離れていたのですが、同じ建物の同じフロアに一時期一緒にいたことは間違い無いので、当時、もう25年くらい前のことですが、顔を合わせていても全くおかしくありません。おおーっ!と一気に盛り上がり、いろいろ話が進みました。その当時実は私もこの近くに住んでいたので、地元ローカルな話から、店長さんの卒業してからの天文遍歴など、この業界の裏話とかも交えていろいろ聞くことができました。富山に来たY君の話も当然話題にのぼりました。Y君は昨年末に三基光学館に訪れたそうです。店長から見たら同じ天文部の後輩にあたるとのことです。彼みたいな若い子にはやはり期待してしまうというのは、私も店長も共通した意見でした。

VixenのVSDの話や、PENTAXのEDHFとSDHFの違いの話、TAKAHASHIの大型屈折の苦労話など、これまで知らなかった話も面白かったです。CCDにゲイン設定がないというのは目からウロコでした。露光時間で調整するだけなんですね。確かに原理を考えたらそうかと妙に納得し、これまでCMOSカメラしか触ったことがないことを思い知らされ、いろんな意味で新鮮でした。そんな中で印象深かったのが、ものを仕入れて売るというよりも、調整なども含めてお客さんと自分自身も楽しみたいという言葉でした。この思いがあるので、過去のショップでなかなか合わないこともあり三基光学館として独立したとのことです。でもせっかく独立しても秋葉原が遠いのが辛かったそうで、毎回実家の相模原から2時間くらいかけて秋葉原まで通っていて、週何日かは寝袋でお店に泊まっていたそうです。それで体を壊してしまい、やっとここ相模原の実家の店舗に落ち着いたとのことです。新しい店舗では目の前の駐車場で観望会をやったりして、地元の人たちや近くの同級生にも好評だったとのことで、秋葉原だとできなかった試みができているようです。神奈川では唯一の天文ショップのはずなので、近くの天文ファンにとっては便利になるのではないかと思います。


すごく盛り上がったのでついつい長居をしてしまい、結局3時間ほど話し込んでから帰路につきました。 あいにく平日だったので他のお客さんがほとんどいなかったのですが、あまりに長時間話していて申し訳ないくらいでした。でも店長さんからも楽しかったと言ってもらえたので嬉しかったです。お仕事の邪魔になっていなければいいのですが、私も久しぶりに天文談義で長時間話すことができたので、とても楽しかったです。

実はここ、妻の実家のすぐ近くで、すごく馴染みのある場所です。妻の実家からわずか2kmくらいの距離なので、歩いてもいけないことはないくらいです。今回は長居しすぎて実家の方には寄れなかったのですが、今度から妻の実家に来た時には必ず三期光学館の方に立ち寄ることになりそうです。

さらに川の方に目を向けると、歩いて1kmもないくらいで行くことのできる「相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら」があります。タガメを見ることができるなど、オススメスポットです。三基光学館に行った際には、こちらもぜひ立ち寄ってみてください。

最近電視用で使うPCを変更しました。これまでの充電器と違い、USB Type Cでの充電になります。普段の付属のACアダプターを使っての充電は特に問題ないのですが、遠征先の観望会などで長時間使おうとすると、CMOSカメラも駆動しているためにバッテリーが持たない時があります。

外部バッテリーから充電する方法はいくつかあります。まず、USB端子を持っているバッテリーでは5Vで3Aまでの出力なので、最大15Wでの充電になります。これだと使っている時の消費電力の方が大きかったりして、充電できない場合があります。特に私が使っているMacBook Proは15Wでもたまに充電器たりするのですがとても不安定で、最低30W位ないと安定して充電できないようです。30Wでも消費電力によっては充電できない時もあるとの情報もあります。

USB Type-Cで15W以上出そうと思うとPD (USB Power Delivery)というのに対応しているバッテリーを購入する必要があります。このPDに対応していないと15Wが最大で、時には5Wでしか充電できないこともあります。ところがPDに対応しているバッテリーを探そうとしても、30W以上のものはなかなか選択肢がありません。候補の最後まで残ったのが以下の2つです。最初は30Wのもの、

RAVPower USB-C 26800mAh (PD対応 USB-Cケーブル付) RP-PB058

です。一応MacBook Proも充電できるという報告もあれば、うまくできないという人もいるみたいです。

2つ目の候補ですが、中には20V、4.7Aで94Wに対応していると謳っているものもあります(以前の広告ではあらわに94Wと書いていましたが、現在はその表示は消えているようです。ここにその名残を見ることができます)。

WorldPlus 40000mAh TYPE-C モバイルバッテリー USB-PD QC3.0 |ノートPC Macbook Pro スマホ iPad デジカメ

が、よーく説明などを読んでみるとDC出力を使う場合が94Wで、あくまでType-Cでは36Wが限界なようです。私が探した限りでは、バッテリータイプでは結局この36Wが最大でした。これだとMacBook Proには少し不安です。


もう一つの方法は、AC出力を持っているバッテリー、例えば以前買った

Rockpals ポータブル電源 小型発電機 DC AC USB 7WAY出力 40800mAh

などに、PCに付属のACアダプターをつけて充電する方法ですが、一旦AC100Vに変換して、そこからDCにまた変換するので、効率を考えると少しもったいない気がします。






--------------------------------------------------------------------------------------------

ここから下で試したことは危険が伴います。この記事を読んでもし試す方がいたとしても、あくまで自己責任でお願いします。このページはあくまでこういった方法もあるという情報を提供するにすぎません。


ここら辺まではある程度調べれば得られる情報なのですが、結局どれも十分納得できる解ではなかったので、もう少し考えてみました。散々考えて、今回購入したアイテムは車のシガーソケット端子に差し込むことができるType cの変換器でした。

USBType-Cカーチャージャー 車の充電器5 V、9 V、12 V & 20 V シガーソケットチャージャー PD対応 

なんと999円でした。なぜこれにしたかというと、上のRockpals ポータブル電源に12V DCの出力が付いていたからです。ただしこちらは5.5mmのジャック型のコネクタ。このコネクタからType Cへ直接変換するコネクタもあるにはありましたが、流石に危険すぎで、下手をするとMacBook Proを燃やしてしまいます。そこで、手持ちで持っていた5.5mmのジャック型のコネクタからシガーソケットに変換するアダプターを使い、そこに今回買ったUSBType-CカーチャージャーをつなぐことでPD規格安定化できて、きちんと充電できるのではという目論見でした。

もちろんですが、いかに規格ものと言ってもアップルは認めないでしょうし、いかにUSBType-CカーチャージャーにMacBook対応と書いてあっても壊れたMacBookまで保障はしてくれないので自己責任になることには変わりありません。このページを見て試してみて失敗して私もなんの保障もできないのであくまで自己責任の範囲でというのを理解、納得してから、その上で試したい場合は試していただいきたいのですが、これができると遠征先でDC12Vを使って効率よくMacBook Proが充電できるようになるはずです。

実際に試してみた結果ですが、目論見通り見事に45Wで充電できました。確かめ方はMac上でアプリケーションの中のユーティリティーの「システム情報」の「電源」項目で一番下の方を見ることです。ここで今何Wで充電できているかがわかります。要するに、DC12VだけだとPD給電するには無理なのですが、今回のUSBType-CカーチャージャーPD規格の部分を担ってくれて、安定化回路のように働いてくれているというわけです。

IMG_5515

IMG_5516


この方式はいくつか応用ができて、車のシガーソケットからはもちろん、セレストロンのパワータンクのシガーソケットなどからも充電できますし、他にもわざわざType CのPD対応の端子が付いていなくて。極性さえ間違えなければ5.5mmジャックを持つバッテリーから充電することができます。

それでも最悪火事になるかもしれないという危険が伴うことは十分に理解して、あくまで自己責任で、事前に実際に何ワットで充電できているかきちんと確かめて使うようにしてください。実際私もいくつかのバッテリーで試したところ、規格以上の電力で充電されてしまい、アダプターが熱くなるという事象に遭遇しました。Mac上で表示を見ると規格をはるかに超えた400W!でした。こんな値が出るのは明らかにおかしいのですが、このようなこともあり得るということです。すぐに外したのでたまたま壊れたものはなかったですが、機器の故障などもつながりますから、過信せずに安全には十分に注意してください。

とりあえずこれで遠征でのMacBook Proのバッテリーに対して不安がなくなりました。一晩でも持たせることができそうです。


京都南丹市のるり渓温泉で行われた「星をもとめて」の戦利品の数々です。

三大星まつりに比べて少し規模が小さいせいか、掘り出し物に巡り会えるチャンスも多いので、多分購入点数としては一番多いかもしれません。でもさすがは星まつり価格、全部安かったです。

大物からいきましょう。今回はオークションも充実していました。K-ASTECのポタ赤とレボリング装置と三脚のセットが目玉、CD-1と微動雲台のセットなどもあり、せり上がっていく値段を見ているだけでも楽しめました。私は最後に出たVimbleというスマホ用のジンバルマウントを落札することができました。調べたら最新のVimble2というのが新製品として出ているらしいのですが、値段はそれの5分の1以下なのでお試しで遊ぶだけでも楽しめそうです。

IMG_5421


次は着いてすぐに会場を回って手に入れたものが中心です。
目玉はスタッフが販売していたVixenのハーフピラーでしょうか。手持ちのAZ-GTiですが、私はハーフピラーなしの経緯台のみ買ったので、教頭が三脚に当たってしまうことがあります。このハーフピラーをうまく接続できるように改造して使ってみようと思っています。
同じくスタッフ販売のところで手に入れた鍵の3個セットです。値段はなんと100円。なぜかというと一つが番号がわからなくて開かないからです。パズルがてら買ったらNatsuが1時間くらいかけて1000通りを全て試して開けてしまいました。実際には1000回で開かなかったので、合計1600通りくらい試したみたいです。
宇治天体正規で買ったアイピースのキャップが10個。これまでいくつも無くしてますし、キャップ無しの特価アイピースもいくつか手持ちであるので、重宝します。というか、実はこれなかなか見つからず星まつりでもいつも売り切れで、今回やっと手に入れることができました。
あと、欲しかった天文ガイドの臨時増刊と昔のフィルム写真の時代の技術本です。フィルムカメラは今とは全く違う技術で、なかなか試すことはできませんが、知識としてだけでも楽しいです。


IMG_5427



今回、KYOEIさんではかなりいろいろ買いました。試してみたかったファインダーアイピース。焦点距離100mmということで、結構な大きさになっています。 ファインダーとしてよりも、低倍率のアイピースとして使えるかどうかも興味があります。

IMG_5422


KYOEIでは時間をおいて掘り出し物市をやっています。私は500円の回と300円の会に参加しました。数千円の回もあったのですが、逃してしまいました。来年は参加して見たいと思います。そんな中で、二千円の回の残り物でCelestronの40mmのアイピースを買いました。長焦点のアイピースは格安で出ることがあまりないので手に入れておきました。 

IMG_5423


500円の回でも結構な数を買いました。
お買い得はVelbonのビデオ雲台でしょうか。現役のものではないですが、定価を調べたらすごいことになっていました。
格安アイピースをたくさん買えたのがラッキーでした。格安天頂プリズムも今回合わせて2個手に入れることができました。これらは天文っ子に譲る望遠鏡で役に立ちます。
他にもオフアキマウントをプリズムもきちんと入った状態で手にいれることができました。
あとは、Natsu用にEOS X7に使える(この手のものとしては珍しく)Canon純正のレリーズです。

IMG_5424


300円の回は双眼鏡マウントが一番の掘り出し物でした。あまり双眼鏡は詳しくないのですが、この手のマウントをまだ持っていないので、入門用としては申し分ないです。
あと、コンデジ用のコリメート撮影などで使えるマウントも手にれることができました。観望会とかで自分のカメラで撮影したいというような場合に使えそうです。
アイピースはBORGのプラスチック製のものです。昔のBORGのプラスチックの鏡筒を持っているのですが、そこに付いて来たアイピースと同等のものです。手持ちのものが劣化しているので、その代わりに使えそうです。
他にもコリメートアイピースとか、フレキシブルハンドルとか、アイピース延長等とか、持っていても困らないものばかりです。

IMG_5425


購入品の最後は、二日目の朝にほとんどのお店が閉まっている中、ふらっと寄った星見屋さんでのことです。珍しいT2のキャップを店長さんが売れないかなあといった雰囲気で触っていたものです。オスメスがセットになっていました。ZWOのカメラとEOSレンズを接続するアダプターを使っているのですが、それを外したときにするふたをずっと探していました。格安だったので即買いでした。

IMG_5428


あとは恒例の貰い物の品々です。ビンゴで当てたタカハシの非常袋とカレンダーも含まれています。非常袋は天文用具を入れようと思っていたのですが、Sukeが災害対策用に持っていってしまいました。早速非常品を入れて我が家の2袋目の非常袋が出来上がっていました。「望遠鏡より役立つでしょ!」とのことです。

IMG_5426

そうそう、関西天文同好会の冊子もいただいたのですが、そこに座っていた方がなんとCMOSカメラの掲示板とか開設しているYAMASHITAさんでした。最初冊子の記事を読んでいて、記事の内容と名前から「あれっ、もしかして」と思って尋ねてみるとご本人様でした。ラッキーイメージなどで優れた結果を出している方で、笑顔がとても印象的でした。また掲示板でも書き込みさせていただこうと思います。


こうやって振り返ってみると今回は思ったよりたくさんの物を買ってしまいました。最近星まつりで欲しいものが少なくなってきたと書いたことがありますが、あれは何だったんだという感じです。なんかまだまだ欲しいものだらけですね。特にジャンクはまだまだ知らない世界がありそうで怖いです。こうやってどんどんものが増えていってそのうち怒られるのかと思いますが、しばらくはこの調子が続きそうです。



IMG_1917


関西に行く機会があり、少し足を伸ばして京都の上桂にある国際光器によってみました。上桂駅から5分ほど歩いた住宅街の中にあります。ホームページや雑誌の広告などからもわかるように、ここはいろいろ面白い商品を取り扱っています。


IMG_1919


暑い日だったのですが、入店後アイスコーヒーを入れていただきました。店内は赤道儀も鏡筒もかなりの数が展示してあります。セレストロンの新しい赤道儀も展示してありました。珍しいところでは10micronというところのイタリア製の赤道儀が置いてありました。すごくいいと言っていましたが、値段もなかなかのものでした。あとで調べたら日本で扱っているのは国際光器だけみたいです。アメリカでは結構流行っているとのことです。

何人かの店員さんといろいろ話して、すごく親切にしていただいた割には大したものは購入できなくて、結局今回購入したのは、一つはC8用の調整ネジのBob's knob。ずっと欲しくて、三基光学館で一度見たことがあるのですが、その時は在庫はC9.25用とかのみでC8用が切れていたので、今回やっと購入することができました。C8用のネジは、鏡筒がオレンジ色、2005年以前のインチタイプ、それ以降のネジがメトリックタイプと3種類あるのですが、どれかを確定するのにちょっと苦労しました。私が持っているのはVixen時代の古いやつなので、おそらく2005年以前のインチタイプでいいはずです。自宅に帰ったら試してみます。他に以前星まつりで購入したアイピースケースを購入しました。

他にもいろいろ面白いものがあるのですが、今回一番興味を引いたのが個人用の天体ドームで、カナダ製でプラスチックのパネルを組み立てるタイプです。屋上に設置してある展示器を見させていただきました。大きすぎず小さすぎず、丸いドーム型をしていて、屋根の半分が開く、見るからに天体ドームという形をしています。値段を聞くと一般のドームよりははるかに安価で、かなり頑張れば手が出ないでもない額でした。

でもやはりまだ一箇所に落ち着くのは贅沢で、今しばらくは遠征も含めて毎回出すのが主だと思います。いつかそのうちに、大型の赤道儀と今あるMEADEの25cm反射をにわか屋根の上に常駐させるのが夢です。パネル組み立て式なので、設置した後にも、将来邪魔になった時は片付けることも可能だとのことでした。

また京都に行った際には是非とも寄りたい店です。 

ゴールデンウィークですが、調子を悪くしてしまい夜に起きている体力がなく天文台に行った以外はほとんど星見ができていません。自宅でWidebino28で春の星座をトレースしていたくらいです。最近神話がやっと面白くなってきました。以前買った誠文堂新光社の「四季の星座神話」の話が最近ようやく頭に入ってくるようになりました。この本すごくわかりやすいです。またそのうちに独立記事で取り上げます。

星見もままならないのですが、ゴールデンウィークで家族サービスで子供達を何処かに連れていかなければならないので、例年のごとく安上がりの名古屋の実家に行きました。今回の目的は2つ。一年前に星を始めるきっかけになったSCOPIOに行くことと、三重県津市にあるEYEBELLに行ってみることです。

というわけで5月3日、名古屋に着いたその足で久しぶりにSCOPIOに顔を出しました。去年の4月30日にこの店で買ったBKP200とAVXが星生活の始まりでしたが、店長さんもこのブログやFacebookを見ていてくれているらしく、 一年間の歩みを伝えることができていたみたいです。当時は衝動買いに近かったですが、いい趣味に出会えたと改めて思いました。今回の購入は星ナビの最新号とEOSのストラップだけと、大したものは買えませんでしたが、また名古屋に行った時には顔を出したいと思います。

次の日、やっと念願だったEYEBELLに行くことができました。名古屋からは東名阪で行くのが普通みたいですが、途中高速の渋滞がひどかったので、桑名過ぎくらいから下道に降りて23号を走りました。それでも下道の渋滞も結構ひどくて、名古屋から結局2時間以上かかりやっとの事で到着しました。

IMG_1795

建物は屋上にドームがあるので遠くからでもすぐにわかります。店舗は眼鏡屋さんの上にあり、表から見るとあまりわかりませんが、中は日本の天体ショップの中では有数の大きさかと思います。駐車場は道を挟んだ専用駐車場があるのですが、入り口の坂が急なので車の下をこすらないように注意です。裏手のドアのところから2階店内へ入ります。

IMG_1801

まず店の中で驚かされるのは、展示してある望遠鏡の数々です。しかも3分の1くらいは木の三脚時代のすごく昔のもので、非売品とのことです。展示はほとんどが中古品のようでした。昔のものは見ているだけでも楽しいです。

IMG_1802


次に驚かされるのは雑誌コーナーです。天文ガイドの一番古いのは1966年の創刊号に近いものからありました。自由に読むことができるので、時間があれば長居してしまいそうです。娘も一緒に行ったのですが、ずっとここで雑誌を読んでいました。

ここでの目玉商品はEYEBELLオリジナル製品です。今回はそのオリジナル製品の中でも、ポタ赤のCD-1のコントローラー付きの中古がたまたま安くでていたので、それを購入しました。SWATの2軸目の制御のベースモデルとして使いたいと思っています。新品だとさすがに気が引けますが、中古なら気軽に分解、改造できそうです。他にも中古の安いアリミゾと昨日SCOPIOで売り切れだった天ガの最新号を購入しました。

IMG_1798


CD-1は開発時のプロトタイプのようなものがあったので、お店の方に聞いて写真をとらさせていただきました。CD-1は発売されてからもう10年くらい経っているはずなので、その当時のものなのでしょうか。

店員さんはとても親切で、いろいろ相談に乗ってくれそうです。こんな店が近くにあれば入り浸ってしまうでしょう。たまたま名古屋からご夫婦で来ていたお客さんとも話していたのですが、去年一年間仕事が忙しくて写真が撮れなかったのに、それでもEYEBELLには月一回顔を出しているそうです。やはりここまで来るのに渋滞がひどいので、下道で来るそうです。お店の方によると、来年になると高速がもう少し整備され、渋滞も緩和されるはずとのことなので、来年以降は実家からももう少し行きやすくなりそうです。

帰りはずっと高速で名古屋まで行ったのですが、やはり渋滞で2時間近くかかってしまいました。やはりゴールデンウィークの移動は大変です。


今回は家族サービスの一環でディズニーシーに行ったついでに、珍しく娘のNatsuと一緒にスターベースに寄らさせてもらいました。スターベースは天文ガイドの出版社の誠文堂新光社の書籍を扱っていて、珍しく子供の科学のバックナンバーが大量に置いてあります。娘は子供の科学を2013年9月号からずっと購読しているのですが、持っていないバックナンバーもありずっと読んでいました。

今回の購入品は、前回ちょっと寄った時に売り切れだったFS-60Q用のカメラ回転装置とEOS用のワイドカメラマウントでした。三基のものにしようかとか色々迷って、散々時間をかけて、やっと購入に至りました。今回は在庫もありました。 少し勘違いしていたのは、ワイドかメラマウントは2つの部品を組み合わせるのかと思っていたのですが、それはKenko製の半額くらいのTリングをつけることができるものらしいです。ガタが少し心配だったので、純正のものにしました。

IMG_1379


タカハシカラーが薄緑から青系に変わったのですが、青の色が自宅で見ると思ったより濃かったのでびっくりです。

今回は毎度のS君にも会うことができました。Natsuが原村の星まつり福島の星の村フェスティバルでお世話になっていたのでお礼がてら連れて行きたかったのです。ニュージーランドのテカポで取ってきたイータカリーナの写真を印刷したものを見せてくれました。すごく綺麗で、北半球からは見ることができないものなので、私もそのうちに南半球に行って見たいと思いました。あと、私が古い天文雑誌を集めているのを覚えていてくれて、整理して出てきたという昔の雑誌を取っておいてくれました。SKYWATCHERの一部が揃いました。しかも上のと合わせて少しサービスしてくれました。ありがとうございました。

さて今回のもう一つの出会いは、同じくスターベースにお客さんと来ていた、流星研究会のYさんです。まだ星を初めて間もない頃に出席させてもらった流星会議でいっしょにすごく盛り上がった方なのですが、私はあまり人の顔を覚えるのが得意でなく、話していてどこかで見た人だなと思っていたら、流星という話が出てやっと繋がりました。Yさんの方も同じことを思っていたそうです。そこからは私も星を初めた頃のことを思い出し、懐かしいやら、あれから半年で電子観望や撮影など、すごくたくさん進んだことを色々話したいやらですごく盛り上がって、まだまだ話したかったのですが、帰る時間がせまっていて全然時間が足りませんでした。

もうひと方は帰りがけに少しお話ししたのですが、ちょうどFS-60CBを使っていらっしゃる方で、たまたまこの日にエクステンダーを購入しFS-60Q化をはかろうとしている方でした。もともと双眼鏡をやっている方らしいのですが、徐々に撮影に移ってきているみたいで、SWATの話でも盛り上がり、JILVAを狙っているとのことでした。このブログのことも知らせておいたので、コメントなどいただけると嬉しいです。

富山に帰って、早速FS-60Qにつけて見ました。以前中古で買ったフラットナーも付けてあります。これまで使っていた部品と合わせて写真に撮って見ましたが、少し重く、少し長くなりました。これはできるだけ軽くという方針からすると反対方向ですが、それで得られる撮影時の安定性、例えば落下や回転によるピンボケの心配から解放されると思うと、十分価値はあるのかと思います。これ以降海外で撮影することも考え、エクステンダーを外してより短焦点広角で撮影の練習をする方向に移していきたいと思います。

IMG_1381



 

関東に行く機会があったので、いつものように天文ショップめぐりをしてきました。富山は雪でも関東は青空が晴れ渡っていてとても羨ましいです。でもやはり都心では星の数は当たり前ですが、少ないです。それでも澄んだ空にオリオンが綺麗に輝いているのが印象的でした。


KYOEI:
FS-60用のフラットなーの中古が出ていたので、ずっと欲しかったこともあり購入しました。定価の半額には届かない程度でしたが、ずいぶんお得でした。これまでは広角のFS-60CB状態では電視だけでしたが、これでやっと写真で撮ることができます。

IMG_1084


いつものように店員のMさんと話したのですが、blogを開始するみたいで、今から楽しみです。


スターベース:
相変わらずここではいつもの雑誌のバックナンバーです。今回は古いものに狙いを定め、SKY WATCHERの96/10, 97/11, 99/5, 星ナビの01/4, 06/8, 星の手帳91秋号を購入しました。星の手帳は初めて読んだのですが、今売られている雑誌と比べるとかなり研究よりです。やはり当時は雑誌も勢いがあったのがよくわかります。

実はその晩、S君はじめスタッフの皆さんが野辺山に遠征するそうで、少し誘われたのですが、どうしても都合がつかないので泣く泣く諦めました。最近星をまともに見ていないので羨ましいです。あと、S君にプリンタの話を聞きました。S君はすでに何度も雑誌に載っているベテラン学生さんで、染料系のPRO-100を使っているそうです。プリンタを代えてから採用率が上がったとのことです。やはり雑誌には光沢がでる染料系が有利なのでしょうか。それよりも、印刷したては緑っぽくてのっぺりで、細かい階調が出て色が落ち着くまでに3日位もかかるという話を聞いて、これが一番びっくりでした。


シュミット:
お客さんにステライメージに詳しい人がいて、店長さんと一緒に聞いていましたが、色々勉強になりました。面白かったTipsを挙げておきます。
  • デジタル現像の時にエッジを「0.1」として、右の下の三角をいじると、細かい構造がよく出るようになる。
  • カブリ補正や周辺減光補正の時は、ポイントで選ばずに、線でやった方がいい。私は知らなかったのですが、線を実際の強度に合わせた後に、真ん中の四角を選んで上まで持って行って、ピーク位置と合わせるといいとのことです。
  • 画像を開いて、一度fit形式で保存し、新たに元の画像を開いてfitとコンポジットすると、あぶり出しの効果がある。露光時間を延ばしたことに相当。二重焼きのようなものだとのことです。元画像2枚やfit2枚だとだめだそうです。
まだまだ色々知らない機能があるようで、使い込んでいくともっと便利になりそうです。店長さんも交えて、この方とは星や宇宙のことも話すことができ、とても楽しかったです。



新宿のコプティック星座館にも行きたくて電話してみたのですが、ベル音はなるのですが通じませんでした。もうやっていないのでしょうか?関連会社の清原光学は干渉計のことなどされているようで、興味があったのですが、残念です。 

最近、観測にとっても役に立つ重要アイテムを手に入れました。

指先が出る手袋です。

IMG_0809


イオンに入っているスポーツ用品店で見つけました。Vixenで冬の天体観測用にヒーター付きの手袋が出ていますが、雑誌に載っている値段を見てちょっと手が出ないでいました。上のものは8分の一くらいの値段でした。ヒーターはついていませんが、 この手袋の一番いいところは写真のように出せる指の本数を左右自由に調節できるとことです。親指と人差し指だけでなく、2本でiPhoneやiPadの画面を触ることもありますし、時にはしっかり掴みたいために左手の指先が必要になることもあります。

これまでは何かあるたびに手袋を外していたので、この手袋だと手のひらがとても暖かいです。ただし、出ている指先が冷たくなるのだけはどうしようもありません。 

 

CCDをファインダーとして使っているので、鏡筒の光軸とCCDの光軸をある程度きちんと合わせる必要があります。CCDは自由雲台に乗せているので、大まかな調整はできるのですが、微調整をしようとするとなかなか上手くいかなくて、余計な時間を食ってしまっていました。

そのためCCD用の二軸の微動回転台をずっと探していました。いくつか候補はありましたが、高価なものも多く、また安価なものでも結構な大きさと重さになってしまいます。いろいろ考えた末、アルカスイスクランプとプレートを利用して、適当に作れないかと試して見ました。

使ったものはアマゾンで見つけた一つ750円くらいの格安のアルカスイスクランプです。プレートも一緒についてくるので格安です。

とりあえず改良したクランプの写真を載せておきます。

IMG_0786


まずはクランプ部分は普通のアルカスイス互換のプレートに固定しますが、ここに回転の微動機構を入れ込みました。クランプの横から(写真だと左奥と右手前に一本づつ)2箇所にM4のタップを切り、固定時のプレートを回転方向に互いに押すようにして、そこにつまみが付いている調整ネジを入れて、Yaw方向の微動を確保しました。もともとあるクランプのネジも押しネジの一つとして使えるので、計3つのネジで調整しながら、回転したり、任意の位置で止めることができます。

次に付属で付いてきたプレートをひっくり返して上に乗せ、M6のネジ穴を3つ、三角形に近い形になるように穴を空けてタップを切ります。写真では左側に長いネジが2本、右側にわかりにくいですが、ネジの先っちょが少し見えているのがわかると思います。

下部のクランプの真ん中の最初から空いているM8用の穴から1/4インチのネジを通して、上のプレートと小ぶりの自由雲台を合わせて固定します。ポイントは、このネジと下のクランプとは固定されていなくて、自由にPitch方向に動かすことができるところです。

あとは3つのネジ穴にM6のネジを入れて、一つは主に高さ調整、残りの2つのネジでPitch方向の微動を調整します。高さ調整のネジは一旦調整したらあまりいじる必要がないことがわかったので、真ん中から上側に向かって出してあります。ネジの頭の部分がちょうどクランプとプレートの厚みになっているというわけです。Pitchのネジは互いに押しネジの関係になるので、上手く固定もでき、ネジがきちんと押し合っている状態ではプレートはずれることやガタなどはほとんどありません。

写真を見ればわかるのですが、私は機械屋さんではないため、いろいろと紆余曲折したりして、いくつも余分な穴を空けたり、多少ネジ穴が斜めになったりしてしまいました。また、実際の使い勝手は、少なくとも売り物になるレベルでは全くなく、作った本人なので、調整しながらなんとか使っていけるというレベルくらいのものかと思います。それでも暗い中で手探りで触っても、一応は二軸とも調整はなんとかできるので、最低限の実用レベルくらいはあるようです。

でも、結構苦労した割には市販品のような使い勝手からは程遠いので、素直に市販の安いものを買ってもいいかとも思ったりもしたのですが、それでもこのコンパクトさと軽さだけはお金では買うことができないのと、せっかく作ったものなので、しばらくは使ってみようかなと思っています。

 

このページのトップヘ