ほしぞloveログ

天体観測始めました。

カテゴリ:場所 > 牛岳

娘のNatsuです。

夏休みの自由研究で、宮沢賢治作「銀河鉄道の夜」を調べました。その中で銀河鉄道の夜に出てくる星の写真を撮りました。その中のいくつかを紹介します。写真は牛岳スキー場の上で撮りました。星雲は難しいのでパパに手伝ってもらいました。

タイトルはこんな感じです。

IMG_0367


まずは天の川にかかる全景です。残念ながらゴールの南十字は地平線の下なので撮ることができません。

IMG_0358


こと座です。このページで、銀河鉄道がどのように天の川をたどっていったかを考えてみました。こと座よりも白鳥座の方が先かと思いがちですが、こと座に関しては銀河鉄道に乗る前に出てきます。

IMG_0373


こと座にはM57があります。銀河鉄道の夜には直接出てきませんが、宮沢賢治はM57が好きだったようです。「シグナルとシグナレス」や「土神と狐」などの物語に出てきます。

IMG_0369



白鳥座です。銀河鉄道の出発点です。

IMG_0370

白鳥座の嘴に当たるアルビレオです。銀河鉄道の夜では「アルビレオの観測所」として出てきます。

IMG_0371


宮沢賢治は空想ではなく、ちゃんと科学的に物語を書いていたことがわかりました。11月に石川県小松市のサイエンスヒルズ小松で渡部先生の宮沢賢治 生誕120年 講演「賢治作品の中の宇宙」に申し込みました。とても楽しみです。





 

赤外線フィルターカットのX5を手に入れたので、6月10日いつもの牛岳にて赤色が目立つ星雲を撮ってみました。焦点距離800mmのBKP200での直焦点撮影になります。惑星と違って、メシエ天体は十分に大きなものも多いので、拡大撮影の必要はないので、むしろ星雲撮影を先にやればよかったかもしれません。ただ、赤外線カットフィルター加工のカメラを手に入れるのが少しハードルが高いのですが、ちょっと探すとヤフオクやスターショップで、中古で結構手の出る位の値段で出ているものです。

今回は2種類。導入は実は両方ともベテランの方にやってもらいました。

IMG_0027_DPP


まずはM17。2分間露光で何枚か撮り、一番流れていないものをGIMP2.9で修正。思ったよりはるかにきれいに赤が出ました。カメラは中古だったのでたいしてお金をかけているわけではないのですが、このくらいのものが撮れたらかなり満足です。

ただ、外側にコマ収差が出てしまっています。コマ収差補正フィルターというのがあると望遠鏡を買った店から聞いているので、次は試してみたいです。


IMG_0018_DPP


次にM27。これも2分間の露光で、GIMPで修正です。別名アレイ星雲とかとも呼ばれているそうです。

星雲は眼視だと色もつかないので、撮影で長時間露光するのがやはり絵になります。メシエ天体だけでも110もあるので、そのうちに全て写真に収めてみたいです。



昨日に引き続き、5月28日の日が沈む前から、翌日日が昇るまでずっと牛岳にいました。今回は娘のNatsuに加え、息子の4年生のSukeも連れて行きました。前回はKさんがすでに来ていましたが、今回は着いた時にはまだ誰もいませんでした。最初曇っていて、ダメかなと思っていたのですが、9時頃から晴れ始め、それとともにKさんを始め、何人かの県天のメンバーが続々と登場しました。みなさん聞いてみると何十年も続けている大ベテランの方ばかりで、話していても色々学ぶことが多かったです。みなさんこれからもよろしくお願いします。

夜の11時頃、Kさんが天の川を見ないかと誘ってくれました。階段を上ったところに展望台のようなところがあり、ここまで登ると南の空が開けていて、登ってきた天の川がとてもよく見えます。楡原よりもよりはっきりとした濃い天の川を見ることができました。下の子は実はこの時には、草っ原にシートと寝袋を敷いて、とっくに寝ていたのですが、天の川があまりに綺麗なので無理やり起こして見せてやりましあ。とても感動していたみたいですが、その後またすぐに寝てしまいました。

さて、今日は昨日と違い、少し撮影をしてみました。前回の自宅での直焦点撮影での惑星撮影では、ものの見事にゴマ粒のようにしか小さくしか取れなかったことを反省し、今回ついに拡大撮影に挑みました。 現在Hyperionのアイピースを使っているのですが、Hyperionシリーズはアダプターをつけることによりカメラを直接取り付けることができます。今回用意したものは、国際後期に発注したバーダープラネタリウムのHypeironシリーズのオプションの#25Bと2958080の二つのパーツです。これらと、手持ちのTリングの3点でアイピースに接続できます。こちらに詳しく図解されています。(追記: 実は、これとは別にVixexの拡大撮影用アダプターを購入したのですが、結局使用するに至っていません。惑星撮影はバローレンズを使ってのCCDカメラによる撮影の方が適しているという判断です。)

セットアップが終わり、X7の動画モードで撮影をして、その後帰宅してからスタックやらWavelet変換やら色々試しながらやってみました。ソフト自身は色々調べながら初めて使ったものばかりで、これはこれで結構楽しかったのですが、結局出来上がった画像は、まだまだとてもじゃないが見られたものではありません。木星の縞も、土星の輪も、火星の模様もどうやってもこれくらいが限界でした。

MVI_2205cut_01_a

MVI_2226_cut_02_a

MVI_2237_cut_01a

見ての通り、特に土星と火星は無理やり模様を出した感が溢れ出ています。Kさんによると、この日は富山としてはシーイングはかつてないほどいい(自分ではまだシーイングがいいのか悪いのかさえ判断できません)とのことなので、少なくともシーイングのせいではないと思います。拡大率がまだ低いのか、そもそも拡大撮影自身がだめで、直焦点撮影にバローレンズの方がいいのか、一眼レフカメラでの動画撮影がダメなのか、そもそも焦点距離が短いこの鏡筒自身がダメなのか、光軸調整が甘いのか、ソフトの使い方が悪いのか、まだまだ謎だらけです。(追記: 結局、鏡筒を焦点距離の長いC8に変えたことと、カメラをASI224MCに変えたことで、やっと少しまともな惑星撮影ができました。)


撮影もそうなのですが、実は眼視の方でも同じようなことがありました。この日KさんのタカハシFS128で土星と火星を見せていただきました。眼視にもかかわらず、土星はカッシーニの間隙が、火星は黒い模様がはっきり見えていました。ところが自分のBKP200で同じ土星を見ても火星を見てもそんなものは全然見えないのです。アイピースを変えて倍率を変えても、ピントをどう合わせても、何をしても土星の輪はどう見ても二重に見えないし、火星も黒いものがあるのかと言われれば有るような無いようなという感じです。口径だけはBKP200の方が大きいのに、なぜ見えないのか。光軸調整ができていないのか、反射型の方が根本的に見えないのか、理由がよくわかりません。機材の値段が全然違うのはもちろん承知の上なのですが、それでも悔しくて、どうしても理由が知りたくなり、後から色々調べてみました。

まず反射型は必ず副鏡とスパイダーがあるので、コントラストが屈折型に比べるとどうしても劣る場合があること、光軸があっていないとどうしようも無いことがわかりました。その代わりに反射型はコマ収差は出るのですが、色収差があまり出ないので、惑星を見るときのように中心に一つ見る分には有利だということもわかりました。FS128クラスの屈折型は色収差も十分出ないようなレンズを使っているので、反射型に比べて色収差がそれほど劣ることが無いということも納得できました。

いずれにせよ、それでも200mmのニュートン反射ならカッシーニの間隙は見えてもおかしく無いとのことなので、やはり光軸調整かなという結論です。

他の皆さんは午前2時頃までには帰っていかれましたが、我々はこの日タイムラプス撮影も兼ねて夜明け過ぎまでいました。タイムラプスはレンズが途中で曇ってしまい、ほとんど無駄骨でした。さすがに一晩中なので下の子は相当疲れたらしく、「もう二度と星は見に行かん!」と言われてしまいました。徹夜は子供にはやはり厳しいかもしれません。でも実際は、ほとんどの時間は車の中で寝てたんですけれどね。


これまでは楡原に3回いったのですが、少し他の場所も探してみようと思い、5月27日にずっと以前、昼間に行ったことのある牛岳のスキー場のリフトで上がった先に、娘のNatsuと一緒に行ってみました。車で行く道もあるのと、標高もそこそこ高いはずなのでいいかなと思ったからです。

山頂に着いた時にはすでに暗かったので、夜8時くらいだったと思います。すでに先客がいて、望遠鏡をのぞかせてもらいました。タカハシの屈折型だということはわかりました。コンピュータとかにも繋いでいるようで、ケーブルなども何本か張ってあったので、ガイド撮影のようなこともやっている、ベテランのような方でした。非常に親切で、娘ともども望遠鏡を見させていただきました。

さて、早速自分たちも赤道儀望遠鏡を出してセットし始めましたが、セットに戸惑っているその間にも続々と人が来て、あ、ここは地元の天文愛好家達が集まってくる場所なのだと、やっと理解できました。確かに場所としては、アクセスがしやすく、トイレもあって、光害は少なく、富山市街地からも近場で、申し分ない場所です。

セットアップですが、なぜか自宅だと赤道儀の極軸合わせはすぐにできるようになったはずなのに、牛岳だとなかなかうまくいきません。何度か失敗し、その度に電源を入れ直したりして、思ったより時間がかかってしまいました。理由は星が多すぎるからです。牛岳は南の空が暗く、北の空は市街地側なのでそれほど暗くはないのですが、それでも北の空も自宅よりはずっと星が多いので、極軸望遠鏡を覗くとどれが北極星なのかよくわからなくなってしまうのです。

調整もそこそこに、先ほどの方が話しかけてきてくれたので、色々聞いていると、なんと富山県天文学会の会長さんだと言います。ホームページでそういった同好会があることは知っていたのですが、まだ私の方は本当に始めたばかりで、ほとんど知識も経験もないということも話し、その上で県天(富山県天文学会のことをこう呼ぶらしいです)に入れて下さるというので、まだ早いかもと思いましたが、娘と一緒に入会させて頂くことにしました。Kさん、これからもよろしくお願いします。一緒にその場にいたYさんも一緒に入会されました。Yさんもよろしくお願いします。

Kさんはよく牛岳に来ているとのことで、この日も一般の何人かの方に望遠鏡を見せていたり、NHKの取材というのでアナウンサーの方も来ていて、今度の火星の取材の対応をしていたりと、とても親切で顔の広い方のようです。

結局この日は、Kさんといろいろと話をしていたら、だんだん曇ってきてしまい、撮影をほとんどすることなく撤収しましたが、富山県天文学会に所属するきっかけになったこの遠征は、非常に得るものが大きかったです。はじめて地元の天文愛好者にも会えたわけですし、初めて天文の同好会に所属することにもなったわけです。まだまだ色々わからないことだらけなので、こういった詳しい人からの情報が得られるというのは、とても心強いです。 だんだん世界が広がっていくようで、どんどん楽しくなっていきます。
 

このページのトップヘ