ほしぞloveログ

天体観測始めました。

カテゴリ:観測機器 > Advanced VX

ものすごく澄んだ空で月が綺麗なので赤道儀をセットして、途中で一旦目を離したすきに、妻が車をぶつけてしまい、Advanced VXが赤径軸の極軸シャフトから折れてしまい、外れるはずのない赤緯部分が分離してしまいました。幸いにも怪我などはなかったのですが、赤道儀は真っ二つです。多分一番硬い軸の部分なので、自分で修理というわけにもいかなさそうです。販売元に問い合わせてみますが、さすがに修理も厳しそうな気がします。鏡筒をつける前だったので、赤道儀だけで済んだのがせめてもの救いです。

IMG_3070


このAdvanced VX、精度がないとか悪くいう人もいるのですが、実は私は結構気に入っています。
  • 値段の割に圧倒的に頑丈なのです。鏡筒をつけて手で揺らしてみるとわかりますが、揺れは倍以上する値段の赤道儀に比べても悪いどころか、むしろ揺れにくかったりします。
  • ピリオディックモーションは大したことないですが、それでもそこまでひどくはなく、ガイドさえしてしまえば撮影に関しても精度的な問題はほとんど露呈しません。
  • 自動導入がまともに使えるのもいいです。きちんと初期導入さえしてやれば精度に全く不満はありません。コントローラーはSTARBOOKとかと比べると貧弱に見えるかもしれませんが、逆にシンプルなのが必要十分でいいです。
  • 世界的に見たらシェアはトップクラスのはずなので、PCとつなげた場合などに様々なソフトが必ず対応しているところもいいです。シェアが大きいということは数が出ているので、最高級というわけには絶対いかないですが、コスト的なパフォーマンスはかなりいいと思われます。
  • Celestronの中でも上位機種が沢山あるので、入門者用と言われたりもしますが、そのぶん重くなく、セットアップや持ち運びが楽です。まともに使える自動導入付きの赤道儀としては最軽量の部類に入るのではないでしょうか。
自動導入がついてこの手軽さでこの剛性なので、値段に対するパフォーマンスがむちゃくちゃいいです。

今日はとりあえずショックで、せっかく澄み渡った空なのに何も見る気になれません。赤道儀はどのみち必要なので、修理で済むものなのか、次のものを探すか...。次のを探すにしても、気に入っているので同じものにするのか、それともある意味いい機会なので他の機種を探すか...。


 その2に続く。

Advanced VXの調子がイマイチです。結構深刻で、Advanced DVの赤経方向のマイナス側のモーターが動き続けてしまいます。コントローラーで一度マイナス側のボタンを押すと、ボタンを離しても止まらずに、ゆっくりですが、そのまま動いていきます。300倍した星が視野の真ん中から20-30秒ほどで視野の外まで行ってしまうくらいのスピードです。モーターのスピードを速くしボタンを押しても、ボタンを離してからの流れていくスピードは、上に書いたようなスピードになりいつも一定で、モータースピードの設定に依らずに起こる現象です。
プラス側のボタンを押して移動してから離した場合はピタッと止まります。一度プラスボタンを押すと、マイナス側に流れていっているのも止まるようになるので、現状はこれで流れていくのを止めています。

赤緯側はプラスもマイナス側も押したら動いて離したらぴったり止まります。

赤経側の荷重バランスが悪い可能性を疑い、例えばあえてプラス側を重くしたりしたのですが、いずれの場合もマイナス側のみモーターが止まりません。バックラッシュの設定などは、英語のマニュアルにも目を通し、試せることは(特に赤経マイナスの値の変更で、マイナス側ボタンを離したときに一旦プラスがわに戻るのですが、それでもその後すぐにそのままマイナス側に流れていきます)一通り試してみたのですが、特に改善は見られませんでした。

可能性としてはソフトウェアのバグ、回路の問題、機械的な問題とあると思いますが、いずれの可能性も否定できてはいなくて、重さバランスの問題ではなかろうということくらいしか言えません。ただ、ネットをあさると


というような記事がみられ、状況としてはよく似ています。推測ですが、おそらく回路の問題で赤経マイナス側を押して離したときのみオフセット電圧が残ってしまい、それがモーターを回し続けるのではないかと思います。 

7月5日、販売店の方と連絡を取り、メーカーの方に修理に出すことになりました。

その後一週間ほどして戻ってきました。基板の取り替えで直ったとのことでした。

改めて、天気のいい日を狙ってまたテストをしたのですが、今回は動き続けることはなくなり、一応なんとか止まるようにはなりましたが、同じ赤径のマイナス側のみ止まるまでにまだ4-5秒かかります。上記リンク先とよく似た状況です。 他の方向はボタンを離すとピタッと止まるので、やはりまだ完全に解決というわけではなさそうです。

設定でバックラッシュを調整することもできるのですが、調整幅が大きいと逆に戻る量が多くなりすぎ、小さいと流れるのを止める時間が延びてしまいます。しかも戻る量や流れが止まるまでの時間が、ボタンを押している時間に依存するので、一つの値での調整では対応できなくなっていて、最適点が存在しません。どうやらもう一度修理コースかもしれません。 

望遠鏡を持って自宅以外での撮影をしてみようと思い、いろいろ遠征の場所を考えました。5月2日、明るいうちに下見をしたのですが、近くの楡原の山の中なら、夜になれば十分に暗く、道の途中の視界が開けている場所なら撮影ができそうでした。

IMG_9104


その日の夜、娘のNatsuと一緒に早速下見をした場所に向かいました。幹線道路から500mくらい入ったところで、高度は400mくらいです。自宅からは車で20分くらいでしょうか。結構気楽に行くことができそうです。

実際に夜に行ってみると、北側は視界が開けているのですが、街の明かりが北側になるのであまりいい状態ではないことがわかりました。南側は山の木が多少遮るのですが、それでも空は真っ暗で、自宅で見た天の川よりもはるかにはっきり見えます。

新しい望遠鏡にウキウキしながらセットアップを頑張りましたが、やはり自動導入には至らず、半マニュアルでの導入でした。それでもやっと赤道儀に電源を入れて動かすことはできましたが、結局アラインメントで上手くいかずに断念しました。今日は何とかモーターでの動かし方がわかったくらいで、昨日に引き続き木星を今回はモーターであわせることで見て終わりにしましたが、それでもすでに赤道儀で追っているのだと思いますが、昨日と違い視野からすぐに消えることはなく、木星をある程度の時間楽しむことができました。この日に初めて土星の輪を見ることができました。生まれて初めての、自分の目で見る土星の輪でした。

子供のころ、多分ケンコーのだと思いますが、口径5-6cmくらいの屈折望遠鏡と経緯台、三脚のセットを親がなぜか突然買ってきました。その時はまずは月を見てクレーターの綺麗さには驚きました。何度か恒星を見てふーんと思い、やっとの事で木星を見て、木星の縞が見えたような気がして喜んだのですが、同時にかなりボケていたので、こんなもんなのかと子供心に少し残念だったのを思い出しました。今思えば縞と思っていたのは単なる収差だったのだと思います。土星は場所もわからずに全く見るに至りませんでした。確か小学校の4-5年生だったと思います。結局望遠鏡はそれくらいで終わってしまい、とうとう星に興味を持つことができずに大人になってしまったのですが、それから30年くらい経ってやっと土星の輪を自分の目で見ることができたのです。かなり感動的でした。

結局、この日は23時頃までいたでしょうか。山の中はトイレがないのと、クマなどの危険があることもこの時になってやっと気づいて、帰路につきました。いい場所を見つけるのはやはりなかなか大変です。

それでもとりあえずやっと暗いところに行って望遠鏡を覗くことができ、それはそれで満足できたのですが、それよりも天の川がとても綺麗だったので、やはり一眼レフのカメラを持ちたくなりました。


やはり天体観測を始めるなら、赤道儀は欲しいと思っていました。しかもできれば自動導入付きのもの。

Vixenとかも勧められましたし、一応タカハシも見ました。さすがにタカハシは全く手が出なくて、結局選んだのは最大荷重が同クラスでは一番大きくて、自動導入も標準で付いているCelestron社のAdvanced VXです。精度がどうかという話もあるみたいですが、値段からいっても最初に手が出るのはこれくらいが限界です。

多分一昔前から考えると自動導入がついてこの値段というのは、考えられないくらい安くなっているのだと思います。でも鏡筒よりも赤道儀の方が高いとは正直あまり考えていませんでした。



 IMG_9425


実は30日に実家から帰る途中で高速で大きな事故があり、2時間ほど足止めをくらって、疲れ果てて夜遅く帰ったのですが、望遠鏡が気になって朝早くから組み立てを始めました。5月1日の昼すぎには一応組み上がって、その夜に早速庭に出してみました。でも初日なので充電に手間がかかったのと、結局赤道儀の電源の入れ方がわからず、フルマニュアルで木星を視野に入れて縞が見えたと喜んだのですが、当然のことながらすぐに視野から逃げていってしまいました。
 

このページのトップヘ