ほしぞloveログ

天体観測始めました。

カテゴリ:観測機器 > EOS X7

お寺観望会のあと、思ったより天気が良かったのでと、夏休みでは貴重な新月期なので、前回の月食に引き続き、娘のNatsuの自由研究のお手伝いで、国道沿いの光街調査をしました。お手伝いといっても私は車を出すだけ。基本的には自分で全てやっているみたいです。やっていることは単純で、カメラを同じ設定にして決まった領域を、車で移動しながら撮影し続けるだけです。でもこれ、手伝うだけにしてはものすごく面白い結果になりそうです。

機材はNatsuの愛機EOS Kiss X7。三脚に乗せるだけです。設定は焦点距離18mmでF3.5、ISO3200で20秒露光。自宅を含む、明るい北の街側、暗い南の山側の計5カ所で、天の川近辺を撮影します。Natsuが頑張って解析していますが、駅からの距離と明るさ(今回はたて座とわし座の間のCの字の中の星がない部分をPSで測光)の関係をグラフにすると、物の見事に比例関係が出るようです。しかもこんなに明るさが変わるのかと、ある意味私も衝撃でした。まだ結果をまとめている最中のようなので、写真だけちょっと載せておきます。JPEG撮って出しをくっつけただけです。意外なほどの明るさの違いに、多分天文をやっている方でも驚くかもしれません。私はちょっと驚きました。

all

直線距離で20kmくらいの違い、車で走ったら30分くらいの距離の間にこれくらいの明るさが変わります。最初はカメラだとサチルくらい明るく天の川が全く見えないところから、撮影にはちょっと暗すぎるくらい、目で直接余裕で天の川が見えるレベルにまでなります。



実はこの一週間くらい前に、自宅庭で月明かりと天の川の見え方の関係を比べるために、30分おきに20時くらいから午前3時半くらいまでずっと南の空を同じ設定で撮り続けていたみたいです。私はすぐに寝てしまったのですが、最後は妻がうるさいと怒り出して撮影はストップさせられたらしいのです。この結果と比べていると、もっと面白いことがわかりました。

まず、この日の月の出が23時くらいなのですが、それまでは街の明かりが徐々に暗くなるのでしょう。画面の明るさも時間と共に徐々に暗くなります。その後、月が出るとおそらく月の明かりが支配的になり、時間が変わっても明るさは一定になります。その後、Cの字が徐々に西の方に行くと、西側にある街灯の明るさが支配的になるためでしょうか、時間と共にまた徐々に明るくなります。明るさの変化が3つの直線で説明できそうです。おそらく月が出ていない場合は2本の直線で説明できるのかと思います。

何故こんなことをわざわざ書いたかというと、今回場所を変えて測定するときに、一番最初に自宅を撮影しておいて、2時間くらいしてから自宅に戻って来たときに比較のために再度撮影しておいたのですが、その2枚に優位な差があり、後から取った方が明らかに暗かったからです。そこで、その前に撮影していた時間変化のデータを改めて見てみると、時間差で変わる明るさで、その2枚の明るさの差が説明できそうなのです。

今回の光害測定の結果が面白そうなので、出張帰宅後に無理やり付き合わされた皆既月食の観察はボツになりそうですが「あれは予備だからいい」とのことです。自由研究がまとまったらまた娘に昨年のようにレポートを書いてもらおうかと思います。

今年も娘に色々引っ張り出されましたが、自分で色々面白そうなことを考えているみたいです。お年玉で買ったカメラもちょっと贅沢かと思っていましたが、十分使いこなしています。少なくともX7の使い方は私よりもNatsuの方がボタンの位置とかはるかによく知っていて、たまに触らせてもらうときは私の方が大抵使い方を聞いています。

Natusの自由研究の方は見通しも立っているようなのですが、問題は小6のSukeです。此の期に及んでまだテーマが確定していません。今日半べそをかきながら「どうしたらいいかわからん」と悩んでいました。いったん決めた植物の成長をやめてSCRATCHをすると決めたのに、普段遊びまくっているSCRATCHではなかなか研究にならないというのが悩みみたいです。なのでとりあえずインゲンのタネだけ買って来て、育つ間にSCRATCHで自由研究をやっておいて、うまくインゲンが育って成長の差を見ることができたらそちらにすればと言って、やっと落ち着いたみたいです。でも明日は朝から北陸最大のプールに行きます。疲れ果ててまた何もできないでしょう。


「EOS kissで天の川を撮ろう」の第二弾です。今回画像処理まで進もうと思ったのですが、実際の撮影が結構面白かったので、とりあえずそこまで書いておきます。

第一弾の記事を書いた後、娘のNatsuと一緒に牛岳に行きました。久しぶりの牛岳で、今季はまだ2回目です。すでに県天のいつものメンバー、K会長に同期のYさんがいて、どこかのテレビ局のカメラマンさんも来ていました。我々もその横に車をつけ早速天の川を撮影開始です。

基本的に設定はNatusが一人で勝手にやります。何枚か撮ってみてみたら、結構写っているので、聞いてみたことは

Sam: 「ピントは合わせた?」
Natsu: 「うん。」
Sam: 「拡大してちゃんと見た?」
Natsu: 「うん。」
Sam: 「星が二重丸とかになってると後で虚しいよ?」
Natsu: 「大丈夫!」

うっとおしがっているくらいなので、まあ大丈夫そう。

Sam: 「レリーズは?」
Natsu: 「使い方がわからん。」
Sam: 「あるけど使う?」
Natsu: 「めんどくさいからいい。」

まあいいか。夜にグダグダ言ってもあまり通じないので、基本的にはすべて本人のやりたいようにやってもらいます。撮影中に聞いたことはこれくらいです。

撮影をしていると県立大の学生のみなさんがたくさんきました。天文部の学生たちで、多くは1年生のようです。少し話をして、展望台の方に行くというので、Natsuも学生に混じってついて行くことにしました。女の子も何人かいたので、色々話したいみたいです。

全然帰ってこなかったので呼びに行くと、天文部のみなさんもカメラで撮影していました。撮影の練習らしいです。最初少し薄かった天の川も、時間ともにだんだん濃くなってきました。

Sam: 「撮影はもういいの?」
Natsu: 「うん、満足した。」

とのことなのですが、本当にちゃんと撮ったのか?よくわかりませんが、私が次の日、土曜なのですが仕事ということもあり、23時すぎには早々と切り上げました。


撮影し終わった帰りの車の中で

Sam: 「大学生のお姉ちゃんと話した?」
Natsu: 「うん、めっちゃ楽しかった。静岡から来て一人暮らしなんだって。」
Sam: 「へー、Natusも将来一人暮らしするの?」
Natsu: 「実家だったらこんな夜中にウロウロしてたら、絶対文句言われてたって。一人暮らし楽しそう。」

え、今日も夜中にウロウロしてても文句言ってないんですが...。「親から離れて」ウロウロしててもという意味なのでしょう。多分大学になったら一人暮らしするのでしょう。親離れは成長の証拠。頑張ってください。

続きの会話。
Sam: 「ところでISOは?」
Natsu: 「6400」
Sam: 「あれ?3200じゃなかったっけ?え、大丈夫?ノイズ多いかもよ。露光時間は?」
Natsu: 「10秒くらい。」
Sam: 「なんで?」
Natsu: 「蚊がおってイライラしとった。」
Sam: 「え、マジで?そのままブログに書いていい?」
Natsu: 「えー、じゃあ早く撮りたかったら。」
Sam: 「どういうこと?」
Natsu: 「短時間でたくさん撮れると思って。」

一体何が本当かよくわかりませんが、あの準備の記事はなんだったんだと思いながら、所詮中学生のやることだからとぐっとこらえました。まあかなり適当だということです。

Natsu: 「でも10秒とかだと全然流れとらんかった。」
Sam: 「そりゃそうでしょう。20秒でも拡大せんとわからんもん。」

まあいいか。

さて、そんなこんなで試し撮りや、くだらないものも合わせて65枚撮ったみたいです。EOS kiss X7で撮れた天の川、その他Natsuセレクションがこちらになります。JPG撮って出しにしようとしたのですが、一枚12.5MBとサイズが大きすぎました。Kiss X7入門機なのですが、画素数は60Dや6Dに比べて多いためにファイルサイズが大きくなってしまうようです。とりあえず各辺2分の1にして2592x1728で載せておきます。サイズ変更以外の加工はまだ何もなしです。

  • 地上と合わせた天の川です。思ったより雲が多かったです。低空を主に撮影しているので、この日の天候だとある意味仕方ないかと。火星が思ったより大きく写るのでなんでかと思ったのですが、雲でぼやけてソフトフィルター効果みたいになったようです。
IMG_8261
撮影地: 富山県富山市牛岳, 2018年7月13日21時49分
EOS Kiss X7(無改造, ISO6400, JPG), 露出13秒、固定撮影
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMを18mm, F3.5で使用
画像処理なし

  • 天の川のもう少し上のほうです。ここら辺の高度になると、雲の影響も少なくなってきます。
IMG_8259
撮影地: 富山県富山市牛岳, 2018年7月13日21時48分
EOS Kiss X7(無改造, ISO6400, JPG), 露出13秒、固定撮影
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMを18mm, F3.5で使用
画像処理なし
 

  • 北のほうの天の川に木を入れた構図です。
IMG_8248
撮影地: 富山県富山市牛岳, 2018年7月13日21時42分
EOS Kiss X7(無改造, ISO6400, JPG), 露出10秒、固定撮影
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMを18mm, F3.5で使用
画像処理なし

  • 牛岳の展望台とスキー場のリフトです。Natsuいわく影になって綺麗だとのことです。
IMG_8289
撮影地: 富山県富山市牛岳, 2018年7月13日22時4分
EOS Kiss X7(無改造, ISO6400, JPG), 露出8秒、固定撮影
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMを18mm, F3.5で使用
画像処理なし



  • Natsuのいちばんのお気に入りだそうです。多分影が好きなんですね。火星が綺麗に写っています。
IMG_8294
撮影地: 富山県富山市牛岳, 2018年7月13日22時6分
EOS Kiss X7(無改造, ISO6400, JPG), 露出13秒、固定撮影
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMを18mm, F3.5で使用
画像処理なし


とりあえず5枚載せましたが、これだけ見てもいくつかのことが言えます。まず、当初の目的の天の川は十分写っています。入門機にもかかわらずこれくらいは簡単に写るということは事実として知っておいていいと思います。

あと、気になることとしてノイズが多いこと。これはISO6400にしてしまったことの弊害かと思います。やはり3200でもう少し露光時間を取ってもよかったかと。

もう一つ、撮った画像を見ながらNatsuとも話していたのですが、画角がやはり少し狭いかなと。そもそも標準レンズの単焦点側の18mmを使っているのですが、それでもやはり星景というにはすこし焦点距離が長いのかもしれません。センサーサイズがAPS-Cと、フルサイズに比べて1.6分の1くらいになるので、先の18mmと合わせてフルサイズ換算で18*1.6=28.8mmとなります。ここらへんが標準セットの限界といったところでしょうか。これ以上大きな視野を撮ろうとしたら、レンズを焦点距離の短いものに変えるか、何枚かずらして撮影して後から合成する、「モザイク合成」という手があります。

正直な感想としては、十分すぎるほど撮れているのではないかと思います。しかもNatsuの結構適当な設定にもかかわらずです。適当でもいいので、ちょっとやってみて手持ちの入門機でこれくらい撮れることならば、ちょっと今晩にでもと挑戦してみる価値もあるのではないでしょうか。


撮影した画像を見ながら、Natsuが言った一言。

「このカメラすごく良くない?軽くて使いやすいし。」

心の友のようなので満足しているのでしょう。

さて、次はやっと画像処理。これからまだまだあぶり出すので、さらに天の川もはっきり見えてきますよ。


  1. EOS kissで天の川を撮ろう (その1): 撮影の準備  
  2. EOS kissで天の川を撮ろう (その2): 実際の撮影  
  3. EOS kissで天の川を撮ろう (その3): 画像処理  
  4. 番外編: 天文っ子のためのカメラ選択 
  5. 番外編: EOS 6Dで天の川を撮ろう





ペルセウス座流星群の時の連続撮影もそうだったのですが、これまでTimelaps撮影の時など長時間撮影をしていると度々レンズが結露してしまうことがあったので、とうとう痺れをきらし夜露防止ヒーターを注文しました。

http://www.geocities.jp/tpkkagato/syouhin/hi-ta-.htm

のタイプ6MSPというもの。USBバッテリーもアマゾンでAnker PowerCore 13000というのを買ってみました。いちおうPanasonicのセルを使っているらしいのですが、安いので大丈夫なのかちょっと心配です。

IMG_9452

実際に届いたバッテリーは袋もついて結構しっかりしていそう。ヒーターもなんとか一緒に袋に入りそうで便利です。 とにかく一度使ってみなくては。

星とは関係ないのですが、今年もホタルの時期になりました。例年に比べて少し早いのですが、毎年ホタルが出る場所でもう見えているらしいので、せっかく買った一眼レフカメラを生かすべく、ホタルの撮影に家族4人で出かけました。夕方7時半位の暗くなりかけた頃、何人か同じ方向に向かって歩いていくので、我々もついていき、駐車場から5分くらいの田んぼの脇の水路のようになっているところで早速ホタルが光り始めていました。

output_comp6

output_comp4

output_comp3

output_comp2a

output_comp1a


写真をクリックして、ぜひ拡大してみてください。この時期のホタルはゲンジボタルです。蛍が飛ぶのは夜9時頃までなので、急いで撮影を開始します。当然マニュアルフォーカスなので、ピントを合わせるのに苦労しました。適当な距離に何か明るい物があればいいのですが、たまたま入ったホタルでピントを合わせたりしていました。

少しだけ星関連の話題ですが、この日はあいにくの曇りでし。できれば星と一緒にホタルを写してみたかったです。もっと言うなら、天の川をバックにホタルを写したいのですが、初夏の天の川はホタルがピークの頃にはまだ低い空をいるので、なかなか時間が合わなくて条件的に厳しいかもしれません。

上の写真は5秒露光で何10枚か連続で撮ったものを比較明合成したものになります。比較明合成に使ったソフトはSiriusCompというフリーのソフトです。Timelaps映像なんかもこれで作ってしまいますが、これについてはまた他の記事で書くことにします。


さてカメラの方ですが、最初は機能を理解することに必死で、それでも星空を撮ってみると目で見るよりはるかに星が写るのにびっくり。三脚は必須ですが、昔娘が作った手づくり天体望遠鏡のセット三脚を流用。レリーズが無いとシャッターを押したときのブレが目立つのでこれも必須だと思います。

とりあえず星景、星野に限りますが、撮影に際し気にしたところは、以下の通り。

レンズはできる限り広角で撮りたかったので、二つあるレンズの焦点距離の短い方の一番広角にあたる18mmで主に撮影。レンズの胴体部分にあるスイッチで
  • マニュアルフォーカス 
  • 手振れ補正はオフ
 に切り替えて、
  • マニュアルモード
  • RAW+JPG
  • ホワイトバランスは蛍光灯か白熱電球のほうが夜空の色に近く見える(RAWで撮っておけば後から変更できるが、このほうが楽)
  • 絞りはこのレンズの一番明るいF3.5に設定。同じ18mmでもあえて設定しないとFが大きくなったままの場合があります。
  • ピントはLive viewで明るい星をx5かx10で拡大して、一番小さく見えるところにフォーカスリングを合わせてパーマセルテープなどで固定
  • シャッター速度は最長で30秒くらいまでだと、相当拡大しなければなんとか星が流れずに見えます。
  • ISO感度は周りの明るさによるので、何枚か試し撮りをして決定します。感度はノイズに直結するので、ノイズが目立たない最大のISO(3200位が適当か)を探して、シャッター速度で調整しています。
  • 液晶画面の明るさは暗さに慣れた目を戻さないように一番暗くします。
  • 最高感度は隠し設定でもう一段階上げることができるが、実際にはノイズが目立つようになるので、ほとんど使ってはいません。
 
ダーク減算、8枚程度までのスタックなども試してみたのですが、これはまだまだこれから時間をかけて検討したいです。というか、あまり差が見られませんでした。X7のダークノイズはもともと悪く無いことを後から知ったのですが、これは何もわからずカメラを買った割にはラッキーでした。夏場で暑くなると問題になってくるのかもしれません。

追記: 2017/7/8に加筆訂正して、新たに初心者向けにカメラ操作の記事をまとめました。

初めて一眼レフカメラで星を撮ってみました。

そもそもカメラを選ぶ時にNikonにするか、Canonにするかなど よくわからなかったのですが、後から色々調べて天体に限っては入門機はCanonにして正解だったと思います。

これまでiPhoneのカメラ以外いらないと本気で思っていたので、一眼レフでないと撮れない写真があると初めて実感できました。

IMG_0049

2016/5/5 0:59, Canon EOS X7, 18mm, f/5.6, 15sec

この日一番まともに撮れた写真です。自宅から見た北斗七星です。絞りを5.6なんかにしてしまっています。


この時はRAWで撮ることを知らなかったのでJPEGで撮っていました。未加工です。他の写真のほとんどはピンボケだったり、ぶれていたり、流れていたりで、見る影もありません。

もう一枚

IMG_0106

2016/5/5 0:59, Canon EOS X7, 18mm, f/3.5, 10sec

天の川がうっすら写っています。これも未加工です。やっと絞りを開くことを覚えました。この写真で、はじめてホワイトバランスを蛍光灯や白熱電球にすると青っぽくなって、夜空のイメージに近くなることがわかりました。あとで加工する場合でも楽です。(2017/10/11追記: 娘のNatsuと一緒に読み返していたら、なんと写真の左下に流れ星が写っているではありませんか。一年半経ってやっと気付きました。)

そもそも、自宅から天の川が写ることにびっくり。確かに富山なので、空気はきれいかと思っていましたが、結構周りは明るくてあまりいい場所とは言えません。ところがなんと位置がわかってしまえば、夜中になって暗くなってくるとうっすら自分の目でも天の川が見えるではないですか!以前夜中に虫取りに行った時に、何かうっすら見えたあれが天の川かなと思っていたのですが、実際に確信を持って天の川が見えたのはこの日が初めてです。


実はカメラも全く詳しく無くて、でも昨晩綺麗な天の川を見たので、なんとか天体撮影はしたいので望遠鏡を買った後、同じくゴールデンウィーク中の5月3日に自宅近くのカメラ量販店で入門機のCanonのEOS kiss X7のダブルレンズセットを新品で購入しました。これは娘がためてあったお年玉を全額出して買ったので、所有権は娘にあります。

IMG_9594

実はバリアングルの液晶がついているX7iと迷ったのですが、iにするならどうせX8iがでています。でもX8iにすると値段が上がってしまうのと、X7はやはり軽いというのが特徴なので、娘が使うのにはいいと思い、この機種にしました。液晶の傷防止シールと、レンズ保護のクリアカバーを2つ同時に購入しました。

望遠鏡に取り付けるためにはまだ機材が足りないので、とりあえずは娘が3年生の時に作った組み立て式の天体望遠鏡がのっていた三脚を使って、カメラで星を撮ろうかと思っています。星だけを撮ったものを「星野写真」、景色も含めて星を撮ったものを「星景写真」というそうです。


このページのトップヘ