BKP200だと惑星には拡大撮影になってしまうことや、眼視で拡大してもカーシーニの間隙がどうしても見えないので、長焦点距離のものを試したくてオークションで出ていた中古のCelestron社のC8を安く手に入れました。Vixex時代のかなり古いもので、色は黒。内部には植毛紙が鏡筒内面だけでなく、主鏡バッフルチューブ外側にも貼ってありました。随分大事に使われていたようです。補正板にすこしよごれがありますが、うまく拭き取ればなんとかなりそうです。

とりあえず何もいじらずにとりあえずファーストライトでいくつか惑星を見てみましたが、BKP200に比べてもかなりボケボケの感じ。いろいろ調整 (追記12) が必要みたいです。

IMG_9336