4月30日、GW中に実家に帰った時に、せっかく都会に来たのでお店で何か見ようと思い、娘がカメラを始めたいと言い出したので、それならば星でも撮ってみようかという話になり、近くの天体ショップSCOPIOに行って買ったのがSkyWatcher社の200mmニュートン反射式望遠鏡BKP200/F800 OTAとCelestron社の赤道儀Advanced VX。在庫は無かったのですが、早く試したかったので展示品を少し安くしてもらいました。

BKP200は、たまたまお店に来ていた他のお客さんが使っていて、星雲などを撮った写真を見せてくれたのですが、ここまで撮れれば最初は満足すると思ったので決めました。値段も魅力でしたし、反射型というのが昔からの憧れだったというのもあります。

他に何が必要かあまり分からなかったのですが、お店の人に勧められてアイピースを、バーダープラネタリウム社のHyperionの13mmと5mm。24mmも必要と言われたのですが、予算も厳しかったのでVixenのもう少し安い20mmのやつを一つ。 Celestronの赤道儀用電源。最低限これで眼視はできますが、撮影はまだ一眼レフカメラを持っていないので、もう少しお預けです。

実際には昼にお店で下見をして、夜に購入となったのですが、お店でドブソニアンで木星を見せてもらい、縞がはっきり見えたのがとても印象的でした。 

この趣味がどこまで続くかわからないので、最初に娘と楽しむのにはこれくらいの機器が限界かなと思ったわけです。でも早く自分の目で見たくてその日はワクワクしながら実家を後にし、夜道を自宅へと帰りました。