Twitterを見てると今日の太陽に新たな黒点が南東方向に出ているとの情報が。午前中は忙しかったので、午後に滑り込みで撮影準備です。でも雲が...。天気予報を信じると15時までは晴れなので、ギリギリ間に合うかも。

IMG_1109

雲を見てると身がから左に流れているようで、待てば晴れるかもと思いしばらく待ってました。

IMG_1112

徐々に晴れて来たのですが、雲がから流れきてるようで、惜しいところで晴れません。上の写真、Twitterで彩雲では?という指摘がありましたが、おそらく輝度差が激しく偽色のようなものが出ているのではと理解しています。少なくとも目で見てた分には気づきませんでした。

もうしばらく待つとやっと晴れ間に太陽が入りました。

IMG_1116

このチャンスに撮影です。でもこの晴れ間10分くらいしか続かず、そのあとはかなりのスピードで全面曇りに。夕方から雨との予報なので、ここで撤収しました。

画像処理したものです。

13_38_52_lapl3_ap1231_IP_cut

  • 鏡筒: 国際光器マゼラン102M、口径102mm、焦点距離1000mm、F10 アクロマート
  • エタロン: Coronado P.S.T.
  • 赤道儀: Celestron CGEM II
  • カメラ: ZWO ASI290MM
  • 撮影ソフト: SharpCap 3.3beta (64bit)
  • 撮影時間: 2020/11/3 13:38 ser形式でgain 390, 5ms x 3233フレーム中上位50%を使用
  • 画像処理: AS3にてスタック、ImPPGで細部出し、PhotoshopCCで後処理
確かに新たな黒点が写ってます。太陽活動が活発になって来た兆しでしょうか。今後が楽しみです。

ついでにカラー版です。

13_38_52_lapl3_ap1231_IP_color2_cut

いずれにせよ、この大きさの黒点だともう少し分解能がほしいところです。