昨晩、今年初の惑星撮影を試みました。

ブログを読み直しても、去年も火星が遠かったせいもあるのか一度も惑星撮影してないみたいで、どうも自分の中では惑星はあまり盛り上がってないみたいです。去年の夏は星まつりとか観望会とかでほとんどつぶれていた気がします。しかもVISACを手に入れた頃で、ひたすらM57の分解能を目指してました。惑星の最終撮影は一昨年前の8月、土星と火星を撮影しています。この時もあまり気合を入れずにC8でASI224MCで簡単に済ましてます。

一時期MEADEの25cm、LX-200-25とASI290MMを使ってモノクロでLも撮影したりしてたのですが、あまりうまくいかずに、簡単にC8で撮影した方が綺麗に出たりしてしまったのが原因です。大目標はシンチレーションのいい日に25cmでLRGBもしくはLとカラーで合成してというのですが、C8とVC200Lと25cmの比較もしてみたいです。

今回はC8とASI224MCでやっぱり簡易撮影。なんでかというと、本当に久しぶりでフリップミラーとか探しまくったし、延長筒とか必要のない機材も勘違いして用意したり時間がかかってしまいました。さらにFireCaptureを2.6から2.7βにしたら、色々変わってて戸惑ってました。撮影前のテストでFPSが20位しか出ないので、一旦2.6に戻したら普通に100位出ます。何かおかしいと思って、散々いじってとうとう諦めて、仕方ないかと撮影ボタンを押したら100位出たりとか、細かいところが違います。でも新しい方がインターフェースとか印象は相当いいです。慣れの問題なので、何度か触っておこうと思います。

もう一つ、この日やる気にならなかった理由が、台風が来ているからか風も吹いていて、シンチレーションがあまりにも悪かったからです。俗にいうタコ踊り状態で、みんなピョコピョコしてました。火星は揺れすぎててピントをどこで合わせればいいか全くわかりません。

公開してもほとんど意味がないのですが、一応木星、土星、火星と画像処理まではしたので記録がわりにのせておきます。5000枚撮影して、適当に15%とか25%とか使ってます。もうかなり適当です。

2020-09-02-1255_0-U-UV-Jup_lapl5_ap938_RS-gigapixel-scale-2_00x

2020-09-02-1302_5-U-B-Sat_lapl5_ap299_RS-gigapixel-scale-2_00x

2020-09-02-1331_7-U-UV-Mars_lapl5_ap39_RS

まあ、あの元の動画からよくここまで出たというのが正直な感想です。ただ、相当強引な画像処理をしているので、フェイクの模様も多いはずです。つい最近までシンチレーションよかったみたいですが、完全に時期を逃しました。

シンチレーションついでに、以前の月の画像を見ていて気づいたのですが、C8VISACで同じような場所を撮影した画像がありました。同じ口径、同じ焦点距離なので比較しやすいです。

test
左がC8、右がVISACになります。明らかにVISACの方が解像してます。

比べてみるとVISACの方が圧倒的に解像度がいいです。もちろん日は違うので、影の出来具合やシンチレーションが違うのはもちろんなのですが、これが本当にVISACの性能が良いのか、たまたまシンチレーションが良かったのか、決着をつけてみたい気はしています。本当にシンチレーションのいい日に惑星を撮影してみて差が出るかです。

再びシンチレーションが良くなることを期待して、あと火星接近を期待しつつ、機材準備を進めていきます。