TSA-120の取り回しが完成しつつあります。

アリガタプレート変更


2月前に購入した直後は星まつりで100円で買ったVixenのアリガタを使っていたのですが、ちょと前の記事で書いたように、タカハシ純正の鏡筒バンドにMORE BLUE製のLosmandy規格のプレートを付けました。これでも実際には十分な強度だと思います。

IMG_9771

タカハシ の鏡筒バンドの裏側には、直径5cmくらいの円状の高さ1mmくらいの出っ張りがあり、そこがタカハシ製の赤道儀にピッタリはまるようになっています。そのため上の写真のようなプレートに取り付けると、その5cm円の面のみで接触します。揺れや剛性などは一番細いところで決まってしまうので、結局一番小さいこの円の面積が支配的になります。タカハシ純正の赤道儀だと、ちょうどピッタリハマるので、鏡筒バンドの軸の太さと赤緯体の太さが同じになり、弱いところがなくなるのがメリットです。


セパレート式鏡筒バンド

赤道儀はCGEM IIを使っているためVixenかLosmandy規格のアリガタになり、タカハシ鏡筒バンドはタカハシ赤道儀のようにはうまくくっつきません。最初の頃、Vixen規格のアリガタで固定していた時は、ピント合わせなどの時に結構揺れていました。Losmandy規格になり少しマシになりましたが、やはりもう少し剛性が欲しくて、セパレート式の鏡筒バンドにしようと思っていました。

鏡筒バンドはこれまでFS-60QやFC-76で使っていたK-ASTECのものにしようと思っていたのですが、結局MORE BLUEのものにしました。

IMG_9772

決めては値段と、重量、そして底プレートからの高さが低いことです。実際にどれくらい効くかはよくわかりませんが、鏡筒の重心位置が赤経中心数cmのオーダーで近づくことになります。

また、鏡筒バンド間の距離をできるだけ大きくとったので、剛性として相当増しているはずです。実際に星を見て、ピント合わせ時などでも多少改善されることを期待しています。


汎用のアルカスイス プレートの取り付け

次は鏡筒バンド上部。今回は汎用の300mmのアルカスイス プレートを少し加工して取り付けました。

IMG_9808

元々端の方にあったたくさんのM3穴のうち4つを、M10まで広げています。使っているネジはM6ですが、元々の穴が鏡筒バンドのねじ穴と少しずれていて、多少大きめな穴を空けなければ、鏡筒バンドのネジ穴までアクセス出来なかったからです。

このプレートは持ち手がわりにもなりますが、鏡筒との間の距離が短いので指が完全に入らないです。もしかしたらMORE BLUEで販売されている専用スペーサーを上側だけに入れるかもしれません。もしくは別のハンドルをつけてしまってもいいかと思っています。

ただ、このプレート少し厚いので、もっと薄いプレートにしてもいいのかもしれません。その際は、M6用の穴をきちんとした位置で空けるのかと思います。


ファインダーやガイド鏡の取り付け

上部をアルカスイス互換プレートにしたので、ここにいろんなものを簡単に取り付けれるようになります。今回試しに用意したのは、光学ファインダーと電子ファインダー、ガイド鏡です。こんなふうに取り付けます。

IMG_9788


光学ファインダーがこうなった経緯

これまでずっと電子ファインダーが主だったので、FS-60Qなどの付属光学ファインダーは実際ほとんど使っていなくて、鏡筒からは基本取り外して保管箱にしまいこんでいました。 

でもTSA-120の場合、眼視で使うことも多いので光学ファインダーって結構使ってるんですよね。問題は、光学ファインダーがでかいこと。ケースに収める時も苦労したので、まずは取り外し式にしたいというのがありました。

取り外し式にする時に問題になるのが、台座をどうするか。タカハシのファインダー台の取り付け穴って、鏡筒軸に対して垂直にねじ穴が二つ開いていて、しかもそのねじ穴の幅が27.5mmと微妙に広すぎるんです。手持ちでそこらへんにあったVixen用のファインダー台座とかを取り付けることができません。アルカスイス クランプに取り付けるにしても、この幅が仇になり、なかなかうまいこと固定することができません。

既製品をいろいろ調べたのですが、3種類くらいがすぐに見つかりました。
  1. まずはタカハシ純正のFQR-1ですが、対応品の中にTSA-120が出ていないので不安なのと、少し大きいのがマイナスポイントです。あと、タカハシというだけあるのでしょうが、1万円程度と台座だけにしてはちょっと高価です。
  2. 他にNorthern Crossのものがすぐに見つかりました。Vixen互換でタカハシ鏡筒にも対応しているというもので、幅広のタカハシ規格のために爪の真ん中に切り込みを入れてあり、2つになった爪を2つのネジでそれぞれ締めるようになっています。2つネジは安定になりそうなのですが、少し冗長な気もします。
  3. Northern Crossのように切り書きが入っているのですが、ネジが片側だけにしかついてないものもありました。これはこれで固定に不安も出てきます。
結局のところ、そもそも巨大なTSA-120純正の光学ファインダーを使うのはやめて、手持ちで転がっていたもっと小さい、普通サイズの光学ファインダーを使うことにしました。そうするともはや元々の光学ファインダーの位置にこだわる必要もなくなります。

IMG_9805

いくつかある手持ちの光学ファインダーの中で選んだのが、上の写真です。古いもののようで、どこのメーカのかもわかりません。多分どこかの星まつりで買ったもので、手作りと思われるアルミ製のホルダーと台座がついている結構しっかりした物です。レンズとか少し汚れていましたが、分解して掃除したらまともに見えるようになりました。これにアルカスイス互換クランプを取り付けることで、鏡筒上部のアルカスイス互換プレートに簡単に取り付けられるようになりました。


まとめ

今回の鏡筒バンド周りのセットアップで、着々と撮影の準備ができてきました。次はいよいよ専用フラットナーを取り付けてみます。