夕方から暗くなるにかけて、少し晴れていたので、TSA-120を出してセカンドライトです。今日のターゲットは金星。西の空に明るく輝いています。今年の冬は暖かいので、防寒も全然必要ありません。気合を入れてセットアップします。

IMG_9497

用意したアイピースは3本。Hyperion 13mmとPENTAXの5mmと3.5mm。どこまで倍率を上げることができるか、楽しみです。

IMG_9484

ファインダーで見ながら、13mmで導入します。前回ファインダーを合わせておいたので、すぐに導入できます。倍率は900/13=70倍。この倍率でも金星の形もよく分かります。でももう少し倍率が欲しいか。

次にPENTAXの5mmに変更。かなり大きくなりました。180倍に相当。明るさもまだ十分です。

さらに3.5mmに変更。260倍相当。多少過剰倍率でしょうか、少し暗くなりますがさすが120mmの口径、それでも十分な明るさでしょう。

この季節は本来、金星の上側が欠けているように見えるはずですが、天頂プリズムとかなしで、アイピースで直接見ているので、上下が逆になり、下側が欠けているように見えます。この倍率だと収差が少しわかります。上が赤、欠けている下が青に見えます。金星は西の低空に見えるので、おそらく大気収差なのでしょうか。

シンチレーションのせいでチラチラします。さすがに眼視では表面の模様は確認できません。ピント合わせの時に暗いところが一部見えたような気がしましたが、これはただの気のせいですね。

十分に眼視で楽しんだ後、この状態でスマホで撮影してみました。なかなかカメラ位置に入れるのが難しいです。何枚か撮影して、形がわかるものもありました。露出はマニュアルで暗くしてあります。

IMG_9473

写真で見ても上が赤、下が青いのが分かりますね。
 
少し雲が出てきて、ちょうど家の中から廊下の窓をコンコン叩く音が。夕飯なのでここらへんでストップです。

その後、夕飯を終えて再び外に出てみたら残念ながら一面雲でした。天気予報でもこのまま今日はずっと曇りのようなので、もう撤収することにしました。

次はCMOSカメラで直焦点撮影でしょうか。一応この日もバローまで用意していたのですが、今回は時間切れです。でも撮影よりもしばらくは眼視を楽しみたいかもしれません。