先日、関東方面で用事があり少し時間があったので、これまで行ったことがなかったCATに足を伸ばしてみました。CATさんは中古販売が主で、中古の天文機器の取り扱い数では最大規模になるのではないでしょうか。中古の機器をを探す過程で、ネットで利用された方も多いのかと思います。


少し郊外のCATさん店舗へいってみました

CATさんはネット販売だけでなく店舗も持っていて、場所は東部アーバンパークラインの「藤の牛島」という駅。すぐ隣が春日部駅なのですが、この藤の牛島は駅の周りもあまり店とかがあるわけでなく、ここから歩いて10分くらいのCATさんまで、コンビニが一件もありませんでした。というのは結構早くついてしまい、開店までどこかで時間を潰そうとしたのですが、あったのはドラッグストアが一件でした。食べるのには困らなく、定食屋さんに近い様なお店が結構あります。CATの近くにあった喫茶店は朝のみの営業で入れなかったで、結局裏手の小さな公園で時間を潰していました。

IMG_7101

午後1時数分前に店の明かりがついて、すぐにドアを開けてくれました。店長さんはTシャツ姿で若く見えたので年齢を聞いてみたらもう還暦間近だとか。中学の頃天文少年で、その後一時期中断。1990年くらいに復帰して、20年ほど前に同じ春日部市内でCATを作り、店が手狭になってきたため今から10年ほど前に現在の店舗に移ったとのことです。1976年から80年くらいまでと、1990年初頭には天文雑誌にも何度も入選していたとのことなので、一度作品も見てみようと思っています。


店内は所狭しの天文機材が

店の中はもう天文機材でいっぱい。移動も望遠鏡の間をすり抜ける様な感じで、足の踏み場もないとはこのことかもしれません。ほぼ全て中古機材かと思いますが、その数は半端ではありません。鏡筒は10本、20本とかのレベルではなく、100本のオーダーでしょうか。例えばタカハシが固まっているエリアでは、TOAの多分130を始め10本くらいが地面から立っています。下の写真はミザールエリアとでしょうか、カイザーなども見えます。

IMG_7107

GOTOの反射や、西村の反射、MITAKAの赤道儀が2台とか、貴重なものも数多くあります。通路から遠くにあって近寄ることができないものたくさんあるのですが、私が知らないだけでまだまだ面白い鏡筒がたくさんあるのかと思います。

圧巻は50cmのNINJAです。でも新品で購入してから9年間、まだ外に出したこともないとのことです。店の前は車道なので出すことはできず、裏手に運ぶには店の中の機材が多すぎるとのことです。

IMG_7105


おそらくですが、CATさんに来る場合はあらかじめネットで一度在庫をチェックしておいて、興味があるものがあれば店舗に来てみてみるのがいいのかもしれません。突然店舗に来ても機材の数に圧倒されて、選ぶのがなかなか大変です。

この日はたまたまと言っていましたが、ひっきりなしに電話がかかってきていました。中古の買取りの相談です。何件かは天文マニアの方から、何件かは多分一般の人で家にあった昔の望遠鏡を引き取ってもらえるかいう相談みたいです。店長さんは全ての電話に丁寧に答えていました。これだけでも結構な時間です。この日は配送もあるそうで、そのチェックもあった様なのですが、それでも上に書いた様な内容を少しお話ししていただけました。

私がその場で一つ目についたのはVixenのVC200L。スポットダイアグラムの星像が素晴らしい鏡筒です。でも見え方に多少ばらつきもある様なので、その様子を伺うことができました。まあ、電車での移動なので鏡筒を買って帰るわけにもいかなく、ネットでも出ていることを確認して、その場は諦めることにしました。

お話を伺う中で興味深かったことは、ほとんどがネット販売で、店舗まで来てくれる方はあまりいなくて、むしろ遠方から出張などの機会に訪れてくれる方が結構いること、肝心の春日部市で店舗に来てくれるお客さんは数えるほどしかいないとのことです。確かに都心からは少し離れたところにあるので、多少行きにくいのかもしれませんが、それでも天文人口が少なくなってしまったと残念そうにお話しされていました。

あと、わかりにくいですが書籍が充実しています。昔の本が多いですが、洋書の類も結構あります。興味のある方は一度実際の店舗で見てみるといいのかもしれません。



これまで回った天文ショップ

いい機会なので、これまで回った天文ショップを書いておきます。
  • 関東がKYOEI、スターベース 、シュミットと今は同じ場所にあるサイトロンの展示場、三基光学、コプティック星座館、ジズコ、スカイバード、CAT。
  • 中部がスコーピオ、スターベース (2019/5/19で閉店予定)、EYEBELL、に加え、地元(隣の県ですが)ユーシートレード、あと長野諏訪のCOSMOS。
  • 関西がKYOEI、国際光器。
  • 海外がアメリカカリフォルニアのOrange County Telescope、韓国のEXO SKY。

関東方面はもう残り少なくなってきています。 あと回っていないところは中野のケンコー・トキナーサービスショップ、埼玉の川越市にある光映社くらいでしょうか。埼玉の日高市にスターゲイズさんがあるみたいですが、店舗の情報が見つからないので通販のみかもしれません。全国で見ても店舗まで持っているのは、近場で長野のテレスコ工房、福岡のTOMITA、あと北海道にAuという店があるようなのですが、ホームページがないようなのであまり情報がありません。もしかしたら地方にもまだ天文ショップはあるのかもしれません。

大規模店から個性的なショップまでいろいろありますが、それでもこれくらいの数しか存在し得ないのはもう寂しい限りです。名古屋のスターベース さんも間もなく閉店となってしまいます。天文人口的にも厳しいのかもしれませんが、天文ショップは我々のある意味拠り所みたいなものなので、本当に頑張っていただきたいものです。