新月明けの3月の土曜日、GPVによると撮影するには多少雲が出てきそうなので、パッと切り替えて富山市科学博物館でやっている観望会に参加してきました。この観望会は昨年11月から始めて、毎週に近いようなペースで開催してきたらしいのですが、さすがに日本海側の冬場はほとんど全滅で、今回初めてこんなに晴れて大成功だったとのことでした。

自宅を17時半過ぎにでたときは、結構薄雲が全体にかかっていました。18時ころには科学館に到着した時にはだいぶんましになってて、雲越しですがちょっとぼやけて月も見えていました。入り口前の広場にはすでに何台も望遠鏡が出ていて、科学博物館の職員の方や県天の方が何人か準備をしていました。MEADの25cmのシュミカセ、タカハシのFS128でしょうか?EM100に載ったもの、機種はわからなかったですが大型の双眼鏡も出ていました。私もさっそく観望会セットを組み始めました。

今回出したものはFS-60CBにAZI294MC Proを取り付け、 AZ-GTiを経緯台モードにしての自動導入の電視観望です。準備が来た頃にはすっかり空も晴れていました。最初は西の空、低空での月齢2.8の細い月を初期導入とピント合わせを兼ねてPCの画面に映し出しました。今日は3月にしてはとても暖かく、晴れているので結構な数のお客さんがいます。「月を導入しましたー」と声をかけるとワイワイと人が集まってきます。電視観望の利点で、露光時間やゲインを変えることができるので、感度を挙げて地球照を見たり、感度を落としてクレーターを見たりと自由自在です。小さな女の子が地球照で見える月の模様を「ウサギの耳だー」と喜んでいたのですが、そばについていたお母さんのほうが「え、これいつも見ている月の模様ですか?」と月の模様が見えていること自体に驚いていました。

その女の子が月に興味がありそうだったので、持ってきていたSCOPETECHの入門用の屈折を出して、その女の子に2つ穴ファインダーを使って自分で導入してもらいました。聞くと小学2年生で、望遠鏡を触ったこともないとのことで、自分で月を入れて見えた時はすごく喜んでいました。お母さんも愛ピースを除いて「自分でできたの!すごい!」!とほめていたのがほほえましかったです。その後もSCOPETECHは大活躍。自由に触ってもらっていたので、結構な人数の子と、中には大人も夢中になって自分で導入していたみたいです。

さて、今日の観望会のテーマは「オリオン座」だそうです。19時ころから館内で科学博物館の職員さんからオリオン座の解説がありました。その間に、電視観望の方を月からオリオン大星雲M42に切り替えておき、解説を聞き終わった人たちに見てもらいました。科学博物館はかなり町のなかにあり、国道沿いで相当明るい場所です。それでも今回は光害防止フィルターとしてQuad Band Passフィルターを入れておいたので、M42ならカラフルにかなりきれいに見ることができます。

IMG_6451


解説を聞いた直後だったので、みんな「わーきれい、こんなに見えるんだ」というように驚いているようでした。そしてたいていの人が「どこにあるの?」と聞くので、「あの三ツ星の下らへんとです」いうのですが、まわりが明るくて三ツ星を見つけること自体が結構大変です。そこでまた車に戻って、秘密兵器の星座望遠鏡を持ってきました。これが大好評で、手持ちのものを追加でありったけ出すことになり、WideBino28の現行機と旧型機、Scopetechの星座望遠鏡の2眼タイプと1眼タイプの合計4つで交代で見てもらいました。特に子供たちが気に入ってくれたらしく、ござに寝っ転がって星座望遠鏡をとっかえひっかえ見比べていました。子供だけでなく、大人も見える星の数が圧倒的に増えるのに驚き、何人かの方からこれなんて言う双眼鏡なの?と聞かれました。さすがに一般の方は星座を見るためだけの専用の双眼鏡があるということはなかなか知らないので、どこで売っているのとか聞かれましたが、「望遠鏡専門ショップだったらありますよ」と答えると「あ、望遠鏡の専門の店があるんだ」というような反応で、なんか踏み入れてはいけない領域だというような感じでした。一般の店にも置いてもいいくらい便利なものだと思うので、もっと宣伝してもいいのかなと思いました。(追記: 天リフのピックアップでのコメントと、このブログでもあっかさんからのコメントでアマゾンで買えるとの情報がありました。確かに売っています。これだとずいぶん買いやすくなりますね。)

そうこうしているうちに、仲のいいM家が一家総出で来てくれました。望遠鏡を出してほかの人に見てもらっていたり、しかもカメラも持ってきていて星景写真を科学博物館の方に教えてもらいながら撮影していました。一番上の子がちょうど昨日高校受験が終わったばかりで、久しぶりに星に触れたそうです。彼はこの春の銀河学校に参加することが決まったそうで、うらやましい限りです。そのうちに、うちの子2人も到着してM家の3人と一緒に相変わらず大騒ぎしていました。

一方電視観望は、馬頭星雲と燃える木も導入してみました。さすがに街中ではそこまではっきりとは映らなくて、科学博物館の方とか、星が好きな人は見えていること自体に驚いていましたが、一般の人はいまいちピンと来ていないようでした。やはり淡い星雲は街中では厳しいかもしれません。馬頭といっても馬の形がはっきりわからないのです。この観望会は定期的に行われるので、今回はテストも兼ねていたのですが、またお手伝いする機会もあるはずなので、今回の経験もフィードバックしていこうと思います。

IMG_6452


終了10分くらい前になり、星仲間の長野のAさんが到着しました。なんと先月末から富山市民だそうです。また富山勢に強力な人が来てくれたことになります。これから楽しみです。

そんなこんなで、あっという間に20時、終わってからもM家とAさんとも話していて遅くなってしまい、科学博物館の方に迷惑をかけてしまったかもしれません。それでも久しぶりの観望会で、しかも予想に反して快晴だったので、星不足がやっと解消された気分です。またちょくちょくお手伝いに行きたいと思います。