2018年9月1日、富山市天文台で天文台まつりがありました。昨年に引き続き、私も富山県県天学会のメンバーとして家族を引き連れてお手伝いに参加しました。

2部構成になっていて、14時から16時までと、19時から21時までです。お手伝い組は昼すぎの13時半前に集合。天気が良かったら電視観望で太陽観測をしようとも思っていたのですが、あいにくのドン曇り。うっすらと青いところがかろうじてあるかないかで、太陽さえも全く見えません。なので、SukeのSCOPETECHをもっていって、室内から外のパネルに貼り付けた惑星や星雲星団を望遠鏡を操作して見てもらうことくらいです。しかも今年は天文台の方でもいくつか操作してもいい望遠鏡を用意してくれていました。タカハシの経緯台タイプのTeegal60や、同じくタカハシのマニュアル赤道儀で65mmのV-1、Vixenのオレンジ色のニュートン反射のおそらくスーパーハレー SR1000です。その他、コルキットや、星の手帖社の35mmなどの組み立て望遠鏡も出ていましたが、こちらの方が三脚も貧弱なのでむしろ難易度が高いです。

IMG_5303
窓の外の地面にパネルが立ててあって、そこに天体の写真が貼ってあります。

他にも紙飛行機を宇宙船に見立てて惑星に見立てた輪っかを通すゲームや、土星模型の製作など、小さい子がきても楽しめるように色々工夫が凝らされていました。プラネタリウムでの上映会もありましたが、私は残念ながら時間がなくてみることができませんでした。

時間がなかった理由の一つが、去年に引き続き、2畳のゴザをひいて絵本の読み聞かせをしたことです。天文台にも星に関する絵本は何冊も置いてあります。今回持っていったのは、昨年に引き続き「ホシオ君天文台へゆく」と、今年新たに「かがくのとも」の1999年12月号の「おそらに はては あるの?」を加えた2冊です。

「おそらにはてはあるの?」ですが、一見何でもないような絵本なのですが、オルバースのパラドックのことを示唆している本で、実はものすごく深い本です。対象は幼児もしくはせいぜい小学校の1-2年生までですが、さすが天文台に来るような家族です。お父さんの中に確実に気づいていそうな人がいました。望遠鏡で拡大していくとどんどん星が見えてくるので、限りなく拡大していくと宇宙は星で埋まっているはずで、夜はもっと明るくてもいいはずなのではという疑問です。これは深い森の中で見渡すと、木で視界が遮られてしまい、外界が見えなくなるようなことからの類推です。1700年くらいからこの疑問はあったようですが、近年やっと宇宙を光で満たすには星の数が全然足りないと定量的に示されたくらいで、まだまだ研究の余地があるテーマです。こういった話を小さい頃に聞いて、おそらく全然意図は理解できなくても、もう少し大きくなって宇宙に興味が出た頃、オルバースのパラドックスの話を絵本で聞いたことを思い出す子がいたらすごいことだと思うのですが、どうでしょうか?

IMG_5315


結局16時半頃までお客さんがいて色々対応していましたが、それから休憩でコンビニに少し買い出しに行き、18時頃からまた準備が始まります。夕方は夕焼けも見え、うっすら青空らしきものも見えたので少し期待が持てました。AZ-GTiとFS-60CBにASI294MCでいつもの電視観望と、何も見えなかった時のためにASI294MCとSAMYANG14mmを三脚に載せるも一応用意しておきました。暗くなってきたのですが、結局はほぼどん曇り。仕方ないので14mm広角レンズで見てみるとベガがなんとか見えます。もっとよくみると、アルタイルとデネブも見えるので夏の大三角がかろうじてわかりました。あ、これはもちろん電視観望で見えたという話です。肉眼だと全くかすりもしないくらい何も見えません。逆にお客さんは、目で見えないものが超高感度カメラで見えることに驚いていました。

途中火星が肉眼でも見える時が少しだけありました。天文台の1m望遠鏡でも火星を入れていたりしたので、全く星がゼロというわけでもありませんでした。それでもこの天気のせいか、お客さんの数は昨年と比べても全然少なく、後の集計で昼の部130人、夜の部100人とのことでした。でもせいぜい50人くらいかとも予測していたので、それよりは多かったということで、この天気としては上出来だったのかもしれません。

NatsuとSukeはカメラ記録係を頼まれたらしいのですが、実際には少し撮っただけで途中からカメラを放り出して遊んでいたみたいで、ほとんど役に立っていなかったみたいです。夜の部はお弁当を届けがてら妻も来てくれて、室内で先の「おそらに はては あるの?」の読み聞かせをしてくれていたみたいです。

一人面白い女の子がいて、電視で広角で見えた星の情報をドームに知らせに行って「今〜が見えているよ」とか言って1mの反射型で導入してもらうというのを何度も往復して繰り返している子です。まだ中1とのことで、外国人ぽく見えたので聞いてみたらロシア人とのハーフで、富山生まれ富山育ちで、日本語は普通の日本人とまったく聞き分けがつかず、ロシア語も話せるとのことです。宇宙のことにすごく興味があるそうで、最後ギリギリまで粘っていて、電視で火星をバローで拡大して模様を見ようと思ったのですが、さすがに口径60mmと雲を通してなので厳しく、模様が見えたか見えないかどうかというところで時間切れでした。最後はお父さんに「みんな待ってるからいい加減にしなさい!」とか怒られて帰って行きました。面白そうな子なので、また会ってみたいです。

ちょと時間オーバーになってしまいましたが、片付けを早々にすませまた。AZ-GTiにしてから片付けの時間も短くなってずいぶん楽になっています。終了後、事務室でみんなで話している時に、科学博物館の女性の学芸員の方が持っているフィルムカメラを見せてもらいました。最近フィルムカメラに目覚めたとのことで、ミノルタ製のものだそうです。私はフィルム時代のカメラはコンパクトカメラを持っていただけで、ほとんどよくわからないのですが、父がカメラが好きでPentaxとか持っていたことが話題になりました。その頃全くカメラに興味がなかったので全て処分してしまったのですが、とっておけばよかったかなと思います。Natsuがフィルムカメラに異常に興味を示して、NatsuとSukeでシャッターを押させてもらっていました。36枚どりなので、シャッター1回ぶんの価値が全く違うことは一応理解していたみたいです。

IMG_5310

天気はイマイチでしたが、ほんの少しだけ星も見えて、お客さんの反応も意外にもよかったです。今年も楽しい天文台まつりとなりました。また来年も参加したいと思います。