PixInsight(以下PI)の続きです。今日はLinear Stageについて書いておきます。

さて今日の材料は、しし座の三つ子銀河、通称トリプレットを3分露光で60枚、計3時間ぶん撮ったものです。FS-60QにASI294MCのセット、Advanced VXにPHD2でガイドなどは前回M33のときと同じです。これらをPIのバッチ処理でインテグレート(コンポジット)までしました。M33と同じく斜めの縞ノイズも、多少はマシですが見えてしまっています。比較合成したものを見ると、やはりガイドがずれていってしまっています。

light-BINNING_1_max

ズレは前回より小さくて、3時間で30秒程度でしょうか。縞ノイズは嫌なので、前回のように「Maximum」、「No normalization」でIntegrateしたものを使用します。

一応縞ノイズを比べます。デフォルトの「Average」、「Aditive with scaling」でIntegrationしたものと
light-BINNING_1_DBE_STF


「Maximum」、「No normalization」でIntegrateしたもの
light_BINNING_1_Maximum_No_normalization_DBE_STF3


です。やはり今回も縞ノイズに関してはあからさまに違いが見えていて、後者の方が圧倒的にいいです。それに加えて前者ではアンプノイズがまだ結構目立つくらいに残っています。このアンプノイズはASI294MC共通の欠点らしくて、どの個体もこの位置にアンプノイズが存在するようです。でもこの前者の画像を見ていると、ダーク補正が本当にうまくできているか疑問に思えてきました。違いはIntegrationのところだけのはずなので、ダークフレームによる補正の違いはないはずなのですが...。いずれにせよ、かなり差があるのでこれ以降は後者の方を使います。


Linear Stageでやるべき主なことは3つ、
  1. バックグラウンドを平らにする、カブリ補正のようなもの。
  2. ホワイトバランスを揃える。
  3. 色のキャリブレーションをする。
です。それぞれについてやりかたは何通りかあるみたいで、
  • 1と2は「Process」->「BackgraoundModelization」->「AutomaticBackgroundExtraction」もしくは「Process」->「BackgraoundModelization」->「DynamicBackgroundExtraction」
  • でまとめてできます。
  • 2として「Process」->「ColorCalibration」->「BackgraoundNeutralization」をする方法もあるみたいなのですが、うまくいく場合とうまくいかない場合があるので、今では使っていません。
  • 3は「Process」->「ColorCalibration」->「ColorCalibration」や「Process」->「ColorCalibration」->「PhotometricColorCalibration」などです。

DynamicBackgroundExtraction(DBE)が結構簡単で優秀みたいなので、今回はこれを使ってホワイトバランスまでを処理します。
  1. まずIntegrationした画像を開きます。次にメニューから「Process」->「BackgraoundModelization」->「DynamicBackgroundExtraction」と選んで、設定画面を出します。
  2. その状態で画像の星や星雲などがない暗い点を10から20個くらい選びます。設定画面の上の左右の矢印で選んだところのプレビューが出るので、あまりにおかしいところは赤いxじるしで選択から外します。
  3. DBEの設定画面の中の「Target Image Correction」で「Subtraction」を選びます。これを選ばないと出来上がった画面が出て来ません。
  4. DBEインスタンスを画像に放り込むか、下のチェックマークをクリックして実行します。
その時の画面が下になります。左がIntegration後すぐの画像、右の上の画面が適用後。右の下が補正分です。もともと青にかなり酔っていたので、青の補正がされているのがわかります。フラット補正はしてあったので被りや周辺減光に相当するのはほとんど目立っていません。出来上がった右上画面のバックグランドがホワイト化されているのもわかります。

IMG_3470


出来上がった画面をHistgramTransformation (HT)で見てやるとホワイトが揃っているのを確かめることができます。必要ならばこの後にBackgraoundNeutralizationをするのもいいみたいなのですが、今回は省きます。


上のDBEをするのに必要だと思われるPixInsightの特殊な操作方法について書いておきます。
  • 処理を実行するのに、下の丸ボタンを押してもいいのですが、Instanceを作る左下の三角じるしをドラッグして適用したい画像に放り込むと、その効果が適用されます。でもうまくいくときとうまくいかない時があります。xが出たり、何も出ないとうまくいかなくて、チェックマークが出るとうまくいきます。どうやったらうまくチェックマークになるのか未だによくわかりません。パッと入れるとうまくいくことが多いのはなぜでしょうか?
  • ScreenTransferFunction(STF)で簡易的にトーンカーブをいじって見やすくしてまずは把握する。この見やすくするというのは、SharpCapのヒストグラムの稲妻ボタンでトーンカーブをいじって電視観望で見やすくするのと同じ概念です。というより多分PixInsightからヒントを得てSharpCapに移植したみたいに思えます。試しに、HistgramTransformation (HT)画面とSTFバー画面を出しておいて、STF画面の放射能マークみたいな「Auto Stretch」ボタンを押してから、左下の三角じるしをドラッグして、インスタンスをHT画面の一番下の三角と四角と丸があるラインらへんにドロップすると(ものすごくわかりにくい操作方法です!)、トーンカーブの形がSharpCapのオートボタンを押してできるトンカーブとほとんど同じ形になることが確認できます。
  • STFは見かけ上の画像処理なので、Auto Stretchをした画像を保存しても、元の画像のままです。
  • ちなみにSTFの効果を効かせた状態で画像を保存するためには、上に書いたようにHistgramTransformation (HT)画面を出して、STFのインスタンスをHT画面の一番下の三角と四角と丸があるラインらへんにドロップして、さらにHTのインスタンスを画像にドロップして初めて実際の処理がなされます。それを保存すればやっとSTFを適用した画像を保存するということができます。
  • 各処理画面の下のところに白丸がある場合、Real-TIme Previewを見ることができます。プレビューで効果を確認して、パラメーターが決まったらプレビューを閉じて、オリジナルの画面にインスタンスを放り込むというやり方が主流のようです。

次が色のキャリブレーションです。今回はPIの最近のバージョンでの目玉機能と言われているPhotometricColorCalibration(PCC)を試してみます。これは複数の恒星をPlate Solvingでマッピングして、登録されている恒星の色情報から正しいと思われる色に合わせてくれるという、とても客観的な色合わせ機能です。早速試して見ましょう。

  1. 「Process」->「ColorCalibration」->「PhotometricColorCalibration」で操作画面を出してから、「Image Parameters」の「Search Coordinates」で写っている天体を探します。ここでは「M65」とかです。
  2. うまく座標が入ったら、「Observation date」に撮影した日にちくらいまで入れます。時間は適当でいいみたいです。あとは「Forcal length」に撮影時の焦点距離を、「Pixel size」に使っているカメラの素子のサイズをマイクロメーター単位で書き込みます。ここもかなり適当でいいみたいですが、5割違うとダメだと書いてありました。
  3. 「Background Neutralizatio」を選択します。「Regeon of interest」にチェックをつけて、Previewエリア(下に説明あり)を選んで、そのPreviewを「From Preview」から選択します。Upper limitはPreviewタブを押してPreview画面を開いてから暗い部分の値を、Readout modeで読んでやり、その付近の値を入れますが、デフォルトのままでも結構うまくいくみたいです。
  4. 三角じるしのインスタンスをDBE処理した画像に放り込むと処理が始まります。
  5. 結構進んだ最後の方で、実行した時に星が見つからないとか言われてうまくいかない時は、「Photometry Parameters」の「Limit magnitude」の「Automatic limit magnitude」のチェックを外し、「Limit magnitude」をデフォルトの12から15くらいまで暗くするとうまくいくことがあります。
IMG_3496


うまくいくと上の画像のように、グラフの表示とともに画像に今回の結果が適用されます。グラフはまだ何を言っているのかよくわかりませんが、検出された星をカタログ値の色にフィットしているのでしょうか?ここでCtrl+zやCommand+zでUndoすると、以前の画像と比較することができます。今回は少し赤みがかっていたのが補正されてよりホワイトになったことがわかりました。

PixInsightのとても特徴ある操作の説明です...。なんでこんな操作になるのか...、この記事が誰かの役に立ってくれると信じて書きます。
  • Previewという概念が特殊です。画像を開いている時に、上のアイコンの中の左から12番目くらいのフォルダのような形の「New Prview Mode」を選ぶと、画面の中の一部を選ぶことができます。プレビューもどの状態で画像の一部を選択すると、「Previwe01」とかいう領域が選ばれるとともに、左横のタグに同じ名前のものができます。この状態になって、初めて画像処理の画像の一部の選択、例えばバックグラウンドの領域選択などでこのプレビューを選ぶことができるようになります。
  • Readout modeは上のアイコン群の左から7番目にあり、デフォルトのモードになります。結構便利で、このReadout modeの時に画像の上で左クリックすると、拡大して画像を表示してくれて、マウスポインタが指している場所の色などを数値で出してくれます。Preview画面でもこのReadout modeは使えるので、Previewで暗い部分を選んで、さらに拡大して暗い部分の値を読み取ることができるわけです。
今回のところまでで、やっとPixInsightの全機能の1割くらいでしょうか。摩訶不思議な操作方法は、いろんな意味でもう「僕は嫌だ」状態です。とりあえずここまでで疲れ果てたので、Photoshopに持っていって簡単に仕上げてみました。

light_BINNING_1_Maximum_No_normalization_DBE_PCC
富山県富山市, 2018年1月20日0時19分
FS-60Q + ASI294MC+ Advanced VX赤道儀
f50mm + ASI178MC +PHD2による自動ガイド, 露出3分x60枚 総露出3時間0分
Pixinsight, Photoshop CCで画像処理


少し飛んでいるところもあったりしてまだ色々PIを使いこなすに至っていません。3秒露光の画像も撮ってあるので、HDR合成とか星マスクとかやって、もう少し時間をかけて仕上げてみたいですが、気合が続くかどうか。

次はNon-Linear Stageに挑戦ですが迷っています。Linear ProcessingまではあからさまにPixInsightは面白い機能が目白押しのはわかりました。Non-Linear Processingを含めて最終仕上げまで全てをPIでやることも可能みたいですが、Non-Linear ProcessingになったらPhotoshopなどに任せてしまってもいい気がします。PIの有利な点はマスクを簡単に作れるところでしょうか。これは結構魅力で、ここで作ったマスクをPhotoshopに持っていくのとかでもいいのかもしれません。

あ、あとPixInsightのライセンスを購入しました。まだ試用期間も残っていて、230ユーロと結構な値段ですが、その価値はありと判断してです。