夜に晴れるのを待ちこがれながら、雪の日曜日の昼間にSharpCapでテストをしています。β版がまた期限切れになってしまったのでアップデートしたら、ヒストグラムがすごいことになっていました。


ヒストグラムと情報

小さなヒストグラムがLive stackモードにしなくても使えるようになったのは以前報告しましたが、右の狭いエリアの中にしか表示できなかったので、見にくかったのと操作がちょっとしにくかったです。今回のアップデートでは、以前Live stackモードでしか出てこなかった大きな画面でのヒストグラムが、スタックとは独立にいつでも見えるようになりました。上の方のズームのすぐ右にある緑色のアイコンを押すと出てきます。もしくは「Tools」メニューからから選ぶこともできます。

まず便利なことは、カーソルを置くと、その位置での情報が見えます。

IMG_3254


意味は上から順に
  • Value: 横軸に相当。一番右端で2048(11bit?なぜ?)で100%になります。
  • Count: 縦軸に相当。カーソルを置いた位置でのピクセル数。
  • True ADU: 横軸に相当。ADCで数えたカウント数。一番右端で今回の場合14bitなので16384。単位は [ADU]。
  • Electrons: 上の数にコンバージョンファクターfcをかけたもの。単位は [e-]。
  • Electron Rate: 謎です。単位は[e-/s/um^2]
となるみたいです。また、RGBそれぞれの平均値(Mean)と標準偏差(SD, standard deviation)もわかるのもすごいです。

これらのヒストグラムの値は、デフォルトでは全画面ですが、上の方の赤い枠が表示されている小さなアイコンを押すと、エリアが選択できるようになり、場所と面積を任意に選べるようになります。その場合はヒストグラムはそのエリア内の情報を示すようになります。


読み出しノイズの影響

これだけでもすごいのですが、このヒストグラムの真骨頂は使っているセンサーの性能から、今見ている画面が読み出しノイズに支配されているか、ADCの分解能の影響があるかないかなどが、大まかにですがものすごく簡単にわかることです。ただし、まずはセンサーの性能を測定しないと、この機能が出てこないので注意です。8bit rawモードもしくは16bit rawモードで測定する必要がありますが、測定したモードの分しかこの機能は出てきないので、これも注意です。

さて実際の機能ですが、ヒストグラムの上の方に2本の色付きのバーが見えます。上のバーが読み出しノイズがどれだけ影響するかを示すもの。星雲の淡い成分もヒストグラムのピークより少し右側くらいにいますから、目安としてはヒストグラムのピーク位置で考えればいいと思います。このピークがどの色のところに来ているかで、読み出しノイズが支配的かどうかがわかります。赤のエリアにピークが来ている場合は、読み出しノイズが支配的なので、露出時間を長くすると読み出しノイズの影響を抑えることができるということを示しています。

IMG_3248
ピーク位置が上のバーの赤色のところにあると、読み出しノイズに支配されています。
露出時間を上げることで画質が改善されます。


オレンジはまだましですが、それでも読み出しノイズに影響されています。これもさらに露光時間を長くとった方がいいということです。

IMG_3247
ピークがオレンジのところだと、読み出しノイズが画質に明らかに影響があるという意味です。
これも露出時間を伸ばすと画質が改善されます。


グリーンのところに来ていれば問題ありません。このエリアになるまで露光時間を増やすといいということがわかります。

IMG_3250
この緑のところにヒストグラムのピークが来ると、読み出しノイズは画質には影響ありません。

上のバーの色の割合は、ゲインを変えると変化します。それぞれのゲインにあったピーク位置が存在するということです。一方、露光時間を変えただけではバーの色の割合は変化しません。このことはちょうど昨日記事にした、「読み出しノイズは露出時間を長くすると無視することができるようになる」と言っていたことと一致します。でも、昨日の時点でこの機能のことは知らなかったので、今朝のアップデートはものすごくタイムリーな機能を知ることとなりました。


ADCのbit分解能は十分?

一方、下のバーは8bitでいいのか、16bitの方が有利なのかを教えてくれます。 左の緑のエリアにピーク位置があると、8bitでは足りていなくて、このASI224MCが持っている14bit、もしくはもし得られるならばそれ以上のbit数の方が有利ということを示しています。

IMG_3252
ここの位置にピークが来ていると、SharpCapの設定で8bitにした場合と、
16bitにした場合に明らかに差があって、16bitに設定した方が有利だと示しています。


一方、ピークが黄緑の位置にある時は8bitでも14bitでもどちらでも画質に差はないということを示しています。

IMG_3253
黄緑のところにヒストグラムのピーク位置がくれば、
8bitモードでも16bitモードでも差がないということを示しています。



このことは、長年の疑問の一つ、ピーク位置をどこに持ってくればいいのかという疑問に対して一つの指針を示してくれています。ゲインを上げて、ピーク位置を黄緑のところまで持ってくれば8bitでもいいということです。ただし、これには注意が必要で、ピークを右側に持ってくれば当然明るい部分が飽和するまでに余裕がなくなってしまいます。なので当然14bitで撮影する(SharpCapの設定では16bit RAW)として、ピーク位置を緑と黄緑の境界くらいに持って来ると、暗い方の階調に関しては手持ちのbit数を最大限引き出しているということになるのかと思います。ただし、これも明るい部分の飽和には注意する必要があります。


背景光の測定モードも

他にもまだスカイノイズの測定もできるようです。バーの左上の脳みそマークを押すと、測定画面が出て来ます。こちらは暗い空を必要とするようなので、またいずれ試そうと思います。 

IMG_3255



最近のSharpCapのアップデート、特にTool類の追加はセンサー性能実測機能にとどまらず、凄まじいものがあります。特に最近個人的にはちょうどカメラのノイズのことを考え出したので、(もちろんただの偶然ですが)まるで自分のノイズの理解度に呼応してアップデートしてくれているような気分になってしまっています。