2017/11/10、週末の金曜日、朝から立山が綺麗に見えたので、この間うちで観望会をした時に来てくれたMさんSさん一家に「今日は天の川が綺麗に見えそうですよ!」と誘って、牛岳に行くことにしました。特に、Mさんのところは天の川を見たことがないというので、下弦の月が近く、夕方のに月が出ないので、時期的には少し遅いですが、天の川がまだ天頂近くで見えるはずです。しかも夜半から天気が悪くなるらしいので、時間との勝負です。

うちはNatsuとSukeの3人で、18時半頃には牛岳頂上に着いたのですが、外に出ると外科医の風とは比べ物にならないくらいものすごい風です。テーブルを出せばすぐに倒れるし、なんとカメラを入れてあるそこそこ重いケースが転がっていってしまいます。望遠鏡は諦め、カメラの三脚も倒れるので抑えながら何とか天の川を何枚か撮りました。風はすごいのですが、それでも天の川だけはそこそこ見ることができました。

その時の写真です。あまり濃い天の川ではなく、色を出そうとするとわざとらしくなってしまったので、今回はモノクロ風に処理してみました。

2_stitch_si_mono

撮影地: 富山市牛岳, 2017年11月10日19時00分
EOS 60D(新改造, ISO3200, RAW), 露出20秒、固定撮影
SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSMを10mmで使用
2枚をICEでモザイク合成, Photoshop CCで画像処理


そうこうしているうちに、近くに住んでいるMさんが到着し、すぐにSさん一家も来ましたが、牛岳は初めてで少し道に迷ったそうです。途中の道が狭くてしかも風がものすごく強かったで道中怖かったそうです。こんな日に誘ってしまい申し訳無かったです。

残念なことにNatsuとSukeは熟睡。うちの子はしょうがないので放っておいて、Mさん一家、Sさん一家と私の総勢8人で店長から南側がよく見える展望台まで上りました。天の川はそこそこ見えました。それよりもあまりにすごい風で、少し見ただけでほどなくして退散。下に降りて少し星座を見ていましたが、風が全然止みそうにないのであきらめて20時頃には帰ることにしました。自宅に帰るとすでに空が曇っていたので、天の川が見えただけでもラッキーだったということでしょうか。



続く土曜日は、去年も行った大長谷での天文仲間Yさんの別荘での飲み会。午後3時頃近所のスーパーに集まって、買い出しをしてから移動しました。相変わらずすごい道で、林道のようなところを草をかき分けて進みます。夕方4時半頃に到着したでしょうか。

でもこの日はあいにくの雨で、今回は外ではなく中での鍋パーティーです。それでもなぜか木炭を部屋の中でたいて、岩塩プレートで焼肉をしたり、スルメイカの昆布締めがあるなど、ふんだんな食材でお腹いっぱいになりました。

IMG_3110

IMG_3109


午後9時頃になって外に少しだけ星が出てるという声でみんな外に出ると、どんどん雲が晴れてほぼ一面綺麗な星空に変わりました。早速とみなさん機材を出すのですが、この空はほんの10分とかしか続かず、機材を出し終えた頃には曇ってきて、しかもすぐに雨も降り出し、あえなく退散です。そのうち晴れるだろうからと、そのまま22時前には眠ってしまい、午前2時頃に一度外に出たのですが、曇り空で結局朝まで寝てしまいました。朝、外で機材を片付けながらK会長と話していると、Yさんが昨日の残りの鍋にうどんを入れて持って来てくれました。寒い中の暖かいうどんはとても美味しかったです。

さらに同日、日曜の夜に続きます