ものすごく澄んだ空で月が綺麗なので赤道儀をセットして、途中で一旦目を離したすきに、妻が車をぶつけてしまい、Advanced VXが赤径軸の極軸シャフトから折れてしまい、外れるはずのない赤緯部分が分離してしまいました。幸いにも怪我などはなかったのですが、赤道儀は真っ二つです。多分一番硬い軸の部分なので、自分で修理というわけにもいかなさそうです。販売元に問い合わせてみますが、さすがに修理も厳しそうな気がします。鏡筒をつける前だったので、赤道儀だけで済んだのがせめてもの救いです。

IMG_3070


このAdvanced VX、精度がないとか悪くいう人もいるのですが、実は私は結構気に入っています。
  • 値段の割に圧倒的に頑丈なのです。鏡筒をつけて手で揺らしてみるとわかりますが、揺れは倍以上する値段の赤道儀に比べても悪いどころか、むしろ揺れにくかったりします。
  • ピリオディックモーションは大したことないですが、それでもそこまでひどくはなく、ガイドさえしてしまえば撮影に関しても精度的な問題はほとんど露呈しません。
  • 自動導入がまともに使えるのもいいです。きちんと初期導入さえしてやれば精度に全く不満はありません。コントローラーはSTARBOOKとかと比べると貧弱に見えるかもしれませんが、逆にシンプルなのが必要十分でいいです。
  • 世界的に見たらシェアはトップクラスのはずなので、PCとつなげた場合などに様々なソフトが必ず対応しているところもいいです。シェアが大きいということは数が出ているので、最高級というわけには絶対いかないですが、コスト的なパフォーマンスはかなりいいと思われます。
  • Celestronの中でも上位機種が沢山あるので、入門者用と言われたりもしますが、そのぶん重くなく、セットアップや持ち運びが楽です。まともに使える自動導入付きの赤道儀としては最軽量の部類に入るのではないでしょうか。
自動導入がついてこの手軽さでこの剛性なので、値段に対するパフォーマンスがむちゃくちゃいいです。

今日はとりあえずショックで、せっかく澄み渡った空なのに何も見る気になれません。赤道儀はどのみち必要なので、修理で済むものなのか、次のものを探すか...。次のを探すにしても、気に入っているので同じものにするのか、それともある意味いい機会なので他の機種を探すか...。


 その2に続く。