福島県田村市の星の村スターライトフェスティバルに参加してきました。これまで色々試してきた電視観望のデモをしたのですが、満月の直後という厳しい環境の中、電視の底力を示したような感じで、ある意味集大成のような感じになりました。興味を示してくれた方がたくさんいたので、観望会でこの方式が広まってくれると嬉しいです。

今回のメンバーは私Samと中一の娘Natsu、小5の息子Sukeの3人です。2017年10月7日朝3時半頃起きて、最終荷物積み込みを終えて、4時半頃に出発しました。妻は日曜日に用事があるためお留守番ですが、用事がなくても来なかったと思います。星が好きでないと多分面白くないですよね。

移動は昨年一度行っているので特に困ることもなく、一度磐梯山のサービスエリアで休憩しただけで、特に問題はありません。インターを降りてからコンビニに寄って昼の弁当を買っていきました。会場まで10kmくらいのところですが、ここにはコンビニだけでなくスーパーやホームセンターなどもあり、ここら辺では一番大きなショッピンエリアとのことです。会場は余り食べるものは売っていないので、ここら辺で買い出しすることになると思います。


IMG_2845


結局朝10時前くらいには会場に着きました。この頃は小雨が降っていてほとんどまだ人はいませんでした。ブースの方はまだどこも空いていませんでしたが、あぶくま洞の駐車場の方ではミニSLや移動動物園がすでに始まっていて、子供が来ても楽しめるようになっていました。今年は初のあぶくま洞と星の村天文台のコラボ企画ということで、かなり豪華なブログラムになっていて、2日目にはトトロやラピュタで有名な井上あずみさんのコンサートなどもあります。

IMG_2852
ミニSL。なんと本物そっくりで、石炭を燃やし水蒸気で動きます。

昼12時頃になると少しずつ店も開いてきて、掘り出し物探しが始まります。去年はチャリティーオークションなどもあり、結構高価なものも手を出したのですが、今年はどちらかというと安いものばかりを数多く手に入れました。次の記事の戦利品で紹介します。

IMG_2864
開会式の様子。

午後くらいになると雨も上がって来て、駐車場の車の横にテントとタープを張って設営に入りました。その後、午後3時から開会式が始まり、その後太極拳の演舞など、いろいろイベントも行われています。午後はブースを回りながら、知り合いに会うと話し込むということを繰り返していました。その中で面白かったのがシーフシュピグラー式と言う珍しい望遠鏡。世界で唯一スイスのメーカーが作っているそうです。収差が相当少ないとのこと。こういった面白い機器に出会えるのもスターライトフェスティバルのいいところです。

IMG_2862
シーフシュピグラー鏡筒。


夕方の楽しみの一つが、名物の豚汁。一杯100円で、たっぷり具が入って美味しいです。

IMG_2874


午後6時からは国立天文台の渡辺潤一氏の講演もありました。トラックを改造したステージで色々講演やコンサートなどがあります。

IMG_2875



初日の天気はあまり良くなかったのですが、途中から一部では星も見え始め、一瞬ですがかなり晴れ渡り天の川も見えたので、電視の準備を始めました。でも準備の途中でまたかなり曇ってしまったので、その日は結局Celestron Nexterの架台とiOptronで月くらい見えればいいかと簡単な方のセットアップにしました。雲はずっとあったのですが月は時折姿を見せ、ASI178MCを使った電視でも十分見ることができました。雲が多いと光量の変化が相当激しいため、付きっきりでゲインを調整してやる必要があります。今回途中から露出時間をSharpCap上でオートにして試してみたのですが、このオート機能がかなり頑張ってくれて、余り付きっきりで面倒を見る必要がなくなりました。電視の様子をKYOEIさんの大型モニターで映させてもらいましたが、やはり大型モニターでみると迫力があります。かなりの注目を浴びていたようでした。

IMG_2877

手前が実際に月に向いている鏡筒です。手前にCMOSカメラが見えます。
奥に見える大型モニターに映しています。


一時は夏の大三角方向が晴れた時もあり、M57やM27も電視することができました。ただ、やはりNexterの架台の簡易アラインメント(課題の水平を出したのちの太陽系アラインメントで月だけ、のちにベガでさらにアラインメント星を追加)なのと、架台がどうしても頑丈でないため、月での追尾くらいは問題ないのですが、星雲を一発で入れるのはちょっと難しくて、少し探さなければならないのでどうしても時間がかかってしまいました。それでも口径80mmの格安のアクロマート鏡筒ではっきり星雲が色付きで見えるのは相当インパクトがあったようです。ただ、それ以上は月が明るかったのと、導入制度のせいで北アメリカ星雲やアンドロメダ銀河などはイマイチな見え方で、この日は諦めました。

この日、もう一つ面白かったのが、このブログでも登場するSWAT使いのIさんがRASAで電視をデモしたことです。車の免許を持っていないIさんは電車移動のためにコンパクトな機材を使って来たとのことなのですが、今回C14クラスの大きさのRASAをなんと電車で運んで来たとのことです。しかも移動当日まで自作のハーモニクスドライブの赤道儀を組み立てるなど、かなりとんでもないです。この星まつり以前から話題にはなっていたのですが、実際のものを見てみると、さらにSONY α7sを2台つけていて、そのうち一台をファインダーに使っているではありませんか。本人曰く「世界一贅沢なファインダー」だそうです。動機は光害の中でも明るい光学系で反応の早いリアルタイム電視を楽しむとのことですが、さすがに星雲もよく見えていました。ちなみに来年はドブソニアンだそうです。

夜はテントで宿泊です。子供達もキャンプ気分で楽しんでいるみたいです。でもこの日は朝が早かったせいか、下のSukeが午後7時頃に、上のNatsuも午後9時頃には限界で眠ってしまいました。


2日目に続きます。