ゴールデンウィークですが、調子を悪くしてしまい夜に起きている体力がなく天文台に行った以外はほとんど星見ができていません。自宅でWidebino28で春の星座をトレースしていたくらいです。最近神話がやっと面白くなってきました。以前買った誠文堂新光社の「四季の星座神話」の話が最近ようやく頭に入ってくるようになりました。この本すごくわかりやすいです。またそのうちに独立記事で取り上げます。

星見もままならないのですが、ゴールデンウィークで家族サービスで子供達を何処かに連れていかなければならないので、例年のごとく安上がりの名古屋の実家に行きました。今回の目的は2つ。一年前に星を始めるきっかけになったSCOPIOに行くことと、三重県津市にあるEYEBELLに行ってみることです。

というわけで5月3日、名古屋に着いたその足で久しぶりにSCOPIOに顔を出しました。去年の4月30日にこの店で買ったBKP200とAVXが星生活の始まりでしたが、店長さんもこのブログやFacebookを見ていてくれているらしく、 一年間の歩みを伝えることができていたみたいです。当時は衝動買いに近かったですが、いい趣味に出会えたと改めて思いました。今回の購入は星ナビの最新号とEOSのストラップだけと、大したものは買えませんでしたが、また名古屋に行った時には顔を出したいと思います。

次の日、やっと念願だったEYEBELLに行くことができました。名古屋からは東名阪で行くのが普通みたいですが、途中高速の渋滞がひどかったので、桑名過ぎくらいから下道に降りて23号を走りました。それでも下道の渋滞も結構ひどくて、名古屋から結局2時間以上かかりやっとの事で到着しました。

IMG_1795

建物は屋上にドームがあるので遠くからでもすぐにわかります。店舗は眼鏡屋さんの上にあり、表から見るとあまりわかりませんが、中は日本の天体ショップの中では有数の大きさかと思います。駐車場は道を挟んだ専用駐車場があるのですが、入り口の坂が急なので車の下をこすらないように注意です。裏手のドアのところから2階店内へ入ります。

IMG_1801

まず店の中で驚かされるのは、展示してある望遠鏡の数々です。しかも3分の1くらいは木の三脚時代のすごく昔のもので、非売品とのことです。展示はほとんどが中古品のようでした。昔のものは見ているだけでも楽しいです。

IMG_1802


次に驚かされるのは雑誌コーナーです。天文ガイドの一番古いのは1966年の創刊号に近いものからありました。自由に読むことができるので、時間があれば長居してしまいそうです。娘も一緒に行ったのですが、ずっとここで雑誌を読んでいました。

ここでの目玉商品はEYEBELLオリジナル製品です。今回はそのオリジナル製品の中でも、ポタ赤のCD-1のコントローラー付きの中古がたまたま安くでていたので、それを購入しました。SWATの2軸目の制御のベースモデルとして使いたいと思っています。新品だとさすがに気が引けますが、中古なら気軽に分解、改造できそうです。他にも中古の安いアリミゾと昨日SCOPIOで売り切れだった天ガの最新号を購入しました。

IMG_1798


CD-1は開発時のプロトタイプのようなものがあったので、お店の方に聞いて写真をとらさせていただきました。CD-1は発売されてからもう10年くらい経っているはずなので、その当時のものなのでしょうか。

店員さんはとても親切で、いろいろ相談に乗ってくれそうです。こんな店が近くにあれば入り浸ってしまうでしょう。たまたま名古屋からご夫婦で来ていたお客さんとも話していたのですが、去年一年間仕事が忙しくて写真が撮れなかったのに、それでもEYEBELLには月一回顔を出しているそうです。やはりここまで来るのに渋滞がひどいので、下道で来るそうです。お店の方によると、来年になると高速がもう少し整備され、渋滞も緩和されるはずとのことなので、来年以降は実家からももう少し行きやすくなりそうです。

帰りはずっと高速で名古屋まで行ったのですが、やはり渋滞で2時間近くかかってしまいました。やはりゴールデンウィークの移動は大変です。