ほしぞloveログ

天体観測始めました。

2021年02月

2021年2月12日(金)の週末、とうとう念願の能登半島の真脇遺跡に行ってきました。

金曜夜に突然思い立って

そもそも真脇遺跡の存在を知ったのは「君は放課後インソムニア」という天文ネタのコミックです。

この日は夜に突然思いたったのですが、いくつか理由があります。ちょうど新月で撮影したいのですが、天気が微妙です。この時期実はまだSh2-240を撮影している歳ちゅでしたが、晴れなのに結構雲が多そう。特に前半がダメそうなのです。Sh2-240は0時すぎ頃に屋根の下に沈んでしまうので、この日の撮影は無理そうです。SCWで雲の予報を見ると、明け方の天の川が出ることには能登半島はほぼ快晴の様子です。もしかしたら今から出ればちょうど能登に着く頃には晴れているのではとの見込みで、それならいっそ真脇遺跡まで行ってみようとなったのです。


真脇遺跡に向けて出発

今回は星景写真ですなので、準備も楽です。さっと準備を済ませ、21時過ぎに出発。休憩も入れて約3時間の道のりです。しかも富山から能登空港までは元々有料道路だったものが無料になった道が大半で、運転しやすく、移動時間もかからず、しかも無料。途中コンビニなどで夜食を買いながら、のんびり行っても0時過ぎには到着しました。

初めての場所なのですが、真っ暗で誰もいません。どこまで車で入ったらいいのか?本当にこんな時間に遺跡まで寄って行っていいのか?こんな時間に誰かに聞けるわけもなく、とりあえず調べたら普通に近寄って行っていいみたいなので、カメラをセットしてみました。ここら辺でやっと目も慣れてきて気づくのですが、天頂は満点の星なのですが、地上近くは割合ライトも多く、思ったより明るいです。なので、ライトが遺跡でうまく隠れるような配置にすることにしました。明け方前の天の川が一番の狙いなので、天の川が一番濃い南東を中心にしました。でもこれちょっと判断ミスで、後で見返したら、この時期は天の川が上がってくる途中で意外に早く明るくなって染むので、もう少し中心を真東に寄せて、淡くても高くに上がる天の川を狙ったほうがいいと思いました。

とりあえず誰もいなさそうなので、タイムラプス映像を撮影することに。撮影中に気づいた限りで車が2台通っていっただけでした。撮影のその間、仮眠を取ろうとしたのですが、結局眠れたのは30分くらい。気になってなかなか眠れませんでしたが、明け方まで誰も来ませんでした。

撮影できた3時間半分のタイムラプス映像。一応その場で確認してみると、天の川もチラッと写ってます。でもやはりまだ2月は早すぎるかもしれません。ちょっと上がってきたところくらいで明るくなっていました。やっぱりタイムラプスで撮影する時はカメラは2台あった方がいいかもしれません。でも広角のレンズで明るいものをたいして持っていないので、もう少し考える必要があります。

明るくなった午前6時ごろ撤収。油断すると自宅に着くのが遅くなるので、どこにも寄り道せずに帰りました。帰宅したのは午前9時頃でしょうか、そのまますぐにベットに潜り込んで昼過ぎまで寝ていました。


撮影結果

その後の撮って出しと、PixInsightでJPEG画像をそのままBlinkで動画化したものはTwitterにその日のうちにアップしたのですが、その後の真面目な画像処理はずっとほったらかしていました。重い腰を上げてとりあえず進めます。

下は、明るくなり始める直前で、一番天の川が高く写っているものです。タイムラプス映像の中から選んで個別に画像処理してます。

IMG_1536_PS

  • 撮影日: 2021年2月13日5時39分
  • 撮影場所: 石川県能登町
  • カメラ:  Canon EOS 6D(HKIR改造)
  • レンズ: Samyang 14mm F2.8
  • 撮影: ISO6400、露光時間20秒 
  • 画像処理: Lightroom、Photosop、PixInsight、

タイムラプス映像

もう一つは午前2時30分から朝6時までの約3時間半のタイムラプス映像です。

こちらは楽をしてJPEG画像をPixInsightのBlinkでオートストレッチしました。LightroomでRAW画像から色々いじったのですが、途中どこかの街灯が消えたかついたかで、大きく背景の明るさが変わる境目がありました。それを何度も処理するのが大変すぎて、今回はオートストレッチである程度自動で明るさを揃えることで済ませました。

それでもDIGICエンジンは十分な表現力です。JPEG画像なのに、ほんとにオートストレッチするだけで十分でした。天の川の描写は甘くなりますが、滑らかさとか考えて今回は簡易的な方法をとりました。



撮影後のこと

後日談です。撮影中にTwitterに真脇遺跡に来ていることを投げていたら、「スピリッツネタ?」という投稿がありました。真脇遺跡でスピリッツというともう「君は放課後インソムニア」しかありません。でも私はコミックでまとめてしか読んでなかったので、間が開くのも嫌で、その時は「コミックで読みます」とか返事をしていました。

自宅に帰って、仮眠してから起きてみると仲のいいかんたろうさんから「今週のビッグスピリッツ見よ!」との指令が。「では今から買ってまいります!」とか返事をしてコンビニに何軒が行くが、もう売り切れでした。近くの本屋に行くと幸運なことにまだ残っていたので、その場では中身を見ずに自宅に帰ってから最初から読みました。

最近雑誌を買うことがほとんどなくなってしまったので、週刊の漫画雑誌を読むのは久しぶりでした。学生の頃は昔は立ち読み含めてほぼ全種類読んでいたのですが、久しぶりでちょっと新鮮でした。400円という値段にも驚きました。チラッと週刊少年ジャンプを見ると290円、子供の頃170円だった記憶があります。マガジンは昔と変わらずジャンプの10円プラスの300円、サンデーに至っては340円。今の雑誌は値段だけを見ても大変なのかと思います。ちょっと脱線しますが、最近読んでる単行本もスピリッツのものが結構多いと気付きました。「チ」とか「プラタナスの実」とかです。あと、アフロ田中がいつのまにか結婚してました。
さて、とうとう「君は放課後インソムニア」のページにたどり着きました。おお、なんとセンターカラーで真脇遺跡!チョーかっこいいです。しかも内容的にも盛り上がるところ。作者のオジロマコト先生が真脇遺跡をここに持ってきたかったわけがすごくわかる気がします。満天の星と太古からの遺跡の神秘的な雰囲気、他に誰もいない状況がいやが応にも気分が盛り上がります。連載と同じ、夏の真夜中に、真上に上天の川の季節に行きたかったです。

IMG_1879


まとめ

真脇遺跡、実際に行ってみてものすごくよかったです。夜中に見たからかもしれませんが、ホントにもうなんか地球の歴史だとか、時間の流れだとか、宇宙の大きさだとか、色々感じてしまいました。

もう少し経ってから、あと何回か行ってみたいと思います。人が多くなると思うので、タイムラプスは難しいかもしれませんが、天の川をもう少しいい位置で撮ってみたいです。石川は他にもキャンプで行った見附島とか、ボラ待ちやぐらとか、「君は放課後インソムニア」にも出てきた天の川スポットがあるので、通い甲斐があるというものです。

さてさて、この時の週末は金曜の夜から活動してましたが、満足して疲れ切って帰ってきてもまだ土曜の朝なので、休みが長く感じます。まるで3連休のような気分でした。私は自宅撮りや車で1時間程度までの近征が多く遠征はあまりしないので、久しぶりで楽しかったです。


CP+での星空中継のためのテストをしているのですが、なかなか難しい状況だというのがわかってきました。トークの時間が18時から18時半でまだそこそこ明るい時間帯です。中継を後半に持ってきたとしても18時20分くらいから、それでもまだ西の空に明るさが残ってます。こんな中でも、電視観望の魅力を伝えるためにはやはり星雲を見せたいです。


さて、どうしよう?

あらかじめ天体が導入されていればまだマシなのですが、そもそもトークの始まる18時前にアラインメントを済ませておくのは、さすがに明るすぎて無理です。それにトーク前にあまり焦りたくありません。

どうやれば確実に導入できるか色々考えてました。一番確実なのは、前日にきちんとした赤道儀、例えば手持ちのCGEM IIで極軸を完全に合わせておいて、アラインメントもきちんととっておいて、そのアラインメントを昼間も保っておくこと。でも前日が晴れる保証もないですし、やっぱりせっかくSIGHTRONのブースで話すので、やはりAZ-GTiでやりたいです。

次に考えたのが、カメラをASI294MCにして視野を広げて導入しやすくすること。でもこれもせっかくSIGHTRONブースで、しかも入門用と謳っているからには、やはりここはSV305-SJでどこまで見えるのかを見せたいです。

最後は、親子亀にして一つを広角ファインダーにしてあたりをつける方法。ですが、入門用で複雑に見えるのはやはりダメです。


いい方法を思いついた!

結局色々試してたどり着いた結論は、SharpCapのプレートソルブ機能を使うことでした。それをSyn Scan proと組み合わせます。SV305-SJの取得画像からプレートソルブして、それをAZ-GTiの経緯台モードに返します。

IMG_1849



これ結構すごいですよ。
なんたってケーブルがPCとカメラを繋ぐ1本だけの
超シンプルなシステムでのプレートソルブの実現です。


準備

あらかじめ、SharpCapとSynScan ProがノートPCにインストールされ、共に立ち上がっているとします。また、SynScan ProはWi-Fiを通してAZ-GTiに接続されているとします。

ポイントは

1. まずSharpCapからプレートソルブ(Astapが速くていいです)が動くようにきちんとインストールすること。PCは速いものを使ってください。StickPCクラスだと結構時間がかかります、が不可能ではないです。
IMG_1840
設定画面の一例です。下の方で、AstapがFoundとなっていれば大丈夫かと思います。 

2. ASCOM環境は必須です。ASCOMプラットフォームをカメラを接続したPCにインストールしておいてください。
3. SynScan用のASCOMドライバーをインストールしておくこと。
4. SharpCapの環境設定画面でMountとしてSynScanを選んでおくこと。
IMG_1842
ドライバーの選択です。SynScan App Driverを選んでください。

5. SharpCapの画面右側の「Scope Controls」のところで、「Connected」にチェックを入れること。
IMG_1843
きちんと接続されると、このようにどこを向いているかSharpCapが認識します。

これで準備完了です。


実行方法

  1. まずは通常通り鏡筒を北向きにして置いて、ノートPCで走っているSynScan proからAZ-GTiで初期アラインメントをします。どうせプレートソルブするのでワンスターアラインメントで十分でしょう。
  2. ここで視野にターゲットの天体が入っていなかったら、普通は方向ボタンをマニュアルで押して目的の天体を導入します。ここではそうせずに、SharpCapの「Tools」メニューからプレートソルブを実行します。ここでは「Plate Solve and Resync」を選びます。
  3. うまく位置を特定できると、その情報をSynScanの方に渡して、初期アラインメントで選んだ希望の天体を、ズレを補正して自動で導入してくれます。
  4. もし一度で導入されなければ、再度プレートソルブをします。大抵は2回で導入できるはずです。無事に導入されたら、あとはSynScanでアラインメント完了ボタンを押すと完了です。
IMG_1839
プレートソルブがうまくいくと、こんなメッセージが出ます。

この一連の流れが実現すると、AZ-GTiの設置が相当楽になります。AZ-GTiと鏡筒設置時に水平とかはある程度出しておいた方がいいですが、鏡筒の方向も大体北に向けておけばいいです。もし水平出しをさぼった場合でも、プレートソルブで導入した天体が少しずれ、視野ないに一発で入ってこないだけです。かなり近くまではきてるので、もう一度プレートソルブすればまず入ってくるでしょう。

どうです?結構すごいと思いませんか?しかもAZGTiが電池駆動で、PCがノートとかのバッテリ持ちなら、必要なケーブルはホントのホントにPCとカメラを繋ぐケーブル一本です。


実際に明るいうちからテストしてみた

さて、これらのことをこの時期の18時にやった時にどうなるか?

18時ぴったりだとまだ明るすぎて少し厳しかったですが、18時15分だと問題なくできました。この際、露光時間は5秒程度までにした方が良かったです。そもそもAZ-GTiの追尾の精度が出ていないので、10秒とかにするともう長すぎで星が流れてしまい、プレートソルブで恒星を認識することができませんでした。

CP+本番は今から約1週間後です。太陽が沈む時間がだいたい5分くらい遅くなるので、18時20分ならなんとか見せることができるでしょう。実際に今日の18時15分だと、オリオン大星雲M42なら、十分に見ることができました。

でもまあプログラムが多少遅れることを期待して、もう少し暗くなってから見てもらった方がいいのかもしれません。いずれにせよ、全ては晴れてくれたらのことで、北陸の冬なので厳しいかもしれません。今のところの天気予報、日曜夕方は「曇りのち晴れ」みたいです。


CP+のトークをお楽しみに

今回のアイデアどうだったでしょうか?これ相当シンプルで、ソフトの設定の簡単さはASI AIRには負けると思いますが、ケーブルの数の少なさだけ言ったらASI AIRに負けないと思います。

今回のテストはCP+の星空中継のためなのですが、CP+本番ではこんな凝った話はできないので、ブログに書いておくことにしました。でも晴れていれば実際の過程は(偶然一発でターゲット天体が視野に入らない限り)見ることができるかと思います。

それではCP+でのトーク楽しみにしていてください。


 

星雲がその場で見える!
電視観望にチャレンジしてみよう

日時: 2月28日(日)18時から18時30分

by Sam @ ほしぞloveログ 

 

休日の楽しみ、名古屋人の心の故郷コメダ珈琲で朝昼ごはんを兼ねて、CP+の準備とブログ書き。

その後、自宅でもう少しCP+のスライドを作り込んで、14時前くらいから太陽撮影です。黒点が出たという情報が昨日あったのですが、どうやら消えてしまったみたいです。

14_05_47_lapl4_ap2447_IP
黒点になると思われていた部分。

その代わりに、5時くらいの方向でしょうか、大きなフィラメントがプロミネンス まで繋がっているのが見えました。

14_09_56_lapl4_ap1572_IP2

このフィラメントですが、光球面からプロミネンス と繋がっている様子を出すのがすごく難しいです。一枚の画像で出したいので、ImPPGでトーンカーブをいじることで、光球面とプロミネンス を一度に出すこことにしました。以前もいろいろやってましたが、今回は本当に必要に駆られてです。

I,PPG

上のように、ガンマ補正でプロミネンス を出す場合に比べて、暗部を少し上げ、明部を少し下げてやります。これまではガンマ値が2くらいと、0.6くらいの2枚出していたのですが、一枚で済むので楽そうです。下の10時方向の比較的大きなフィラメントはこのように出しました。


14_03_05_lapl4_ap1219_IP

撮影日時: 2021/2/21 14:03-14:09
撮影場所: 富山県富山市自宅
鏡筒: Celestron C8、口径203mm、焦点距離2032mm、F10
エタロン: Coronado P.S.T.
赤道儀: Celestron CGEM II
カメラ: ZWO ASI290MM
撮影ソフト: SharpCap 3.3beta (64bit)
撮影条件: ser形式でgain 140-200, 1.25ms x 2000フレーム中上位50%を使用
画像処理: AS3にてスタック、ImPPGで細部出し、PhotoshopCCで後処理


実はPSTを2台持っていて、既に改造できるように分解済みです。


少し興味があったので後で買ったものを実際に使ってみました。ともに見えが悪いとのことで、先に買ったものも、後に買ったものも両方ともジャンク品です。先に買ったものはBFを掃除することで随分と見えるようになったのでもうけものでした。

今回見比べてみてわかった大きな違いは、エタロンの精度でした。もともと持っていたものも、そこまで性能が良いとは思ってませんでしたが、あらたに手に入れた方が明らかに見える面積が小さいことがわかりました。調整リングを増していくと、明らかにリング状のLaguerre-Gaussianモードが見えます。モードマッチング取れていないような状況です。明らかにHαが見える面積が小さいです。

うーんエタロン前のレンズを変えるか?でも見えている部分は(小さいですが)これまでのPSTよりHαがコントラスト良く見えているかも。あと、BF掃除したら少しは変わるかもしれません。ちょっと考えます。 

 

皆さんこんにちは、「ほしぞloveログ」のSamです。

今回、なんとCP+2021のサイトロン特設サイトにおいて、天リフさんセレクションによるトークをすることになってしまいました!!!




星雲がその場で見える!
電視観望にチャレンジしてみよう

日時: 2月28日(日)18時から18時30分

電視観望の魅力をこれまで星雲とかあまり見たことがない人に伝えたい。
できれば星空中継をしたくて遅い時間にして頂きました。


プログラムを見ていただければわかりますが、友人のあぷらなーとさんはじめ、他にも面白そうなトークが目白押しです。オンラインですので、ぜひともご視聴ください。

なお、視聴にはオンラインの入場事前登録が必要とのことです。まだ登録されていない方は、事前にCP+2021 ONLINE公式サイトよりご登録ください。




予告

少しだけ予告です。

こんなもので
IMG_1812

こんなことや
hose_14

こんなこと
triplet_27
をするような話です。

もうスライドの準備はあらかた終わりました。後は当日晴れるのを祈るばかり。それでは皆様、楽しみにしていてください。




今回のターゲットはぎょしゃ座とおうし座の間にある、とーっても淡いSh2-240、通称スパゲッティ星雲です。しかも自宅からの挑戦。初の12時間越えの撮影になりました。


自宅から淡い天体を目指す

TSA-120を購入してから1年くらい、一部を除いてほとんどTSA-120ばかりで撮影していましたが、焦点距離900mmで撮れるのもだいぶ尽きてきたので、久しぶりに別鏡筒です。ターゲットは迷ったのですが、自宅からの撮影で淡いのがどこまで出るのかを知りたくて、Sh2-240にしました。前回のM78もそこそこ淡いのですが、今回のは無理ナントと言われるくらい淡いレムナント(超新星残骸)です。

淡くても大きい星雲なので、機材は焦点距離が370mmと短いFS-60CBに、マルチフラットナー + フルサイズのEOS 6Dです。新月期ですが、自宅周りで光害の影響は避けられないので今回はCBPを取り付けます。

淡くてもうまく全景が分かるくらい写るのか、あわよくば青いOIIIまで写るのか?どれくらいの時間をかけるべきなの?いろいろ楽しみです。


撮影


実際の撮影の状況です。撮影は3日に渡るので状況は色々変わります。

  • 1日目、2月6日(日): そこそこ晴れているので21時過ぎから撮影開始、雲が途中少し出たが、続行。西に傾くにつれ明るくなり、午前1時半頃で屋根に遮られおしまい。次の日仕事なのでここでキザを片付け中断。
  • 2日目、2月11日(木): 休日: 機材はそのままの継続撮影なので、すぐに準備もでき、天体薄明終了後すぐの19時過ぎから撮影開始。天気があまり良くなく、時折雲に邪魔されます。西に傾き明るくなってきた午前1時頃に、これまた次の日仕事なのでここで撤収。
  • 2月12日(金) 夜中くらいまで天気が悪そうだったので、この日の自宅での撮影は諦め真脇遺跡へ遠征(このことはまたブログにまとめます)。
  • 3日目、2月13日(土): この日も19時くらいに撮影開始。風が強くなってきた午後1時前に撮影中止。天気はまだ良かったのですが、あまりの風の強さに撮影は無理と思い撤収。

3日目の撮影開始時に、カメラのワイドアダプターのネジが緩んでいてガタガタになっているのに気づきました。カメラを一度外したので、カメラの回転角は合わせ直したのですが、ピントは一見大丈夫そうだったので合わせずじまい。おそらく3日目の分はごくわずかピントがずれています。でも仕上がりを見たらまあ気になるほどではなかったです。でもやはり少なくとも何かずれていたら、きちんと見直すべきかと反省しました。


電源トラブル

 長時間撮影なので、カメラをモバイルバッテリーで駆動させましたが、このバッテリーにAC出力がついていたので、機材簡略化のためにStickPCを試しに同じバッテリーから電源を取って動かしてみました。結果、ASCOMで赤道儀のCOMポートを認識しない(ごくたまに認識するが、すぐにまた認識しなくなってしまう)というトラブルが起き、その後StickPC自体が落ちてしまいました。

COMポートの認識が不安定だったり、まるまる認識できなくなるという事態は初めてでした。最初電源のせいだとは疑わなかったです。でもいつもはできていて、今日は調子が悪い。何か変わったところがあるはずだと考えると、やはり電源が最初に浮かびました。結局StickPC用にいつも使っている別の独立したモバイルバッテリーを用意したところ、ASCOMも安定し、落ちるようなことは無くなりました。

ということはやはり今後も
  1. 赤道儀用にCelestronのPower Tank(のバッテリーを入れ替えたもの
  2. Stick PC用のAC出力付きのバッテリー
  3. カメラ用にUSBが2系統取れるバッテリー
と計3つを使うことになります。


PHD2のマルチスターガイドのテスト

今回新しく試したのは、PHD2の開発者バージョンで実装されたマルチスターガイドです。下の写真は初日の様子です。

IMG_1752

縦軸のスケールは+/-8秒角ですが、ほぼ真ん中に維持されていてrmsで1秒角程度で、非常に調子がいいです。おそらくこれまでで一番きれいにガイドできています。一番右の大きなピークはディザリングです。

一方、下の写真は3日目にかなりの強風時の様子です。

IMG_1773

風のせいで揺れ幅が大きくなっているのが分かると思います。RMSで2秒近くなので、倍くらいの揺れです。右から2つ目の大きなピークはディザーですが、一番右のピークは部屋にいてビューという大きな風の音がした直後の揺れです。これで撮影中止を決めました。

PHD2の新機能のマルチスターですが、相当いい感触です。焦点距離が短いガイド鏡でピクセル以下の位置精度を求めようとしているので、そもそも感度限界に近いところを攻めているわけです。多数の恒星を測定することでそこのエラーが恒星の数のルート分の1で減るはずなので、かなり効くことが期待できます。今回試した限りでも、実際の場合で相当の効果があることが分かります。


画像処理

今回はlightフレームの数が多いので、手持ちのダークフレームの数が足りなくて、冷蔵庫を使って追加でダークを取り直しました。

結果今回は
light frame: 147枚 (ISO800、露光300秒)
dark frame: 100枚 (ISO800、露光300秒)
flat frame: 128枚 (ISO800、露光1/400秒)
flat dark frame: 128枚 (ISO800、露光1/400秒)

になります。flatは最近TSA-120でM87を撮ったときに試した、曇りの日の部屋の中で外光が当たっている壁を写しました。flat dark frameはflat frame直後に鏡筒に蓋をして撮影しました。

上記ファイルを全てPixInsightのWBPPで処理します。WBPP終了後の画像をオートストレッチしたもですが、これを見てちょっと引いてしまいました。

masterLight-BINNING_1-FILTER_NoFilter-EXPTIME_300.3

12時間撮影してこの淡さです。しかもゴミが多すぎ。一度センサーを徹底的に掃除する必要がありそうです。

これ以上撮影時間を増やすのも価値がないと思い、気を取り直して画像処理を始めます。普段の炙り出しが簡単に思えるほど、画像処理には相当苦労しました。PixInsightでストレッチまでした後、さらにPixInsight上で細部出しなどの処理を続けようと思いましたが、これだけ淡いのを出すのはPixInsightでは私はまだ経験不足。今回はStarNetで背景と恒星を分離してから、早々とPhotoshopに移り、背景と恒星を別々の状態で処理を進めました。ただし、恒星との境に不自然沙が生じないよう、背景のみの画像に恒星から作ったL画像をマスクとしてかけながら処理しました。

この淡い天体に対して、Photoshop上でDeNoiseも含め、持ってる技術を注ぎ込んで炙り出しました。そのため多少不自然なところも残ってしまっているのは否めません。かなり炙り出しているのでノイジーなのも否めません。それでも自宅から12時間でここまで出たのは喜ぶことなのかもしれません。

masterLight_cut_ABE_PCC_AS2_SFT_all6_bright
  • 撮影日: 2021年2月6日21時22分-2月7日1時30分、2月11日19時19分-2月12日0時25分、2月13日19時10分-2月14日0時47分
  • 撮影場所: 富山県富山市自宅
  • 鏡筒: 鏡筒: Takahashi FS-60CB + マルチフラットナー
  • フィルター: SIGHTRON Comet Band Pass (CBP) filter 
  • 赤道儀: Celestron CGEM II
  • カメラ:  Canon EOS 6D(HKIR改造, ISO800, RAW)
  • ガイド: f120mmガイド鏡 + ASI120MM mini、PHD2によるマルチスターガイドでディザリング
  • 撮影: BackYard EOS、露光時間300秒x147枚 = 12時間15分  
  • 画像処理: PixInsight、StarNet++、Photoshop CC、DeNoise AI

そもそもHαの赤を出すだけでも相当苦労しましたが、OIIIの青は全くと言っていいほど出ませんでした。CBPはある程度青も通すはずですが、それでも全然無理なのか、それとも露光時間が絶対的に足りないのか?そのうちOIIIフィルターを使って単体で撮り増しするかもしれません。


まとめ

今回の撮影も自宅庭撮り祭りの一環で、私にとってはある意味挑戦の一つです。その結果、こんな淡い天体ですが、自宅から出す手段があることはわかりました。あとは青いところをどう出すかが次の課題です。

今回は大きな星雲を久しぶりに短焦点鏡筒で撮影しました。逆方向、長焦点での小さな銀河を分解能取る方向もまた再開したいと思っています。


2月11日、せっかくの晴れなのでこの日も太陽タイムラプス映像にチャレンジです。前日に同様の処理をやっていたので、ある程度繰り返しでできます。


プロミネンスをいくつか

でもこの日も黒点はなし。小さなプロミネンスがいくつかと、南西方向と、北東方向に少し大きめのプロミネンスが出ています。まずはプロミネンスをいくつか撮影。でもシンチレーションがそこまでいいわけではないので、処理も簡単に済ませました。明らかに手抜きなところも見えますが、ご容赦ください。

13_08_26_lapl4_ap2357_IP_cut

13_09_55_lapl4_ap1048_IP

13_10_52_lapl4_ap942_IP

13_11_43_lapl4_ap879_IP

13_12_37_lapl4_ap1199_IP

13_13_25_lapl4_ap1129_IP

13_14_37_lapl4_ap1182_IP

13_15_24_lapl4_ap1977_IP

  • 撮影日時: 2021/2/11 13:09-13:20
  • 撮影場所: 富山県富山市自宅
  • 鏡筒: Celestron C8、口径203mm、焦点距離2032mm、F10
  • エタロン: Coronado P.S.T.
  • 赤道儀: Celestron CGEM II
  • カメラ: ZWO ASI290MM
  • 撮影ソフト: SharpCap 3.3beta (64bit)
  • 撮影条件: ser形式でgain 130-160, 1.25ms x 2000フレーム中上位60%を使用
  • 画像処理: AS3にてスタック、ImPPGで細部出し、PhotoshopCCとShapen AIで後処理

北東のカラー化したものを除いて、どれも結構淡いです。シンチレーションの成果、そこまで解像度はよくありません、それでもスピキュールくらいは見えています。
  • 面白いのは上から3番目のやつ。プロミネンスが浮かんでいます。おそらくこれ、前日に捻れてたプロミネンスが出てたので、それが千切れたのではないでしょうか。
  • 1枚目の右下のプロミネンスも淡いですがそこそこ大きくて、リング構造が見えています。
  • 一番下のはかなり淡いですが、高く飛び出しているのがわかります。
数は多いですが、どうもインパクトには欠けます。やはり黒点が待ち遠しいです。


プロミネンスのタイムラプス

続いてタイムラプス映像です。位置合わせは今回もImPPGがうまくいかず、結局Photoshoになりました。枚数も昨日と同程度なのでそこまで苦になりません。


最後にしたの方でなんどか火柱が立っています。メインのプロミネンスの動きはそれほどでもないですが、でも動画にしてみると動いているのがよくわかります。

でも今回のタイプラプス映像、1時間15分程度のものですが、撮影時間は13時半頃から14時半頃と、約3時間かけてます。でもその間に雲で遮られたり、ガイドがうまくいかなくてズレてしまったりで、その中の連続した一番長い1時間15分ぶんを切り出しています。しかも1回の撮影枚数を400枚くらいに増やしたら、1ファイルで1GB越え、これが180個くらいあって全体で200GBを超えています。一回でこれだけの量になると少し考えものです。週末の土日は晴れてましたが、新月木で夜の撮影もあるので、太陽は少し休憩です。

黒点が出たら超長時間の撮影で、黒点の変化をみてみたいです。5分おきで8時間分とかでしょうか。


2021年2月6日の太陽です。南東方向に大きなプロミネンス が出ていました。

この日の朝、ゆっくり寝ていたら朝9時過ぎ、部活に行っている子供から電話がかかってきて、
「制服忘れた、午後からサイエンススクールで制服いるから持ってきて」
とのこと。 外を見ると曇りなので「いいよ、じゃあ昼ごはんどっかで食べよう」と電話を切りました。

午前11時過ぎ、そろそろ出ようと外に出るとなんと快晴!?
「くっそー、こんな日に忘れ物しやがって」
と朝の言葉とは裏腹に、子供を恨みつつ後ろ髪を引かれながら車に乗って子供の元へ。

議論の結果早く済むCoCo壱番でカレーを食べ、頑張って早く戻りましたが、自宅に着いたのは結局14時近く。もう太陽も少し西に傾きかけてます。貴重な休日の快晴なので、早々とC8とPSTの準備をします。太陽は準備が楽ですね。極軸もどうせ取れないので、そこそこあっていればよく、初期アラインメントも太陽の反射光がきちんとシュミット補正版の真ん中にいけばそのままカメラの視野に入ってきます。準備時間は実際10分くらいでしょうか。

まずはぐるっと見渡しますが、目立った黒点はなく、南東方向に大きなプロミネンスがあるくらい。南の方にフィラメントがありましたが、そこまで大きくはないので興味は引かれませんでした。とりあえずプロミネンスを撮影。

14_35_41_lapl4_ap1177_IP3_cut


14_35_41_lapl4_ap1177_IP5_cut

撮影日時: 2021/2/6 14:35
撮影場所: 富山県富山市自宅
鏡筒: Celestron C8、口径203mm、焦点距離2032mm、F10
エタロン: Coronado P.S.T.
赤道儀: Celestron CGEM II
カメラ: ZWO ASI290MM
撮影ソフト: SharpCap 3.3beta (64bit)
撮影条件: ser形式でgain 150, 1.25ms x 2000フレーム中上位60%を使用
画像処理: AS3にてスタック、ImPPGで細部出し、PhotoshopCCとShapen AIで後処理


撮影できそうなのがプロミネンス だけで、まだ少し時間があったので、撮影ソフトをFireCaptureに移し、赤道儀をASCMO経由で接続してガイドして、連続撮影をはじめました。うまくいくとC8での初の太陽タイムラプス映像になります。

5秒で50フレームほど撮影し、55秒休むというのを繰り返す設定です。安定していそうだったのでそのまま放っておいて、前回の記事で書いたケーキ作りの材料の買い出しに行きました。帰ってからもまだきちんとガイドしていましたが、もうかなり西に傾いていて、間も無く暗くてガイドが外れ、そのまますぐに太陽が屋根にかかって撮影は終了です。後で見ると、81個の動画ファイル、すなわち81分ぶんの太陽の変化が撮れていました。

FireCaptureを使った撮影時のガイドのやり方や、太陽画像のタイムラプス映像の作り方はこちらから。


でも、残念ながらImPPGでの位置合わせがどうやっても(先に暗くして円弧を出したり、明るくして扇型にしたりなどなど)うまくいきません。焦点距離が長く円弧が滑らかになるので、うまく中心と半径が掴めないようです。コントラストで見分けて位置合わせするのもやってみましたが、やはりガタガタしてしまいます。しかたないので、81枚をPhotoshopで一枚一枚手で位置合わせしました。「ファイル」->「スクリプト」->「ファイルをレイヤーとして読み込む」ですべて最初からレイヤーにしてしまうとそこそこ楽にできます。その際「名前順で並べ替え」で読み込むようにするのを忘れないようにしてください。

あとは上記リンク先の手順で大丈夫でした。10枚を1秒で表示したので、約8秒の映像になります。出来上がったタイムラプス映像です。


久しぶりの処理なので少し時間がかかりましたが、なんとか映像までなりました。思ったより動いていることがわかります。最後のところで大きな火柱が上がるのですが、この後を撮影できてたらと思います。

各コマ50フレームちょいしか撮ってないので画質が心配でしたが、アニメにすると多少のアラは目立たなくなります。時間軸があるのでかなり補完されるみたいです。少し処理は不満なところがあるのですが、Photoshopの位置合わせをできればやりたくないので今回はこれで完成とします。

明日は休日ですが晴れるかもしれません。晴れたらまた挑戦したいです。



妻の誕生日

星を始めてから晴れてると平日休日限らず夜が忙しかったりするので、最近は料理をすることがめっきり少なくなってしまっていました。

今日は妻の誕生日。普段の罪滅ぼしにケーキを作りました。でも久しぶりなので、うまく作れるかどうかちょっと心配でした。

昔、アメリカ滞在中に大きなオーブンがあった(普通の家庭には、たとえアパートメントでも必ずついてます)ので、その時に考えたスポンジケーキとシフォンケーキの中間のようなレシピです。

IMG_1677
妻にレシピを教えた時のメモです。1998年の雑誌でもうボロボロです。

アメリカのケーキは、と言うかケーキだけでなくいろんなものが美味しくないので、ケーキ、お寿司、うどんとか、工夫していろいろ作ってました。うどんを夜に足でこねていると、下の階の人が驚いて訪ねてきたのは今でもいい思い出です。


ケーキを作ってみよう

今回久しぶりにケーキを作るにあたり、もしかして今のブログを書いているノリで、細かいコツとかまで書いてみたらどうかと思い、試しに書いてみることにしました。いつものように長いですが、もし誰かが活用してくれたら嬉しいなあと思います。

特徴
  • スポンジケーキとシフォンケーキの中間みたいな仕上がり。
  • 甘さ控えめ。
  • 中沢の生クリームを使っています。これはスーパーでも手に入り、変な材料など入っていない純生クリームでとても美味しいです。乳脂肪分が45%と36%のものがありますが、ケーキだと36%の方がいいと思います。
  • 生クリームと果物をたくさん使った贅沢な作りで、下手なケーキ屋のケーキより美味しかったりします。
IMG_1692



材料

スポンジ
  • 玉子: 4個(卵黄4個分、卵白4個分と言う意味です。普通は卵黄と卵白の数が違って無駄になるのですが、ここではあわせてます。)
  • 砂糖 70g
  • 水: 110cc
  • サラダ油: 80cc (適当な好みの油でいいです。)
  • 小麦粉: 130g
  • ベーキングパウダー: 小さじ2/3 (なくても構いません)

シロップ
  • 砂糖: 25g
  • 水: 50cc

生クリーム
  • パックの生クリーム 200ccを2パック(中沢の36%フレッシュクリームがおすすめです。)
  • 砂糖(色がつかないように白糖がいい): 生クリーム200ccあたり10gで計20g

仕上げ
  • 好みのフルーツ(今回はイチゴを2パック贅沢に使いました。他にも、キウイやブルーベリー、季節で果物が手に入りにくい時は、缶詰の桃などで補充したりしてます。)

用意するもの
  • 大きめのボール2個
  • 電子計り(1g単位まで測れるもの)
  • 泡立て器(電動のほうが楽)
  • へら
  • ホールケーキの枠(今回使ったのは6号、直径18センチのもの)
  • オーブン
  • ハケ(シロップ塗り用)


作り方

スポンジ:

1. まず玉子4個を、卵白と卵黄に割りながらわけ、2つのボールにそれぞれ入れます。その際、卵白に卵黄が絶対混ざらないようにしてください。卵黄が混ざると卵白がうまく泡立たないことがあり、全部作り直しになります。

2. 卵白、卵黄のボールに、砂糖70gを半分づつ分けて入れます。その際、電子計りに例えば卵白の入ったボールごとのせて、秤のスイッチを入れると、その時の重さが0gとなるので、そこから改めて35gになるように砂糖を入れておけばぴったりの量を入れることができます。卵黄にも同様に砂糖を35g入れます。

3. 卵白を泡立て器で泡立てます。この際、必ず卵白から泡立ててください。卵黄を先に泡立てて、泡立て器についた卵黄が卵白に混ざると、卵白はうまく泡立たないことがあります。
IMG_1673

4. 卵白の泡立ては、泡立て器をひっくり変えてしツノが出るくらいがちょうどいいです。泡立てすぎると分離してまうので、後もうちょっとかというくらいで止めておくのがいいです。

5. 卵黄は、泡立て器で混ぜていくと、まるでマヨネーズのようになります。マヨネーズ状になってなかったらまだ不十分です。
IMG_1675

6. 次に卵黄の方に水110ccを加えます。この際も、電子計りを使うと正確に測ることができます。ボールごと電子計りに載せスイッチを入れ、0gのところから110gになるまで水を入れていきます。
IMG_1678

7. ここでまた泡立て器で卵黄の方をよく泡立てます。1-2分でしょうか。

8. さらにサラダ油80ccを入れます。こちらは水より1割ほど軽いので、電子計りで90g増えたところでストップします。

9. さらにまた泡立て器で卵黄の方をよく泡立てます。これも1-2分でしょうか。

10. 次に小麦粉130g(電子計りで見ながら)とベーキングパウダーを小さじ3分の2入れます。ベーキングパウダーはなければ入れなくても構いません。それでもうまく膨らみます。ここで重要なのは、小麦粉を混ぜるときは泡立て器なら一番回転を低くして、できるだけざっくり混ぜることです。あまり混ぜすぎず、白いところがなくなって後少しくらいでしょうか。

11. 最後に、卵白を卵黄の方に加えますが、まずは卵白の3分の1くらいを卵黄の方に入れます。今度は泡立て器は使わずに、ヘラでざっくり混ぜます。これも白いところが見えなくなったら十分です。残りの3分の2の卵白も入れて、同じようにヘラでざっくり混ぜます。
IMG_1680

12. できた生地をケーキの型枠に入れます。ここでのポイントは、ケーキ枠にバターや油を塗ったり、クッキングペーパを底や周りに置かないことです。焼き上がった時に、生地が枠にくっついた状態を保つことで、せっかく膨らんだスポンジが縮んでしまうのを避けるためです。生地が余った場合、他の小さなアルミの方に入れてカップケーキにしたりしてます。
IMG_1685

オーブンを170度にして、45分間焼きます。あらかじめ余熱で温めておくといいですが、忘れててもなんとかなります。


シロップ作り

1. スポンジを焼いている間に、シロップを作ります。砂糖25gを耐熱の容器に電子計りで正確に計って入れます、水50ccをこれも電子計りで50g分になるように正確に測ります。
IMG_1688

IMG_1690
計量カップで正確に測ったと思っても、結構誤差があります。
重さでぴったりにしたら、カップに残ってしまいました。

2. シロップの入った耐熱容器を電子レンジに入れ1分ほど温めます。温めたあと、一見砂糖は溶けているように見えますが、下に固まって残っていることもあるので、よくかき混ぜてください。

3. できたシロップはラップをかけて、粗熱を取るために放置しておきます。
IMG_1694


生クリームの泡立て:

1. さらに生クリームも、この間に泡立ててしまいましょう。必ずボールを2つ用意します。スポンジを作った時のボールでいいでしょう。よく洗って、水分をよく拭き取っておいてください。

2. 一つの(大きさが違うなら大きい方の)ボールには氷と水を入れておきます。
IMG_1697

3. もう一つのボールには生クリーム2パック(400cc)をいれ、砂糖を1パックあたり10g、この場合合計20g入れます。標準より少ない量ですが、淡い甘さになります。
IMG_1695


4. 生クリームの入ったボールを、氷水の入ったボールに重ねて、冷やしながら泡立てます。寒いところで泡立てれば特に問題ないのですが、夏場や、冬でも暖かい部屋で泡立てると空気の温度で生クリームが暖まってしまって、固まりにくくなることがあります。2パックで少し量が多いので、5分ほどでしょうか、多少時間がかかります。最初は泡立て器を高速にして混ぜて、ある程度固まってきたら微調整のために回転速度を落とします。
IMG_1699


スポンジの焼き上がり

1. スポンジは途中、30分くらい焼いたところですこし様子を見て、そこそこ膨らんでいるのを確認します。その時点で膨らんでなかったら何かおかしいです。

2. 焼き上がったら外に出して、ケーキの枠をひっくり返して萎んでしまわないようにします。十分冷めるまで逆さまのままにしておきます。
IMG_1702

IMG_1704

3. 粗熱が取れたら、型枠の周りにナイフを入れ、スポンジを型枠から外します。
IMG_1707


4. 作っておいたシロップを、表面と、側面も忘れずに、たっぷり塗ります。
IMG_1708

5. ケーキを2段にする場合は、パン切り用包丁などで半分の高さで切ります。大抵斜めになってしまうので、爪楊枝を同じ高さに周りに刺すなどして高さに気をつけながら切っていきます。

6. 切った面にも、両面ともシロップをたっぷり塗ります。

7. ケーキの型の裏面の方を、包丁などで切り込みを入れながらスポンジから外します。裏面にも忘れずにシロップをたっぷりと塗ります。


飾り付け

1. 今回は季節のイチゴを2パック贅沢に使うことにしました。水で洗って、ヘタを切り、キッチンペーパーで水気を十分に取っておきます。
IMG_1710
粒の大きさを変えて2パック買ってきました。
右は中段、左は上にのせます。

2. スポンジのどちら側を使うかですが、底面が綺麗なので、こちらを上向きにすると仕上がりが綺麗になるかもしれません。まず実際に使うお皿に下の段のスポンジを置きます。

3. その上に生クリームをこれはそれほど厚くなく塗ります。
IMG_1711

4. イチゴをひとパック分敷き詰めます。大きなイチゴは厚くなりすぎてクリームが足りなくなる時があるので、小粒のものを選んだほうがいいでしょう。
IMG_1712

5. 隙間に生クリームを詰めます。端の方までクリームを入れておかないと隙間になったりしてしまいます。

6. 上の段のスポンジをのせます。
IMG_1714

7. 生クリームは、まずはサイドから塗っていきます。隙間が空いていると結構な量が入りますので、少し節約しながら塗ります。

8. 残りの生クリームを上面に乗せていきます。サイドと上面は、ケーキ用のヘラがあると生クリームを平らに塗ることができます。
IMG_1716

IMG_1717

9. 好きな飾り付けをしてもいいのですが、うちは大抵フルーツを乗せるだけです。今回はイチゴまるまるひとパックを上に乗せてます。上のイチゴは贅沢に大粒のものが見栄えがしていいでしょう。
IMG_1721

10. あとは、生クリームを塗る時にお皿のケーキの周りについたものを拭き取って完成です。食べる直前まで冷蔵庫に入れて冷やしておきましょう。


最後に

どうだったでしょうか?全く星と関係ない記事ですが、たまにはこんなこともいいかなと。いつものブログのノリで、事細かに書いてしまいました。

普段撮影などでご家族に迷惑をかけている方がいましたら、一つこんなお菓子作りに挑戦して、ご機嫌をとってみるのはいかがでしょうか?


今回の記事は、普段私が何気に気を使ったりしていることや、小ネタなどをまとめてみることにしました。よかったら参考にしてください。細かいことなので、あまり記事とかにしてこなかったことも多いです。

あくまで個人のやり方なので、この方法が正しいなどという気はさらさらないですし、この方法を押し付けるようなこともしたくありません。むしろ、これを見てもっといいアイデアがあるぞとか、自分で工夫してもらってさらに発展させてもらえると嬉しいです。

それではいきます。


機材が揺れないように

倍率の高い状態で見たり撮影したりする望遠鏡。揺れは大敵です。

まず、L字型の構造は出来るだけ避けたほうがいいです。必要なら三角板をL字の真ん中に入れて補強するなどします。頭でっかちで、根元が細いのもだめです。赤道儀は基本的にL字や頭でっかちになりやすいですね。
  • 鏡筒と赤道儀の接合部
  • 赤緯体の根本
  • 赤経体の根本
  • ウェイトとウィエイトバー
  • 赤道儀と三脚の接合部
  • 三脚の足の接合部
などです。

基本的には、構造的に一番弱いところで一番大きく揺れます。極端に弱いところを途中に作らないことが重要です。

揺れに関しては重量というよりは慣性モーメントが効いてくるので、
  • 同じ重さなら、長い方がより揺れる。
  • 同じ重さなら、重量が端にあるものほどよく揺れ、重量が中心(支点に近いところ)にあるほど揺れにくい。
手で触って揺れが分かるようなものは構造的に不十分です。風が吹けば当然揺れてしまいます。

構造がしっかりしているはずなのに、ガタガタする場合はたいていクランプやネジの緩みです。特に赤道儀は、車などで運んでいると長期の間に自然にネジが緩むことがよくあります。外に出ているネジだけでなく、内部のネジまで含めて緩みを各自で定期的にチェックするか、それができなければメンテナンスに出すなどが必要になります。

一例ですが、私はガイド鏡でさえこれくらいガチガチに固定しています。高さもたわみなどが少なくなるようにできるだけ低くしています。

IMG_1513

もう一例、重い鏡筒なのでできるだけ鏡筒位置が低くなるような鏡筒バンドを選び、かつ長いロスマンディー規格のアリガタを使い、バンド間の距離をできるだけとっています。

IMG_9772

これだけバンド間の幅を取っていると、プレートより上は揺れに関しては無視することができて、それより下の赤道儀自身(今使っているCGEM IIの場合)の方が弱い構造となるので、揺れの大きさはそちらで決まります。


アルカスイス互換クランプ/プレートの利用

鏡筒の上部や下部に長めのアルカスイスプレートをつけておくと便利です。取っ手がわりにもなります。
さらに、ガイド鏡、ファインダーなどの下部にアルカスイスクランプをつけておくと、コンパクトな機構で安定に鏡筒に取りつけることができ、かつ取り外しが楽になります。




アルカスイス互換クランプは構造的に精度の許容範囲が広いため、安価なものでもそこそこ安定していて、気軽に使えるので使い勝手がいいです。。
  • 面で固定なので安定。
  • プレートの長さが相当長いものまで選べる。
  • クランプの長さも結構選べる

また、Vixen規格のアリガタからアルカスイスへの変換アダプターを作っておくと便利なことが多いです。

BCD1948C-4DAB-43CC-AB5C-BEB548F2F8C6

例えばAZ-GTiはVixen規格のアリミゾですが、上記アダプターでアリミゾからアルカスイス互換クランプに変換することで、L字フレームをつけたカメラや、上下にアルカスイス互換プレートをつけた軽い鏡筒なら、十分な強度で取り付けることができます。それだけでなく、このアダプターはかさ上げも兼ねていて、鏡筒が三脚に当たることをある程度防いでくれます。

さらに、この変換アダプターに使っているアルカスイス互換クランプのつまみのところには水準器が付いているので、AZ-GTiの経緯台モードの最初の設置の時に、鏡筒の水平出しに便利で、これがあるとないとで初期アラインメントの一発目の導入精度が全く違ってきます。


ハーフピラーの活用

AZ-GTiを使ったときに実感したのですが、上のかさ上げ用のアダプターでも不十分なときにはハーフピラーが便利です。AZ-GTi三脚セットに付属のものもそこそこの強度があfり悪くないです。特に天頂近くを見るときに、鏡筒が三脚に当たるのを防ぐことができます。


できるだけシンプルにすることを心がける

トラブルを避けるためには、あらゆるところをシンプルにした方がいいです。例えば、一つの箇所でトラブルが起きる確率が10%とすると、もしそれが10箇所あるとトラブルが起きる確率は1-0.9^10=0.65と、何と60%以上の確率で毎回何かトラブルが起きることになります。一つトラブルが起きると撮影としては大抵全て失敗してしまいます。意外なほどこの法則は当てはまったりするので、トラブルが起こる箇所の数を減らすことは、撮影の成功に直結します。
  1. 機材組み上げの構造はシンプルにする。
  2. ケーブルの本数は減らす。
  3. 複雑な操作を避ける。
  4. ソフトを多用しすぎない。
  5. Wi-Fiに便りきらない。何もつながらなくても動かせる手段を持っておく。
などです。

2. 特にケーブルはコネクタ部や内部で接触不良になったり、引っ掛けたり、可動部で挟んだり、何かとトラブルが多いです。持ってくるのを忘れることもよくありますね。

3.、4. 複雑なソフトの多用も考えものです。確かに全部連動してがうまく動くとカッコ良くて満足できたりするのですが、一つ動かないと全部動かなくなるとかの、互いのソフトの動作状況に依存するような組み合わせは最小限にすべきです。私は撮影時はPHD2と撮影ソフトのディザーのみの関係に抑えてます。各機器間を繋ぐASCOM関連の安定度は重要で、必ず事前にきちんと動くかチェックするようにしてます。

5. トラブったときに接続できなくて画面で何も見ることができない状況とかは、できれば避けたいです。PCをモニターがわりに使えるようなこんなアダプターを用意しておくと、別途モニターとかを用意する必要がなくなるのでいいかもしれません。


ケーブルの取り回し

ケーブルは回転の中心で固定したほうがいいです。例えば、鏡筒につけてあるカメラやガイド鏡に行くケーブルは、鏡筒と赤道儀の接合付近で一回ベルトでまとめてとめています。こうしておくと赤道儀が回転しても、ケーブルが変に引っ張られたりする危険が減ります。このことは、APTなどを使った子午線自動反転でのトラブルを少なくすることにつながります。


マジックテープは便利

三脚、ハーフピラーなど随所に裏がシールになっているマジックテープをつけてます。そこにもう一方のマジックテープを貼ったバッテリー、Stick PCなどをペタペタくっつけてます。こうすることでケーブルの長さを短くすることに貢献しています。

IMG_9893

ハーフピラーにマジックテープをつけてバッテリーとStick PCを親子亀方式でつけてます。
バッテリーとStick PCの間もマジックテープです。


ライトは暗いものがいい

庭撮りや遠征時に使うライトです。これの前のモデルを持っています。

 

電球分が取り外して懐中電灯のように使えるし、題において上から押すとスイッチが入ります。電球色で、暗いモードと明るいモードがあって、暗いほうのモードは天体観測には適度な明るさで、かつ1000時間以上持つので便利です。新しいモデルの高級バージョンは、6段回に明るさを調整できるみたいです。


テーブルと椅子

特に電視観望の時など、ノートPCを使う場合には、折りたたみ式のアウトドア用の机を使います。椅子もあると楽です。

IMG_9240

椅子は写真に写っているような高さ調整のできるものがいいです。私はルネセイコウのプロワークチェアを使っています。



これだと眼視の時にも相当低い位置から(高い位置よりも低い位置で安定して見えるほうが重要、腰が痛くなるのを避けることができます)見ることができて便利です。特に観望会などで足腰の弱いお年寄りの方がいる時には威力を発揮します。


小型のStick PCの利用

撮影時にはStick PCを使っています。小さく軽いのでマジックテープで三脚などに固定できるのと、Windowsのリモートデスクトップ機能を使うと、離れたところからでも他のPCから様子がわかるので、遠征時には車の中から、庭撮りでは自宅の中から、特に冬はヌクヌク状態で撮影しています。夜中じゅう放っておいて寝てしまっても、ベッドのところにiPadとかのタブレットを置いておけば、目が覚めた時にチラッと確認してまた眠ることができます。

最近はASIAir Proとか流行っているので、同様のことができますね。私はWindowsのソフトを使いたいのでStick PCですが、ASIAir Proは手軽さという面では上かと思います。


極軸をどう取るか?

極軸を合わせるのは極軸望遠鏡でもいいですが、最近では精度的には何らかのPCを使ったツールを使った方がいいでしょう。特に長時間撮影では精度の違いが重要になってきます。極軸精度が不十分だと一方向にずっとずれ続ける(「ドリフト」とか「DC的な変動」とかいいます)のでガイドに負担がかかってしまいます。

具体的には、私はSharpCapのPolar Align機能を使っています。Plate solveでリアルタイムで極軸を合わせることができる、非常に優秀で簡単に使える極軸調整ツールです。残念ながら有料版でしか使えない機能ですが、年間10ポンド(千数百円)とお小遣い程度なので、この機能のためだけでも有料版にしてもいいくらいです。ガイド鏡のカメラがそのまま使えるので、経済的にも、機材を簡略化する観点からもメリットが大きいです。

ちなみに、極軸を合わせるためのカメラは回転中心に置く必要はありません。しょせん星という無限遠を見ていることになるので、当たり前といえば当たり前ですね。さらに、カメラは極軸の方向にピッタリ合わせることも不要です。画面内のどこかくらいに入っていれば十分です。これもカメラの映像のピッタリ中心で回転することが必ずしも必要ないことから、当然といえば当然ですね。というわけで、適当に置いたガイドカメラを使っても十分に極軸調整のためのカメラとして使うことができるということです。


初期アラインメントはワンスターで十分!

極軸がきちんと取れてれば、初期アラインメントはワンスターアラインメントで十分です。無闇にツースターアラインメントや、スリースターアラインメントに時間をかける必要はありません。極端に言えば、高度なオートアラインメント機能などを使わずに、手動で導入しても構いません。だって、極軸があっていれば、どの星を見てもあとは自動で十分な精度で追尾してくれてくれるからです。

逆に、極軸が取れていない場合は複数の星を使った初期アラインメントが必要になります。それでも特に長時間露光の撮影時には、原理的にきちんと極軸を取ったものに勝てません。なので、極軸の精度はかなり重要になります。どれくらいの精度で合わせればいいかは



を見てください。ざっくり言うと、極軸を1分角の精度で合わせておけば、もう十分な精度と言えるでしょう。極軸望遠鏡でこの精度を出すにはなかなか難しいと思いますが、SharpCapなどのツールを使えばかなり簡単にこのレベルの精度を出すことができます。


初期アラインメント時に一発で視野に入れるには?

極軸をきちんと合わせているのに、初期アラインメント時に視野に入らない場合は、赤道儀の水平出しに気を使ってみてください。その際、水準器があると簡単ですが、水準器がついていない場合はホームセンターなどで買ってきて、赤道儀の平な面を見つけてそこに水準器を置き、一度水平を出してから赤道儀に直接接着してしまうと、毎回合わせることができるようになります。


ピントをどうやって合わせるか?

バーティノフマスクもいいですが、他にも精度良くピントを合わせる方法はたくさんあります。例えば、恒星のFWHM(半値全幅)を自動で測定してくれる機能が撮像ソフトには付いていることが多いです。BackYardEOSやSharpCapでは私も FWHMを常用しています。このFWHMが最小になるようにピントを調節します。このピントを調節するのも、やり方一つでかなり精度が変わってきます。ここら辺も経験が効いてきますが、コツを知っているか知っていないかでかなり違います。例えば、
  1. ダイヤルを回していって、一旦最適位置を通り越して、そのときに見た最小値を覚えておく。その最小値になるように戻す。
  2. 戻すだけだとバックラッシュで像の位置が変わることもあるので、一旦大きく戻して、最初に最初うちを見たときと同じ方向で、再び同じ最小値になるように合わせる。
  3. 手で触っていると揺れるので、どれくらい動かすかの最小単位を決めておき、毎回その単位で動かして毎回必ず手を離す。

さらに、ネジの精度が良すぎて変化がわかりにくい時の方法です。
  1. 一方向にあるステップ(幅)で動かしながら、何ステップ動かしたかを常に数えておく。
  2. 最初になんらかの変化が見えた位置から、最適値を通り越して、次に変化が見えなくなるまでのステップ数まで数える。
  3. 数えたステップの半分だけ戻す。
もし、最適値までのステップ数と、最適値後のステップ数にあまりに違いがあると、何らかの非対称性があるということになります。その場合は大抵何かおかしいことが起きているので、注意深く探ってみます。


その他

合わせてこちらもお読み下さい。





とまあ、今回はこんな所ですが、また何かありましたら随時追加してきます。

手持ちのStick PC、MiNISFORUM S41ですが、値段と性能の良さから天文界隈でも使っている方が意外なほど多いのかと思います。その小ささにもかかわらず、スピードも十分。なかなか微妙な立ち位置のStick PCの中で、久しぶりに出た高評価の実用的なものです。



これまでの状況

その中で唯一の弱点が電源。特にバッテリー駆動だとどうも不安定です。

これまで3種類のUSBバッテリーを使用して、そのうち2種は起動不可だったり、途中で落ちることが多かったです。唯一少しまともだったのがLess is moreというところの100Wまで出せるというバッテリーです。起動不可という経験はしたことがなく、テストでは不安定なことはありませんでした。

その後、Less is moreを実戦投入したのですが、撮影中に落ちてしまうということが何度かありました。いずれもSharpCapのPolar alignやファイルをまとめて触ったりするような高負荷なときです。今のところ、純粋に撮影だけしていた時に落ちたことはありません。それでも撮影が止まるのが怖いため、何度か落ちるのを経験した以降は使うのを諦めて、結局今はAC100V出力がある大容量バッテリーに、S41に付属のACアダプターを使って電源供給をしています。

もう少し汎用的にならないかと思うので、いったいどれくらいの電流になると落ちるのか調べてみようと思い、少し測定してみました。


まずは分解

測定に先駆けて、S41を分解して少し中を見てみました。

0C1E94C5-25EF-4A15-8756-6DE269383143

電源部をもう少し見てみます。

77FEA294-B834-48A1-83A3-BD1C40F7E5F0

付属のACアダプターのType Cコネクタの出力をStick PCにつないで、テスターで少し測定してみました。USB Type Cコネクタを使ってますが、形だけ使っているみたいで信号のやりとりはなく、電源とグランドピンだけしか使っていないみたいです。確かにこれだとUSB出力のバッテリーでは、大きな電流は流せないはずです。元々USB2.0は5Vで0.5Aまでしか流せない規格で、USB3.0でも5V、0.9Aです。その後USB PDなど色々拡張して20V x 5A =100Wとかまで使えますが、これはあくまで規格にのっとた信号のやり取りをした場合のはずです。なので、今回のように電圧ピンだけ使っているような場合では電圧が出ないはずなので、落ちる可能性が高いのは理解できます。


Ankerのバッテリー

では実際にどれくらいの電流が流れているの測定してみましょう。使ったのはUSBチェッカーです。

AD518BA4-027C-471F-880D-53551A8DD390

写真ではAnkerの13000mAのバッテリーをつなげています。上の写真は起動前の状態です。

5回くらい起動テストして、起動さえしなかったことが2回ありました。その場合は再起動を繰り返した場合と、止まってしまった場合がありました。それでも起動することもあり、起動した後は特に操作しなければ安定です。

ここの状態からソフトを立ち上げ負荷をかけますが、Ankerの場合SharpCapとStellariumを立ち上げたくらいで落ちることが多いです。落ちた後は0.87Aでほとんど動かなくまります。

FA243E68-C84E-4137-A450-8B6A433B4977

落ちる前にその負荷の高い時の電流を見ると、なぜか1A-1.5Aくらい普通にでてるんですよね。しかも大きな電流でも落ちない時もあり、さらにプレートソルブとかもかけてやります。すると一瞬ですが2Aを超えることもあります。

851C51F3-3F88-403A-9A2F-14EFEFD4CF86

これはどういうことなのでしょうか?そもそも規格で0.9Aしか出ないと思ってましたが、2A出すこともできるみたいです。

このAnkerバッテリー、負荷が低い時は安定する時もありますが、高負荷にしていくと必ず毎回最後は落ちました


Less is moreのバッテリー

Ankerの結果はあまりよくわからないですが、気を取り直してこれまで落ちにくかったLess is moreの100W出せるというバッテリーにつなぎ変えてみます。このバッテリー、Amazonで買ったのですが既にリンク先が切れていました。60Wのものは見つかりましたが、100Wの代替のものは無いみたいです。

61B75800-D386-44BA-BC86-8C128655AD80

ほとんど落ちることはなかったので、思いっきり負荷をかけます。CPUパワーは100%です。見ることができた最大電流は2.5A越え。

BB616BEE-BBD2-4DAD-8AC4-19BA7627BC76

ただし電圧が4.8V台全半まで落ちてます。2A位までは5Vを保ってますが、2Aを超えると供給電圧が落ちていくようです。StellariumにSharpCapでPolar align、プレートソルブをかけながらStellariumをグリグリ動かすととうとう落ちました。でも落ちる瞬間に電流がものすごく高いかというと、そうでもありません。フラフラしてますがCPUパワーが100%で頭打ちなので、平均では2A切ってます。

ここで言えることは、Ankerのものよりは確実に落ちにくいということくらいで、それでも高い負荷だと落ちることは落ちます。5回くらい試しましたが、ただ1度どう負荷をかけても落ちない時があって、その時は諦めて自分で電源を落としました。


付属のACアダプター

次に試したことが、ではACアダプターに繋げた時にどれくらいの電流が流れるか確認することです。でもこれも不思議なことに、2.3A位までは見ましたが2.5Aとかを見ることはできませんでした。CPUパワーが100%で頭打ちで、それ以上電力を使うことができないからかなと思ってますが、はっきりした理由は不明です。

一つだけ言えることは、どれだけ高負荷にしても落ちることは一度もなかったことです。


まとめ?と言えるのか...

結局今回試したことで定量的にはほとんど何も言えませんでした。定性的には
  • バッテリーを使う限りは、多少の違いはあるが、負荷がかかると落ちることを避けることは出来なさそう。
  • 付属のACアダプターが唯一まともな電源で、少なくとも高負荷などで落ちることは確認できなかった。
ということくらいです。逆に疑問点の方が多く
  • USBバッテリーで何の規格のやりとりもなしで2A以上も出せるのか?
  • 逆にいうと、ここまで電流出せるのになぜ落ちることがあるのか?
  • 落ちる理由は何か?もしかして電圧降下が直接の理由なのか?
など、わからないことだらけです。

今回はUSBチェッカーの表示だけを見たので、もっと速い速度で応答を見れば何か分かるかもしれません。もう少し原因がわかれば、何か手を打つこともできるかもしれませんが、USBの範囲でやろうとすると規格外のことになるので、無難に付属のACアダプターを使った方がいい気がしています。

あと、今考えてるのがラジコン用とかのもっとシンプルなバッテリーを使うことです。これをType Cの端子だけ100円ショップで見つけてきて変換アダプターを作るとかだとうまくいく気がします。もちろん自己責任になります。

 

このページのトップヘ