ほしぞloveログ

天体観測始めました。

2016年08月

原村星祭りに引き続き、胎内星まつりに息子と行きました。今回はテント泊です。

IMG_9473

IMG_9474


今回の星まつりには惑星撮影の講演があったので、個人的にはちょうどタイムリーで した。フィリピンから来た講演者のCristopher Goさんは惑星撮影では世界的に有名とのことで、講演内容はとても参考になるところが多くて、前半はちょうど今自分がやっていること、後半はWinJUPOSのことなどまだ知らないことも含めてこれからやろうと思っていることで、いろいろ目から鱗となところがありました。自分があまりやっていなかったことや、参考になったことの覚書きです。

  • 当たり前だが、光軸調整、鏡筒の温度を周りと同じにすることはとても大事。
  • 三脚の足の下に置く、防振のためのパッドがあるといい。
  • RGBを独立にとったほうがいい。
  • UV, IR, メタンフィルターなどを利用すると表面の様子をより示すことができる時がある。

  • FireCaptureではゲインは躊躇せず高くしたほうがいい。その分できるだけフレームレートを速くする。ガンマはオフ。
  • ROIはギリギリまで小さくする。フレームレートを稼ぐことができる。
  • FireCaptureでWinJUPOSを使うというオプションをオンにしておくと便利。

  • 木星はヒストグラム80-90%。フレームサイズが5μならF30、3.75μならF20位。
  • メタンバンドは非常い薄いのでは2x2のbinningを使う。撮影時間は2分。ダークフレームを取ること。自動で5コマとって、自動でスタックしてくれるオプションがある。

  • 土星はヒストグラム赤と緑が70%、青が50%。ゲインとフレームサイズは100%。

  • 火星はフレームサイズが5μならF50、3.75μならF30位。ヒストグラム赤と緑が80-90%、青が60-70%。撮影時間は4分。UVとIRは実際の色を反映させるためにカットすべき。

  • AutoStakkert(なぜか未だに1を使っていた)ではPlanet, Dynamic Backdound、Gradientにチェック。
  • AutoStakkertで1.5x Dizzle、Registaxで1.5x Mithcell。
  • RegistaxのWavelet変換ではDefaultでInitialが2(これは私は試したことがなかった)Stepが1。スライドは上から3つしか触らない。

他のお勧めソフト
  • シャープネスにGoogle Nik collection, ノイズ除去にDespeckel Tool, Dust and Scrachers Tool, Topaz Labs Denoise Tool(いずれもPhotoshpp CS以上。Topazは有料ソフト)

WinJUPOSについても色々テクニックがありそうなのですが、私自身使ったことが無いので、ちょっと説明できませんが、WinJUPOSで処理したものをいくつも重ねることでより滑らかになるとのことでした。次回試してみようと思います。

あと、質問の際に
  • ASI290がカラーも白黒もどちらもおすすめ。ASI224も悪く無いが、290の方がいい。
  • 使っているのはRGBのみで、Lは使っていない。WinJUPOSを使えばLは必要無い。
ということを聞くことができました。

普段参考にしている天文ガイドの惑星撮影の短期連載記事と比べると、今回の話はいろいろ違いもありとても面白かったです。天文ガイドの方ではLRGBで撮影し、Lは(連載されている熊森さんのブログを見ると現在では)ASI290、RGBはASI224となっています。また、むやみやたらにフレームレートをあげても出来上がり画像にあまり変わりはないということも書いてあります。

通訳をしてくれた方も言っていたのですが、日本よりもフィリピンセブ島のほうがはるかにシーイングがいいということを考慮すると、方法に違いが出るのも有り得るということでした。特にLが必要かどうかは、やはり細かい像の出ない日本ではLは必要という主張も理解できるので、これは自分で実際に試して判断してみたいと思います。

写真があまりいいのはなく、唯一Goさんが写っていたのが以下のものです。

IMG_9459



胎内星まつりその2
 

今回天気にはあまり恵まれなかったので、ほとんどの望遠鏡は見えてもごく短時間でした。そんな中、すごいたくさんの人を集めて異彩を放っていたのが、Sony α7Sで雲を通り越して星空をリアルタイムで写しているIさんでした。

IMG_9478


今回昔からの友人のつてで、星まつりにブースを出している方を紹介してもらい、その方に紹介された方です。この機材がとても面白いというので、見せてもらいました。

目で見ても全く星が見えないような曇り空でも、余裕で満天の星をモニター上に映し出しています。雲が切れた時には北アメリカ星雲には見事に、なんとリアルタイムで色が付いているのです。YouTubeなどでα7Sでの撮影の様子は見たことがあったので、知識では知っていたのですが、その場の雰囲気は動画ではどうしても味わえない、すごい盛り上がりようでした。詳しい方は叫んでいましたし、星のことをあまり知らない方も何も見えない眼視での空と、あまりにすごいモニターとの比較で、キャーキャー言っている人も多かったです。ある意味今回の星まつりで、唯一まともに満天の星が見えていた場所でした。

相当長い時間お客さんがいたのですが、夜もふけてやっとお客さんがいなくなってから、Iさんと話して色々盛り上がっていたのですが、ある意味これは観望会の革命のように感じました。

これまで観望会では月を見て、土星を初め惑星で盛り上がり、せいぜいアルビレオで感動してもらうのですが、星雲、星団を見せても反応はとてもイマイチです。これはひとえに写真と眼視との差がありすぎるからで、なんとかして観望会で色のついた星雲を見せることができないのかと、大型のドブソニアンを持っていている方や、天文台の大型望遠鏡を普段から覗いている方に聞いてきたのですが、いずれもほとんど不可能に近いとの答えでした。それでも緑は多少見えやすいとか、年齢が若いほうが色が付いて見えるなどという意見も聞きましたが、気のせいかもしれないという範疇のレベルで、写真のようにあからさまに色が付いている星雲を観望会で見せるのは、無理だと思っていました。 

α7Sを大口径の望遠鏡につけて、レデューサーで焦点距離を落とすともっと綺麗に見えるかもしれないという話も聞くことができました。まだまだこれからも技術が上がることで、できることが増えてきそうです。

とても面白かったです。Iさん、どうもありがとうございました。

胎内星まつり その1へ その3
 

今回の戦利品です。

IMG_9497


Pentaxのアイピースが特価で売っていたので、以前から欲しいと思っていたためちょうどいい機会と思い、5mmと3.5mmを買ってしまいました。特に5mmは手持ちのHyperionと直接比較ができるので楽しみです。本当はC11が特価で出ていたので、買うかどうか散々迷ったのですが、現金が必要ということで時間が足りずに今回は諦め、その分の予算をアイピースに回しました。


IMG_9498


Velbonの雲台も安く出ていたので購入しました。ハンドルが2本付いているのが欲しかったので、ちょうど良かったです。


IMG_9502


KYOEIさんがZWO製品を取り扱い始めたらしいです。店の方が惑星撮影の講演にも出ていてので、いろいろ話をすることができました。ここではIRで像が滲むという話を聞き、今回はASI224MC用にIRカットフィルターを購入しました。外側にネジが切ってあって、ASI224MCに直接つけることができるみたいです。


IMG_9489IMG_9490


抽選会では見る角度で図柄が変わる恐竜のしおりみたいなのが当たりました。子供がずいぶん喜んでいました。


IMG_9494


オークションでCelestronの双眼鏡を落札しました。シュミットさんからの出品らしいです。多分最低落札額だったのだと思います。その晩にテントサイトの暗がりで、曇りの中空の切れ目を見たのですが、とてもよく見えました。望遠鏡は揃えようとしているのですが、双眼鏡はずいぶん昔に買ったNikonの小さいのがあるだけ、それよりはるかに安く買えたので満足です。自宅に帰っって比べてみたのですが、倍率が違うので直接の比較は難しいですが、やはり口径の違い分くらいはよく見えます。

他にもオークションでプリズムとプラスチックセームを買いました。プリズムは子供の実験用にとおもいますが、十分すぎるくらいの精度です。早速分光させて遊んでいました。

PentaxのXO2.5を落としたかったのですが、あえなく撃沈。他にも口径10cmクラスの出所不明の屈折望遠鏡が不落だったので、後から交渉して購入しようとしましたが、別の方が私よりも高額な値段を提示したので、これもダメでした。


IMG_9499


帰る準備で後片付けをしているときに、同じ富山から来たという方に組み立て式の望遠鏡を頂きました。お孫さん用にと思っていたのですが、興味が無いみたいなのでということらしいです。原村の抽選の時から下の子が欲しい欲しいと言っていたので、すごくありがたかったです。お名前を聞くことができませんでしたが、どうもありがとうございました。


IMG_9501


最後に天文台のショップで銀河鉄道の夜のポスターを見つけたので、娘のお土産に買って行きました。最後の一枚だったのですが、娘の今年の夏休みの自由研究が宮沢賢治の銀河鉄道の夜についてなので、ちょうど良かったです。


原村の星まつりは初日の開催前から行ったのですが、今回は途中からで、そのせいもあってか掘り出し物はあまり残っていませんでした。天気も決して良くはなかったのですが、その分いろいろな人と話すことができました。今回もとても楽しかったです。できれば来年もぜひ行きたいと思います。


胎内星まつりその2

C8のミラーシフトがどうにも我慢ならなくなってきたために、笠井トレーディングにてシュミカセ用マイクロフォーカス接眼部を発注しました。特に惑星撮影の時のピント合わせは実質往復で合わせ込むことができない状態なので、これでなんとか改善できないかと思っています。 

届いたものですが、結構高級感があり、ブレもなさそうで思ったよりしっかりしています。鏡筒に対して任意の角度で取り付けることができるのも便利です。モーターをつけることも考えていますが、まずは普通にマニュアルで使ってみることにします。

IMG_9445

とりあえず惑星の前に適当な星で試したのですが、ピントの調整がとてもしやすくなりました。惑星撮影でも期待できそうです。


 

ペルセウス座流星群の時の連続撮影もそうだったのですが、これまでTimelaps撮影の時など長時間撮影をしていると度々レンズが結露してしまうことがあったので、とうとう痺れをきらし夜露防止ヒーターを注文しました。

http://www.geocities.jp/tpkkagato/syouhin/hi-ta-.htm

のタイプ6MSPというもの。USBバッテリーもアマゾンでAnker PowerCore 13000というのを買ってみました。いちおうPanasonicのセルを使っているらしいのですが、安いので大丈夫なのかちょっと心配です。

IMG_9452

実際に届いたバッテリーは袋もついて結構しっかりしていそう。ヒーターもなんとか一緒に袋に入りそうで便利です。 とにかく一度使ってみなくては。

ここ何日か自宅から惑星を見ていますが、シーイングがあまりに悪いです。

https://www.meteoblue.com/en/weather/forecast/seeing/toyama_japan_1849876

を見てもほとんど1/5です。これは通常で言うところの1~2/10とかに相当するのでしょうか。ところでこのページのSeeingのindex 1と2の違いがわかりません。1はかなり現実とかけ離れている気がするので、普通は2で判断しています。

ADCのテストをしたいのですが、収差そのものは補正できるものの、シーイングの悪さで未だに7月30日の画像を超えることができません。今日も8時過ぎにはだんだん曇ってきたので撤収です。

2016年のペルセウス座流星群の最盛期は8月12日。

家族で能登半島の見附島キャンプ場というところに2泊しました。12日は最初の夜にあたり、近くの柳田村の星の観察館「満天星」というところのペルセウス座流星群の観測イベントに参加しました。キャンプ場から移動し、イベント開始の午後9時半頃に着き、早速撮影のセットアップ。ペルセウズ座はまだ上がってきていないので、カシオペア座あたりに合わせてISO1600で30秒露光で連続撮影としました。寝っ転がって空を見ると、地面が暖かいせいか私を除いて家族全員間もなく寝てしまいました。

撮影は途中レンズが曇ってしまったので、そこまでの写真を後日チェックしてみると、一枚綺麗に流星が入っていました。トカゲ座の頭から白鳥座の右側の羽にかけて、色を変化させながら流れているのが綺麗に写っています。他に何枚か流星痕らしきものが写っていたのですが、流星自身が写っていたのはこれ一枚でした。

IMG_4380b




月が0時前に沈んだのですが、そこからの天の川は圧巻でした。いつも見ている富山での空は北が明るいので、天の川は南しか見たことがなかったのですが、柳田では南から北にかけて天の川が一本はっきりと走っていたのがとても印象的でした。こういったのはAPSだと厳しく、やはりフルサイズの広角レンズを持っておく必要性を感じます。

結局午前1時頃までいたのですが、数十個は数えたでしょうか。満天星の職員さんとも少しお話しして、その日はキャンプ地に帰りました。キャンプ地でも街灯はあるのですが、天の川が南北にずっと見えたのは、やはりこのあたりの透明度が随分いいということを実感できました。

キャンプ最終日、自宅へ帰る途中で満天星に立ち寄って行きました。いくつか撮れた流星を見せて頂きました。建物と流星が入った星景写真がとても綺麗でした。D810Aで撮影したとのことで、やはり自分のでもフルサイズの広角で撮りたくなります。
 

昨日近所のお寺で観望会があり、そのお手伝いに行きました。近所で昔から星をやっている方がいて、その方に誘われました。

私はBKP200とC8を出しました。赤道儀は一台しか持って位なのですが、 誘ってくれた方がいくつも赤道儀を持っていたので、それ(VixenのSDX)に乗せていただきました。あまり操作法が分からなかったのですが、月くらいは導入できました。その方はC9と250mmのニュートン反射を持ってきていました。

この時気付いたのですが、BKP200に天頂プリズムを入れると焦点を取ることができなくなるみたいです。1.25インチの短いものでもダメみたいです。ニュートン反射は接眼部で距離を取れなくなるとは聞いていたのですが、実感しました。

あと、うちの下の子がこの間原村で手に入れた60mmの屈折を経緯台に乗せて、自分で導入して見せていました。土星とかも入れていて、他の子にもこうやって星を入れるんだと説明していたので。十分使いこなしているみたいです。

実は観望会で説明する側に回ったのは今回が初めての経験だったのですが、皆さんとても喜んでくれるのが嬉しかったです。今回は月と土星と火星とベガ、デネブ、アルビレオくらいでした。ウケがいいのはやはり土星や月です。恒星はやはりイマイチの反応でしたが、アルビレオはやはり全天一美しい二重星と言われるだけあって、すごくウケがいいです。特に土星や月と違って、知らない人も多いので、対照的な青とオレンジは初めて見る人にとっては印象的なのだと思います。

かくいう自分も昔柳田の満点星でアルビレオを見せてもらった時に、とても感動した口です。

途中ISSも見え、雲もほとんど影響無いくらいでしたので、十分満足できる観望会だったと思います。ただ解説の方は、知っている知識が限られているので、簡単な話しかまだできないのことも実感できました。焦らずに楽しんみながら知識が増えていけばと思います。


 

知り合いのつてで、日本流星研究会主催の流星会議というのに出席させていただきました。今年は富山での開催とのことで、全国から天文ガイドの記事でよく名前を聞くような流星の第一人者の方達が集まってきていました。

皆さんただの星に飽き足らず流星に行き着いたような人ばかりで、いろんなことに興味を持っていて、質問の嵐でした。私も星を始めたばかりだということで、懇親会の時には皆さんの面白い話が色々聞けました。この研究会の方たちは趣味というよりは研究に近いようなことをやっている方もたくさんいます。こういったハイアマチュアな人たちに支えられているのだなと感心しきりでした。

2016年の原村の星まつりは8月5日(金)から7日(日)まで。夏休みを取ったので、子供二人を連れて4日の木曜から歩いて会場に行けるくらい近くのペンションに一泊し、5日はペンションをチェックアウトし、朝から会場入りしました。土曜日に用事があったので金曜夜中までいて、朝4時くらいに帰宅するというハードスケジュールでしたが、原村星まつりとても楽しかったです。

そもそも天体観測を始めてから雑誌で星祭りというものがあるのを知り、忙しかったのですが無理してでも行ってみようと思っていました。遠かったのですが、家族旅行も兼ねていたので、十分に行った甲斐があると思えるくらい充実していました。子供が6年生と4年生だったので飽きないか心配だったのですが、紙飛行機やプラネタリウム作りなど、子供向けのブースも出ていたので、楽しんでいたみたいです。特に紙飛行機は下の写真にもあるのですが、娘の方が気に入ってブースの方たちといつの間にか勝手に仲良くなっていて、そのうちに他の子供達にも教えるくらいのめり込んでいました。またデジカメで星を写す初心者講座もあり、娘はこれにも参加していました。

天気は最初曇っていて心配だったのですが、そのうちに星空が見え始め、途中天の川もきれいに見えました。会場には65cmのドブソニアンをはじめ、垂涎ものの鏡筒ばかりでした。65cmくらいあると星雲に多少でも色が付くのかと思って、覗かせていただいたのですが、多少青い色が付いていたように見えました。 子供だとさらに色が見えるという話も聞きました。

望遠鏡も面白かったのですが、掘り出し物探しもとても楽しかったです。写真は数々の戦利品です。

まずは買ったもの。だいたい高かった順に並べてます。


IMG_9395

顕微鏡です。下の子の自由研究にと思ったのですが、結局他のテーマにしてしまいました。カタログ落ち品らしく安かったです。プレパラートセットも一緒に購入しました。


IMG_9394

欲しかったC8用の鏡筒カバーです。国際光器さんでたまたま一つだけあった中古のKENDRICK製のヒータ付きで、今では廃盤になっているものを手に入れることができました。これでやっと補正板の結露から解放されそうです。ちなみに私が国際光器さんのこの日の一番最初のお客だったようです。


IMG_9396

下の子用のSCOPETECHというところの入門用の6cmの屈折望遠鏡です。子供のためというのでアイピースをサービスしてもらいました。ファインダーの代わりに穴が二つ鏡筒に付いています。これで導入するわけですが、これなら子供でも簡単に扱えます。しかも経緯台なので、小学4年生でも十分に扱え、自宅に帰って早速火星や土星まで自分で導入していました。安かったですが、土星の輪もはっきり見えます。カッシーニの間隙もなんとか見えるくらいでしょうか。子供が気軽に扱うものとしては十分すぎるくらいです。


IMG_9400

「今夜、星を見に行こう」の作者の由女(ゆめ)さんが来ていて、本にサインをしてもらいました。娘がこの本をいたく気に入ったようです。由女さんは富山大の天文同好会出身で、我々も富山から来たと言ったらとても盛り上がりました。365シリーズは算数版を持っていたので、理科も今回購入しました。上の写真の中に写っている、下の天の川の写真は娘が参加したデジカメ初心者講座でもらったものです。


IMG_9393

天頂プリズムもちょうど欲しかったので、2インチ版を買いました。通販で買おうと思っていた値段の4分の1ほどでした。C8に直接つけられます。


IMG_9392

掘り出し物です。それぞれ300円から1500円程度です。初心者で持っていないものもたくさんあるので助かります。フリップミラーですが、何も書いていないですが、多分Vixen製です。


IMG_9399

ちょうど最新号の発売日だったので会場で買いました。



IMG_9397

バックナンバーも参考になるので集めています。ひと束なんと100円。


あとは貰い物です。
IMG_9398

なんと希望する人は無料で持っていっていいとのことでした。バックナンバーがすごく参考になるので結構大量にもらってしまいました。ありがとうございました。


IMG_9402

とてもよく飛ぶ紙飛行機です。娘がここのブースに入り浸っていました。お土産もたくさんいただいて、本当にお世話になりました。


IMG_9401

下の子が高校生のお兄さん、お姉さんに教えてもらいながら喜んで作っていました。5つの面を合わせたところの穴がちょうど星型になっていて北極星という、とてもよく考えて作ってあるプラネタリウムです。ライトにはスマホのLEDを使うとのことです。家に帰って早速押入れの中で上映していました。


IMG_9403

子供が由女さんのところでなぜかたくさんもらっていました。どうもありがとうございました。

とにかく初めての星祭りで、コンサートあり、抽選会あり(初日だけだったので何も当たりませんでしたが)、観望会ありで一日中楽しめました。途中下の子がお腹がいたくなり、事務室に薬をもらいましたが、その後調子が良くなりなんとか観望会までいることができました。どうもお世話になりました。紙飛行機ブースの方には娘が随分良くしてもらい、来年もぜひ会いましょうと約束しました。来年も時間を見つけてぜひとも行きたいと思います。

次は胎内星まつりです。


2017年の原村星まつりも参加しました。

 

このページのトップヘ