ほしぞloveログ

天体観測始めました。

2016年05月

実はカメラも全く詳しく無くて、でも昨晩綺麗な天の川を見たので、なんとか天体撮影はしたいので望遠鏡を買った後、同じくゴールデンウィーク中の5月3日に自宅近くのカメラ量販店で入門機のCanonのEOS kiss X7のダブルレンズセットを新品で購入しました。これは娘がためてあったお年玉を全額出して買ったので、所有権は娘にあります。

IMG_9594

実はバリアングルの液晶がついているX7iと迷ったのですが、iにするならどうせX8iがでています。でもX8iにすると値段が上がってしまうのと、X7はやはり軽いというのが特徴なので、娘が使うのにはいいと思い、この機種にしました。液晶の傷防止シールと、レンズ保護のクリアカバーを2つ同時に購入しました。

望遠鏡に取り付けるためにはまだ機材が足りないので、とりあえずは娘が3年生の時に作った組み立て式の天体望遠鏡がのっていた三脚を使って、カメラで星を撮ろうかと思っています。星だけを撮ったものを「星野写真」、景色も含めて星を撮ったものを「星景写真」というそうです。


望遠鏡を持って自宅以外での撮影をしてみようと思い、いろいろ遠征の場所を考えました。5月2日、明るいうちに下見をしたのですが、近くの楡原の山の中なら、夜になれば十分に暗く、道の途中の視界が開けている場所なら撮影ができそうでした。

IMG_9104


その日の夜、娘のNatsuと一緒に早速下見をした場所に向かいました。幹線道路から500mくらい入ったところで、高度は400mくらいです。自宅からは車で20分くらいでしょうか。結構気楽に行くことができそうです。

実際に夜に行ってみると、北側は視界が開けているのですが、街の明かりが北側になるのであまりいい状態ではないことがわかりました。南側は山の木が多少遮るのですが、それでも空は真っ暗で、自宅で見た天の川よりもはるかにはっきり見えます。

新しい望遠鏡にウキウキしながらセットアップを頑張りましたが、やはり自動導入には至らず、半マニュアルでの導入でした。それでもやっと赤道儀に電源を入れて動かすことはできましたが、結局アラインメントで上手くいかずに断念しました。今日は何とかモーターでの動かし方がわかったくらいで、昨日に引き続き木星を今回はモーターであわせることで見て終わりにしましたが、それでもすでに赤道儀で追っているのだと思いますが、昨日と違い視野からすぐに消えることはなく、木星をある程度の時間楽しむことができました。この日に初めて土星の輪を見ることができました。生まれて初めての、自分の目で見る土星の輪でした。

子供のころ、多分ケンコーのだと思いますが、口径5-6cmくらいの屈折望遠鏡と経緯台、三脚のセットを親がなぜか突然買ってきました。その時はまずは月を見てクレーターの綺麗さには驚きました。何度か恒星を見てふーんと思い、やっとの事で木星を見て、木星の縞が見えたような気がして喜んだのですが、同時にかなりボケていたので、こんなもんなのかと子供心に少し残念だったのを思い出しました。今思えば縞と思っていたのは単なる収差だったのだと思います。土星は場所もわからずに全く見るに至りませんでした。確か小学校の4-5年生だったと思います。結局望遠鏡はそれくらいで終わってしまい、とうとう星に興味を持つことができずに大人になってしまったのですが、それから30年くらい経ってやっと土星の輪を自分の目で見ることができたのです。かなり感動的でした。

結局、この日は23時頃までいたでしょうか。山の中はトイレがないのと、クマなどの危険があることもこの時になってやっと気づいて、帰路につきました。いい場所を見つけるのはやはりなかなか大変です。

それでもとりあえずやっと暗いところに行って望遠鏡を覗くことができ、それはそれで満足できたのですが、それよりも天の川がとても綺麗だったので、やはり一眼レフのカメラを持ちたくなりました。


やはり天体観測を始めるなら、赤道儀は欲しいと思っていました。しかもできれば自動導入付きのもの。

Vixenとかも勧められましたし、一応タカハシも見ました。さすがにタカハシは全く手が出なくて、結局選んだのは最大荷重が同クラスでは一番大きくて、自動導入も標準で付いているCelestron社のAdvanced VXです。精度がどうかという話もあるみたいですが、値段からいっても最初に手が出るのはこれくらいが限界です。

多分一昔前から考えると自動導入がついてこの値段というのは、考えられないくらい安くなっているのだと思います。でも鏡筒よりも赤道儀の方が高いとは正直あまり考えていませんでした。



 IMG_9425


実は30日に実家から帰る途中で高速で大きな事故があり、2時間ほど足止めをくらって、疲れ果てて夜遅く帰ったのですが、望遠鏡が気になって朝早くから組み立てを始めました。5月1日の昼すぎには一応組み上がって、その夜に早速庭に出してみました。でも初日なので充電に手間がかかったのと、結局赤道儀の電源の入れ方がわからず、フルマニュアルで木星を視野に入れて縞が見えたと喜んだのですが、当然のことながらすぐに視野から逃げていってしまいました。
 

4月30日、GW中に実家に帰った時に、せっかく都会に来たのでお店で何か見ようと思い、娘がカメラを始めたいと言い出したので、それならば星でも撮ってみようかという話になり、近くの天体ショップSCOPIOに行って買ったのがSkyWatcher社の200mmニュートン反射式望遠鏡BKP200/F800 OTAとCelestron社の赤道儀Advanced VX。在庫は無かったのですが、早く試したかったので展示品を少し安くしてもらいました。

BKP200は、たまたまお店に来ていた他のお客さんが使っていて、星雲などを撮った写真を見せてくれたのですが、ここまで撮れれば最初は満足すると思ったので決めました。値段も魅力でしたし、反射型というのが昔からの憧れだったというのもあります。

他に何が必要かあまり分からなかったのですが、お店の人に勧められてアイピースを、バーダープラネタリウム社のHyperionの13mmと5mm。24mmも必要と言われたのですが、予算も厳しかったのでVixenのもう少し安い20mmのやつを一つ。 Celestronの赤道儀用電源。最低限これで眼視はできますが、撮影はまだ一眼レフカメラを持っていないので、もう少しお預けです。

実際には昼にお店で下見をして、夜に購入となったのですが、お店でドブソニアンで木星を見せてもらい、縞がはっきり見えたのがとても印象的でした。 

この趣味がどこまで続くかわからないので、最初に娘と楽しむのにはこれくらいの機器が限界かなと思ったわけです。でも早く自分の目で見たくてその日はワクワクしながら実家を後にし、夜道を自宅へと帰りました。

このページのトップヘ