インフルエンザにやられてしまい、ずっと寝込んでいましたが、昨日あたりからやっと回復して来ました。昨日今日で、少し試したことを書いておきます。ちょっとした工夫で結構な進歩です。

一つはStick PCのワイヤレス接続の安定化で、アクセスポイントモードにならないのを解決したことで、こちらの記事の中に追記記事として書いておきました。

もう一つは、Stick PCにインストールしたStellariumからAdvanced VXで自動導入できるようにしたことです。これは以前やったのと全く同じことなので簡単でした。ただし、(もともと、CCDから出ているガイドケーブルを利用して自動導入もできないかという試みでしたが)シリアルケーブルを省くことはできないため、ガイド撮影状態から実質ケーブルは一本追加です。でもこれでリモートで自動導入ができるようになったようなものなので、よしとしましょう。


今日の本題です。以前ETX-60ATの記事を書いてから、だいぶん時間が経ってしまいました。 なぜこんなに間が空いてしまったかというと、手持ちの0.5倍のレデューサーが、ETX-60ATの可動範囲ではどうしてもピントが出ず、このままだと画角が狭すぎていまいち電視に向かないため、やる気が出なかったからです。ETX-60ATはもともと眼視用のアイピースで焦点が合えばいいように作られているので、当然のことながらレデューサーの使用なんかは全く想定に入っていないため、調整範囲がそれほど広くないことから起こる問題です。

今回のセットアップでピントを出すためには
  • 調整つまみがもう少し回って、鏡筒の(多分2枚玉なので)2枚のレンズ間の距離がもう少し縮まる
  • CCDをもう少しだけ望遠鏡の中に入れ込む
  • CCDの前に取り付けられるレデューサーをもっとセンサー側に近づける
などがあります。

なんとかうまい方法はないかと、手持ちのアダプターを色々組み合わせたりしたのですが、いずれも解無しで、最後はどうしても取り外せないアイピース取り付け口を切ってやろうかと、半ば諦め掛けていました。その過程でレデューサー自身を分解してみたのですが、中身は結構な厚みの2枚がさねの平凸レンズの形をしているということがわかりました。通常に取り付けると平側がCCD側、凸側が鏡筒側に向きます。これを見ていて、はっと思いつきました。凸側をCCD側に向けてやれば多少なりともCCDとレンズの距離は縮まるのではと。でも変わる距離としてはミリメートルのオーダー、これで効果はあるのか?とも思いましたが、結果は思った以上で、余裕で鏡筒の調整つまみの範囲内に無限遠でのピントが入ってきました。


ついでに気を良くして、ラジコン用のHe-NeバッテリーがEXT-60ATに使えないかも試して見たのですが、これも上々です。そもそも充電式の乾電池6本だと1.2V x 6 = 7.2Vくらいしか電圧が出ません。アルカリ電池ならまだマシなのですが、このために大量のアルカリ電池を用意するのもいまいちです。9Vの角型アルカリ電池も試したのですが、こちらは電流不足で、モーターの回転が始まると止まって、復帰してを繰り返します。ラジコン用He-Ne電池は公称7.2Vなのですが、実測は8.5Vくらいは余裕であります。今回試していないですが、Li-Poなら公称7.4Vで、実測はさらに高いです。何れにせよ大電流が前提の電池なので、こういった負荷が大きいモーター駆動には向いているようです。

とりあえず、やっとこれでETX-AT60の電視の準備が完了しました。あとは晴れるのを待って実戦投入です。またレポートします。