以前KYOEI大阪で購入した「低重心ガイドマウント」ですが、三脚側に取り付けるための穴が1/4インチのために、手持ちの3/8インチネジがついている三脚に取り付けることができないでいました。秋葉原に行った際に3/8インチのタップを買ってきたので、低重心ガイドマウントの下側の面に新たに8mmの下穴を開け、タップを切りました。

IMG_0777

 
写真は分解したものですが、手前のマウントの一番下のネジ穴が追加されています。 この状態でマウントして

IMG_0778

SWAT-200を取り付けて見ました。

IMG_0779

と、ここまでは順調だったのですが、マウントを取り付けたときと取り付けていないときに鏡筒部を揺らしてみると、揺れ幅はあからさまに違い、どうしても外乱に対する揺れが大きくなってしまいます。測定はしていないのではっきりとは言えませんが、少なくとも数倍程度には増えているように見えます。一桁大きくなっているようには見えません。

決してこのマウントが悪いと言っているわけではありません。このマウントはそのシンプルな仕組みから考えると相当丈夫です。ただ、やはりものが一つ増えれば接続点数も増え、当然たわみも大きくなってしまうのはある意味当たり前のことというわけです。そのため二軸微動の便利さを取るか、たわみの少なさを取るかのトレードオフとなります。これまでの経験から三脚の足の一番先のところで回転しての調整精度はバカにできないので、今回はたわみの少なさを優先して、泣く泣くこのマウントは外すことに決めました。

少しだけ定量的な評価です。


低重心回転マウントでの回転の精度は
  • 回転つまみでの調整精度: 1度くらいか
  • ネジのピッチ: M8ねじなので一回転1.25mm
  • 回転半径: 2cm程度
よって、回転角 θ = l / r (つまみを回したときの移動距離 / 回転半径)から0.00125m*1°/360°/0.02m = 180μdad = 0.01° = 36秒

となるが、以前Advanced VXの微動回転で出た精度が40秒程度なので、オーダー的にはこんなもんでしょう。

三脚の脚をずらすことによる回転の精度は

回転半径: 1m程度
足の位置をずらす精度: 1mm程度が限界か

より、回転角 θ = l / r = 0.001m / 1 m = 1mrad = 200秒 = 3分20秒

なので、5倍程度精度が悪くなります。以前足の微動で試したときは2.5分とかなので、オーダー的にも間違っていないと思います。

うーん、ちょっと悪くなりすぎるかもしれませんが、それでもたわむよりはマシな気がするので、とりあえずこの状態でしばらくテストすることにします。極軸を合わせながらがんばれば、今までの経験から1分くらいの精度で合わすこともできるので、まあなんとかなるでしょう。どうしてもダメなら2つの足の先に微動の平行移動の機構を持ってくることも考えます。