スターライトフェスティバルで12Vで5Ahのバッテリーを二つ手に入れたので、ヒーター用などで使おうと思っています。シールドタイプのバッテリーで液漏れとかはなく、冬の寒い時にも十分使えるという実績のあるものみたいです。

生のバッテリーなので、充電をどうしようと思っていたのですが、ラジコン用に売られている急速充電器が使いやすいことがわかりました。利点は
  • 早く充電できる。
  • フル充電を検知し、充電を自動的に止めるので過充電にならない。
  • どれだけの量を充電したかを知ることができるので、逆にどれだけ使ったかもわかる。
などです。以下、詳細を書いておきます。

私はMUCH MOREというメーカーの急速充電器を使ってみたのですが、ラジコン用に売られている一般的な急速充電器はメーカーこそ違っても、流せる電流値が違うくらいでそれをコントロースルルソフトはほとんどのメーカーが同じ開発元のを使っているようなので、メーカーに関わらず使えるはずです。注意するところは、Pb(鉛蓄電池)モードで充電できるかどうかということです。これさえサポートされていれば大丈夫でしょう。一万円以下のものでも十分実用的だと思います。

基本的には充電器をバッテリーを接続して、Pbモードで充電するだけです。

IMG_0234

一つ注意としては12Vのバッテリーの場合6セル(この場合6P)を選ぶことです。電流は大きければフル充電までの時間が短く、小さければフル充電までの時間が長くなります。例えば5Ahのバッテリーで5Aを選ぶと理論上は1時間で充電でき、7Ahのバッテリーで2Aを選ぶと7/2=3.5時間かかります。

IMG_0231

手持ちの充電器は5Aで充電、1.5Aで放電できるものです。今回購入した二つのバッテリーを充電してみると、二つともほぼ満充電された状態でした。 便利なのは、これらの充電器を使うと満充電がわかり自動で充電するのを止めるするので、過充電にならないことです。また、充電速度も速いはずです。

充電速度が知りたくて、試しにもともと使っていたCelestoronのPower tankもDC充電してみました。 スターライトフェスティバルで赤道儀とiPhoneの充電と、Macの電源用に4時間ほどフルに使っていたので、充電量は大分減っているはずです。実は、最初から付いていたACアダプターをスターライトフェスティバルでどうも無くしてしまったみたいで、それ無しで充電する方法を探るというという意味合いもあります。

IMG_0233

DC充電の場合はPower tankの背面にある赤と黒のコネクタに充電器を接続します。通常のACアダプターの場合はフル充電は1日近くほったらかしておきます。充電できたかどうかは緑のLEDが点灯するのでかかるのですが、DC充電の場合はそのLEDは点灯せず、そのためだけにACアダプターを(コンセントには挿さなくていいので)充電器につける必要があるみたいです。でも今回のラジコン用の充電器を使う場合にはフル充電はおろか、どれだけの時間がかかったか、どれだけの量が充電されたかもわかるので、そもそもACアダプターを挿す必要はありません(上に書いた通り無くなってしまったようなので、挿したくても挿せません)。

実際の充電時間ですが、手持ちの充電器で出せるいっぱいの5Aで試してみました。計算上は7Ahを5Aで充電すると、7Ah/5A = 1.4h = 1時間25分くらいで充電できるはずですが、常時5Aで充電しているわけではないので、実際には1時間42分かかって、4.5A充電できたところでフル充電になりました。もっと大きな電流を出せる充電器も売っているので、もう少し充電時間を短くすることもできますが、1日近くかかっていたのが、数時間で終わるので、これでも十分だと思います。

ただし、注意点がひとつ。一般的に充電時間を30分以内にすることはバッテリーの寿命を著しく縮める可能性があります。例えば、今回の7Ahのバッテリーだと、14Aで充電すると理想では30分で充電できますが、それ以上の電流で充電すべきではないということです。バッテリーの寿命を伸ばすためには1時間以上はかけて充電する方がいいみたいです。