ここの記事で、一眼レフカメラのライブビューで星雲を見ることができるかどうかということ少し書いたのですが、その後のコメントでHUQさんから情報を頂いたマジックランタンを、Canon EOS X5で早速試してみました。インストール方法などは他の解説ページに譲るとして、今回の目的は
  • マジックランタンの長時間露光機能をオンにしたライブビューで星がどこまで見えるか試す
というものです。

まずは現状確認として通常のライブビューでどのように見えるかですが、マジックランタンなしでのライブビューの画面をiPhoneで撮ったものが以下になります。実際に目で見た画面にかなり近い感じです。

IMG_0143



普段星の撮影をする方ならすぐにわかると思いますが、通常のライブビューでは、かなり明るい星がやっと見え、それを拡大してピント合わせが何とかできるくらいです。あいにく今日は薄曇りで、デネブ周りを撮影したのですが、ほとんど何も写っていません。少し定量的に示すとISO3200でシャッター速度1/8 = 0.125秒くらいまで、ISO6400でシャッター速度1/15 = 0.065秒くらいまモニターの明るさの変化が、目で見ての判断ですが、あるとわかります。すなわちISO x シャッター速度で400位までならモニターの明るさが変化し、それ以上はサチって明るさは変化しないということです。

次にマジックランタンのExpoというページのExpo. Overrideをオンにします。

IMG_0144


この設定で、少なくともライブビュー画面がこれまでよりもはるかに明るくなります。その時同じくデネブ周りの星をライブニューで映して、その画面をiPhoneで撮ったものです。

IMG_0141


マジックランタンの画面なので、はるかに情報上が多くなっています。ISO3200でシャッター速度4秒くらいまで、ISO6400でシャッター速度2秒くらいまで明るさが変化します。すなわちISO x シャッター速度で12800位までならモニターの明るさが変化し、それ以上はサチって明るさは変化しないということです。これだけ明るくなると、星を見てのピント合わせがずいぶん楽になります。

数値だけ見るとISOとシャッター速度の積が長時間露光なしの400から長時間露光ありの12800まで大きくなっているので、ライブニューの画面は32倍くらい明るくなることがわかります。ただし、空の状態が悪かったと言え、ノイズがひどくあまり見えたものではありません。決定的なのは次の画像で、これはこの状態で露光時間を10秒で撮った「写真」です。

IMG_0146


ISOが6400で露光時間が10秒なので、積は64000でライブビュー画面より5倍明るいのですが、ライブビュー画面よりはるかにたくさんの星が写っています。5倍明るいので、星の数が増えるのも当たり前だと思うかもしれませんが、何が言いたいかというと、たとえマジックランタンで長時間露光を設定したとしても、
  • 実際の露光時間分の積分をしているわけではなく、
  • あくまでモニター上の明るさを、これまで制限されていた部分を解除したのみであり、
  • 「ライブ」の名にふさわしく、リアルタイムで画面も動く
ということです。すなわち本当の意味での長時間積分露光ではないということです。

また、この長時間露光の機能はカメラについているモニター上では機能しますが、EOS Utilityを使ってPC上で見ると一番上の写真のように暗いままです。HDMI出力はモニターがないので試していません。また、SharpCapなどのキャプチャーソフト上からはカメラとしては認識されないようです。

というわけで、欲しい機能としては、
  • 本当の意味での長時間露光、すなわち露光時間分を積分した更新頻度にして欲しい。
  • EOS Utility上からもマジックランタンの効果が見えるようにして欲しい
  • SharpCapなどの外部ソフトからカメラとして認識されるようにして欲しい。
といったところでしょうか。(追記: 最初の二つは動画モードを使うことにより解決しました。)

結論としては、
  • マジックランタンの長時間露光機能はこれまでより32倍明るくなるので、星を見てピントを合わせる際には大いに役に立つが、
  • 今の所ASI224やRIなどの代わりにはならない
ということが言えるかと思います。


最後に、マジックランタンは他のページにもくどいほど書かれていますが、あくまで自己責任で試すソフトです。カメラが壊れる可能性があります。私も実際、短時間で2回ダウンして、反応が全くなくなってしまい、電源を切っても落ちずに、バッテリーを抜いてやっと元に戻るという経験をしました。最悪壊れても構わないという機器で試した方が無難です。