ほしぞloveログ

天体観測始めました。

その1からの続きです。


原村星まつりの2日目、朝7時過ぎに起きたのですが、しばらくするとメイン会場でなぜか突然「大じゃんけん大会」が始まりました。プログラムにはないのですが、ここら辺も原村らしくて楽しいところです。私はなんと2回も一番になりセロリを二つゲットしましたが、一緒に来ていたS君が私と同じく最後の二人まで残っていたので、結局S君にセロリを譲ることにしました。でもこれには落ちがあって、S君を送り返した時にセロリを持っていってもらうのを忘れてしまい、結局自宅にセロリが二束到着してしまいました。

この日の一大イベントはタカハシのジャンク市です。朝9時の開催に、8時半頃から並んで待機していて、みんなすでに殺気立っています。かなりのパーツが激安で出ていて、箱ごとに 100円箱、500円箱、千円箱、2000円箱などと値段が書かれています。周りの人の話によると1000円から2000円が一番得なのではとのことですが、私は完全に100円もの狙い。欲しかった微動ハンドルなど、かなりどうでもいいものばかり大量に手に入れました。9時ぴったりに始まり、それから相当の間すごい競争になっていたので、早々と退散し会計を済ませたのですが、他の値段のところにもまだかなり掘り出し物があったはずなので、もっとじっくり見たかった気もしました。

朝10時からは紙飛行機飛ばし大会です。NatsuもS君も参加しましたが、二人とも入賞はならず、残念でした。原村の星まつりはこういった子供が楽しめるイベントがあるのが特徴です。星マニアでない、一般の人が来ても楽しめるようになっています。

紙飛行機といえば、昨年の原村星まつりで子供が散々お世話になった、長野の紙飛行機研究会の主催の方と再会することができました。今回は研究会の方が2日目からの参加だったので、昨年みたいに入り浸るようなことはできませんでしたが、一年たってまたこうやって再会できるのはとても嬉しいことです。

午前中はいくつも店周りをしたのですが、特にSCOPETECHの店長に去年買った望遠鏡が子供がすごく気に入っている旨を伝え、今年は鏡筒と三脚セットが出なくて残念だった旨を伝えると、長野の小海で10月に規模はそれほどでもないけれども再び星まつりのようなことがあると教えてくれました。SCOPETECHもまた出店するそうです。日曜が仕事なので、この日に帰らなければならず、昼過ぎまで最後の店周りをして、星仲間たちにまた来年の再会を誓って会場を後にしました。


今回早めに会場を出た理由は、先月行った木曽シュミットの一般公開に行くためです。車を走らせること一時間半、木曽天文台に到着してまず出迎えてくれたのは名古屋大学の太陽風の観測装置です。

IMG_2440

手前の車と比べればわかりますが、とてつもなく大きいものです。写真だとわかりにくいですが、鉄骨と鉄骨の間にワイヤーが1000本ほど張ってあり、それで恒星からの電波を捉えるのだそうです。太陽風が吹くと太陽風のシンチレーションで電波が乱れるので、その乱れの解析から太陽風の密度や流速がわかるとのことで、まるで惑星を撮影している時のシンチレーションの乱れのような印象を受けました。

さらに先に車を進めると、木曽シュミットに到着です。前回来た時にお世話になった方達の顔も見えました。望遠鏡の解説もしてくれたのですが、人数がそれほど多くなかったので、マニア向けの説明会も行われていました。

IMG_2448


この時やっと勘違いに気づいたのですが、この日は夕方5時頃には一般公開も終わるだろうと原村会場を昼過ぎに出たのですが、なんと観望会が夜9時まであるとのことで、もっとゆっくり出ても良かったのです。それでも次の日仕事があるので、観望会はさすがに厳しいかとも思ったのですが、それほど悪くない天気に心がグラグラと揺れ、結局観望会の最後までいることになってしまいました。しかも電子観望機材まで出してしまってのフル観望会体制。その場で仲良くなったご家族といろいろ会話をしながら、月や星を見ることができました。

その家族はご夫婦と、5年生の女の子、多分3年生の男の子の4人で、松本から来たとのことです。この男の子が去年のサンタさんに望遠鏡をもらったとのことで、話を聞いて見るとVixenのポルタの80mmのようです。土星を見たら最高倍率でも豆粒みたいだったと言っていたので、ちょうど原村で数百円で手に入れた6mmのアイピースを一つ差し上げました。土星が少し大きく見えているといいなあと思います。このご家族とも来年の再会を約束して、観望会も終了しました。

さすがによる9時を回っていたので、手早く機材を片付けて、やっと帰路につきます。しかも高速もなく、S君を送るために高山経由で少し遠周りして富山に向かいます。S君の家に0時頃着いて、その後自宅に着いたのは午前1時過ぎ。S君もNatsuも車の中ではぐっすりで、二人とも車から降りるときは完全に寝ぼけていました。そのためでしょう、S君は携帯始めカメラと水筒を物の見事に車の中に忘れていました。

ほぼ丸2日の星ざんまい。とても楽しかったです。また来年も時間の都合がつく限り原村星まつりに参加したいと思います。


その3: 戦利品に続きます。









 

8月4日から原村で行われた星祭りに参加してきました。昨年に引き続き二度目の参加になります。

今回は中1の娘Natsuと、天文仲間の中3のS君と3人での参加です。駐車場が限られているので、当日朝早くつくために、富山を朝6時に出て、途中寄り道をしてS君を拾い、 朝10時前には会場に到着しました。その時点ではまだまだ駐車場は空いていたので、観望エリアのすぐ上の段に陣取りました。

IMG_2410


それでもお昼くらいになると駐車場もかなりいっぱいになって来たので、やはり午前のできるだけ早めに着くのがいいみたいです。

IMG_2415


観望エリアでは午前中からドブソニアンはじめ、幾つも個性的な機材が並んでいました。これを見るだけも原村に来た甲斐があります。

IMG_2414


到着直後はほとんど空いていなかったブースも、

IMG_2413

昼ころには徐々にオープンし始め、午後2時くらいにはほとんどのお店が開いていました。

今回面白かったのが、SCOPETECHのブースです。つい最近「星座望遠鏡」という名で、1.8倍という低倍率の単眼のモノキュラーを発売しました。単眼なのですが、すでに複数買われて双眼化している方がいるとのことで、店頭に参考品として並んでいました。私も一つ購入させてもらいました。40個持って来たそうですが、二日目の昼くらいにはもう数個しか残ってませんでした。

IMG_2424

ちなみに双眼のものは非売品でこれからも販売の予定はないそうなのです。他にも昔からの低倍率双眼鏡を集めてきて幾つも並べていました。見比べることもでき、NIKONのものは視野も相当広く、とても見やすい印象でした。是非一度これらを夜の星空で見比べて見たいです。下の写真にありますが、中にはドクロの模型にはめ込んだのもあり、実際に紐で顔に固定でき、大きな黒いレンズもあいまって、はっきり言って怪しさ満点でした。

IMG_2427

SCOPETECHのブースでは例年通り格安のアイピースなどが販売されましたが、すごい人だかりでまさに戦闘状態でした。去年買ったような鏡筒と三脚のセットを期待していたのですが、今年は数を持ってこなかったとのことで、手に入れることはできませんでした。昨年下の息子用に買ったものが大活躍したので、楽しみにしていたのですが残念でした。

もう一つびっくりしたのが、別の店ですが、PENTAXの口径150mmの巨大屈折が出ていたことです。鉄製で重量30kg位と、とても重いそうです。レンズに少し難ありで格安とのことで、開店前なのに店長から値段が出た瞬間に「買った」との声が。さすがにこれだけ大きいとEM500クラスがいるとのことで、買うことができる人も限られてきます。

IMG_2428


他にも先週胎内で実体顕微鏡を購入した業者が来ていたり、このブログで知り合ったヒロノさんはじめ、同じ富山から来ている、もう顔見知りになってしまった方など、胎内で会った多くの方達と再会することができました。HUQさんもいましたし、店は出していませんでしたがKYOEIのMさんともいろいろお話しすることができました。また、今回も隣の明治大学の天文部の学生や、Vixexという2シートの車に乗っている同じFS-60Qアニバーサリーモデルの方、ヒロノさんが紹介してくれた方など、多くの方と顔をあわせることができ、非常にたくさんの話をすることができました。

一方天気はというと、昼間はまだ晴れていたのですが、夕方からほとんど曇りで、雨がぱらついたとこもありました。夜にはほんのいっとき月がでて、わずか土星も見える時があって、ドブソニアンでは土星を一般の方にごく短時間ですが見せていたみたいでした。

IMG_2430


「みたいでした」というのは、私もその一瞬を狙って電視観望を披露していたからです。出した機材はFS-60CBにASI178MCを付けての月観察と、雲で月が見えない時にはASI224MCに16mmのCマウントレンズをつけての雲の薄いところでの星探しです。カメラを切り替えながら試していました。

さすが星まつりで、何人かの方が集まって来て、このカメラは何だとか、レンズはどうかとかいろいろ話が始まったのですが、一番楽しかったのは、こんなものが出て来るのはダメじゃないかと議論を振りかけてくれた人でした。相当昔からやっている方らしく、観望会ではアイピースで本物を見せてあげないとダメだという主張です。一方で他の方は、そんな難しいことを言わずに楽しめればいいのじゃないか(2017/11/22追記: ここで助け舟を出してくれたのが、11月に志摩の観望会を企画してくれたAさんだということが後にわかりました。)と、いろいろ議論になってきました。それぞれがそれぞれに思っていることを、時間を忘れて主張します。私も決してアイピースでの眼視を否定しているわけではなく、電視という方法も一つの手段としてあるのだということを示したいとか言っていたのですが、でもそういった主張をすることは実はどうでもよくて、こうやって全く知らない人なのに、星が好きというのが繋がりで、いろんな議論をできることが楽しくたまらなかったです。

星が雲に完全に隠れてしまった時は周りの景色や、観望エリアにいる人を写してデモをしたのですが、真っ暗なのにまるで昼間のように見えるCMOSカメラにみなさん驚いているようでした。

そうこうしているうちに雨がパラパラ降って来て撤収。12時頃まで晴れないかと待っていましたが、全く天気は回復せず、諦めて寝てしまいました。この頃でもメイン会場近くでも、駐車場の周りでも、まだまだたくさんの方が騒いでいました。

IMG_2431


午前2時に一度起きたのですが、曇っていたので諦め、再び午前4時前、薄明直前に起きると薄い雲の向こうに星がたくさん出ていました。もうペガススが空高く上がっていましたが、トイレに行って帰る途中で徐々に明るくなって来て、間も無く星も消えていき、もう一度眠りにつくことにしました。

 その2に続きます。

昨晩、関東から来ている知り合いの小学6年生の女の子がお母さんと一緒に自宅に来て、庭で望遠鏡でみんなで星を見る機会がありました。星に特別な興味があるわけでなく、普通の子供と同じく「わー見てみたい」という、ごくごく一般の子供だと思います。特に土星を見たいと思っているらしく、以前やっと行くことができた国立天文台の観望会では、たまたま天気が悪くて土星を見ることができなかったと悔しがっていました。

今回は子供はその子一人だけだったので、試しに最初からSCOPETECHの二つ穴ファインダーで自分で星を導入をしてもらいました。最初だけ慣れなかったのですが、ものの数分もするとすぐに二つの穴に通すことはできるようになり、そのあと20mmのアイピースで倍率40倍(鏡筒が800mmの焦点距離なので)だと、そのまますでに視野にターゲットが入っていて簡単に導入までできてしまいます。

まずは慣れてもらおうと、星の名前を言わずに「あの明るい星を入れてみて」と言って、木星を導入してもらいました。 40倍だと縞の認識が難しく、何の星かわかってもらえませんでした。次に9mmのアイピースで100倍近くにすると縞も少し認識できたみたいで、何となく木星とわかるようでした。でもまだピンと来なかったようですが、導入のいい練習にはなりました。

次に土星を入れてもらいました。これも「あの明るい星を入れてみて」と言ったので、土星とは告げていません。20mmのアイピースでの感想は「細長い星が見える」と言い、本人は土星とは認識できていません。

そうこうしているうちに、土星が雲に隠れてしまい、代わりに雲から月が出て来たので、月を導入してもらいました。20mmだと少し倍率が低いので、9mmにしてもらうとクレーターもはっきり見えて来て「すごく綺麗」と喜んでいました。

面白いのはここからで、また土星が雲から出て来たので、今度も土星と言わずにもう一度20mmアイピースで自分で導入してもらって真ん中に入れてから、9mmのアイピースに変えてもらって倍率を上げて見てもらいました。しばらくピントを合わせていると突然「わぁ土星だ!すごいすごい!ママ見て見て!」と大興奮で叫び出しました。やっと今見ているのが土星だとわかった瞬間です。初めて自分で土星を導入して、初めて土星をみて、初めて土星と認識できたわけです。そばで見ていてこちらも嬉しくなってきました。

その後、「上の明るい星(ベガ)も望遠鏡で見たい」と言い出したので、「もうできるはずだから自分で好きなのを見てみたら」と言って放っておいたのですが、やはりすぐに月に戻っていって、また月が綺麗だといいながら、だいたいこの日は解散でした。

この最後の行動も示唆に富んでいます。恒星はやはり点光源で違いが出ないので、すぐに飽きてしまいます。そして、月は子供にとってやはり何度も見る価値があるくらい、魅力的であることがわかります。クレータも珍しいし、うさぎの模様が拡大して見えるだけでも面白いのです。最近、一般の人向けの観望会を通して、意外なほど月に人気があり、また月を拡大して見たことがない人がいかに多いかということがわかってきました。

ところが、望遠鏡を手に入れた子供が、月を見て、惑星を見て、じゃあ次に何をしたらいいかは、子供自身もわからないだろうし、私もいいアイデアがありません。もちろんいい機材を持っていて、一眼レフカメラなんかも持ってたら撮影などに走ることもできるでしょうが、よほど興味が強い子でない限り、子供だけでその方向に行くとはなかなか思えません。

ちなみにその子は天の川を目で見たことがないらしく、「天の川を見て見たい」と言っていたのは一つのキーかもしれません。天の川は意外に望遠鏡よりも双眼鏡、しかも低倍率が楽しいということは知らないでしょうし、説明してもなかなか理解してもらえません。たとえ理解してくれたとしても、低倍率の双眼鏡を子供に購入してあげる親は一体何人いるでしょうか?普通は双眼鏡よりは、望遠鏡。望遠鏡のあの形は子供にとっては憧れなのです。

子供がどうやったら望遠鏡を手に入れたくなるか、性能や値段も含めて子供に適した望遠鏡まで、ある意味情報過多のこの時代にどうやったらうまくたどり着くことができるか、せっかく手に入れた望遠鏡を子供はどうやって長く楽しめばいいのか、いろいろ考えさせられます。

原村星まつりである方がこんなことを言っていました。「誰でも天文が大好きになる瞬間がある。そういった瞬間を経験した人が、今こうやって集まっているんだ。」

遠方から原村に来るくらいのマニアになる必要はないと思いますが、今回の土星が、この子にとって星が大好きになる瞬間になってくれると嬉しいです。

先日名古屋に行った時にスコーピオで購入したVixenのPolaris 80L (最初80Mかと思っていました)。口径80mm、焦点距離1200mm、木製の三脚にマニュアルの赤道儀が載っています。

店で見た時はそうも思わなかったですが、自宅で組み上げると思ったより大きいです。さすが1200mmだけあります。重さは大したことないのですが、三脚も大きく、持ち運びは思ったより大変です。

IMG_2408

大きく写っているのがPolaris 80Lです。これで三脚も一番短い状態です。すぐ左の小さく見えるのが胎内でジャンクで手に入れたMINI PORTA A70Lfですが、これも決して小さいわけではありません。

もともと誰か天文好きの子で望遠鏡が欲しい子に、格安で譲ろうと思っていたのですが、娘のNatsuが興味を持ったようで、名古屋の帰りの車の中で自由研究は赤道儀のモーター化にしようと話していました。それでもモーター化はドライバーの開発など中学生には難しいので、胎内星まつりでモーター専門のブースで相談して、余り物で作ったドライバーをいただけることになったのですが、到着は9月で自由研究には間に合いそうにありません。

今朝仕事に出る前に、娘と色々話していて、娘が突然重さで回したらどうかと言い出しました。そこでテーマが決まりました。「重りを利用した恒星自動追尾システムの開発」です。モーターの代わりに、何らかの重りを使って回転軸を回すというものです。これなら中学生でも挑戦できそうです。

と、ここまではよかったのですが、朝仕事に出る時「パパ、赤道儀分解して調べていい?」とかなんとか言っていたので、適当に「勝手にやり!」と答えておいたのですが、夜帰宅したら「今日赤道儀2回分解した。部品が余った。」とか、わけのわからないことを言っています。どうやら本当に全てのネジを一旦外して完全にバラバラに分解し、きちんと組み立て順序をメモしておかなかったので、組み上げる時に部品が残ったらしいのです。数えてみるとなんと6個も余り部品がありました。これでは分解ではなくて破壊です。

IMG_0145


私もまだきちんと見ていなかったので、余っている部品がどこに入るのかまったく見当もつきません。しかも微動ネジは赤緯軸は回転しますが赤径軸は空回り、目盛環はガタガタ、赤緯のクランプを締めても全く固定できず、赤経のクランプを緩めても半回転くらいすると硬くて回らなくなります。格闘すること2時間以上、パズルを解くような気分でやっと全ての部品がおそらく正しいところに戻りました。ガタもキツイところもかなり直りました。娘も赤道儀の仕組みを身をもって理解したようなので、まあ良しとします。

その後、21時過ぎから薄曇りでしたが月が出ていたので、庭から見える朧月をこの望遠鏡のファーストライトとしました。そこらへんにあった10mmのアイピースで見て見たのですが、見え味は決して悪くありません。F15なので多少暗いですが、月くらいだとちょうどいい明るさになります。収差もほとんど気になりません。

IMG_2407


問題は赤道儀がまだガタガタなこと、微動ハンドルが鏡筒の先側についてしまい、手が届かないなどです。破壊された赤道儀をまだとりあえず組み立てたレベルで、赤径、赤緯とも数度程度のブレがあります。月がなんとか導入できるくらいで、頑張って土星を入れようとしましたが、一瞬見えただけでガタのために通り過ぎて行ってしまい、二度と戻ってきませんでした。そうこうしているうちに雲に覆われて撤収しましたが、まだまだ調整が必要です。

こんな調子で本当に自由研究になるのでしょうか?

20178/2 追記: 次の日、再度間違ったネジの見直しとネジの増し締めなどしてほとんどガタガタもなくなりました。二日かかってやっと調整の仕方まで把握できました。全バラは機構の理解にすごく役立ちますが、やはり外したネジをきちんと覚えていないとダメです。

その2に続く



 

その5: 戦利品からの続きです。

胎内星まつりもいよいよ最終日、6回に渡った特集記事も今回で終わりです。

二日目夜中、0時過ぎにテントサイトに戻り、もう一度ディープスカイエリアへヒロノさんのドブソニアンを見に行きました。もしかして起きていたらと思ったのですが、さすがにほとんど誰も起きていなくて辺りは静まり返っていました2台のドブにはカバーがかけてあって、星は見えなくとも存在感たっぷりでした。仕方ないので戻ってテントに入ろうとしたのですが、テントの中は子供二人に占領されていたので、車の方がマシと思い車の中で眠ることにしました。午前1時を回っていました。

朝起きると、会場はすっかり片付いていて、ごく一部の業者がまだ後片付けをしている状態です。国際光器さんだけが最後まで営業していました。

IMG_2381


朝ごはんに会場でおにぎりと漬物を買って軽くすませます。テントとタープを撤収し、ゴミを指定袋に入れて会場に捨てた後、途中中条の町で少し食べ物を買って、富山まで帰ります。新潟富山間はたいした距離ではないので昼過ぎには無事に到着しました。

とても楽しくて充実していた三日間でした。来年も是非また来たいと思います。

さて、週末は原村だ。 

その4: 二日目からの続きです。


星まつり恒例の戦利品です。だいたい値段の順です。でも買い値は星まつり特価なので秘密にしておきます。


1. 去年の原村の星まつりで生物顕微鏡を下の子の自由研究用に買ったのですが、今回は同じ店(呑の店さん)で双眼実体顕微鏡を購入しました。倍率は低いのですが、両眼で見えること、立体のものでも拡大して見えるところが使いやすいみたいです。ケース付きなのもポイントです。子供は大喜びでした。星まつり値段だからこそ買えるのですが、定価販売だととてもじゃないけど子供用には買えません。

星まつりすごくありがたいです。実は去年は結局自由研究は他のテーマになって顕微鏡は使わなかったのですが、今年の自由研究こそは顕微鏡にすると大はしゃぎです。でもどうなることやら。

IMG_2385


2. 初日のテント設営後すぐに会場の方に店を見にいきましたが、開いていたのはまだ三基光学館さんだけ。店長さんとは前回のCANPで夜中まで盛り上がっていたので気軽に話すことができました。早速iOptronのd=80mm, f=400mmの屈折望遠鏡を購入しました。電視用に今はタカハシのFS-60Qを使っているのですが、電視は撮影などとは違って精度はいらないので、これだとちょっともったいないのと電視をしながらFS-60Qの方を撮影に使いたい時もあります。今回見つけたのだと、80mmで明るくなってしかも値段も安いので気楽に使えそうなのと、焦点距離が短いのが電視にぴったりなので購入を決めました。ファインダーもアイピースもついていないのですが、CMOSカメラを挿し、かつ電子ファインダーで運用するので全く問題ないでしょう。

三基さんでは他にアリガタプレートを30cmの長いのと10cmの短いのを二つ買いました。

IMG_2386


3. シュミットさんでAdvanced VXの三脚が特価で出ていました。Advanced VXは所有しているので迷いました。先日ヤフオクでNexter 4SEの架台だけを手に入れたのですが、アイピース置きプレートがついていませんでした。頑張ればアイピース置き単体で注文できるのですが、Advanced VXの三脚の付属のプレートと同じものなのに、値段が今回の三脚セットと同じくらいなので、それなら三脚付きの方がいいと思い買ってしまいました。これで一つしかなかったアイピース置きを使いまわさなくてすみます。

IMG_2399


シュミットさんでは他にもTravel Telescope(d=70mm, f=400mm)をジャンクで買いました。特価でも出ていたのですが、さらにそれの3分の1の値段でしかもアイピース付きです。アイピースだけでも元が取れます。

IMG_2392


4. KYOEIさんでVIXENのMINI PORTAの70mmがジャンクで格安で出ていました。微動ハンドルがないことと、レンズが汚いと言っていましたが掃除すればなんとかなりそうです。微動ハンドルをどこかで探すかすれば超お買い得です。

IMG_2387


5. ケンコートキナーさんでは50mmで7倍の双眼鏡を買いました。去年の胎内のオークションで落としたセレストロンの双眼鏡が12倍で倍率が少し高すぎたので、倍率が低いものが欲しかったのです。店で展示デモで使っていたものらしくて、一番の問題はキャップとケースと紐がないのですが、安いので手荒に扱ってもいい双眼鏡として使いたおしたいと思います。

もう一つはなんと三脚付きで1英世さんの望遠鏡セットです。24.5mmですがアイピースが3つもついています。その上なんと3倍バローも完全におもちゃクラスですが、星まつりのお土産で配るくらいでもいいです。実際3つも買っていたつわものがいました

IMG_2390


5. TOMITAさんではジャンクの超特価アイピースを買いあさりました。VIXENの4mm, MEADEの6.7mm, ノーブランドの10mmです。あと天頂プリズムとアリミゾも特価でした。スカイバードさんで6.3mmのアイピース。これらのものはジャンクの鏡筒と組み合わせて整備して、星好きな子に格安で譲ろうと思っています。あと安かったので国際光器さんで何かから31.7mmへの変換アダプター。

IMG_2394

6. 小物ですが、よしみカメラさんという宮崎から来ていた業者の、オリジナル商品のプレート付き水準器です。本来カメラと三脚の間に挟むものらしいのですが、Nexter 4SEの架台の水平出しに使えればと思っています。これは新品で結構な値段がしました。それでも星まつり特価なので割り引いてくれています。

もう一つは、ほんまかさんのところでラズパイを買いました。知識としてはあるのですが、実際にあまり触ったことがないのでお試しです。値段もお試し価格で助かりました。

IMG_2395


7. アストロアーツさんではマンガ版のギリシア神話の本を買いました。昔星ナビで連載していたものですが、持っているバックナンバーを単発で読むとよく分からないので、まとめて読みたくて欲しかった本です。昔は全くギリシア神話に興味がなかったのですが、星座の解説をするときにやはり知識として持っておこうと思ったのがきっかけで、今では結構ギリシア神話好きになりました。ゼウスダメですね。

IMG_2393


8. デジモノ市場さんで買ったUSB扇風機2種類です。LEDが光って、一つは時計、もう一つは任意の文字が出せます。下の子Sukeがどうしても欲しくて、どちらにするか散々迷って二つとも買ってしまったものです。自分のお小遣いで買うと言って、とりあえず私が立て替えたのですが、未だに返してもらっていません。初日に買ったのですが、二日目に行ったらもうなくなっていました。「あー買っといてよかった。」だそうです。結構高かったので早くお金返して欲しいです。あと、USBのLEDが安かったのと、多分ワイドトレードさんですが、レフライトも古い型ですが安かったです。

IMG_2391



9. 無料の品々です。PENTAXさんではアンケートに答えるとミニタオルがもらえました。ジオマテックさんではバネを二ついただきました。

他は抽選会の参加賞です。参加賞は子供と大人が分けられていました。子供はおとなしく並んで持って行ったみたいですが、大人の方はみなさん必死でした。子供を見習いましょう。

IMG_2396


9. 今回のパンフレットや、もらった資料などです。

IMG_2397


今回は安いものが大半で、あまりたいしたものは買っていません。週末に原村星まつりもあるので、節約です。ちなみに実体顕微鏡の定価で、顕微鏡を含んだ上のもの全部が買えるくらいの特価値段でした。大満足です。

その6: 最終日で終わりです。
 

その3:  初日の記事からの続きです。


胎内星まつり二日目、朝8時の段階ではまだほとんど店も開いていません。国際光器さんだけは、朝一で店を開けていました。昨晩はかなりの雨が降ったようなのですが、私はほどんど気づかずテントでぐっすりでした。

IMG_2355


会場で買ったいなりずしで軽く朝食をすませ、車で胎内パークホテルにある温泉に向かいます。ホテルの日帰り入浴は普段は朝11時からなのですが、星まつり期間中は朝9時から解放してくれています。さっぱりした後は中条の町中まで足を伸ばし買い出しです。足りなくなった氷などを追加し、昼食用にすき家で牛丼弁当を買い込んでおきました。そういえば会場はとても暑いです。朝方はまだましですが、昼間は汗だくになります。買い出しに行った時にだけ食べることができるアイスは、この暑い中、格別です。

お風呂と買い出しから帰ると、すでに全部の店が開いていました。

IMG_2356


二日目の今日がメインなので、特売品など並び朝から盛り上がっています。ジャンク1000円鏡筒まであります。この日は私も安いものばかり大量に買い込みました。

各ブースを見ていくと色々面白いものが出ています。五藤テレスコープではMark Xが展示されてました。発売開始は1976年、なんと40年以上前です。展示してあるのはまだ現役で動くそうです。私は実物初めて見ました。青色かっこいいです。

IMG_2374


完全自作のポタ赤を展示している方がいました。古い赤道儀のモーター駆動を考えているので、色々参考になりました。ドライバーはPICを使っているそうです。このあいだのCANPでお会いしたほんまかさんもSS-Oneを展示販売していて、PICがいいとおっしゃっていました。

会場にはいくつかドブソニアンも展示してありました。下の写真のドブは作りかけだそうですが、自作で60cmクラスです。本職が農具機械を作るような方で溶接なども全部自分でやるそうです。モーターは初日の記事で書いた外山電子のものを提供してもらって組み込んでいるとのことです。すごい!

IMG_2360


ドブといえば、少し前の名古屋天文三昧の記事でコメントを書いていただいたヒロノさんと、実際に会場で会うことができ、ディープスカイエリアでドブソニアンを見させていただきました。実はヒロノさんがほしぞloveログの看板を目印にテントサイトに来てくれた時に、私はメイン会場で展示を見ていたのですが、子供達が飛んで来て、「いまヒロノさんがテントに来てくれたよ」と言っています。もう林の方へ帰って行ったとのことなので、ディープスカイエリア目指して3人で歩いていると、ちょうど到着する頃にヒロノさんとすれ違うことができました。子供達の顔を覚えてくれていたみたいです。

ヒロノさんはなんと66cmのドブソニアンのオーナーで、車の中に積んである状態で見せて頂いたのですが、よくあんな大きいものが、分解してるにせよ、車の中に入るものだとびっくりしてしまいした。でもあいにくの天気なので、結局もう今回は外に出さないとのことで非常に残念だったのですが、その後再びテントサイトまで来てくれて、ドブソニアン出すことにしたので、見に来てくださいと誘っていただきました。実際に夕方頃見にいくと、大きなドブがでんと構えています。色々お話しさせていただくと、どうも去年の原村星まつりで、私も子供たちもヒロノさんのドブをのぞかせてもらっていたみたいで、去年すでにあっていたということがわかりました。しかも、その時私は大口径のドブソニアンなら星雲に色がつかないかと聞いて回っていて、子供なら色がつくかもと答えてくれた人がいて、その人がヒロノさんその人でした。また原村で今度は別の40cmを出すとのことなので、また週末に再会できるので楽しみです。

IMG_2375


ディープスカイエリアではほかにもドブソニアン仲間の方が何人会場に来ているとのことで、40cmのがもう一台、あとビノテクノの双眼望遠鏡の試作機が置いてありました。是非ともどれも実際の星を見て見たかったです。


午後2時から長岡技科大の航空部によるロケット飛ばし大会がありました。胎内星まつりではこんな子供向けのイベントもあります。子供向けと行っても、ロケット自身はかなり本格的なもので、中には音速を超えることもあるそうです。正確に数えていなかったですが、計10機近くのロケットを飛ばしていました。最後のロケットを会場の子供に発射ボタンを押してもらうということになり、なんと司会の小ゑん師匠が下の息子Sukeを指名してくれました。その時の発射の瞬間の写真です。

IMG_2367

「ボタンがすごく固かった」と興奮気味に戻って来ました。とてもいい記念になりました。長岡技科大の航空部の方達、どうもありがとうございました。

その後の午後3時からの抽選会では何も当たらなかったのですが、子供は参加賞をもらるとのことで、いくつかの景品をいただきました。4時からのオーディションも思ったほどめぼしいものがなく、不調も多かったのですが、唯一面白かったのが、日野金属時代のH-100型の反射望遠鏡を屈折型に改造したもので、反射鏡の位置にレンズが入っていて、接眼部を下側にしてお尻の部分を空に向けて実際に見ることができるそうです。某国産車のCMであった反射型のパロディーです。私も以前の記事でドラえもん映画の中に出てくる望遠鏡についてコメントしたのですが、ネタとして持っておくのは面白いかもしれません。それでもこれもオークションでは値段の折り合いが合わなくて不調に終わってしまいました。

このあとコンサートに移っていくのですが、ちょうど調整を終えたオオザカレンヂKeisukeさんが舞台から出て来たので、声をかけさせていただきました。オオザカレンヂKeisukeさんは昨年の福島のスターライトフェスティバルで、娘が生まれて初めての生の歌手のコンサートを見て、しかもCDにサインしてまで頂いて、すごく大喜びしてとてもいい記念になったので、ぜひ今年も会えたらと思っていました。声をかけると何と我々のことも覚えていてくださって、娘はすごく嬉しがっていました。実は娘がここ1-2ヶ月ギターを始めて、テントサイトでも練習がてら大声で歌っていたのですが、そのことをオオザカレンヂKeisukeさんに話すと、すごく励ましてくれました。

IMG_2376


夜のコンサートももちろん参加して、歌声に聞き惚れました。曲数は5曲ほどでしょうか、すごくいい歌ばかりです。「誕生日」という母親のありがたみを歌った曲を歌ってくれたのですが、この歳になったからなのか、すごく感動しました。オオザカレンヂKeisukeさんもやっとこの歳になってこういう曲をかけるようになったと言っていました。アンコールもかかって、カバー曲ということで井上陽水の二人のハーモニーも最後に追加で披露してもらえました。

実はもうメイン会場も終わりに近づいた0時近くに、オオザカレンヂKeisukeさんと少し話す機会があったのですが、残念ながら娘はもうテントで熟睡中で、わざわざオオザカレンヂKeisukeさんに待ってもらってまでして起こしに行ったのですが「よろしく言っといて」と言ったきりパタンとまた眠りについてしまいました。非常に勿体無いことをしたのですが、次の日娘に聞いてみたら全く覚えていなくて、何で起こしてくれなかったのかと怒っていました。実際、相当粘って起こしたんですけどね。仕方ないので私だけオオザカレンヂKeisukeさんとお話ししたのですが、やはり高1の頃にギターに夢中になって、多分うちの子も弾き始めの今が一番面白いのではないかとのアドバイスをいただきました。娘に直接その言葉を聞かせてやりたかったです。

時間は少し戻って、夜もメイン会場を回っていたのですが、もしかしたら薄曇りから星が見えるのではと思い、三脚にいつものASI224MCと広角で見渡すことのできる16mm、F1.2のCSマウントレンズをつけてFUJINONの双眼鏡がある西側の暗いエリアで見てみました。どこも雲が厚く、ほとんど何も見えないですが、時折少しだけですが薄雲のところがあり、何とか星が見えます。KYOEIのMさんに言ってKYOEIブース前でも試したのですが、レンズにフードがついていないので周りのブースのライトの迷光を拾ってしまうのと、しかも雲が時事刻々変化していて、星が見える時間はほんとに一瞬です。ちょっと諦めてまた暗いところに行って粘っていると、「少し位置をずらして建物の向こう側に月が見える」とどなたかが教えてくれました。CMOSカメラは相当感度がいいので、かなり雲に隠れた月でも余裕で見ることができます。目でかすかに見える月の入りと、CMOSカメラではっきり見える月の入りを周りにの人に見てもらって、こんなによく見えるのかと驚かれました。月の入り後の雲に反射した月焼けとでも言えばいいのでしょうか、綺麗な光がCMOSカメラだとはっきり見えます。

そうこうしているうちに、時折画面が星で埋まるくらいの薄雲の場所が出て来て、一時はCMOSカメラ越しに天の川を見ることもできました。一番いい時では裸眼でも夏の大三角が確認できる時がありました。それでもそんな状態は5分と持たず、夜中近くには雲で覆われたしまって諦めたのですが、その場に来ていただいた方には、多分合わせると数十人にはなると思いますが、何とか星を見てもらうことができました。星まつりに来て星が見えないのは何ともシャクではありませんか。目でほとんど見えない星空がCOMSカメラで見ると「こんなに星が見えるの!」と驚かれるくらい、十分なインパクトがあったみたいです。一般の方、マニアの方色々いましたが、天文好きな方にはどんなカメラを使っているかとか、レンズはどうだと色々質問されました。惑星用のカメラでここまで見えるということに驚かれた方が多かったのが印象的です。

IMG_2377


HUQさんとはこの時間帯何度も双方の場所を行き来しながら、お互いの電視で今見えた、見えなくなったなどと、盛り上がっていました。最後に片付けてHUQさんのいるSWATエリアに行った時にオオザカレンヂKeisukeさんがちょうどHUQさんの画面を見ていたので、そこで上のように話すことができたというわけです。

会場も0時を回る頃には人も少なくなって来ました。下の写真は午前0時半ころで、後片付けの真っ最中です。お店の人によると、今年は人が少なかったみたいです。例年ですとメインの時間帯には人が多くて端の方まで見渡すことができないのが普通とのことですが、今年はかなりスカスカだとぼやいていました。皆既日食で星まつりが一月早くなったからなのかもしれません。来年はまた元に戻るでしょうから、例年のにぎわいを取り戻すのかと思われます。

IMG_2379


会場を回りながら、今年もたくさんの星仲間と再会することができました。スターベースのS君は今年もボランティアで参加していました。去年の胎内で初めてあって、このブログでもなんども出てくるHUQさん、KYOEIのMさん、三基光学の店長のMさん、初日しか会えなかってですが三基以来のSさん、SS-oneのほんまかさん、オオザカレンヂKeisukeさん、このブログで知り合ったヒロノさん、他にもたくさんいます。また、今回知り合いになった方もたくさんいました。

とても楽しい星まつりでした。子供たちも大満足だったようです。もしかしたら今回あった人の中で、かなりの何人かの人には今週末の原村でまた会えるかもしれません。


今回の星まつり参加記、もう少しだけ戦利品のページに続きます。


その2からの続き

7月30日お昼、やっと胎内星まつりから富山まで、数々の戦利品とともに無事に帰って来ました。

IMG_2382

会場の様子はリアルタイムでTwitterの方で随時レポートしていましたが、ブログの方にもまとめておきます。

星まつり会場へは日本海東北自動車道の中条インターが一番近いです。うちの古いカーナビには中条インターまでしか入っていなかったですが、今ではもう少し先まで行けるみたいです。インターを降りて少し走ると、去年も食べた「たわら屋」があります。まだお昼には早かったので、今年はここでお弁当を買って会場に持っていきました。

IMG_2323


途中の道、会場まで10kmくらいの距離の中条の町にはイオンもあれば、ヤマダ電気、K's電気、コメリ、すき家などあり、車で移動さえできれば生活に困ることはありません。

IMG_2324



星まつり会場行く前に、会場すぐ近くの(頑張れば歩けるかも)胎内昆虫の家というところに寄っていきました。

IMG_2333


入館料が必要なのですが、思ったよりすごいです。今回は世界のカブトクワガタ展が特別展として開催されていましたが、常設展の標本も相当充実しています。一つだけ難点は、生きたオオゴキブリ(多分...。怖くて確認できてません。)が普通の昆虫のケースの途中に突然出てくるところです。怖くてそれ以降そこの通路は通ることができませんでした。

その後会場に移動し、昨年と同じ場所にテントとタープを設営した後、

IMG_2336

会場の方に店を見にいきました。(ここら辺のことは前回の記事に現地からリアルタイムで書いています。)開いていたのはまだ三基光学さんだけだったので、会場の偵察がてら自然天文館の方に行って3日間の通し券を3人分購入しました。これで暑い時は涼みに来れます。SHOWAの60cm反射鏡がありましたが、昼間なのでFS-102で太陽を見せてくれました。少し曇っていたのですが、プロミネンスを見ることができました。夜も何度か来ましたが、ずっと曇りで結局今回はここの60cmで望遠鏡で星を見ることはできませんでした。 

IMG_2338


お店は昼1時前で1件か2件、
IMG_2339


午後1時半頃で数件、
IMG_2341


午後3時頃で5-6割、
IMG_2343


午後5時過ぎで数件を除いてほぼ全店オープンといったところでしょうか。
IMG_2344


お店の人に聞いて見ると実際の販売のメインは二日目とのことで、特価品なども二日目を狙って出してくるお店が多いみたいです。それでもいいものは早い者勝ちみたいなところがあるので、初日の最初の方に来る価値はあるのかと思います。

各ブースには販売品だけでなく、たくさんのデモ機の展示があります。各社のフラッグシップモデルです。

IMG_2358

IMG_2351


特に目を引いたのはTOMITAさんが展示していた上の写真のハーモニックドライブ赤道儀です。大小2機種置いてあって、小さい方でもウェイト無しで10kg、わずか3kgのウェイトを追加するだけで18kgまで積めるそうです。それで本体重量はなんと4.7kgで、すごくコンパクトです。話を聞いたら、バックラッシュはやはり皆無とのことです。ただしピリオディックエラーは多少あって、それはPECやガイドで消すしかないみたいです。回転している時に手で回転を止めるデモをやっていましたが、全く手の力くらいでは回転を止めることができないくらいのトルクみたいでした。ビデオでの映像の中には1秒角よりかなり小さい誤差でガイドしている画面が出ていました。大きい方はまだこれから販売されるものの試作機のようで、大したデモはしていませんでしたが、ウエイトなしで20kg程度、ウェイトありで50kg程度まで載せれるそうです。組み立ては韓国でほぼ一人の方がやっているとのことで、納期が数ヶ月かかるかもしれないとのことです。値段もそれなりのもので、おいそれと買える値段ではないですが、究極的な赤道儀と考えればある意味コストパフォーマンスの高い赤道儀なのかもしれません。

ユニテックさんはSWAT展示中。外装はSWAT300と書いてありましたが、目盛環がついているSWAT310仕様になっているものも展示してありました。このブログでもおなじみのHUQさんもいつものBORG55と組み合わせたSWAT200を出していました。なんでも今回は機内持ち込みできるスーツケースに入る大きさというのがテーマとのことで、SWAT350は大き過ぎてスーツケースに入りきらなかったそうです。HUQさんのセットアップはかなり注目されていて、昼夜ひっきりなしに人が来ていました。天ガの取材もあったみたいです。

IMG_2359


外山電子ではモーターとドライバーを展示していました。娘のNatsuの自由研究の赤道儀のモーター化を相談したら、古い余っているモーターとドライバーを送っていただけることになりました。ただ、9月になってしまうそうで、自由研究には間に合わないので、やはりその前に何か見つけて動かす手を考える必要があります。

IMG_2361


夕方近くになり、夕食は持って来たコンロと肉で焼肉でした。今回初めて星まつりでまともな料理をしましたが、星の機材が多いので料理用の機材が制限されてしまいます。それでもレトルトの温めるだけのご飯を使うなど、簡単に済ますことで、手を抜きながらキャンプ気分を味わうことができました。


天気は来た時からずっと曇りだったり、雨がぱらついていたりもしたのですが、夕食をとっていると、隣のテントの同じく富山から来た方(去年コルキットの組み立てキットをいただいた方です)が望遠鏡を出し始めたので、空を見るとなんと晴れて月が見えています。そそくさと夕食を済ませて会場の方に行ってみると、各ブースが望遠鏡を出して、月を導入しています。

IMG_2346

徐々に暗くなって、多くのブースが望遠鏡で木星や金星を導入していました。それでもこの晴れ間は長くは続かなく、結局この時が今回の星まつりで一番の晴れ間で、その後は雲が厚くなりほとんど何も見えなくなってしまいました。

舞台の方では小ゑん師匠が天文ネタの落語を披露してくれています。下の子が面白いとすごく真剣に聞いていました。残念なのは記念撮影を逃してしまったことです。プログラムをきちんと見ておけばよかったです。

IMG_2354


この日は天気が悪かったこともあり、それほど遅くまで起きていなくて、0時前にはテントで眠りについてしまいました。まだまだ明日に続きます。



その1: 準備中からの続き

胎内星まつり会場に到着しました。設営して昨日の看板を飾りました。場所は胎内自然天文館の後ろのの道路側の、道路を挟んだ中州状になっている所の上の芝生です。

IMG_2336


この看板を見た方はお気軽にお立ち寄りください。

会場は徐々に店がオープンし始めています。三基光学館が一番初めにオープンしていました。

IMG_2339


早速三基光学館でiOptronの口径80mm、焦点距離400mmのアクロマートを星まつり特価で買ってしまいした。焦点距離が短いので、電視観望にちょうどよさそうです。

IMG_2342


他の店も午後2時を回って少しずつオープンし始めています。スカイバードさんも色々特価品を出しています。タカハシが赤道儀をセットしていました。SWATではこのブログでもおなじみのHUQさんがSWAT200にいつものすごいセットアップの準備をしていました。

現場の様子はTwitterでも随時アップしていきます。Twitterの使い方がまだイマイチよくわかっていないのですが、このリンクを押すか、Twitterで「ほしぞloveログ」で検索してみてください。


その3: 初日の様子に続きます。


 

明日から始まる胎内星まつりの準備をしています。娘が看板を作ってくれました。この看板を見たら声をかけてください。青いタカハシのFS-60Qでどこかで電視観望やっています。今回は私Samと中一の娘のNatsu、小五の息子のSukeでの3人で参加です。

IMG_2315


明日の朝一番で富山から移動の予定です。でも天気予報を見るとほとんど曇りみたいです。なんとか晴れてくれないかなあ。



このページのトップヘ