ほしぞloveログ

天体観測始めました。

娘のNatsuが自由研究ネタに火星を見たいというので付き合いました。昨日の大観望会できちんとまとめておけばいいのにとか思いましたが、まあ仕方ありません。

とりあえず最初は気軽にSukeの愛機SCOPETECHで見たのですが、焦点距離800mmで20mmのアイピースだと小さすぎ、6.3mmでやっと面積の中を見るくらいにできました。それでもやはり赤一色。火星フィルターも焼け石に水でやはり効果はありません。スケッチしようとしていたのですが、「赤丸で何を書けばいいのけ?」とあきらめ気味。

仕方ないのでC8でもう少し見えないかと頑張りましたが、眼視ではやはりどうしても縞があるようには見えません。火星フィルターを入れてなんか中心に黒いものが見えるような、見えないような、でもやっぱり気のせいかな?というのも、前回と変わらずでした。

どうしようもないので、結局CMOSカメラを持ち出すことになりました。 さすがにCMOSカメラで見るときちんと黒い部分が見えます。PCの画面をスマホで撮影して満足したみたいです。スケッチは結局写真を写すのかな?

並行してもう一つ自由研究ネタを進めているみたいです。自宅から天の川を、愛機X7で30分ごとに撮り続け、夜が更けるにつれて暗くなっていくのと、月明かりが22時頃から出てくるので、それで天の川がどれくらい見えかたがわかるかを調べるみたいです。午前1時になった今も撮り続けていますが、もう相当眠そうです。「もう寝たら」とか声をかけたら、意地になって「朝まで撮る」とか言っています。もうそろそろ寝ればいいのにと、親心には思ってしまいます。


私はついでに土星と火星の撮影。なんか思ったより綺麗に出ます。シンチレーションがいいのでしょうか。相変わらずC8とASI224MCでのお気軽撮影ですが、土星は今までのベストが去年の牛岳での撮影なので、パッと見ただけで今回が完全に自己ベストです。

2018-08-01-1347_2-RGB_lapl8_ap16_RS_PS_RS_RS
富山県富山市下大久保 2018/8/1 22:46
C8 + X-Cel LX 3x Barlow + CGEM II + ZWO ASI224MC
F30, 20.0ms, 50fps, gain 420/600, 2500/5000 frames

初めてカッシーニの間隙から後ろの中心星が少しだけですが映りました。これも目標の一つでした。極の形はまだですが、いつか目指したいと思います。ちなみにASI290MMでL画像も撮ったのですが、いまいちカラーとあまり変わらないようで、撮影した画像はお蔵入りです。以前の解析だと、確かに口径20cmの場合ASI224MCで十分解像度なはずなので、差が出ないのは当たり前なのかもしれませんが、少し残念です。

火星はというと、多分ピンボケだったのでしょうか、片側が二重になってしまいました。チェックしたら動画の時点で2重っぽく見えていたので、画像処理ではどうにもなりませんでした。模様のほうは画像処理の慣れのおかげが、少し細かくなった気がします。

2018-08-01-1330_0-L_lapl8_ap11_RS_RGB
富山県富山市下大久保 2018/8/1 22:29
C8 + X-Cel LX 3x Barlow + CGEM II + ZWO ASI224MC
F30, 5.0ms, 127fps, gain 300/600, 2500/5000 frames

あさって金曜の朝に原村星まつりに向けて出発なので、明日は荷物の詰め込みです。今年は昼は10cmのPSTと、夜はAZ-TZiの電視観望かと思っています。
 

今日は7月31日、火星の最接近です。各地で観望会が行われていることと思います。富山も多分にもれず、科学博物館による大観望会が開かれました。来客数はきちんと数えていないですが、20時からの1時間で300人を超えたというので、22時までだと500人くらいかと思います。

さすがにこれだけの人数だとなかなかさばき切れないので、というよりも駐車場が溢れかえるので、望遠鏡を覗いた人から「火星大接近2018観察証明書」を受け取り、帰っていくような仕組みのようです。

県天からは会長のKさんはじめ、いつもの主力メンバーを中心に、10台程度の望遠鏡が並んだでしょうか。かくいう私も昨日準備したC8で参戦し、しかも今回は、他に惑星専門の人もいなかったせいか、CMOSカメラの映像を大型プロジェクターに映し出すという大役を担うことになってしまいました。平日で仕事のため少し遅れて19時近くに到着したので、ほとんどのメンバーの望遠鏡は既に出ていて、あとは自分の準備ばかりで、他のメンバーの様子を伺っている暇もないくらいでした。

というのも、プロジェクターの入力がVGAだったのですが、私は普段Macで、CMOSカメラを使うときはBootCampからWindowsを立ち上げています。この状態で外部モニターをつなぐのは、実はHDMIしかやったことがないということに、なんとその場でやっと気づきました。もちろんVGAアダプターは持っています。でもこれWindowsではうまく動かないみたいです。とにかくWindowsからプロジェクターを認識しないので、仕方なくMacを立ち上げ直し、まずはケーブルとかの接続がうまくいっているかの確認。Macからだと問題なくプロジェクターに映し出されるので、やはりアダプターはWindowsから動かないと判断。その後VirtualBoxからWindowsを仮想で立ち上げてカメラを認識させました。ラッキーだったことに土壇場でやった仮想からのカメラの接続も、きちんと認識されて、無事にWindowsの画面をプロジェクターに映し出すことができました。ただし負荷が大きくなるとカメラの画面の更新度が遅くなるみたいです。

かなり焦ってしまってヒヤヒヤでしたが、映し出した後は特に問題なく、火星が出て来るまでは木星や土星を導入して、大スクリーンに映し出しました。今回カメラはASI294MCを使いました。広角で見えるので、焦点距離2000mmでもそこそこ簡単に導入できますし、多少極軸が狂っていても、ずれて画面がから飛び出すこともありません。ただ、拡大しすぎるとさすがにジャギーが目立つので、途中3倍のバローレンズを入れたりしました。

IMG_4978
忙しくて、気づいたら撮っていた写真はこれ一枚でした。

やっと落ち着いて、ふとまわりを見てみると、ものすごく長い行列ができています。一列に並んで、10台くらいの望遠鏡で、空いた望遠鏡が出ると順番に見に行きます。ですが、見た人から順に証明書をもらうというものなので、火星が出ていないと全然列が進まないのです。しかも火星は前半はまだ多少顔を出しましたが、後半21時過ぎくらいからでしょうか、雲に隠れて全く見えなくなってしまいました。なので列がなかなか進まなく、長蛇の列ができてしまいます。そう言った意味でも、大スクリーンは列にいる間も見ることができるので、多少のヘルプになったかと思います。同時に、天文台職員さんの解説があったりするので、意外に飽きずに並んでいることができていたみたいです。

実は要領のいいお客さんは、列に並ばずに私の周りにずっといて、PCの画面を見ながら色々、私とも会話を楽しみながらまったり過ごしていました。CMOSカメラではかなり拡大できるので、土星の輪も、カッシーニの間隙も、火星の縞もその場である意味解説付きで見ることができます。画面をスマホのカメラで撮る人もたくさんいました。その時の様子も大スクリーンには映し出されるのですが、その時の会話はその場にいた人とのみでした。意外にマイクとスピーカーで流したら、面白い会話になるかもしれません。あ、でも導入がうまくいかなくて戸惑っていた時のも全部流れると、さすがに恥ずかしいですね。こんなトラブルの時、この間家に来たY君が手伝ってくれました。Y君とはコスモス天文台の時もそうですが、イベントでちょくちょく会うことができます。原村も行くとのことなので、また週末に会うことになります。

途中少し休憩してSukeを見に行くと、何とそこにもまたメインの列とは別の長蛇の列が。愛機SCOPETECHで、経緯台の微動ハンドルのみで、ものすごい数のお客さんをさばいています。多分一人で100人以上に見せていると思います。自分の望遠鏡で慣れているとはいえ、ひたすらズレを経緯台で追いかけるのは並大抵ではありません。解説もうまくできているようで、さすがに今回は少し感心しました。と思ったら、最後にスタッフに配られたアイスを食べまったらしく、「5本も食べたんだって!?」と聞いたら「5本は食べてない!」とのこと。一人で4本も食べたみたいです。相変わらずアホ丸出しです。

いつもの仲のいいMさん一家や、Sさん一家も来ていて、Natsuもみんなと話せて十分楽しめたみたいです。Sukeの学校の友達も来ていたみたいですが、Sukeはずっと忙しくて相手ができなかったみたいで、ちょっと残念がっていました。

さすがに大観望会の名にふさわしく、富山でこれだけの天文に興味を持ってくれている人がいるとわかっただけでも、お手伝いした甲斐がありました。私の中で観望会は、星を楽しむことの結構な部分(30%くらいか?)を占めています。今回もとても楽しかったですし、すごくやりがいもありました。子供達の夏休のイベントの一つにもなりました。夏はまた時間の許す限り、イベントなど手伝おうと思います。

追記: 今回撮影した映像がKNBテレビのニュースで使われました。昼間と夕方流れたようです。私は夕方のものは生で見ることができました。

7月31日は火星大接近。地元の富山市科学博物館でも大観望会が開かれます。

私もC8を持って参戦するため、前日に実際の機材をセットして最終チェックです。最近はMEADEの250mmをずっと触っていたので、C8は久しぶりです。とにかく軽い。20cmと口径は少し落ちますが、 随分と軽く感じます。あと、MEADEよりよく見える気がします。多分解像度の差ではなくて、光軸調整なのかと思いますが、未だにMEADEで満足に光軸が合ったと思えたことがありません。一方C8はかなり以前に気合を入れて合わせて綺麗に見えて以来、ほとんど微調整のみです。今回アイピースで見ても、星々がものすごくシャープに見えました。

この日はシーイングが良かったのもあるのでしょう。肝心の火星も綺麗見えていました。ASI224MCでちょっとだけ撮影してみましたが、砂嵐の影響がまだあるにもかかわらず、だいぶん模様が出ました。さすが最接近時です。結構気楽に撮ったのですが、私の中ではこれまででベストの火星です。

2018-07-30-1441_9-L_lapl8_ap20_RS
富山県富山市下大久保 2018/7/30 23:42
C8 + X-Cel LX 3x Barlow + CGEM II  + ZWO ASI224MC
F30, 5.0ms, 70fps, gain 330/600, 2500/5000 frames

それでも眼視だと模様を見るのは辛く、本当にうっすらと何か黒っぽいところがあるかな?でも気のせいかな?といったところで、やはり砂嵐の影響はまだまだ出ているようです。

ついでにせっかくなので、先日購入したCelestronのMars Observing Filterを試してみました。 まずは眼視です。全体が紫っぽくなるのは、緑波長を透過させないというフィルターそのものの特性です。肝心の火星の模様ですが、フィルターなしで見えなかったのが、フィルターをつけると期待も混じってかほんの心持ち黒っぽくなるような気もしました。でもまあ、はっきり言ってしまうと誤差の範囲かと思います。そもそも3倍バローと20mmのアイピースで見ていたのですが、まだ明るすぎる気がします。模様が薄いので明るさに負けていると言うような意味です。

一方CMOSカメラにこの火星フィルターを取り付けて見てみました。比較してみます。最初がフィルターなし。
IMG_4975


次がフィルターありです。
IMG_4976


画面を撮影したものを比べても分かる通り、CMOSカメラの場合はフィルターをつけた方が明らかに黒い模様が見えやすくなったと「最初は」思いました。それでも、やはりこのフィルターは本質的には緑を落としてコントラストを上げているので、フィルターなしでCMOSカメラのカラーバランスを崩して緑を相対的に減らすと、同じようにコントラストが上がって見えます。また、フィルターをつけた状態で、カラーバランスをいじって相対的に緑をあげると、やはり同様に見にくくなります。

ここで色々と考えさせられてしまいました。まずカメラは人間の目に比べて圧倒的に多機能です。
  • 光を蓄積することができる
  • 光を減らすこともできる
  • 色に対して感度がいい
  • 色のバランスを変えることができる
などです。その代わりにピクセル分解能からくる制限で
  • シャープさを失う
と言う決定的な弱点もあります。
  • ダイナミックレンジが小さい
と言うのも弱点の一つでしょう。

一方、人間の目はなかなか調整が効きません。今回の火星観測フィルターを使うことで、人間の目に対して、ある特定の波長の透過率を変える機能を手に入れることができ、色のバランスを変えて、結果としてコントラストを上げていると言うわけです。そこでなのですが、果たしてこの「見やすくするためにカラーバランスを変える」のはアリなのか?と言うのが今回考えさせられたことです。

多分普通は、カメラを使った天体の撮影でカラーバランスが取れていない場合、おそらく非難ゴウゴウでしょう。実際、カラーバランスが取れていないのと、カラーバランスをあえて崩すのは違うことかと思います。なので疑問としては、「カメラでカラーバランスを変えてまで写りを良くするのはアリか?」ということなのかと思いますが、眼視でこれが認められるならば、カメラでも認めざるを得ないのではと言うしかないと思います。もちろん撮影をして残るような画像のカラーバランスがずれているのはあまりいただけないですが、普通の観望会でのアイピースを使った観望や電視観望で一時的に見るときに、カラーバランスをずらしても見やすくするのはアリなのだと思わされた一件でした。

今書いてて思いましたが、この考えがSAOカラー合成とかにつながるのでしょうかね?なんかちょっとフィルターを使った撮影も興味が出てきました。


とりあえず結論としては、電視に使うCMOSカメラは高機能すぎて、火星フィルターでできるようなことは標準の機能でできてしまう。なので、この火星フィルターは眼視限定ということが言えると思います。

あと、どうもこの火星フィルターは(一部の波長を)「暗くする」ことでコントラストを上げているので、明るすぎる鏡筒よりも、もう少し口径の小さい屈折とかで見る方が適しているのかもしれません。本番の観望会では、SukeがSCOPETECHの6cmを持っていくので、意外にそちらの方がこのフィルターが生きるのかもと推測しました。今晩試してみます。


 

つい先日KYOEIで購入してきたAZ-GTiのファーストテストです。

とりあえず試した感触を一言で言うと、これものすごくいいです。前回の記事の繰り返しになりますが、
  • 軽くてコンパクト
  • 安価(実売3万円程度)
  • ワイヤレスでのコントロール
  • 自動導入可能
  • 電池駆動可能
と、カタログなどからわかるスペックだけでも電視観望に十分使えそうです。

実際のテストですが、この日は日曜日、月食の興奮も冷めやらぬ満月のわずか2日後で、あいにくまだまだ空は明るすぎるので、機材テストにはもってこいでしょう。


器材などの準備

AZ-GTiを日本で購入した場合、サイトロンジャパンが付属した日本語のマニュアルが同封されるようです。マニュアルをよく読んで、まずは事前準備とし必要な物は
  • 単3電池8本を入れることと、
  • コントローラーとしてスマホかタブレット端末を用意しておくこと
くらいでしょうか。あ、もちろん鏡筒とか、アイピースとか、カメラは必要ですよ。

あらかじめスマホやタブレットにアプリをインストールしておきます。アプリはSynScanという名前で無料、Pro版と簡易版があるようです。今回はPro版を使ってみました。

私は今回は三脚とハーフピラーが無い、経緯台単体バージョンを買いましたが、ハーフピラーは秀逸だそうです。そもそもアリミゾ部分が経緯台本体からあまり離れていないため、鏡筒の高さや長さによっては下の三脚に当たってしまう恐れがあります。ハーフピラーはこの干渉を防ぐためにセット販売しているとのことです。しかも強度が相当あるとのことで、これ単体でも手に入れておく価値があったかもしれません。セット付属の三脚は一般的なもので、もしかしたら少し弱いかもという話でした。

今回のセットアップはAZ-GTiをGitzo GT3840Cをシステマティック化した三脚に載せています。鏡筒は電視観望用にFS-60CBに、CMOSカメラでASI294MCを取り付けています。

IMG_4972

上の写真を見てもわかりますが、ものすごくコンパクトになってかなりいい感じです。

私の場合は下の写真にあるように、アリガタプレートからアルカスイス互換プレートに変換するためのアダプターをつけているので、鏡筒がアリミゾから少し浮いた状態になっているため、三脚との干渉はあまり問題になりませんでした。それでも、もっと安定度を求めるためにGitzo三脚をさらに開いて使おうとすると、カメラ部分などが当たってしまうかもしれません。なので、ハーフピラーは持っておいてもよかったかもしれません。

IMG_4951



初期セットアップ

最初のセットアップポジションは、鏡筒を水平にして、さらに鏡筒が北に向くようにします。これがAZ-GTiのデフォルトの初期位置です。MEADEのEXT-60ATとかも同じような方式をとっていました。

その際、AZ-GTiの上部についている水準器を見て水平をきちんととることが初期アラインメント、ひいては自動導入にとって重要になります。これが狂うと、初期アラインメント時に星を最初に視野に入れるのにズレが出てしまい、星が見つからない、補正が大きくなることなどにつながります。水準器を見て少なくとも泡が中心に来るくらいまでは、一番最初に水平度を合わせるのがコツかと思います。

もし鏡筒側に水準器がついていると、さらにいいかもしれません。私の場合は下の写真のようにアルカスイス互換アダプターについている水準器を利用して、初期アラインメント前に鏡筒の初期水平度をとっています。これによって初期アラインメントの一発目の星の導入確率がかなり上がりました。

IMG_4954


北向きにする際に、どちら向きに望遠鏡をセットすればいいのか最初戸惑いました。AZ-GTiに対して右に鏡筒の先をつけるのか、左に鏡筒をつけるのか2つの自由度があります。マニュアルを見れば一発なのですが、AZ-GTiがL字に見える方向から見ると、鏡筒のアイピース側が手前に来るように(2018/10/24追記: ファームウェアを赤道儀にもなるバージョンに変更すると、経緯台モードで使うときにこの向きが逆になるようです)取り付けます。これを間違えると、初期アラインメント時に鏡筒の先が下を向いていくことでしょう。



接続開始

さて接続ですが、AZ-GTiの本体の電源を入れて、AZ-GTiが持っているルーターのWi-Fiにスマホやタブレットから接続します。この際、スマホやタブレットの方であらかじめWi-Fiの接続先をAZ-GTiのルーターの方に「先に」接続しておかなければ、いくらアプリでAZ-GTiに接続しようとしても、接続することができないので注意です。アプリ側でいったんAZ-GTiと接続が確立すると、アラインメントなどの操作ができるようになります。またパスワードなどの設定も、いったん接続が確立した後に「設定」アイコンからできるようです。パスワードを設定しておかないと、アプリを稼働させているほかの人からも簡単に接続されてしまうので、誤動作を防ぐためにも注意が必要です。

アプリはきちんと日本語化されているので、あまり戸惑うことはないでしょう。アプリを使って実感したのは、スマホ側の時刻や位置情報をそのまま使うので、通常の赤道儀の初期アラインメント時にあるような、緯度経度設定だとか時刻設定を全くすることなく、自動的に設定されるのがものすごく楽なことです。



初期アラインメント

自動導入の準備として初期アラインメントが必要になります。「アラインメント」アイコンをクリックします。経緯台なので、赤道儀の場合と違って極軸合わせは必要ありません。これは初心者にとっては大きなアドバンテージになると思います。アラインメント方法は、通常の2スターアラインメントに加え、簡易な1スターアラインメント、精度が上がる3スターアラインメントなどが用意されています。

1スターアラインメントは本体の水平度(鏡筒の水平度の誤差は最初の導入の時に打ち消してくれる)の精度がそのまま自動導入精度につながるので注意が必要です。水平度さえ出ていれば、後は方角の誤差のみなので、適当に左右に振ってやればターゲットが見つかるはずです。実際の操作は「1スターアラインメント」アイコンを押してから、ターゲットの星がリストアップされるので一つ選びます。「アラインメントをはじめる」ボタンを押すとすぐに導入を開始します。いったんモーターが止まったら、ターゲットが視野の中に入っているか確認します。視野の中にターゲット天体があれば、そのまま視野の真ん中まで矢印ボタンで持っていきます。視野に入っていなければ、少し大きめに動かして視野に入ることを確認して、うまく真ん中に持ってきます。

真ん中までターゲットを持ってこれたら、矢印ボタンすぐ上の丸星マークのボタンを押します。この時、丸星マークがうまく押せない時がありますが、これはバックラッシュが残っているからで、矢印ボタンをよく見ると淡く色がついて点滅しているのに気づくと思います。この点滅している方向をクリックすると、バックラッシュが除去でき、やっと丸星ボタンが押せるようになります。なかなか芸が細かいですね。

木星で1スターアランメンントを試して、土星とか星を自動導入してみましたが、水平度が出ていればそこそこの精度で実用になります。逆に水平が出ていないと、最初にターゲットを入れるのも大変ですし、それ以降の自動導入の精度が全く出ません。なので水平に自信がない場合には、ワンスターアラインメントは避けて、これ以降の複数の星でのアラインメントにすべきでしょう。

アラインメントの2つ目にブライトスターアラインメントとありますが、これは最初に鏡筒を北向きに合わせる必要がない代わりに、一つ目の星をマニュアルで矢印ボタンを使って導入する必要があります。ある意味、これでマウントに方角を教えているような方法になります。この場合、ターゲットの天体の名前と、実際にその天体が空のどこにあるかを知っていなくてはならないので、初心者にはちょっと大変かもしれません。一つ目がマニュアル導入でうまく入ってくれれば、二つ目の星は自動導入でそこそこの位置に入れてくれはずです。が、これも水平度が出ていないとずれてしまうので、ここでも水平度はかなり重要ということになります。

北の方角をあらかじめそこそこ出しているなら、次の2スターアラインメントのほうが、一つ目の星から自動導入してくれるので簡単かと思います。ブライトスターアラインメントとの違いはそこだけで、私は2スターアラインメントのほうがやりやすいと感じました。

肝心の自動導入の精度ですが、結論としては2スターアラインメントで電視観望程度ではもう十分な精度で天体を導入してくれます。3スターアラインメントは撮影とかも見据えたよほどの時しか使わないかもしれません。


コントロールボタンに対する反応も普通のハンディコントローラーに比べて全く遜色ありません。Wi-Fi経由での応答なので、最初反応速度の遅延などを心配していましたが、そんな心配は全く杞憂でした。しかも、ボタンを押してモーターを回した後に、ボタンが点滅するバックラッシュ解消機能なんかは、コントローラーソフトが容易に開発書き換えできる環境が構築されているからでしょう。あと、コントロールボタンに斜めがあるのも便利です。両軸を同時に動かしてくれます。

アラインメントを何度か試すときに、最初のデフォルトのポジションに戻す機能があるといいなと思いました (追記: コメントで彰ちゃんが教えてくれました。「ユーティリティ」の『ハイバネート」の中にあります。)。でもこのホームポジション機能は簡単に作ることができることがわかりました。「ユーザーオブジェクト」アイコンをクリックして、例えば「地上」で「軸1」と「軸2」に「0」度「0」分「0」秒を両軸とも入れてしまい、名前を適当に「ホームポジション」などとつけて保存しておけば、できた「ホームポジション」位置を押すだけで自動的に戻ることができるようになります。まだアプリを触り切っていないので、もしかしたら元々ホームポジションに戻る機能がどこかにあるかもしれませんが、このような機能が簡単に追加できるということは、操作性もかなりこなれていると言えるのかと思います。素晴らしいです。



いよいよ自動導入

自動導入は「天体」アイコンか、「ディープスカイ」アイコンを押します。指示に従っていけば特に迷うことなく、目的の天体を導入できることでしょう。自動導入ができるようになればあとは普通に観望を始めるだけです。導入速度も速く、精度も十分なので、純粋に天体を楽しむことができるでしょう。

(追記: 自動導入後、星がどんどんずれていくというケースが多発しているようです。解決策は2通りで、
  • 導入後、「さらに」を押して「ポイント&トラック」を押すか、
  • 「アドバンスト」「アドバンスト」の「ガイディングレート」を「恒星時」にして、「ユーティリティー」「追尾」を「恒星時」にする
のいずれかです。「ガイディングレート」や「「追尾」は電源を切ったりすると勝手に変更されていることがよくあるので、毎回チェックしたほうがいいかもしれません。)


導入時に気づいたことを少しだけ書いておきます。

まず、M57を導入しようとしたのですが、「導入」ボタンを押すことができずに、「さらに」というボタンを押すと「高度制限外」との表示が出て、結局導入することができませんでした。この時M57はほぼ天頂にあったため、何らかの高際に対する制限が存在するものと思われます。→その後、「設定」アイコンから「高度制限」を見たら、75度までに制限されていました。私のセットアップでは90度まででも問題ないので、90度に変更したら天頂付近のものもきちんと導入できるようになりました。

他にも、導入したい天体は「名前が付けられた天体」というリストから選ぶことができます。ところが、これがどういう順番で並べられているのかわからないのと、数が結構多いので、見たい天体を探すのに時間がかかってしまいます。検索機能があるので、ある程度名前を知っていたら検索してしまったほうが早いかもしれません。

-> もう少し落ち着いて見てみたら、明るさ順か名前順ということがわかりました。リストを表示している際に、右上の3本線の設定アイコンを押すと、並べ替えができます。また、フィルターを使うことである程度範囲を絞ることもできます。でも、なんでわかりにくかったかがわかりました。中途半端に日本語化されているからです。日本語化されているのは有名どころのごく一部で、まだかなりの数の天体名が英語のままです。英語の名前はそもそも知っているのに英語名だからわからないのか、そもそも全く知らないものなのかの見分けがパッとつきません。英語名、日本語名が混在していると、名前順にしてもものすごくややこしく見えてしまいます。

-> オススメの設定は、「フィルター」の「光度」の方を押して、「光度フィルター」をオンにして、例えばディープスカイなら「微光天体」を「10」くらいにするのでしょうか。出て来る天体数が制限されて多少見やすくなります。



電視観望のテスト

この日は試しに、AZ-GTiを使って、M27:亜鈴状星雲、三列星雲、M13:球状星団、最後に高度問題が解決できてM57:惑星状星雲とテストしてみました。満月二日後のものすごく明るい中での自宅での電視観望です。相当な悪条件ですが、それでもこれくらいは見えてしまいます。その時の写真をいくつかアップしておきます。

IMG_4955

IMG_4965

IMG_4960


面白いのは全体画像を見たときです。下の写真はM57を見たときの全画面を表示させてみたときになります。わかりにくいですが、真ん中から少し左に小さなM57が見えています。

IMG_4969

このマウントは経緯台なので、当然星像は回転し続けていきます。SharpCapではリアルタイムでそれらを補正して星像を重ねていくので、回転を補正した様子が画像を見るとわかってしまいます。左と下の端の方の三角の暗い部分がそれにあたります。この場合、時間にして1分程度です。結構な勢いで回転しているのがわかると思います(追記: これ、後から考えたら回転しすぎです。おそらく、AZ-GTiの方のガイドレートが恒星時になっていないために、すごい勢いでずれていっているのですが、SharpCapの自動アラインメントで補正し続けているので、AZ-GTiで追尾のズレに気づいていなかっただけだと思われます。)。SharpCapのアラインメント機能は優秀なので、ほとんど星像がぶれることはありませんが、この回転部分は後からトリミングしなければならないと言うことは覚えておくべきでしょう。当然、長く撮影すればするほど、トリミング部分が大きくなっていきます。



まとめと課題

Sky-Watcherの新製品、AZ-GTiで実際の電視観望と、撮影の可能性くらいまでテストしてみました。とりあえずのファーストテストで判明したのは、そのコンセプトと性能は思った以上で、十分実用的に眼視での観望、もしくは電視観望に対応できそうです。

今回、このAZ-GTiを実際に自分の手で確かめたかった一番の理由が、観望会レベルで電視観望を想定した場合、本当に実戦投入できるかどうかを検証することでした。具体的には、高度な機能よりも、お客さんを待たせることなく、短時間の準備で安定に見てもらえるかということが重要になります。優先度順に書くと
  • 操作はシンプルか
  • ワイヤレスの接続が簡単にすぐにできるか
  • 接続が安定しているか
  • Wi-Fiでコントロールに遅延とかが起きないか
  • 短時間で初期アラインメントができるか
  • 自動導入の精度は十分か
です。結論としては、はっきり言って全て期待以上でした。


一点のみ、安定性に関わる不安がありました。スマホ側が待機状態になると、AZ-GTi接続が途切れることがありました。それでもほとんどの場合は切れることはありません。まだもう少し使い込む必要があるかもしれませんが、不安な点なので、もし再現性があるなら改善要望を出してもいいかもしれません。

同様の問題ですが、見たい天体を選択する最中にエラーメッセージが出て強制終了せざるを得ないことが一度だけありました。

ただ、上記いずれの場合も、現在の位置を本体側で記録しているようで、再度アプリを立ち上げて接続しなおしたときに再アラインメントなどをする必要はなかったので、これはかなり安心しました。もし再アラインメントが必要なら、その都度時間を食ってしまい、観望会での実用度が一気に下がってしまいます。


ごくわずかの不具合が見られましたが、すぐにでも実用レベルで投入しても何の問題もないと言うのが私の結論です。極軸を取る必要がない、操作がスマホを使ってなので、簡単でこなれているなど、初心者にも十分進めることができると思います。電視観望用途ならばベストと言ってもいいくらいの選択かと思います。さっそく今週末の原村に持っていくことに決めました。


最近天文ショップに行っていなかったのですが、久しぶりに関東方面に行く機会があり、少し時間が取れたので秋葉原天文ショップめぐりをしました。



シュミット

秋葉原近辺には3件の天文ショップがあります。まずは御徒町駅で降りてシュミットさん。店長さんとも最近は顔なじみです。ここではセレストロンの火星フィルターを購入しました。アイピースで見るときに火星の模様がコントラストよく、よりはっきり見えるそうです。6千円くらいでそれほど高くないのと、7月31日の火星最接近の時に地元富山の科学博物館で観望会があり、その時に使えればと思ったのが購入動機です。そもそも火星は最接近といっても、土星や木星ほど模様がはっきり見えるわけではなく、さらに大黄雲とよぶ砂嵐で今も模様がほとんど見えない状態が続いています。なので少しでも見えるようにと思ったのです。Cloudy Nightsにもスレッドが立っています。一定の効果はあるような書き込みがあります。さらにシュミットさんのページを見ると他の色もあるみたいですね。リンク先のシュミットの説明でも書いていますし、スレッドの書き込みにもありますが、色によって見えかたや見えやすい場所が変わるとのこと。まあ、実際に自分の目で見て確かめるのが一番でしょう。


IMG_4949


でも実はもう一つの動機があります。電視観望でこの火星フィルターが使えるかどうかの検証です。店長さんの話によると、撮影で試した人がいてそれは流石に厳しかったとのことです。具体的に何がダメだったのかはわからないのと、人によってもどこからがダメだという基準が違うのでなんとも言えないのですが、どうやら波長データを見ると緑部分の透過率をごっそり落としていて、赤と青はほとんど通しているるようです。それでマジェンタ(紫)っぽくなるのでしょう。余分な色を落としているのでトータル的にコントラストが上がるのかと思いますが、撮影しようとするとカラーバランスが崩れて記録されてしまうのではないでしょうか。このあいだの天体望遠鏡博物館でも電視観望で火星を見て模様が見えたので盛り上がったので、多少カラーバランスが崩れたとしても、これでもう少しコントラストよくはっきり見えると観望会に来た人は喜んでくれるかもしれません。

あと、シュミットさんで面白いお客さんがいました。まだ星を初めてわずか一週間という方です。使っている赤道儀はEQ-35で、珍しくモーターなしの微動ハンドルでの使用だそうです。微動ハンドルを触ると揺れてしまうのが目下の悩みで、惑星もすぐに逃げて行ってしまうというので苦労しているとのことです。なのでやっとモーターセットを購入するとのことでした。今は惑星に夢中で、火星フィルターも購入していかれました。この方の話さらに続きます。


スターベース

さて次は順番通りに行けばスターベースさんです。顔なじみのS君もいて、スタックの話とかで少し盛り上がりました。ちょうど原村の準備をしていて、今年はたくさん放出するとのことで期待してしまいます。なので今回は何も購入せずに、原村での掘り出し物をを楽しみにすることにしました。S君と話しているおり、新しいお客さんが来たのでS君が対応に向かうと、なんと先ほどシュミットで会って話した方です。なんとCMOSカメラにも挑戦するとのことで、シュミットの店長さんにスターベースを紹介されたとか。改めて話して見るとなんでEQ-35が微動ハンドルモデルだったかわかりました。なんと最初の赤道儀だけはどうしても微動ハンドルでやってみたかったと。シュミットの店長さんにもさんざん止められたにもかかわらず、それでもこだわりで微動ハンドルにしたとのことで、なかなか面白そうな方です。でも微動ハンドルは一週間で満足して、次はモーターとのこと。今は惑星を見ているだけで面白いが、次は撮影もということで、カメラとバローレンズを一気に購入していかれました。私もかつてそうでしたが、誰もが通る惑星撮影の道を着実に歩んで行っていかれることでしょう。ちょうど星ナビの8月号がまだ店頭にあったので、ついでにこのほしぞloveログが掲載されたことも紹介して、惑星私もたくさん失敗しましたとか話しました。もしこのブログを読んでいただけたら、コメントとかくださると嬉しいです。


キタムラ

そんなこんなで、次はKYOEIに向かいます。と、そのついでにヨドバシの少し手前にあるキタムラでレンズを物色しました。6Dに普段使いできる、二千円程度の超格安の28mm-70mmのF3.5-4.5のジャンクレンズです。前もよく似たもの(EF 28-80mm F3.5-5.6 USM)を同じキタムラで買いましたが、下のSukeに渡したKiss X5天体改造版はレンズが付いていないので、普段使い用に取られてしまいました。安くて古いレンズですが、昼間普通に使うぶんには全く問題なさそうです。

IMG_4948



KYOEI

今日のメインはKYOEIに予約してとっておいてもらったSkyWatcherのAZ-GTiマウントです。三脚とピラーがセットになったものが一般的みたいですが、私は軽量化を図りたいのでマウントのみの購入です。マウントのみの方が入荷数が少なく、最後の一個と言っていました。店頭でも常駐のデモ機を見せてもらいましたが、思ったより小さくて軽くてかなり使いやすそうです。KYOEIのMさんによると導入精度も相当いいとのことで、早く自分でも試してみたいです。

目的はもちろん電視観望。これまで電視観望用にいかに軽量でシンプルで安価な自動導入できるマウントを探し続けて来ました。もともとAdvanced VXで電視を始めましたが、もっと手軽に持ち運びができて、かつ自動導入機能があるものです。これまで購入したのがMEADEのETX-60ATとセレストロンのNexterの架台部分。しかしながらこれらはいずれも中古で、ヤフオクで落としたものです。入手が大変ですし、新品だとたとえあったとしても高価になります。新品ならば、私自身は購入していませんが、Kenkoのスカイエクスプローラー SE-AT100Nはデフォルトでは自動導入はできないのですが、どうにかこうにか改造すると自動導入まで可能になるとのことです。でも改造が必要となるとやはり敷居は高く、なかなか一般の人にはオススメできません。

そんな折のAZ-GTiです。そもそも値段がものすごい。実売3万円です。この値段でよくここまでコンパクトに、自動導入まで詰め込みました。スマホとかタブレットがコントローラーになるというのも今時の流行りで、こういったことを大手メーカーが勧めてくれるのはサポートやソフト開発の面からも非常に心強く、一般の人で天文に興味がある一定層の方達にも十分勧めることができるのではないでしょうか。

IMG_4950
早速Gitzo三脚と合わせてみました。
かなりコンパクトにまとまりそうです。

AZ-GTiは自動導入がありますが経緯台の範疇なので、赤道儀とは違いカメラなどで撮影をしようとすると、星像が回転してしまいます(ファームウェアアップデートでAZ-GTiを赤道儀モードで動かすことも可能らしいです。)。ところがSharpCapのアラインメント機能は回転も補正してリアルタイムで星を重ねてくれるので、星像が流れないくらいの短時間露光にして撮影してスタックすれば、長時間露光と同じように撮影することもできます。読み出しノイズの点だけ不利になりますが、それでもガイドさえ必要なくなるという手軽さを考えれば、十分実用になるかもしれません。実際KYOEIのMさんはこの手法で綺麗に星団を撮影したものを見せてくれました。ここら辺のこともいずれ試してレポートしたいと思います。


さて、昨日は皆既日食、今日は曇りと、せっかく購入した新アイテムもまだ試すことができません。自分で色々試してみて、電視観望に実践レベルで使えそうかどうか、いい所、ダメな所も含めてまた報告したいと思います。










 

7月28日未明は、今年2回目の皆既月食。でも日本では明け方近くになってしまい、低高度になるので条件は悪く、しかも台風接近中ともう完全に諦めていました。

あいにく週末金曜は出張で夜遅くに戻ってきましたが、すぐに娘のNatsuが月食を自由研究にしたいから見に行きたいと言い出しました。前日夜中の3時くらいに起きて月が見えるかどうかの練習をしたそうです。自宅からは西の空は住宅街にあたり、他の家で遮られて、Natsuの計算によると欠け始めてから3分で屋根に沈んで行くそうです。なので車でどこかに連れていって欲しいということらしいです。

月が見える広いところを求めて、近くの大きな川の河原に陣取りました。多少街灯がありましたが、明るい月なのでまあ問題ないでしょう。自宅を出るときはまだ雲越しに月はうっすら見えていました。一面に一様な薄い雲がかかっているような状況でした。でも河原でセットアップをしていると雲がどんど厚くなってきます。途中ほとんど月が見えなくなり、もう諦めモードでNatsuは寝始めてしまいました。それでも30分もすると再び少し月が見えてきました。反映月食の時にはそこそこ見えるようになってきて、欠け始めの時には、それでも少しだけ薄い雲はかかっていましたが、奇跡的にかなりはっきり見えることができました。前回の月食はほとんど雲に隠れていてかろうじてCMOSカメラで見えただけだったのですが、今回は目で見ても遥かにマシに見ることができました。

今回のセットアップは、
  • EOS 6DにNIKKORの50mmをF4で付けて、ISO100で露光時間1/200秒で広角で20秒おきに撮ったもの
  • Advanced VXにFS-60CBにASI178MCを載せたもの、ゲインと露光時間は雲のかかり具合によって適当に変更
の2本立てです。

まずは広角の連続撮影です。あまり解像度が高くないのと、最後皆既ではなく雲に隠れてしまって消えているので、欠け始めから半分ちょっと欠けるくくらいまでです。

jump_3min_cut
富山県富山市神通川河原, 2018年7月28日3時17分から4時17分
EOS 6D(HKIR改造, ISO100, JPG), 露出1/200秒、固定撮影
NIKKOR 50mm, F1.4をF4で使用


ついでにタイムラプス映像にしてみました。



拡大したものはいつものように16bit RAW動画での撮影です。ですが、雲が移動して月の明るさが変わるので、それに合わせてゲインと露光時間を変えています。そのため明るさの基準がなくなってしまい、食の度合いがぶれて見えてしまうので、ステライメージ8でホワイトバランスをオートストレッチでとり、その後、食がない部分のクレーターの明るさが同じになるようにPhotoShop上で露光量を変えました。

その中の一枚です。

2018-07-27-1846_9_lapl6_ap237_RS
富山県富山市神通川河原, 2018年7月28日3時46分
FS-60CB + ZWO ASI178MC + Advance VX
Shutter 10ms, 2fps, gain 230, 50/100 frames
AS3でスタック, Registax6でWavelet, PhotoshopCCで画像処理 

欠けて行く様子を雲で隠れる直前まで動画にまとめてみました。ただし、やはり薄雲の影響が大きく、特に後半色で欠けたのと雲で一部暗くなるのが混ざってしまいました。こうなってしまうと、明るさとかホワイトバランスとか一気に大変になるので、できるならいつか天気のいい月食時に設定を固定して撮影したいです。




ところでNatsuはというと、欠け始めくらいい起きて、自由研究のネタに愛機Kiss X7のキットのズームレンズで250mmで月食を自分で撮っていたのと、暗い中頑張って色鉛筆を使ってスケッチしていました。

IMG_4947

こうやって見るとスケッチも味がありますね。

それでも欠けが半分を超えたくらいから雲がまたひどくなり、どんどん露光時間と感度を上げて輪郭だけでもと思いましたが、最後は夜明けで空が明るくなり皆既の頃にはCMOSカメラの感度をもってしても全く見ることができなくなりました。残念ながら、赤銅色が見えるくらいまで食が進んだ状態は今回は見ることができませんでした。次回日本で見える皆既月食は2021年05月26日とのこと。赤銅色とターコイズブルーを綺麗に撮ることもまた目標の一つになりました。



 

香川県天文旅行の二日目です。今日はなんと、個性的な機器でアマチュア天文界に一石を投じ続けてている「あぷらなーと」さんの自宅に訪問です。


朝早く、天体望遠鏡博物館と同じ校舎でやっているどぶろく作りの人たちの声で目が覚めました。疲れていたのと冷房が程よく効いていてぐっすりと眠ることができました。実はこのブログで知り合って、天体望遠鏡博物館に行くきっかけとなったTANKOさんも校舎に泊まっていました。部屋は別でしたが4人が学校に泊まっていたことになります。TANKOさんを起こさないように注意しながら、さっそく出発の準備です。子供達はまだ寝ています。

ある程度荷物も積み込み、出発準備も目処が立ったところで、子供たちを起こします。そのころにはTANKOさんも起きていました。Sukeがサンダルがなくなったと騒いでいたら、TANKOさんが履いていっていました(笑)。昨晩の残りの食料を朝ごはんがわりに少し頂いて、結局朝8時頃でしょうか、天体望遠鏡博物館を出発しました。

昨日お風呂に入っていなかったので、朝から温泉探しです。実はすぐ近くにオススメの温泉を聞いていたのですが、残念ながら9時からオープンで時間が少しもったいなかったので先に移動し、あぷらなーとさん宅の近くの、スーパー銭湯のようなところで汗を流しました。さすがに人の家に行くのに汗臭い格好では申し訳ないです。でもそもそも長ズボンは昨日の汗で履く気にならないので短パンだったのですが、今考えたら訪問するのに短パンは無かったのではと、ちょっと反省しています。というのもあぷらなーとさん宅で、特にお母様にとてもよくもてなして頂いて、こんな格好で、しかも子供二人を引き連れての訪問で、変な人が来たと思われてしまったかもしれません。

いやー、それにしてもあぷらなーとさん、ブログを見ていても変な人と十分わかるのですが、ご本人もものすごい人でした。部屋に所狭しとおいてある望遠鏡、赤道儀の数々。本も科学関係のものばかりです。きわめつけはなんと、新作のBORG3連チャンです。

IMG_4911


あぷらなーとさんをブログで拝見している方はもうご存知かと思いますが、いつもものすごく変わった、とても面白い事をしている方です。上のBORG3連チャンは最新の変なものですが、その前には普通じゃ絶対見ることのない形の望遠鏡とか、千円台の格安レンズで超高分解能を実現するだとか、ピリオディックモーションを相当厳密に解析するとか、150円の分光シートでフラウンフォーファー線を見るとか、霧箱の宇宙線を天体カメラで見たりとか、もうとにかく普通の人がやらないことばかりしています。

しかも最近腕を怪我されて、来年の6月まで運転もできないにもかかわらず、手術直後に着々と新しいアイデアを考えて、すでに色々動き出しているみたいです。

私も星を始めた頃からブログを拝見させてもらっていて、一度会って話してみたいとずっと思っていた人でした。何かの拍子に香川在住という事を知って、前回の3月の香川の訪問時にコンタクトを取ろうとしたのですが、連絡が取れたのが香川旅行から帰ってきてから。なので今回7月と香川に行く機会が思ったより早く訪れたので、やっと念願叶ってお会いできたわけです。

ところがです、もちろん天文のお話はしましたよ。当然どんどん濃い話に入っていきます。でも天文の話をしている途中に、子供たちがちょっとつまらなそうだったので、「何か本でも見せてもらえば」と言ったとこらへんから一気に別の方向になだれ込みました。見せてもらったのが、あぷらなーとさんが6年生の時にやった自由研究と、中学生の時にやった自由研究です。

大人の私が見てもすごいと思ったので、ちょうど少6のSukeと中2のNatsuから見たらとんでもないものだったのでしょう。二人とも押し黙ったようにじっくり読みだし、最後には目を輝かせながら「すごい」と。なんでも香川では自由研究の競争がものすごいらしくて、クラス内で全員発表して代表を選び、学年で代表を選び、学校で代表を選び、さながら対抗戦のようでクラス代表を応援するような感じだそうです。科学好きな子の芽を伸ばすのにものすごくいい環境があるみたいです。

あぷらなーとさんの6年の時の自由研究ですが、市で2位まで行ったという集大成で、うちの子が見ても全く太刀打ちできないレベルのものです。その時の市で1位だった子は6年間かけて温めた結果を持ってきたため、どうしても勝てなかったらしいのですが、そのあと高校で再会し、向こうもあぷらなーとさんを覚えていて、未だに付き合いが続いているとか。やはり類は友を呼ぶです。

ちなみにあぷらなーとさんの6年の時の自由研究は生物系でアオミドロの観察だそうで、接合胞子というものを見つけたという内容です。生物が苦手な私には全く未知の世界でした。実は昆虫も好きらしく、アゲハ蝶がマリーゴールドを食べて成長するという事を中学生の時に世の中で初めて発見したとのこと。高校の時に昆虫雑誌に投稿論文を書いて採用され、その後全ての図鑑のアゲハ蝶の食性にマリーゴールドが追加されたという、ある意味スーパー科学少年だったみたいです。その時も、とある本職の昆虫学者から、10年かけてやっとアゲハ蝶がマリーゴールドを少し食べることが最近わかってきたくらいだと、大量の資料付きで反論が来たらしいのですが、これが中学生の結果だと聞いてさすがにびっくりだったらしいです。

肝心の天文はというと、やはり子供の頃からの趣味で、大学の時に明るいところに住んでいたので一旦中断したそうですが、その後めでたく復帰。そして今に至るというわけですが、限られた資金で色々機材を工夫して性能を引き出す、その過程を楽しむというのは、あぷらなーとさんも私もよく似たもので、この日初めて会って話をしたのに、全く初めての気がしませんでした。実は年齢的にも私が一つ下くらいで、ほとんど同じです。遠いところですが、お互いに切磋琢磨して進んでいけたらと思います。

そんなこんなで昼ごはんの時間になり、あぷらなーとさんに香川一美味しいという釜揚げうどんの店に連れていってもらいました。

IMG_4902

まず、ツユが面白いです。すごく大きな徳利に入っていて自分でうつわに注ぎます。

IMG_4904

うつわにツユを注ぐためには徳利を水平より下に傾けなければならず、あぷらなーとさんの考察では下の写真のようにテーブルの外にうつわを出して、徳利を水平以下に傾けて注ぐしかないというのを科学的に解を出したそうです。たまたま、香港から来たという外国のお客さんがいて、やり方がわからず店員さんがやった方法がまさにあぷらなーとさんがいった方法そのもので、あぷらなーとさん自身「やっぱり合っていた!」と喜んでいました。

IMG_4906

うどんは4人で9玉の大きなたらいに入ったものですが、最初多いかなと思ったら全然余裕で食べることができます。とにかく美味しかった。暖かいうどんですが、比較的柔らかく、中にコシがある感じです。あぷらなーとさん曰く、昔ながらの香川のうどんはこんな感じで、一般に流行っているものすごくコシがあるのは一部の店が出していたのが流行ってしまったとのことです。もにゅもにゅ、ツルツルですぐになくなってしまいました。

IMG_4908


お腹も膨れて再びあぷらなーとさん宅に移動する最中、幽霊の話で大盛り上がりでした。科学的に考えると幽霊はいないが、中学の頃見たことがあるとのこと。なんかよくわからないですが、あぷらなーとさん実は塾の先生で(本家のブログを見ている方は知っていると思います)、面白い話のネタをたくさん持っているのです。子供達はもう夢中で、さらにあぷらなーとさん宅に着いてから、今度は音楽の話に。ちょうどNatsuがギターに少し飽きて来た頃で、それより作曲をどうやるかに少し興味があるみたいです。私は音楽に関しては全くアドバイスできないのですが、あぷらなーとさんは音大を目指す学生のために音楽理論も教えることがあるらしくて、作曲のためのいい参考書を紹介してもらいました。帰ってから早速アマゾンで中古で探して発注したのはいうまでもありません。さらに、小説も書いているとのことで、かなり多趣味で、天文だけを見てもわかるようにそれぞれ相当やり込んでいるみたいです。

逆に意外だったのが、観望会をほとんどしたことがないとのこと。私の場合観望会は星趣味の中でもかなりの率を占めているのでこれは不思議でした。でも塾のエキストラ授業で天文も教えているらしいので、子供に星に興味を持ってもらいたいという点では十分な貢献をされているのかと思います。

結局振り返ってみると、天文の話よりも他の話が盛り上がってしまい、思ったより天文の話ができなかったと。でもあぷらなーとさんがなぜあんなブログを書き続けることができるのかが、今回とてもよくわかりました。

午後3時前くらいでしょうか、全然話し足りないのですが、次の日は私も仕事ですし、子供達はまだ学校もあります。ものすごく残念ですが、あぷらなーとさん宅を出ることにしました。私もものすごく楽しかったですが、子供たちが「来てよかったー!」としみじみ言っていたことが印象的でした。お互い遠いですが、星を続けていれば必ずまた何処かで会えるはずです。もし富山に来たら大歓迎しますので、いつかぜひ。


さて、帰りは仮眠をとりながらのんびり移動し、自宅に到着したのは0時過ぎ。まるまる二日とちょっと。今回もかなり強引な行程でしたが、初日の天体望遠鏡博物館と二日目のあぷらなーとさん宅訪問。充実し過ぎの香川旅行でした。



週末、香川にある天体望遠鏡博物館の「開館2周年記念のセミナー&観望会」に望遠鏡を持って参加してきました。3月の観望会に参加しているので4ヶ月ぶりの参加になります。

富山から香川はかなり遠いので、前日金曜日の夜からの出発です。今回は中2の娘Natsuと少6の息子Sukeを連れての3人での訪問になります。 途中パーキングエリアで仮眠をとりなが、のんびりと安全運転で舞鶴若狭自動車道経由での移動です。米原付近で大きな事故があったらしく夕方からずーっと通行止めで、大阪経由は無理でしたので、前回と同じくこの経路です。途中、暗いところを走るのでPAで天の川でも撮影しようと思ったのですが、さすがに街灯が明る過ぎて迷光だらけで厳しかったです。

IMG_0908


夜が空ける頃に首を抜け、朝早く、淡路島に入ったところのサービスエリアから見た明石海峡大橋はものすごく綺麗でした。

IMG_4874
明石海峡大橋を渡ると本州とはお別れで、淡路島に入ります。

IMG_4875
淡路島SAから明石海峡大橋が一望できます。

そんなこんなで香川入りして最寄りの志度というインターチェンジで降りて、早速朝からうどん屋さんに直行です。最初のうどん屋さんは「こがね製麺所」という名前の志度店。チェーン店らしいのですが十分美味しいです。3人ともぶっかけうどんに天ぷらとかフライとかトッピングして頼みましたが、量が多かったです。子供達は小サイズでしたが、私は中サイズを頼んだら丸々2玉入っていて朝からお腹いっぱいです。雑誌や漫画もたくさんあり、それほど混んでいなかったのでついつい長居してしまいました。

IMG_4882

IMG_4883


店を出てそのまま天体望遠鏡博物館へ向かいます。途中のスーパーで少し買い出しをしようとしたのですが、結局買ったのはアイスのみ。暑かったです。でもこれが面白くて、多分四国とか九州限定なのでしょう、「氷」と大きく書かれたかき氷を袋に詰めたようなアイスが大量に売っています。試しに一つ買ってみたら、一見かき氷シロップをかけただけの氷のようなのに、なぜか懐かしい味でめちゃくちゃおいしい!他のアイスも買っていたのですが、この「氷」が3人一致で一番美味しくて、取り合いになっていました。

IMG_4886


天体望遠鏡博物館についてスタッフの皆さんと挨拶をして、代表のMさんと一緒に併設のお店でうどんを頂きました。Mさんにご馳走になってしまったのですが、なんと下のSukeは2人前も食べるなど、朝もうどんを食べたばっかだったのに、美味しくてスルスルと入っていきます。なんでも「うどんは別腹」だとかで、本当にその通りでした。いつもはぶっかけしか食べないのですが、今回はつゆにつけて食べるタイプで、わさびを入れるとものすごく美味しくて、つゆも最後まで飲み干してしまうくらいでした。聞いてみるとなんと冷凍のうどんとのことで、なおびっくりです。自分の製麺所で打って、すぐに冷凍しているとのことで、冷凍でも十分すぎるくらい美味しいことがわかりました。出来立てそのままのコシがある状態で冷凍するので、温め直しても出来たての時の美味しさになるとのことです。天体望遠鏡博物館はお遍路さん最後の八十八番目の結願寺の途中にあります。結願寺にちなんで「結願うどん」と言うそうで、ネットでも買えるとのことです。

IMG_6128
天体望遠鏡博物館は昔の小学校の校舎を利用しています。
地元の人の協力で成り立っているそうです。 

IMG_6118
ここで食べた「結願(けちがん)うどん」、とても美味しかったです。

午後から望遠鏡の準備をしておいて、16時頃からセミナー講演が二つとその後に科学対談があります。一つは重力波の話で、もう一つは遺伝子の話でした。お客さんは事前登録した80人余りの方達。小学生から年配の方まで幅広い年齢層でした。セミナーは物理と生物と、分野は違っていますが、とてもおもしろくて興味深い話でした。対談まで合わせると2時間以上という長いプログラムにもかかわらず、皆さん非常に熱心だったと思います。ただ、体育館でクーラーとかがないのでものすごく暑くて、貸出うちわを配っていました。そんな状況でも皆さん、子供も含めてとても真剣に聞いていました。この企画は非常に人気があり、本当はもっと多くの希望者がいたのですが、駐車場の台数制限から人数を限っていて、お断りした人たちもたくさんいたとのことです。

IMG_6110

セミナーが終わるといよいよ観望会です。体育館でお客さんに観望会を説明している間に、用意しておいた望遠鏡を移動します。まだ空は夕暮れで明るいですが、月が出ているのでAdvanced VXのソーラーアラインメントで月で初期アラインメントをします。前回は極軸合わせを失敗したのですが、今回はその反省を生かして、まずは赤道儀の水平を三脚につけた水準器できちんと出し、赤道儀の初期アランメントでソーラーアラインメントを選び、さらに月を選びます。そこそこ月の方向を向いてくれるのですが、普段使っている富山市と違うので、緯度も経度も違います。そのため月から多少ずれてしまいますが、この時ハンディコントローラーの矢印で月をいれてはダメで、赤道儀のpitch, yawのネジ調整で合わせて月をアイピースの中心に入れると、そこそこ正確に極軸が合います。ようするに、水平が出ていて、極軸が合っていれば、初期アラインメントで計算上必ず月が中心にくるはずだということから成り立つ手法です。撮影クラスだと全然不十分ですが、電視観望レベルだとほとんど問題ないですし、太陽とか月で明るいうちからある程度の極軸調整ができてしまいます。

観望会では定番のM57の惑星状星雲やM27亜鈴状星雲、M13の球状星団やM8などを電視観望で見ました。セットアップは定番のAdvanced VXにFS-60CBにASI294MC3を載せています。お客さんの中には3月の観望会にも来てくれていた人がいて、その時見たオリオン大星雲を見て感動したので、また今回も同じように星雲を見せてくれると思って来たという方がいました。


IMG_4893
今回はあまり写真を撮りませんでした。
M27ですが、数少ない残っていた写真です。

一人面白い男の子がいて、小学2年生と言っていましたが、講演の時も積極的に質問するすごい子なのです。電視観望で映した星雲の画面を食い入るよう見ていて、よっぽど興奮したみたいで、なんと突然鼻血を出してしまいました。キーボードに血が少しついてしまい、両親が申し訳なさそうにしていましたが、私はそんなことは全く気にしません。そんなことよりも、この子がこのまま鼻血を出すくらいの興味を持ち続けてくれると、ものすごく嬉しいです。

ちなみにこの日は上弦の月が過ぎた頃で、観望会の間じゅう月が出ていました。それでもこれほど光害の少ないところでは、電視観望ならば星雲を色付きで十分に楽しむことができるのは特筆すべきかと思います。


ところでSukeはというと、いつも観望会で大活躍の得意のSCOPETECHを持って来ていて、経緯台ながら月や木星や土星を導入してみんなに見せていました。それだけではなくて、来ているお客さん自身に自分で導入してもらったり、アイピースの前に紙を少し離しておいてそこに月を映し出してみんなで見る(その場で考え付いたみたいです)だとか、いろいろ自分で工夫していました。「お父さんみたいにコンピュータの画面で見るのじゃダメだ、紙に写した方が細かく見える。」とのことです。

この方法よくよく聞いてみると、まず紙に写して好きな大きさになるように紙とアイピースの距離を調節して、その後つまみで焦点距離を合わせて紙の上でピントを出すなど、結構考えて工夫しながらやっているみたいです。このころの子供は伸び盛りで見ていても楽しいです。

NatsuとSukeと、もう一人スタッフのお子さんで前回の3月にも一緒に遊んだ3年生の男の子と、この日はずっと3人で一緒に盛り上がっていました。前回お世話になった女性ボランティアの方には、3人あわせてまた今回も色々面倒を見てもらったみたいです。毎度毎度ですみませんが、本当にありがとうございました。夜、3人がお別れする時ちょっと寂しそうでした。またいつか来るときに会おうと約束をして別れていました。


IMG_6145
Sukeの愛機SCOPETECH。これが一番扱いやすいみたいです。

話は少し観望会に戻りますが、実はこの日はシンチレーションが相当良くて、試しにASI294MCを隣の人が持って来ていたSkyWatcherの25cmのニュートン反射に取り付けてもらって、土星、木星、火星を見てみました。土星はカッシーニの間隙が綺麗見えていましたし、木星の縞もかなり細かく止まって見えました。眼視だとどうしても赤一色にしか見えなかった火星も、PCの画面で見るとうっすらと模様と極が見えていました。

IMG_4894

IMG_4895

PCの画面の上ですが、結構綺麗に見えてしまいます。上の写真のようにPCの画面をスマホで撮影する方もたくさんいました。

観望会が終わるころにカメラを再びFS-60CBに戻して、北アメリカ星雲を入れて、タイムアップでした。片付けのライトかついてからも北アメリカ星雲が見えるのには、自分でも結構驚きでした。でも、あまり多くの種類の星雲を見せることはできなかったので、一度夏の星雲、星団で電視観望にむいているものをピックアップする必要性を感じました。やはりどの天体がいいかなどはまだまだ知識的に未熟だなと痛感しました。


結局忙しくて夜ご飯を食べる暇も全くありませんでした。観望会が終わってからスタッフ用の簡単なお寿司や饅頭、メロンパンとか頂いてやっとお腹が落ち着いたのですが、ここからもう一つの楽しみが。なんとこの日は学校の校舎でお泊まりです。ここ天体望遠鏡博物館は、もともと小学校で、子供の希望でこの日は学校の旧家庭科室のとなりの準備室で寝ることになりました。子供たちは幽霊が出ないかとか大はしゃぎでした。

本当は月が沈んで撮影をしたかったのですが、さすがに昨晩は運転であまり寝ていないのと、明日の朝も早いので後ろ髪を引かれる思いでこの日は寝ることにしました。冷房もベッドもあったので非常に快適に眠ることができました。結局幽霊は出なかったみたいです。


香川の二日目に続きます。




 

さて今回の記事は、Natusが撮った天の川を実際に画像処理ソフトを使って見栄えよくしてみようと思います。対象は写真は撮ったことがあるけれども、画像処理なんてしたことがないとかいう人です。


0. できるだけ簡単に試してみたい人

まず、下の長すぎる説明を読むのが大変だと思った人は、Macだったら「プレビュー」で画像を開いて、「ツール」メニューの「カラーを調整」を選んで適当にいじってみて下さい。Windowsだったら「フォト」で画像を開いて右上の「編集と作成」から「編集」を選び、「調整」から色々いじることができます。この二つの標準でついてくるソフトが最も簡単かと思います。できることは限られますが、それでも多少の強調もできてしまいます。もう少し本格的な処理をしたい、本格的な画像処理への道しるべが欲しいという方は、以下の記事を読んでみて下さい。




ではでは、画像処理の超入門編始めます

さて、本格的な画像処理として使用するソフトですが、初心者ということで無料のものから選びたいと思います。ここでは2つ挙げようと思います。

一つ目はCanonカメラを買うと付いてくる「Digital Photo Professional (DPP)」です。ダウンロードするときにカメラ本体のシリアル番号が必要になります。なので無料かどうかは少し微妙ですが、タイトルが「EOS kissで」となっているので、皆さん使えると思って進めます。中古で買った本体でもダウンロードできるはずです。Mac版もWindows版もあります。ダウンロード、インストールして、まずはこのDPPで画像処理を始めてみましょう。



1. 明るさ、コントラストの変更でjpeg画像をちょっといじってみよう

とにかくもう難しいことはあまり考えずに始めて見ましょう。DPPを立ち上げて、撮った天の川の拡張子が「.jpg」のファイルを開いてみてください。基本的にどこをいじってもいいのですが、なぜか触れるところは限られていますし、いじるところを明るさやコントラストくらいと割り切ってしまえば難しくないです。これだけでも結構見栄えは変わります。

まず元の画像がこれ、前回の撮影で取った天の川です。

IMG_8261


DPPの明るさ、コントラストをいじってみます。下の写真のように、明るさを30、コントラストを20くらいにしてみます。

IMG_4853


その結果がこちらになります。最初の画像と比べるとこれだけでも結構天の川が強調されたのがわかると思います。

IMG_8261_01_light_contrast


でも拡大するとちょっとノイジーですね。せっかくなのでDPPについているノイズ除去機能を使ってみましょう。輝度ノイズ、色ノイズをいじってみてください。

IMG_4852

あまりやりすぎるとのっぺりします。適度なところでやめておきましょう。取り合えずここでは両方とも10にしてみます。結果は以下のようになります。拡大しないと違いがわからないかもしれません。

IMG_8261_02_light_contrast_noise

それでもやはりノイズが残ってしまうのは否めません。これは撮影時にISO6400と感度を高く取りすぎたためにノイズが出てしまったのかと思います。やはりもう少しISOを落として撮った方が良かったかもしれません。

でもここまでだけでもかなり見栄えは変わりますので、まずは自分が一番綺麗だと思った明るさ、コントラストを求めてみましょう。



2. トーンカーブをいじってみよう

でも、もっと強調できないでしょうか?暗いところはより暗く、明るいところはより明るくできれば、もう少し派手に天の川が見えるのではないでしょうか?こんな時にはトーンカーブをいじります。

一番最初の.jpg画像を再度開き直します。次に、下の写真のように、「トーンカーブ調整」のところが「RGB」となっているのを確認して、ヒストグラムの上にある線に点を2つ打って、写真のようなS字のようなカーブになるようにします。

IMG_4854


このグラフの下の軸の左側は暗いところを表し、右側は明るいところを表しています。左の軸は出力を表し、グラフの中の線は下の軸と左の軸の関係を表します。S字のようにすると、左側の暗いところの出力がより下がり(より暗くなり)、右側の明るいところの出力が強調され(より明るくなる)ます。より天の川が強調されるわけです。結果が以下のようになります。

IMG_8261_03_tone


確かに天の川部分は強調はされましたが、ノイズもより強調されてしまいました。なかなか厳しいですが、ここではまあノイズには目をつぶりましょう。上でやったノイズ処理をすると少しはマシになりますが、焼け石に水かもしれません。

さて、今RGBまとめてS字で強調しましたが、特定の色だけ強調できないのでしょうか?先ほど「RGB」となっていたところを「B(ブルー)」にしてみて下さい。これで青色のみいじることができます。Natsuにやらせたら、写真のように青全体を膨らませるように強調し、

IMG_4856

その結果下のようになりました。青い夜空のようで綺麗ですね。でもちょっと派手すぎでしょうか。

IMG_8261_05_tone_noise_blue

普通の人は夜空というとこのような青いイメージなるかと思います。私も青い夜空が好きなので、いつも青色寄りになります。


3. ホワイトバランスをとる

上では自分の好みの色を出して、夜空を表現しました。私はこのように自分の好きな色を出せばいいと思うのですが、星だけでなく、写真を撮る時に広く正しいと言われている方法があります。「ホワイトバランスをとる」などと言うのですが、赤、青、緑のバランスが取れているものが良いとされています。特に星空の背景の色はバランスが取れているのが良いとされています。繰り返しますが、私自身は自分の好きな色にしても良いのかと思います。でも、それだと基準がバラバラになるので、バランスを取れたものを基準とした方がわかりやすいと言うだけのことです。とりあえずはそんな評価基準があるということだけ覚えておけば良いでしょう。

さて、ホワイトの取り方ですが、DPPでは結構面倒です。下の写真にあるように、スポイトマークをクリックして、撮影した写真の中でホワイトバランスを取りたい点を選びます。ただ、点だとばらつきがあって、なかなか背景全体がうまくホワイトになりません。

IMG_4857


とりあえず適当に妥協してある程度ホワイトにした結果が次の写真になります。ずいぶん緑っぽく見えるかもしれませんが、それでもまだ少し青が強いかもしれません。

IMG_8261_01_white

このようにホワイトを取った上で強調をするのが、写真の世界では正しい方向になりますが、逆に個性は無くなっていくのかもしれません。これはどちらが良いということはなく、自分でいいと思う方法をとれば良いのかと思います。下はホワイト後、強調したものです。ホワイトを取らずに進めたものとはだいぶん印象は違うと思います。

IMG_8261_02_white_tone.JPG


4. モノクロも悪くない

どうしてもノイズが気に入らない場合は、いっその事「彩度」を0にしてモノクロにするのも案外悪くないです。

IMG_4864

IMG_8261_04_mono.JPG


こうやってみるとノイズが良い感じに見えることもあるので不思議です。



5. GIMPも使ってみよう

もう一つの画像処理ソフトはGIMPです。GIMPは有名なPhotoShopに似た操作体系です。ちょっと前までバージョン2.8が主流で、8bit画像までしか扱かえなかったのですが、ついこの4月に6年ぶりにメジャーアップデートして2.10になり、やっと16bit画像を普通に扱えるようになりました。天体写真のように淡い模様をあぶり出したりするときには実はこの8bitの制限が致命的だったりしてGIMPを使うのは避けていたのですが、今回はあえてGIMPを使ってみましょう。こちらもMac版もWindows版もあります。

GIMPでもDPPと同様な「明るさ、コントラスト」があります。

IMG_4865


結果もDPPの時とよく似たものになります。

IMG_8261_01_brightness_contrast



オートでホワイトをとるのは、似た機能はあるのですが明るさまで変わってしまうので、代わりに「レベル補正」を使ってマニュアルでやります。一部日本語化が完了していないみたいで、「色」->「Levels」を選びます。

IMG_4866


ヒストグラムを見ながら、下のように各色の山の左の裾のラインが一致するようにR、G、B個別に合わせます。その時出来る限り真ん中の三角印のみ触るようにします。そうしないと階調を失うことになり損することがあります。

IMG_4867


結果は以下のようになります。

IMG_8261_02_level

このレベル補正を使うやり方は、至極真っ当なやり方で将来PhotoShopなどのより高機能なソフトに乗り換えても使える方法です。DPPでオートでホワイトを合わせるより、手間はかかりますがより自然になります。

トーンカーブもあります。S字にしますが、上の方に何点か点を打って線をまっすぐにしています。これは星などの明るい部分を明るくなりすぎないように保護しています。

IMG_4868

結果は以下のようになります。

IMG_8261_03_level_tone

結果はちょっとノイジーですね。さて、こんなときに問題なのですが、GIMPの弱点の一つがノイズ除去機能が弱いところです。一応機能自身はあります。メニューの「Filters」->「Enhance」->「ノイズ除去」から選びます。
IMG_4871
IMG_4870

結果を載せますが、結構のっぺりしてしまいます。もう少し星専用のノイズ除去方式が必要かと思います。
IMG_8261_04_level_tone_noise



GIMPの欠点ももう少し書いておきます。上のようにJPEGファイルを編集するぶんにはいいのですが、デフォルトでは拡張子が「.cr2」のRAWファイルを直接開くことができません。方法がないことはないのですが、ここでは割愛します。別途DPPなど、RAWファイルを読み込めるソフトで一旦開いて、ファイル形式をTIFFなどに変換して保存して、改めてGIMPで開かなくてはいけません。

また、メニューの全てが日本語化されているわけではないので、慣れない英単語に戸惑うかもしれません。あと、一部ボタンが押せなくなる時があるなど、バグも結構残っているものと思われます。



まとめ

今回紹介したやり方は、天の川画像処理のほんの入り口にすぎません。また、各ソフトの機能に限界もあることもわかります。でも今回の分だけでも色々いじることができることもわかると思います。他の機能も色々試してみることをお勧めします。

また今回はJPGだけ試して、RAWファイルと呼ばれる「.cr2」という拡張子のファイルを扱っていません。試しに、DPPで撮影した.cr2ファイルを開いてみて下さい。JPGファイルの時には使えなかったホワイトバランスやレンズの補正などの機能が一気に使えるようになります。興味があったらどんどん触ってみて下さい。

今回は触れませんでしたが、天体写真の処理はダーク補正やフラット補正など、より綺麗に見える方法が確立しています。天の川の写真を何枚も重ねてノイズを落とすという方法もあります。今回は初めて天の川を撮ってみて、はじめて画像処理をする人が対象なので、その範囲を超える方法は割愛していますが、興味を持った方は調べてみるとたくさんの先駆者の解説が見つかること思います。ほしぞloveログでも星雲についてですが、過去に画像処理の記事なども書いています。



最後になりましたが、有料ソフトを少しだけ紹介しておきます。DPPとGIMPの代わりに「PhotoShop」を使うことができます。RAWファイルも扱えますし、かなり高度な処理をすることもできます。NikCollectionというフィルター集(この間まで無料だったのですが、現在は1万円切るくらいでしょうか、でも昔はこれだけで6万円ほどしていたらしいです)は天体処理にも秀逸で、簡単に非常に大きな効果を得ることができます。使いすぎで中毒になるくらいです。PhotoShopは月々980円でLightRoomと合わせて使えるプランがありますが、私もこれに入っています。普段PhotoShopを使っていて、今回久しぶりにGIMPを使いました。慣れのせいもありますが、それを差っ引いても速度や操作性、性能など、やはりPhotoShopの方がはるかに優れていると思います。いつかGIMPに不満が出たら試してみてください。

あと、天の川にとどまらず星雲などを写し出したら、アストロアーツ社のステライメージも視野に入れるといいと思います。写真を何枚も重ね合わせてノイズを落とすスタックという機能を使うことができます。このスタック機能もフリーのソフトで代用することもできますが、ステライメージは高価な分とても使いやすいソフトです。

天の川以外の天体で、どこまでフリーで迫れるかというのも興味がありますね。いつかやってみたいと思います。

昨日7月15日(日)の太陽です。真ん中に多少構造が見えています。

2018-07-15-0400_2_lapl6_ap749_IP
富山県富山市, 102mm, F10 achromat + P.S.T. + ASI290MM + CGEM II
プロミネンス: 2018/7/15 12時54分 Shutter 20ms, 15FPS, gain 260, 400/500 frames
光球面: 2018/7/5 13時00分 Shutter 2.5ms, 15FPS, gain 290, 400/500 frames
Autostakkert3 + ImPPG + Photoshop CCで画像処理

北西にプロミネンスが見えています。拡大してみます。

2018-07-15-0345_6_lapl6_ap47_IP
富山県富山市, 102mm, F10 achromat + P.S.T. + ASI290MM + CGEM II
2018/7/15 12時45分 Shutter 20ms, 50FPS, gain 350, 400/500 frames
Autostakkert3 + ImPPG + Photoshop CCで画像処理

濃いもの以外に、薄いものも出ているようです。ここら辺の形の変わる様子をいつかタイムラプスで撮ってみたいです。

この日は真夏日、暑くてものの30分で退散しました。
 

3連休の日曜の夜、天気が良さそうなのでどこかに撮影に行こうかと迷っていたのですが、いつもの天文一家のM3兄弟がなんとEOS Kiss X8iを買ったというので、近くの牛岳に集合です。カメラを買ったのは一昨日ということなので、どうやらカメラ選択の記事は間に合わなかったみたいで残念ですが、それでも結局Kissシリーズのダブルズームに落ち着いたようです。Natsuはしきりに「いいなー、いいなー」とぼやいていました。一世代新しいの機種なのと、新しいカメラを持つ時の嬉しさが羨ましいみたいです。

現場に着くと、いつもの県天のK会長がいましたが、連休中のせいか他にもたくさんの人たちが夜景や星空を見にきていました。 M一家もすでに到着していて、子供たちは早速新カメラをねたに色々話し始めていました。横で聞いているとNatsuが「ISOは3200がいいんだよ」とか、先日6400で明るすぎたことは置いておいて、生意気にもアドバイスみたいなことをしていました。普通の星空や、景色を撮りながら練習をして、展望台に登って天の川も撮っていたみたいです。これから初めての方のための超入門編の画像処理の記事を書こうと思っているので、役に立つかもしれません。

子供たちはNatsuのX7も合わせて、天の川とかの撮り比べをしていたみたいです。下の少6のSukeが撮った天の川を、ちょっと暗いですが撮って出し(各辺2分の1サイズに圧縮)ですが載せておきます。


IMG_8314



私の方はというと、撮影のためにMEADEの25cmとCGEM IIまで持っていってSharpCapできちんと極軸まで出したのですが、薄曇りだったのと思いの外一般の人がいたので、K会長の解説に混じってASI294MCで電視観望を始めました。それでも空はどんどん曇ってくるのでもう撮影は諦め、雲の間に見える木星、土星も映しながら、薄雲越しのM57やM27などの電視観望の定番を見せつつ、時間が過ぎていきました。

IMG_4848

IMG_4847


M家は小さなも鏡筒まで合わせると3台望遠鏡があります。中でも初代ポラリスは、年代の割にはかなり良く見える鏡筒で、焦点距離も長いので惑星もよく見えます。他のお客さんにも見てもらい、長男の中3のK君がうまく解説していました。ただ、赤道儀モードで使っているのですが、まだ極軸を全然撮れていないので、手動追尾も厳しくて惑星がすぐに逃げていきます。極軸の合わせ方を覚えるのもいいですが、自動追尾がそろそろ必要な時期に来ているのかもしれません。

M家は23時頃に帰っていき、待っていても雲も回復しそうになかったので我々も23時半頃には牛岳を後にしました。Kさんと他に二人お客さんが最後まで話し込んでいました。その後空は晴れたのでしょうか?



 

「EOS kissで天の川を撮ろう」の第二弾です。今回画像処理まで進もうと思ったのですが、実際の撮影が結構面白かったので、とりあえずそこまで書いておきます。

第一弾の記事を書いた後、娘のNatsuと一緒に牛岳に行きました。久しぶりの牛岳で、今季はまだ2回目です。すでに県天のいつものメンバー、K会長に同期のYさんがいて、どこかのテレビ局のカメラマンさんも来ていました。我々もその横に車をつけ早速天の川を撮影開始です。

基本的に設定はNatusが一人で勝手にやります。何枚か撮ってみてみたら、結構写っているので、聞いてみたことは

Sam: 「ピントは合わせた?」
Natsu: 「うん。」
Sam: 「拡大してちゃんと見た?」
Natsu: 「うん。」
Sam: 「星が二重丸とかになってると後で虚しいよ?」
Natsu: 「大丈夫!」

うっとおしがっているくらいなので、まあ大丈夫そう。

Sam: 「レリーズは?」
Natsu: 「使い方がわからん。」
Sam: 「あるけど使う?」
Natsu: 「めんどくさいからいい。」

まあいいか。夜にグダグダ言ってもあまり通じないので、基本的にはすべて本人のやりたいようにやってもらいます。撮影中に聞いたことはこれくらいです。

撮影をしていると県立大の学生のみなさんがたくさんきました。天文部の学生たちで、多くは1年生のようです。少し話をして、展望台の方に行くというので、Natsuも学生に混じってついて行くことにしました。女の子も何人かいたので、色々話したいみたいです。

全然帰ってこなかったので呼びに行くと、天文部のみなさんもカメラで撮影していました。撮影の練習らしいです。最初少し薄かった天の川も、時間ともにだんだん濃くなってきました。

Sam: 「撮影はもういいの?」
Natsu: 「うん、満足した。」

とのことなのですが、本当にちゃんと撮ったのか?よくわかりませんが、私が次の日、土曜なのですが仕事ということもあり、23時すぎには早々と切り上げました。


撮影し終わった帰りの車の中で

Sam: 「大学生のお姉ちゃんと話した?」
Natsu: 「うん、めっちゃ楽しかった。静岡から来て一人暮らしなんだって。」
Sam: 「へー、Natusも将来一人暮らしするの?」
Natsu: 「実家だったらこんな夜中にウロウロしてたら、絶対文句言われてたって。一人暮らし楽しそう。」

え、今日も夜中にウロウロしてても文句言ってないんですが...。「親から離れて」ウロウロしててもという意味なのでしょう。多分大学になったら一人暮らしするのでしょう。親離れは成長の証拠。頑張ってください。

続きの会話。
Sam: 「ところでISOは?」
Natsu: 「6400」
Sam: 「あれ?3200じゃなかったっけ?え、大丈夫?ノイズ多いかもよ。露光時間は?」
Natsu: 「10秒くらい。」
Sam: 「なんで?」
Natsu: 「蚊がおってイライラしとった。」
Sam: 「え、マジで?そのままブログに書いていい?」
Natsu: 「えー、じゃあ早く撮りたかったら。」
Sam: 「どういうこと?」
Natsu: 「短時間でたくさん撮れると思って。」

一体何が本当かよくわかりませんが、あの準備の記事はなんだったんだと思いながら、所詮中学生のやることだからとぐっとこらえました。まあかなり適当だということです。

Natsu: 「でも10秒とかだと全然流れとらんかった。」
Sam: 「そりゃそうでしょう。20秒でも拡大せんとわからんもん。」

まあいいか。

さて、そんなこんなで試し撮りや、くだらないものも合わせて65枚撮ったみたいです。EOS kiss X7で撮れた天の川、その他Natsuセレクションがこちらになります。JPG撮って出しにしようとしたのですが、一枚12.5MBとサイズが大きすぎました。Kiss X7入門機なのですが、画素数は60Dや6Dに比べて多いためにファイルサイズが大きくなってしまうようです。とりあえず各辺2分の1にして2592x1728で載せておきます。サイズ変更以外の加工はまだ何もなしです。

  • 地上と合わせた天の川です。思ったより雲が多かったです。低空を主に撮影しているので、この日の天候だとある意味仕方ないかと。火星が思ったより大きく写るのでなんでかと思ったのですが、雲でぼやけてソフトフィルター効果みたいになったようです。
IMG_8261
撮影地: 富山県富山市牛岳, 2018年7月13日21時49分
EOS Kiss X7(無改造, ISO6400, JPG), 露出13秒、固定撮影
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMを18mm, F3.5で使用
画像処理なし

  • 天の川のもう少し上のほうです。ここら辺の高度になると、雲の影響も少なくなってきます。
IMG_8259
撮影地: 富山県富山市牛岳, 2018年7月13日21時48分
EOS Kiss X7(無改造, ISO6400, JPG), 露出13秒、固定撮影
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMを18mm, F3.5で使用
画像処理なし
 

  • 北のほうの天の川に木を入れた構図です。
IMG_8248
撮影地: 富山県富山市牛岳, 2018年7月13日21時42分
EOS Kiss X7(無改造, ISO6400, JPG), 露出10秒、固定撮影
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMを18mm, F3.5で使用
画像処理なし

  • 牛岳の展望台とスキー場のリフトです。Natsuいわく影になって綺麗だとのことです。
IMG_8289
撮影地: 富山県富山市牛岳, 2018年7月13日22時4分
EOS Kiss X7(無改造, ISO6400, JPG), 露出8秒、固定撮影
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMを18mm, F3.5で使用
画像処理なし



  • Natsuのいちばんのお気に入りだそうです。多分影が好きなんですね。火星が綺麗に写っています。
IMG_8294
撮影地: 富山県富山市牛岳, 2018年7月13日22時6分
EOS Kiss X7(無改造, ISO6400, JPG), 露出13秒、固定撮影
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMを18mm, F3.5で使用
画像処理なし


とりあえず5枚載せましたが、これだけ見てもいくつかのことが言えます。まず、当初の目的の天の川は十分写っています。入門機にもかかわらずこれくらいは簡単に写るということは事実として知っておいていいと思います。

あと、気になることとしてノイズが多いこと。これはISO6400にしてしまったことの弊害かと思います。やはり3200でもう少し露光時間を取ってもよかったかと。

もう一つ、撮った画像を見ながらNatsuとも話していたのですが、画角がやはり少し狭いかなと。そもそも標準レンズの単焦点側の18mmを使っているのですが、それでもやはり星景というにはすこし焦点距離が長いのかもしれません。センサーサイズがAPS-Cと、フルサイズに比べて1.6分の1くらいになるので、先の18mmと合わせてフルサイズ換算で18*1.6=28.8mmとなります。ここらへんが標準セットの限界といったところでしょうか。これ以上大きな視野を撮ろうとしたら、レンズを焦点距離の短いものに変えるか、何枚かずらして撮影して後から合成する、「モザイク合成」という手があります。

正直な感想としては、十分すぎるほど撮れているのではないかと思います。しかもNatsuの結構適当な設定にもかかわらずです。適当でもいいので、ちょっとやってみて手持ちの入門機でこれくらい撮れることならば、ちょっと今晩にでもと挑戦してみる価値もあるのではないでしょうか。


撮影した画像を見ながら、Natsuが言った一言。

「このカメラすごく良くない?軽くて使いやすいし。」

心の友のようなので満足しているのでしょう。

さて、次はやっと画像処理。これからまだまだあぶり出すので、さらに天の川もはっきり見えてきますよ。


  1. EOS kissで天の川を撮ろう (その1): 撮影の準備  
  2. EOS kissで天の川を撮ろう (その2): 実際の撮影  
  3. EOS kissで天の川を撮ろう (その3): 画像処理  
  4. 番外編: 天文っ子のためのカメラ選択 
  5. 番外編: EOS 6Dで天の川を撮ろう





天の川の撮影記事を書いていますが、星が好きな天文っ子が天の川を撮影をしたい場合、初めて購入するカメラはどのようなものがオススメかという観点でメモしておこうと思います。

まず、お小遣いやお年玉などをやりくりして買うことになるので、高級機というわけにはいきません。だからと言ってコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)クラスだと、できることがかなり限られてきてしまいます。やはりここは一眼レフカメラで、入門機クラスを狙うのがいいのかと思います。今の日本で入門機クラスの一眼レフを選ぶとなると、ほぼCanonとNikonのどちらかからになるかと思います。他にミラーレス機も選択肢に入るかもしれませんが、あまり詳しくないので今回は考えないことにします。

一般的な写真を撮る場合Nikonに人気があったりしますが、星の撮影に限って最初に買うカメラと考えると、Canonの方が有利なように感じます。入門機から中級機までは長くCanon人気が続き、ハイエンド機では最近はNikonのD810Aが人気があるようです。CanonはEOS kissシリーズ、60D、6Dと比較的低ノイズのカメラがランクに応じて手の届く価格で販売されているのが嬉しいです。と言ってもkissシリーズはモデルチェンジを繰り返していますし、60Dもまだ現役ですが発売開始からはだいぶん立っています。6Dは後継のMark IIが発売されました。



おそらく今回最初のカメラということで、ターゲットとなるのはセンサーがフルサイズよりも少し小さいAPS-Cサイズの、比較的購入しやすいものになるかと思います。子供が新品で買うには60Dでもかなり高額な部類になるのかと思いますので、ここはkissシリーズ一択になるかと思います。

IMG_9594
娘のNatsuがこれまでためたお年玉を全部合わせて購入した、
我が家初の一眼レフEOS kiss X7。
当時お年玉残額残額2000円だとか。 


ではkissシリーズのどれを狙えばいいのか?普通は現行機種のX9かX9iになりますが、X9かX9iの違いはオートフォーカスについてが主なので、マニュアル操作がメインの星撮りにはあまり関係ないとすると安価な方のX9で十分かと思います。ひと世代前のX8iやX7iもまだ新品で手に入れることはできるようなので、こちらも候補になると思います。今あげた4機種はどれもバリアングル液晶付きです。液晶モニターをカメラ本体とは独立に傾けることができるので、撮影時カメラを大きく傾ける場合がある星の場合にはかなり便利な機構です。娘のNatusはそれでも予算が足りなかったのと、バリアングルの価値もあまりわかっていなかったので、バリアングルなしのX7にしましたが、今の所不満なく使っているようです。

結局のところ、天文っ子が最初に選ぶ「新品の」一眼レフというとEOS kissシリーズがおすすめということになります。

さて問題はここからです。天の川などの星景写真だけならいいのですが、星雲を撮影しようとすると上のカメラではどうしても不満が出てしまうかもしれません。理由は、星雲の赤い色をカットする赤外線カットフィルターというのがあらかじめどのカメラにも取り付けられてしまっているからです。そのため、星雲を撮影してもどうしても色が薄いということになりかねません。これを解決するためには、カメラに取り付けられている赤外線カットフィルターを取り外す必要があります。これを天体改造とか天体改造カメラにするとか言います。これは素人になかなかできるものではなく、普通は専門の改造業者にお願いすることになり、3万円!ほどの作業費が発生します。

さらに、天体改造をしたカメラはホワイトバランスが崩れてしまうので、星以外の通常の撮影をするのが大変になります。例えばホワイトバランスを無理やしずらしたり、外付けの赤外線カットフィルターをつけたりと、一工夫する必要がありあます。どうしてもバランスが取れなくて不満が残る場合もあります。天の川などの星景写真までで抑える自信のある場合は天体改造は無理にする必要はありません。星雲などのHα線という赤い色を鮮やかに出したい場合に必要になるだけです。また中には星雲を色が薄いながらも楽しんでいる人たちもいるということも事実です。

なけなしの全財産でカメラ本体を購入して、さらに改造にというわけにはなかなかいかないと思うので、ここで出てくる手段が、ヤフオク専門店などであらかじめ天体改造されているカメラを探すというものです。ただし、この場合はほとんど中古になります。初めて購入するカメラで中古を勧めていいものなのか?しかも改造済みカメラの場合にはレンズもついていない場合がほとんどです。実際にはレンズどころか、電池や充電器などの周辺機器が全くついていないケースも多々あります。周りに詳しい人がいればなんとかなるのですが、カメラが初めてで周りに聞く人がいない場合には、中古はなかなかオススメすることはできません

中古でもいいのでどうしても安く仕上げたいという天文っ子は、まずはカメラに詳しい人と仲良くなるのが先かもしれません。仲良くなると意外に入門クラスのレンズとかは余っていることも多いので、もしかしたら格安で譲ってくれるかもしれません。

それでも値段的には相当の魅力があります。中古の天体改造カメラまで視野に入れると、実はなんと低ノイズで一時期名を馳せた60Dが手に届く範囲に入ってきます。ネット上を丹念に調べると、たまに60Dの天体改造カメラが出ています。これは新品のEOS kissシリーズの本体価格とほぼ同じか、少し高いくらいです。こういったものを気長に出るのを待つという手もあります。kissシリーズの天体改造済みのカメラも比較的出回っていて、こちらを最初から狙うのも十分ありかと思います。


IMG_9439
我が家2台目の一眼レフEOS X7。バリアングルで便利です。
こちらは天体改造済みの中古で購入。



IMG_0059
上のX5と大して違わない値段で購入したEOS 60D。これもバリアングルです。 


最後に蒸し返すようですが、新品のもう一つの利点はレンズ付きがセットで買えるということです。標準レンズは使いやすいものが選ばれていますし、値段の割に性能もいいので、最初はレンズ付きの新品のほうがいいと考えるのも一理アリです。実際娘のNatusもダブルズームキットを買って、最初からレンズが2本あったのでかなり活用することができました。


まとめると、
  • 星を撮るカメラを考える場合、天体改造まで視野に入れて考えたほうがいい
  • そうすると新品だけでなく、中古も最初から考えたほうがいい
  • レンズも含めて考えると新品ならkissシリーズがお手軽で狙い目
  • 天体改造まで考慮して中古も考えたら中級機の60Dクラスも視野に入ってくる
と言ったところでしょうか。


でもこうやって考えると、値段のことといい、中古を考えなければならないことといい、なかなか中高生には厳しい趣味なのかもしれません。高校生ならアルバイトを頑張って、いい機材を最初から手に入れるというのもアリかと思います。私も十分な大人ですが、望遠鏡だけでなく、カメラの沼でもいつも苦労しています。それでも綺麗な天体を撮りたいと思うのは何故なのでしょう?業(ごう)なのですかね?


  1. EOS kissで天の川を撮ろう (その1): 撮影の準備  
  2. EOS kissで天の川を撮ろう (その2): 実際の撮影  
  3. EOS kissで天の川を撮ろう (その3): 画像処理  
  4. 番外編: 天文っ子のためのカメラ選択 
  5. 番外編: EOS 6Dで天の川を撮ろう

 

一眼レフカメラを持っていて、星を撮ることに興味があるけど、かなり難しいんじゃないかと思われていませんか?

今回は中2の娘のNatsuが持っている機材で実際に撮影をしてもらいます。挑戦してみるのは天の川です。天の川なんて敷居が高いと感じるかもしれませんが、星雲や星団に比べたら望遠鏡なども必要なく、初めての夜空の写真としてはちょうど手頃なターゲットで、満足感も得られます。マニアが「うーん」と唸るような写真を撮るのは簡単ではないですが、天の川を写してみるだけなら意外なほど綺麗に、しかも入門用の機材でも十分に写ります。自分で撮った天の川の写真は格別ですよ。

というわけで今回は入門記事。一眼レフカメラに興味を持っている方、一眼レフカメラを買って星の写真を撮ってみたいという方が対象です。レンズも標準セットについてくるものを使います。


機材

まずカメラ本体ですが、ここではNatsuが愛用しているCanonのEOS kiss X7で試すことにします。一眼レフとしては一番買いやす部類の入門機です。軽量で女の子が持っても全然楽に扱えそうです。レンズはダブルズームキットについてきた二つのレンズのうち、より広い範囲を写すことができる焦点距離18-55mm 、絞りF3.5-5.6の方を使います。

IMG_9594
Natsuの愛機EOS kiss X7

もちろん一眼レフカメラならNikonなど他のメーカーでも構いませんし、レンズも焦点距離が短めのものなら入門用のもので構いません。もっというと、一眼レフカメラでなくても構わないのですが、「シャッター速度(露光時間)」と「ISO」と呼ばれる感度を調整できるカメラなら試してみる価値はあるかもしれません。最近のスマホのカメラは意外なほど感度がいいものも多いので、新しい機種なら天の川を写すことも可能かもしれません。一応ここでは、EOS kiss X7相当の入門クラスの一眼レフカメラで試していくことにします。

そのほかにもう一つ、どうしても必要なものがあります。三脚です。あまり軽くてグラグラしたものはブレてしまうかもしれませんが、普通にカメラ屋さんで売っているものなら十分かと思います。ものすごく頑張れば、うまくカメラの下に何かを入れて多少傾けることで三脚なしで撮影することも不可能ではないですが、逆に大変になるばかりなので、三脚は一つは持つことをお勧めします。ちなみにうちの娘は中国製の無名ブランドの三脚を中古で格安で手に入れたもの使っていますが、とりあえず最初はこんなのでも大丈夫です。

あと少し、無くてもいいのですがあると便利なものを書いておきましょう。一つはレリーズ。リモートシャッターでもいいです。シャッターを手で押すとどうしてもブレてしまいます。レリーズやリモートシャッターがあればぶれずにとることができます。まあ、最初は気をつけて手で押すのもいいでしょう。でもブレが気になるようになったら少し考えた方がいいです。

もう一つがレンズヒーターです。天の川が良く見える夏といえども、長時間撮影していると湿気でレンズが曇ることがあります。ヒーターは曇りを抑えてくれますが、これも最初はなくても構いません。しばらくの間は曇らないでしょうし、もし曇ったラレンズペーバーなどで拭き取れば大抵は大丈夫です。拭き取るのが面倒と感じてきたらレンズヒーターを探してみてください。



光害のない場所を探す

天の川を撮影するときにとにかく一番重要なことは、暗い場所を探すことです。どれだけいい機材を持っていても、都会の真ん中で天の川を写すことは至難の技です。逆に、ものすごく光害の少ない場所で撮影したら、入門用の機材でも驚くほど綺麗に天の川を写すことができます。街から離れた場所、例えば夏のキャンプなんかに行ったときに、空を見上げたらものすごい星が見えたという経験は一度くらいはあることかと思います。そのような場所なら天の川撮影は十分できるはずです。

暗いところに行って車から降りて、あれ?何も見えないと思っても諦めないでください。車のライトで、目が明るいところになれしまっている状態では天の川は見えません。少なくとも暗い状態で何分か待って、改めて天の川が目で見えるか確かめて見てください。空にうっすらと白いモヤモヤしたものが天の川です。人間の目は光を溜め込むことができないので、写真ほどはっきりとは見えないことも覚えておくべきでしょう。うっすら見えるくらいならカメラで撮れば十分に見えてきます。


季節と時間も大事です

場所と同じくらいに必要なのが、季節と時間です。夏の方が濃い天の川を楽しむことができます。冬も天の川は出ていますが、夏に比べたらとても薄いです。そもそも天の川とは地球から見た銀河の断面方向を見ていて、夏の南の方角が銀河の中心方向を見ることになるからです。基本的には春先なら夜中以降の遅い時間、夏なら一晩中、秋なら日没からしばらくの間と思えばいいでしょうか。どの時期でどの時間に見るといいかもっと調べたい場合はプラネタリウムソフト、例えば無料のStellariumなどを使うといいでしょう。




もう一つ見栄えに大きく関係するのが月です。月は天の川に比べてものすごく明るいので、基本的に月が出ているときは天の川撮影には向きません。月が邪魔するかどうかも先ほどのStellariumで調べることもできますが、月の満ち欠け月の出入りの時間がわかるサイトもありますので、利用するといいでしょう。私はiPhoneで「Diana」というアプリを使って調べています。アンドロイド用もあるみたいです。


透明度

さらにもう一つ重要なことがあります。もちろん天気は重要で雲が出ていたらダメなのですが、それだけではなて「透明度」というのがとても天の川の見え方に効いてきます。これはなかなかわからないかもしれませんが、昼間に遠くの山がはっきり見えるなんていう日は透明度が高い日が多いです。富山では立山の見え方が日によって大きく違い、たまに驚くほどはっきり見えます。こんな日は天の川日和です。


実際の遠征

こうやって見ると、実は天の川を撮影できる日は思ったより少ないことがわかります。夏前後で、暗い場所に遠出ができる休日前とかで、新月期に近くて、天気が良くて、かつ透明度が高い。都会に住んでいてい忙しい人だと、年に何日チャンスがあるかわからないくらいかもしれません。それにもめげずに撮影に行くわけですから、チャンスだと思った日にすぐに出発できるように事前準備をきちんとしておく必要があります。

まず忘れ物はないか?メインの機材は
  • カメラ本体、レンズ、三脚、レリーズ、ヒーター
などです。でもそれだけではありません。例えば
  • メモリーカードは入っていますか?十分な空き容量はありますか?
  • カメラの電池は充電されていますか?予備の電池もあった方がいいかもしれません。
  • 小さなライトがあった方がいいかもしれません。スマホのライトなどでもいいですが、他の人の迷惑にならないように、あまり明るくないもの、できれば赤いライトが望ましいです。赤いライトがなければ、赤い透明のフィルムをライトのところに貼っておくだけでもいいです。赤いフィルムがなければ、サランラップに赤いペンで色をつけて貼っておくだけでもいいです。
夏だからよっぽど大丈夫かと思いますが、山の上などは思ったより寒いかもしれません。
  • 防寒対策
もしておいた方がいいともいます。また、虫刺されに悩まされることも多いので、
  • 虫除け
もあった方がいいでしょう。あとはお腹が空いたときの夜食とかでしょうか。

あと、安全にも気をつけてください。暗いところなのでなかなか見通しがききません。できるなら昼間に一度下見に行っておいた方がいいかもしれません。山の中だと熊が出ることもあります。音楽を鳴らすなど、音を出していた方が動物たちも寄ってこないので安心です。最初はできるなら一人よりも、複数人で行く方がいいと思います。天の川の絶景ポイントには天文を趣味とする先客がいるかもしれません。話しかけてみると色々教えてくれるかもしれませんし、何より仲間がいた方が何かあったときも安心です。



撮影練習

さて、実際の撮影に入りますが、以下で説明することを時間のある昼間のうちに練習しておいた方が絶対にいいと思います。昼間の明るいうちに色々なスイッチを確認しながら、それこそカメラを見なくても手で触るだけでどこにどのスイッチがあるかを知っておくと、当日の暗い中での撮影がものすごくスムーズになります。星の撮影は基本的に全てマニュアルモードで行います。
  1. カメラの上部右のダイアルを回してMのところに合わてマニュアルモードにします。もしレリーズをさすと、自動的に外部からコントロールできるバルブモードになります。
  2. 実際によく忘れるのが、レンズ本体の設定です。レンズのところに切り替えスイッチがありますが、マニュアルフォーカスモード(MF)、手振れ補正(STABILIZER)はオフにします。
  3. カメラの背面のメニュー(MENU)ボタンで色々設定します。まず、撮った画像の保存ファイル形式はできるだけいいものを選びましょう。JPGなら一番圧縮率が低くファイルサイズが大きいもの。できるなら後で色々加工しやすいようにRAWで残しておいた方がいいです。私はファイルサイズは大きくなりますが、基本的にRAW+JPGで両方とも残すようにしています。
  4. ホワイトバランスは白色蛍光灯か白熱電球のほうが夜空の色に近く見えます。本当はきちんとホワイトバランスを合わせた方がいいのですが、RAWで撮っておけば後から変更できるのでそれほど気にしなくてもいいです。オートホワイトバランスは何枚も撮影していると途中で色温度が変わることがあり、統一処理ができなくなるため、やめておいたほうがいいと思います。
  5. 絞りはレンズの一番明るいところに合わせます。Fの値を一番小さくするという意味です。今回の標準レンズの場合F3.5にします。星像が変な形になる、周辺減光がひどいなどという場合は少しFの値を大きくして絞ります。注意することは、あえてきちんとF値を設定しないとFが勝手に大きくなったままになってしまって撮影してしまうことがあるので、必ず確認したほうがいいです。
  6. ノイズリダクションなどの機能は基本的に全てオフの方がいいと思います。ただし、後で画像処理をすることが前提です。画像処理をしない場合は長時間ノイズキャンセル機能はオンにしてもいいかもしれませんが、撮影できる時間が半分になってしまうので時間がもったいないです。
  7. 液晶画面の明るさは普通の設定だと明るすぎるののと、暗さに慣れた目を戻さないように一番暗くします。
  8. ピントを星に合わせるのは意外に難しいです。できるならば昼間に(距離はレンズによりますが)数キロメートルと十分離れたところを見ながらピントを合わせて、その位置でピント調節リングをテープなどで固定してしまいます。ちょっと高いですが、パーマセルテープが便利です。レンズによりますが、必ずしも無限遠の設定で本当にピントが合うというわけでもないので、きちんと確かめたほうがいいです。
  9. シャッターを押す際の星像のズレを防ぐために、レリーズやリモートシャッターを使うなら、昼間のうちに操作に十分に慣れておいて下さい。
  10. 一度、三脚に乗せてカメラがきちんと固定できているか、ガタがないか、方向を変えることができるかなどもチェックします。暗闇で三脚に固定するのも、カメラの向きを変えるのも、明るいところとは勝手が違います。
  11. 意外にも、レンズキャップや、レンズの付け替えなども暗闇では大変です。外したレンズキャップをしまう場所もあらかじめ決めておいた方がいいでしょう。
  12. 小さなライトを用意しておくといざという時に楽です。ライトには赤いフィルムを貼るなどして、暗闇に慣れた目を戻さないようにする工夫などが必要です。
  13. ISOや露光時間、F(絞り)を変える場合のスイッチの位置を改めて確認しておくといいでしょう。これらは暗闇で何度もいじる必要があるので、手探りだけでスイッチの位置がわかるようにしておく必要があります。
  14. 撮影した後に、何秒間画像を表示するかの設定も見直しておきましょう。4秒くらいが適当でしょうか。また、撮影画像を後から見る方法もきちんと確認しおきましょう。青い三角マークのプレイボタンですね。撮影画像を表示した状態で、拡大する方法も練習しておきましょう。撮影した画像のピントが合っているかどうか、その場で確認したくなるものです。

ここまでをとにかく昼間のうちに準備してしまいます。できるならば、これらのことは真っ暗なところでもできるように、暗い場所で何度も練習しておくことをオススメします。

さて実際の撮影ですが、本番当日の撮影をする前に余裕があるなら、別の日に事前に夜の星の撮影を試すといいです。多少周りが明るい自宅からとかでもいいので、夜空を写してみてください。意外に星が写ることにびっくりすると思います。十分な練習をしてから、本番の当日の撮影に向かいます。



実際の撮影

さて、いよいよ本番です。練習も繰り返して準備は万端なはずです。臆せずに撮影開始といきましょう。
  1. もし昼間にピントを合わせ忘れていた場合は、Live viewで明るい星を映してから、それを5倍か10倍で拡大して、一番小さく見えるところにフォーカスリングを合わせます。パーマセルテープなどで固定したほうがいいでしょう。慣れないとこれが一番難しいかもしれません。後から画像を見て、ああピントがずれてたと後悔することがないようにきちんと合わせましょう。
  2. ライブビューモードは楽ですが、カメラの温度が上がりすぎてノイズが出やすくなります。基本的にライブビューは切って撮影します。
  3. さて、天の川にカメラを向けます。方角ですが、天の川は東の空から出始め、時間とともに徐々に立ち上がってきます。夏だと南側にそびえ立つ雄大な天の川が楽しめることでしょう。目で天の川が見えるくらいならそちらにカメラを向けてください。
  4. 画角はこんなサイトや、Stellariumでも手持ちの機材を登録すれば(実はこの機能結構便利です。)計算できたりしますが、まずは実際に撮ってみた方が早いでしょう。18mmでも天の川の濃い部分なら結構な範囲が入るはずです。
  5. その際、水平度はきちんと取るといいでしょう。X7は水平出しの機能がないので、三脚についている水準器があればそれを利用するといいでしょう。
  6. ここから最後のパラメータ選びになってきます。ISO感度とシャッター速度です。ISO感度をいくつにするかは周りの明るさによるので、何枚か試し撮りをして決定します。感度はノイズに直結するので、ノイズが目立たない程度の最大のISOを探します。機種やレンズにもよりますが、ISO1600か3200くらいが適当かと思います。最初あまりノイズを気にしないのなら6400とかでもいいと思います。今回の撮影ではこれまでの経験上ISO3200に統一しようと思います。
  7. シャッター速度(露光時間)ですが、レンズの焦点距離や方角にもよりますが、30秒くらいまでだと拡大しなければなんとか星が流れずに見えます。余裕を持って20秒くらいまでが適当かもしれません。今回はの撮影では多少拡大してもいいように20秒にしようと思います。
  8. 実際にシャッタを切って(レリーズがあれば露光時間を設定してからレリーズのスタートボタンを押して)しばらく待ちます。一番ドキドキする瞬間です。露光時間の20秒がすぎて画面が液晶モニターに映し出されると思います。天の川は写りましたか?目で見るよりはるかに濃い天の川が見えているのに驚くことと思います。もしここでまだ、天の川としては大したことないなとか思ってもがっかりしないでください。画像処理でもう少しあぶり出して見栄え良くすることができます。
  9. その後、画角などを合わせ直して、何度か撮り直します。明るすぎたり暗すぎたりしたら、ISOを小さくしたり大きくしたりしてちょうどいい明るさになるように変更します。
  10. レリーズなどでずっと連続して撮影すれば、後からタイムラプス映像などもできますね。

とにかく、事前の練習がすごく有効だと思います。暗い中で、手だけでボタンの位置を覚えてしまうくらいにしておかないと、実際の撮影ではなかなか上手くいかないでしょう。

とりあえず今日はここまで。明日から3連休。高気圧で全国的に天気もいいようです。カメラを持って出かけましょう。私もこれから娘と一緒に実際の撮影に行ってきます。


次回は「その2」実際の撮影の様子です。
さらにその後、撮ってきた画像の処理を予定しています。できるだけ無料のソフトで済ませたいと思います。




七夕は全国的に大雨でしたが、次の日の8日は午前半ばから晴れ、夜には透明度の高い素晴らしい空を見ることができました。一日遅れましたが、この天の川を見る限り織姫、彦星も無事に会うことができたのかなと思います。


さて、先日購入したSAMYANG 14mm, F2.8  IF ED UMCの絶好のテスト日和です。始めた時間が遅くて、次の日も仕事なのでほとんど時間をかけることができませんでしたが、とにかくファーストライトです。

IMG_0634
撮影地: 富山県富山市自宅庭から, 2018年7月9日0時3分
EOS 6D(HKIR改造, ISO3200, JPG), 露出20秒、固定撮影
SAMYANG 14mm, F2.8  IF ED UMC
画像処理なし


これ信じられますか?自宅からの天の川です。RAWも撮りましたが、これはJPGの撮って出しで何の加工もしていません。この日は普通に目で見てもはっきり天の川が見える珍しい日でした。これまでも天の川が見えたことはちょくちょくありますが、自宅でこれほどはっきり見えたことはありません。富山なので確かに田舎ですが、それでも国道沿いの町で、周りは普通の住宅街です。この日は南の低い空まではっきり見えました。連日の雨がチリとかも洗い流してくれたのかもしれません。その代わり星は瞬いていて、シンチレーションは良くなかったのかと思います。

この日はたまたまホタルが庭に一匹迷い込んでいて、この写真に写り込んでしまいました。写真をクリックして拡大するとわかりますが、3つくらい光の筋が見えると思います。

20秒露光なので、拡大すると星が流れているのが見えますが、片ボケなどは見られないと思います。いや、フル開放2.8でこれなら十分すぎるかと思います。とりあえず何の不満もありません。でも高級レンズとか触ったことがないので、もしかしたら見る目が甘いだけなのかもしれません。周辺減光は噂通り激しいですが、私的には許容範囲です。下部の景色を見るとわかりますが、歪みはやはりひどいですね。でもこれはレンズ補正で緩和されるらしいので、これもあまり心配していません。うーんこの値段でこの写りなら十分満足です。


次は上空の天の川です。これもJPG撮って出しです。右が南側、左が北側です。

IMG_0642
撮影地: 富山県富山市自宅庭から, 2018年7月9日0時25分
EOS 6D(HKIR改造, ISO3200, JPG), 露出20秒、固定撮影
SAMYANG 14mm, F2.8  IF ED UMC
画像処理なし



上下左右と四隅を拡大してみます。

IMG_0642_four


真ん中と上はほぼ点像。右はまあ許容範囲、下は少し上下に流れています。左は下方向に少し残像みたいにずれています。四隅は左下が一番マシで、右上と左上が少し三角形になっています。右下は斜めに流れてしまっています。これも他のレンズの経験がないので何とも言えないですが、星像の乱れは微々たるものかと思われます。

実際、手持ちの誠文堂新光社の西條善弘氏著の「星空撮影&夜景撮影のための写真レンズ星空実写カタログ」の写真と比べると、SIGMAの14mm F1.8 DG HSMと比べても、F1.8なら圧勝、F2.8と比べても等価かむしろいいくらいです。書籍の中ではF2.8で「すばらしいと画面」評価されているので、少なくともこの個体の画像は悪い星像ではないと思われます。もう一つの候補だった、TAMRONのSP15-30mm F/2.8 Di VC USDとの15mm側で比較しても、F2.8では明らかに勝っているように見えます。CANON純正のEF14mm F2.8L II USMとは比較にならなくて、NIKONのAF-S IKKOR 14-24mm f/2.8G EDと比べても圧勝です。

書籍の方はどうやら周辺減光を補正してあるものを掲載しているらしいので単純な比較はできないかもしれません。うーん、それでもなんか良すぎる気がします。何か間違っているのか、ひいき目で見ているだけなのか?

でもまあ、不満がないということは精神衛生上いいことなので、たとえ将来後悔するかもしれませんが、今回は大当たりだったと思うことにします。


最後に上記画像を加工したものを載せておきます。以前自宅で撮った天の川がここにあります。リンク先の日も透明度は決して悪くないですが、かなり炙り出してこれなので、いかに昨晩の透明度が良かったかがわかると思います。

IMG_0642_RGB_VNG_DBE_cut
撮影地: 富山県富山市自宅庭から, 2018年7月9日0時25分
EOS 6D(HKIR改造, ISO3200, RAW), 露出20秒、固定撮影
SAMYANG 14mm, F2.8  IF ED UMC
Pixinsight, Photoshop CCで画像処理 


自宅からコンスタントにこれくらい天の川が撮れればいうことないのですが、やはり昨晩の透明度は七夕の贈り物なのでしょう。

このページのトップヘ