ほしぞloveログ

天体観測始めました。

その3:  初日の記事からの続きです。


胎内星まつり二日目、朝8時の段階ではまだほとんど店も開いていません。国際光器さんだけは、朝一で店を開けていました。昨晩はかなりの雨が降ったようなのですが、私はほどんど気づかずテントでぐっすりでした。

IMG_2355


会場で買ったいなりずしで軽く朝食をすませ、車で胎内パークホテルにある温泉に向かいます。ホテルの日帰り入浴は普段は朝11時からなのですが、星まつり期間中は朝9時から解放してくれています。さっぱりした後は中条の町中まで足を伸ばし買い出しです。足りなくなった氷などを追加し、昼食用にすき家で牛丼弁当を買い込んでおきました。そういえば会場はとても暑いです。朝方はまだましですが、昼間は汗だくになります。買い出しに行った時にだけ食べることができるアイスは、この暑い中、格別です。

お風呂と買い出しから帰ると、すでに全部の店が開いていました。

IMG_2356


二日目の今日がメインなので、特売品など並び朝から盛り上がっています。ジャンク1000円鏡筒まであります。この日は私も安いものばかり大量に買い込みました。

各ブースを見ていくと色々面白いものが出ています。五藤テレスコープではMark Xが展示されてました。発売開始は1976年、なんと40年以上前です。展示してあるのはまだ現役で動くそうです。私は実物初めて見ました。青色かっこいいです。

IMG_2374


完全自作のポタ赤を展示している方がいました。古い赤道儀のモーター駆動を考えているので、色々参考になりました。ドライバーはPICを使っているそうです。このあいだのCANPでお会いしたほんまかさんもSS-Oneを展示販売していて、PICがいいとおっしゃっていました。

会場にはいくつかドブソニアンも展示してありました。下の写真のドブは作りかけだそうですが、自作で60cmクラスです。本職が農具機械を作るような方で溶接なども全部自分でやるそうです。モーターは初日の記事で書いた外山電子のものを提供してもらって組み込んでいるとのことです。すごい!

IMG_2360


ドブといえば、少し前の名古屋天文三昧の記事でコメントを書いていただいたヒロノさんと、実際に会場で会うことができ、ディープスカイエリアでドブソニアンを見させていただきました。実はヒロノさんがほしぞloveログの看板を目印にテントサイトに来てくれた時に、私はメイン会場で展示を見ていたのですが、子供達が飛んで来て、「いまヒロノさんがテントに来てくれたよ」と言っています。もう林の方へ帰って行ったとのことなので、ディープスカイエリア目指して3人で歩いていると、ちょうど到着する頃にヒロノさんとすれ違うことができました。子供達の顔を覚えてくれていたみたいです。

ヒロノさんはなんと66cmのドブソニアンのオーナーで、車の中に積んである状態で見せて頂いたのですが、よくあんな大きいものが、分解してるにせよ、車の中に入るものだとびっくりしてしまいした。でもあいにくの天気なので、結局もう今回は外に出さないとのことで非常に残念だったのですが、その後再びテントサイトまで来てくれて、ドブソニアン出すことにしたので、見に来てくださいと誘っていただきました。実際に夕方頃見にいくと、大きなドブがでんと構えています。色々お話しさせていただくと、どうも去年の原村星まつりで、私も子供たちもヒロノさんのドブをのぞかせてもらっていたみたいで、去年すでにあっていたということがわかりました。しかも、その時私は大口径のドブソニアンなら星雲に色がつかないかと聞いて回っていて、子供なら色がつくかもと答えてくれた人がいて、その人がヒロノさんその人でした。また原村で今度は別の40cmを出すとのことなので、また週末に再会できるので楽しみです。

IMG_2375


ディープスカイエリアではほかにもドブソニアン仲間の方が何人会場に来ているとのことで、40cmのがもう一台、あとビノテクノの双眼望遠鏡の試作機が置いてありました。是非ともどれも実際の星を見て見たかったです。


午後2時から長岡技科大の航空部によるロケット飛ばし大会がありました。胎内星まつりではこんな子供向けのイベントもあります。子供向けと行っても、ロケット自身はかなり本格的なもので、中には音速を超えることもあるそうです。正確に数えていなかったですが、計10機近くのロケットを飛ばしていました。最後のロケットを会場の子供に発射ボタンを押してもらうということになり、なんと司会の小ゑん師匠が下の息子Sukeを指名してくれました。その時の発射の瞬間の写真です。

IMG_2367

「ボタンがすごく固かった」と興奮気味に戻って来ました。とてもいい記念になりました。長岡技科大の航空部の方達、どうもありがとうございました。

その後の午後3時からの抽選会では何も当たらなかったのですが、子供は参加賞をもらるとのことで、いくつかの景品をいただきました。4時からのオーディションも思ったほどめぼしいものがなく、不調も多かったのですが、唯一面白かったのが、日野金属時代のH-100型の反射望遠鏡を屈折型に改造したもので、反射鏡の位置にレンズが入っていて、接眼部を下側にしてお尻の部分を空に向けて実際に見ることができるそうです。某国産車のCMであった反射型のパロディーです。私も以前の記事でドラえもん映画の中に出てくる望遠鏡についてコメントしたのですが、ネタとして持っておくのは面白いかもしれません。それでもこれもオークションでは値段の折り合いが合わなくて不調に終わってしまいました。

このあとコンサートに移っていくのですが、ちょうど調整を終えたオオザカレンヂKeisukeさんが舞台から出て来たので、声をかけさせていただきました。オオザカレンヂKeisukeさんは昨年の福島のスターライトフェスティバルで、娘が生まれて初めての生の歌手のコンサートを見て、しかもCDにサインしてまで頂いて、すごく大喜びしてとてもいい記念になったので、ぜひ今年も会えたらと思っていました。声をかけると何と我々のことも覚えていてくださって、娘はすごく嬉しがっていました。実は娘がここ1-2ヶ月ギターを始めて、テントサイトでも練習がてら大声で歌っていたのですが、そのことをオオザカレンヂKeisukeさんに話すと、すごく励ましてくれました。

IMG_2376


夜のコンサートももちろん参加して、歌声に聞き惚れました。曲数は5曲ほどでしょうか、すごくいい歌ばかりです。「誕生日」という母親のありがたみを歌った曲を歌ってくれたのですが、この歳になったからなのか、すごく感動しました。オオザカレンヂKeisukeさんもやっとこの歳になってこういう曲をかけるようになったと言っていました。アンコールもかかって、カバー曲ということで井上陽水の二人のハーモニーも最後に追加で披露してもらえました。

実はもうメイン会場も終わりに近づいた0時近くに、オオザカレンヂKeisukeさんと少し話す機会があったのですが、残念ながら娘はもうテントで熟睡中で、わざわざオオザカレンヂKeisukeさんに待ってもらってまでして起こしに行ったのですが「よろしく言っといて」と言ったきりパタンとまた眠りについてしまいました。非常に勿体無いことをしたのですが、次の日娘に聞いてみたら全く覚えていなくて、何で起こしてくれなかったのかと怒っていました。実際、相当粘って起こしたんですけどね。仕方ないので私だけオオザカレンヂKeisukeさんとお話ししたのですが、やはり高1の頃にギターに夢中になって、多分うちの子も弾き始めの今が一番面白いのではないかとのアドバイスをいただきました。娘に直接その言葉を聞かせてやりたかったです。

時間は少し戻って、夜もメイン会場を回っていたのですが、もしかしたら薄曇りから星が見えるのではと思い、三脚にいつものASI224MCと広角で見渡すことのできる16mm、F1.2のCSマウントレンズをつけてFUJINONの双眼鏡がある西側の暗いエリアで見てみました。どこも雲が厚く、ほとんど何も見えないですが、時折少しだけですが薄雲のところがあり、何とか星が見えます。KYOEIのMさんに言ってKYOEIブース前でも試したのですが、レンズにフードがついていないので周りのブースのライトの迷光を拾ってしまうのと、しかも雲が時事刻々変化していて、星が見える時間はほんとに一瞬です。ちょっと諦めてまた暗いところに行って粘っていると、「少し位置をずらして建物の向こう側に月が見える」とどなたかが教えてくれました。CMOSカメラは相当感度がいいので、かなり雲に隠れた月でも余裕で見ることができます。目でかすかに見える月の入りと、CMOSカメラではっきり見える月の入りを周りにの人に見てもらって、こんなによく見えるのかと驚かれました。月の入り後の雲に反射した月焼けとでも言えばいいのでしょうか、綺麗な光がCMOSカメラだとはっきり見えます。

そうこうしているうちに、時折画面が星で埋まるくらいの薄雲の場所が出て来て、一時はCMOSカメラ越しに天の川を見ることもできました。一番いい時では裸眼でも夏の大三角が確認できる時がありました。それでもそんな状態は5分と持たず、夜中近くには雲で覆われたしまって諦めたのですが、その場に来ていただいた方には、多分合わせると数十人にはなると思いますが、何とか星を見てもらうことができました。星まつりに来て星が見えないのは何ともシャクではありませんか。目でほとんど見えない星空がCOMSカメラで見ると「こんなに星が見えるの!」と驚かれるくらい、十分なインパクトがあったみたいです。一般の方、マニアの方色々いましたが、天文好きな方にはどんなカメラを使っているかとか、レンズはどうだと色々質問されました。惑星用のカメラでここまで見えるということに驚かれた方が多かったのが印象的です。

IMG_2377


HUQさんとはこの時間帯何度も双方の場所を行き来しながら、お互いの電視で今見えた、見えなくなったなどと、盛り上がっていました。最後に片付けてHUQさんのいるSWATエリアに行った時にオオザカレンヂKeisukeさんがちょうどHUQさんの画面を見ていたので、そこで上のように話すことができたというわけです。

会場も0時を回る頃には人も少なくなって来ました。下の写真は午前0時半ころで、後片付けの真っ最中です。お店の人によると、今年は人が少なかったみたいです。例年ですとメインの時間帯には人が多くて端の方まで見渡すことができないのが普通とのことですが、今年はかなりスカスカだとぼやいていました。皆既日食で星まつりが一月早くなったからなのかもしれません。来年はまた元に戻るでしょうから、例年のにぎわいを取り戻すのかと思われます。

IMG_2379


会場を回りながら、今年もたくさんの星仲間と再会することができました。スターベースのS君は今年もボランティアで参加していました。去年の胎内で初めてあって、このブログでもなんども出てくるHUQさん、KYOEIのMさん、三基光学の店長のMさん、初日しか会えなかってですが三基以来のSさん、SS-oneのほんまかさん、オオザカレンヂKeisukeさん、このブログで知り合ったヒロノさん、他にもたくさんいます。また、今回知り合いになった方もたくさんいました。

とても楽しい星まつりでした。子供たちも大満足だったようです。もしかしたら今回あった人の中で、かなりの何人かの人には今週末の原村でまた会えるかもしれません。


今回の星まつり参加記、もう少しだけ戦利品のページに続きます。


その2からの続き

7月30日お昼、やっと胎内星まつりから富山まで、数々の戦利品とともに無事に帰って来ました。

IMG_2382

会場の様子はリアルタイムでTwitterの方で随時レポートしていましたが、ブログの方にもまとめておきます。

星まつり会場へは日本海東北自動車道の中条インターが一番近いです。うちの古いカーナビには中条インターまでしか入っていなかったですが、今ではもう少し先まで行けるみたいです。インターを降りて少し走ると、去年も食べた「たわら屋」があります。まだお昼には早かったので、今年はここでお弁当を買って会場に持っていきました。

IMG_2323


途中の道、会場まで10kmくらいの距離の中条の町にはイオンもあれば、ヤマダ電気、K's電気、コメリ、すき家などあり、車で移動さえできれば生活に困ることはありません。

IMG_2324



星まつり会場行く前に、会場すぐ近くの(頑張れば歩けるかも)胎内昆虫の家というところに寄っていきました。

IMG_2333


入館料が必要なのですが、思ったよりすごいです。今回は世界のカブトクワガタ展が特別展として開催されていましたが、常設展の標本も相当充実しています。一つだけ難点は、生きたオオゴキブリ(多分...。怖くて確認できてません。)が普通の昆虫のケースの途中に突然出てくるところです。怖くてそれ以降そこの通路は通ることができませんでした。

その後会場に移動し、昨年と同じ場所にテントとタープを設営した後、

IMG_2336

会場の方に店を見にいきました。(ここら辺のことは前回の記事に現地からリアルタイムで書いています。)開いていたのはまだ三基光学さんだけだったので、会場の偵察がてら自然天文館の方に行って3日間の通し券を3人分購入しました。これで暑い時は涼みに来れます。SHOWAの60cm反射鏡がありましたが、昼間なのでFS-102で太陽を見せてくれました。少し曇っていたのですが、プロミネンスを見ることができました。夜も何度か来ましたが、ずっと曇りで結局今回はここの60cmで望遠鏡で星を見ることはできませんでした。 

IMG_2338


お店は昼1時前で1件か2件、
IMG_2339


午後1時半頃で数件、
IMG_2341


午後3時頃で5-6割、
IMG_2343


午後5時過ぎで数件を除いてほぼ全店オープンといったところでしょうか。
IMG_2344


お店の人に聞いて見ると実際の販売のメインは二日目とのことで、特価品なども二日目を狙って出してくるお店が多いみたいです。それでもいいものは早い者勝ちみたいなところがあるので、初日の最初の方に来る価値はあるのかと思います。

各ブースには販売品だけでなく、たくさんのデモ機の展示があります。各社のフラッグシップモデルです。

IMG_2358

IMG_2351


特に目を引いたのはTOMITAさんが展示していた上の写真のハーモニックドライブ赤道儀です。大小2機種置いてあって、小さい方でもウェイト無しで10kg、わずか3kgのウェイトを追加するだけで18kgまで積めるそうです。それで本体重量はなんと4.7kgで、すごくコンパクトです。話を聞いたら、バックラッシュはやはり皆無とのことです。ただしピリオディックエラーは多少あって、それはPECやガイドで消すしかないみたいです。回転している時に手で回転を止めるデモをやっていましたが、全く手の力くらいでは回転を止めることができないくらいのトルクみたいでした。ビデオでの映像の中には1秒角よりかなり小さい誤差でガイドしている画面が出ていました。大きい方はまだこれから販売されるものの試作機のようで、大したデモはしていませんでしたが、ウエイトなしで20kg程度、ウェイトありで50kg程度まで載せれるそうです。組み立ては韓国でほぼ一人の方がやっているとのことで、納期が数ヶ月かかるかもしれないとのことです。値段もそれなりのもので、おいそれと買える値段ではないですが、究極的な赤道儀と考えればある意味コストパフォーマンスの高い赤道儀なのかもしれません。

ユニテックさんはSWAT展示中。外装はSWAT300と書いてありましたが、目盛環がついているSWAT310仕様になっているものも展示してありました。このブログでもおなじみのHUQさんもいつものBORG55と組み合わせたSWAT200を出していました。なんでも今回は機内持ち込みできるスーツケースに入る大きさというのがテーマとのことで、SWAT350は大き過ぎてスーツケースに入りきらなかったそうです。HUQさんのセットアップはかなり注目されていて、昼夜ひっきりなしに人が来ていました。天ガの取材もあったみたいです。

IMG_2359


外山電子ではモーターとドライバーを展示していました。娘のNatsuの自由研究の赤道儀のモーター化を相談したら、古い余っているモーターとドライバーを送っていただけることになりました。ただ、9月になってしまうそうで、自由研究には間に合わないので、やはりその前に何か見つけて動かす手を考える必要があります。

IMG_2361


夕方近くになり、夕食は持って来たコンロと肉で焼肉でした。今回初めて星まつりでまともな料理をしましたが、星の機材が多いので料理用の機材が制限されてしまいます。それでもレトルトの温めるだけのご飯を使うなど、簡単に済ますことで、手を抜きながらキャンプ気分を味わうことができました。


天気は来た時からずっと曇りだったり、雨がぱらついていたりもしたのですが、夕食をとっていると、隣のテントの同じく富山から来た方(去年コルキットの組み立てキットをいただいた方です)が望遠鏡を出し始めたので、空を見るとなんと晴れて月が見えています。そそくさと夕食を済ませて会場の方に行ってみると、各ブースが望遠鏡を出して、月を導入しています。

IMG_2346

徐々に暗くなって、多くのブースが望遠鏡で木星や金星を導入していました。それでもこの晴れ間は長くは続かなく、結局この時が今回の星まつりで一番の晴れ間で、その後は雲が厚くなりほとんど何も見えなくなってしまいました。

舞台の方では小ゑん師匠が天文ネタの落語を披露してくれています。下の子が面白いとすごく真剣に聞いていました。残念なのは記念撮影を逃してしまったことです。プログラムをきちんと見ておけばよかったです。

IMG_2354


この日は天気が悪かったこともあり、それほど遅くまで起きていなくて、0時前にはテントで眠りについてしまいました。まだまだ明日に続きます。



その1: 準備中からの続き

胎内星まつり会場に到着しました。設営して昨日の看板を飾りました。場所は胎内自然天文館の後ろのの道路側の、道路を挟んだ中州状になっている所の上の芝生です。

IMG_2336


この看板を見た方はお気軽にお立ち寄りください。

会場は徐々に店がオープンし始めています。三基光学館が一番初めにオープンしていました。

IMG_2339


早速三基光学館でiOptronの口径80mm、焦点距離400mmのアクロマートを星まつり特価で買ってしまいした。焦点距離が短いので、電視観望にちょうどよさそうです。

IMG_2342


他の店も午後2時を回って少しずつオープンし始めています。スカイバードさんも色々特価品を出しています。タカハシが赤道儀をセットしていました。SWATではこのブログでもおなじみのHUQさんがSWAT200にいつものすごいセットアップの準備をしていました。

現場の様子はTwitterでも随時アップしていきます。Twitterの使い方がまだイマイチよくわかっていないのですが、このリンクを押すか、Twitterで「ほしぞloveログ」で検索してみてください。


その3: 初日の様子に続きます。


 

明日から始まる胎内星まつりの準備をしています。娘が看板を作ってくれました。この看板を見たら声をかけてください。青いタカハシのFS-60Qでどこかで電視観望やっています。今回は私Samと中一の娘のNatsu、小五の息子のSukeでの3人で参加です。

IMG_2315


明日の朝一番で富山から移動の予定です。でも天気予報を見るとほとんど曇りみたいです。なんとか晴れてくれないかなあ。



名古屋の実家に用事があったので、週末7月21日の金曜日、仕事が終わってから娘のNatsuと二人で車で富山から移動しました。移動の途中数河高原の飛騨コスモス天文台に立ち寄りました。薄雲が出ていたのですが、ところどころ星が見えているのでWideBino28で星見をし、少し晴れている間にドームと一緒に天の川を写しました。JPEG撮って出しに、Macのプレビューで少しだけ画像処理をしたものですが、天の川も十分見えています。

IMG_4107



IMG_2225


途中ISSが綺麗に見えました。20時18分で、マイナス1.4等星だったそうです。

結局2時間ほどいたのですが、途中真っ暗闇なので娘がクマが怖いと言い出し、最近始めたギターを弾き始めました。私も一緒に歌いながら天気が良くなるのを待っていたのですが、だんだん雲が多くなり、22時頃には諦めて名古屋に向かいました。

今回の用事の一つは、CANPで知り合った紅一点のYさんのお誘いで、次の土曜日朝早くから名古屋市科学館に見学に行きました。

IMG_2246


科学館公認の天文クラブのメンバーと一緒に回ったので、メンバーのロケット関係の方の外の展示ロケット説明などとても充実していました。荷物は周期表のロッカーに入れます。

IMG_2227

すでにニホニウム(Nh)がありました。私はノーベリウム(No)を選びました。

朝早く行ったせいかフーコー振り子のスタートするところを見ることができました。ここのフーコー振り子は外部エネルギーなしで、2時間に一回ほど振り直すそうです。生の振り子を実演したいからだそうです。

IMG_2231


外のH-ⅡBロケット見学は暑かったですが、さすが開発に関わった方の話でとても面白いです。そもそそも外にあるロケットはパカっと二つに別れるための実験で使ったものだそうで、色々開発時の面白い話を聞くことができました。

プラネタリウムは名古屋科学館名物の生解説です。照明を一番暗くしての星の投影は、まるで山奥の光害のないところでの星空みたいで、とても迫力があります。プラネタリウムでは私は昔からこれが一番好きで、ある意味都会で唯一見える満天の星空です。今回はプラネタリウム内にWideBino28を持ち込みました。初めての試みでしたが、思ったより面白いです。ほんとの空みたいに星が増えます。実際にはコントラストが上がって増えて見えるわけではなく、拡大されるのと、裸眼もしくはあっていないメガネよりピントが合わせられるからなのですが、それでも星座観察もできるしアンドロメダ銀河なども見えて面白いです。

IMG_2245


プラネタリウムが終わってから生解説してくれた学芸員さんが天文関連の展示物の解説もしてくれました。5階フロアの天井にある白い六角形の枠はTMTの30mの大きさを表しているそうです。座席に同じ音を届けるために位相差をつけて音を届かせる工夫だとか、色々な裏話を聞くことができました。

科学館のお土産は星座が内側に印刷してある折り畳み傘と、宇宙食(たこ焼き)、星座表のバンダナなどです。たこ焼きは4個入りで家族で分けて食べたました。一応たこ焼きの味がして、タコも入っていました。結構美味しかったです。

IMG_2253

IMG_2254

その日のお昼は名古屋名物のあんかけスパゲティです。娘はあんかけの方を頼みましたが、私は名古屋人には懐かしい鉄板に卵を引いたナポリタンを食べました。久しぶりに食べて美味しかったです。でも昔ナポリタンなんて言わずにイタリアンスパゲッティーと言っていた気がします。

IMG_2249

その日は娘のギター関連で楽器屋さん巡りに付き合いおしまい。昨晩実家に着いたのが遅かったので、この日はぐっすり眠りました。


次の日は天文ショップ巡りで、スターベースの名古屋店とスコーピオをはしごしました。写真はスターベースで、ちょうど留守にしている時に着いてしまい、開いていないかなあと娘が外から覗いている時です。

IMG_2250


スターベースは去年星を始める時に実は一番最初に一度寄ったのですが、その時はあまりに高くて何も手が出なくて、結局スコーピで最初の望遠鏡を購入しました。今回も手が出なかったのは同じなのですが、一年経って多少は経験したせいか、やっと店員さんと小一時間話すことができました。ここは高橋製作所のアンテナショップで、店員さんは実はタカハシの社員さんとのことです。途中お客さんが何人か来ていました。名古屋においても今では2つしかない天文ショップの一つなので、とても貴重です。掘り出し物はちょくちょく出るらしいので、また寄ってみたいと思います。

スコーピオでは店長さんはもちろん、お店に来ていたお客さんとも色々天文ネタで話が弾みました。こういった出会いは天文ショップならではです。こちらでは掘り出し物が一つあって、Vixenの古い手動タイプで赤道儀と経緯台が切り替えられる1200mmの屈折(多分、ポラリス80Lという型番)が格安で出ていました。少しさびがありましたが、レンズはすごく綺麗です。掃除して、また誰か星好きな子供に譲ればいいと思って購入しました。そうしたら一緒に行った娘が興味を持ってしまって、帰りの車の中で色々話が盛り上がって、自由研究で手動赤道儀のモーター化を試したらどうかという話になってきました。ただ、娘はまだ中1。設計に必要な三角関数とかわかるのか?ここら辺はまた記事(追記: 自動追尾化をまとめました。)にします。


もう一つ、実家で掘り出し物を発掘してきました。近頃ライト版が出た雑誌の「Newton」ですが、それの1981年7月号の創刊号と、会員特別配布版と書かれている創刊準備号が見つかりました。実はこれ私が高校生か大学生の頃古本屋で何冊かまとめて買っておいたものの2冊なのですが、他のものは処分してしまったみたいで、最初の2冊だけ残っていたものです。

IMG_2256


当時はそれほどとは思いませんでしたが、今見るとかなり面白いです。創刊にかける編集長の思いとか、中に乗っている記事もすごいです。例えば江崎ダイオードの話を江崎玲央名氏が直接寄稿していますし、ニュートリに質量があるかどうかがこの頃議論され始め、それから35年くらい経ってやっと昨年ノーベル賞です。星の記事もたくさんあります。銀河の特集の中には今見ても綺麗なメシエ天体の写真が使われています。今でこそGoogle mapで見えますが、その当時の衛星から撮った日本列島の写真を12ページにわたって紹介しています。今となっては貴重な2冊なので、大事にとっておこうと思います。

 

下の子用のスコープテックの望遠鏡のパフォーマンスが最近とても凄いです。観望会でも高級機を差し置いて、なぜか一番活躍しています。理由は簡単で、子供でもすごく簡単に天体が導入できるという一言に尽きると思います。


まずは少5の下の子、Sukeの感想です。
「星が見たいときに、家からすぐに出して使えるのでとても気にっています。ともだちが星を見たいと言って家に来たときに、お父さんは準備がすごく遅いけど、僕は誰かが見たいと思った時にすぐに見たい星に合わせてあげることができるので、とても楽しく星を観察することができます。土星、月、木星をよく見ます。このあいだのイオンモール砺波での観望会では、僕がたくさんの人に星を見せてあげることができました。色々な感想が出てうれしかったです。またこんな機会があれば、星をあまり見たことがない人に見せてあげたいと思います。」


次に簡単なスペックを書いておきます。
  • 焦点距離800mm
  • 口径60mm
  • ファインダー: 2つ穴タイプ
  • 経緯台: 微動ハンドル付き

もともと星まつりで買ったのですが、そもそも星まつり価格のせいか、信じられないような値段で購入しています。しかも子供用ということでアイピースや方位磁針などいろいろおまけしてくれました。しかもブースに手伝いできていた漫画家の由女(ゆめ)さんとも仲良くしてもらって、今になってもすごくいい買い物をしたと改めて思っています。ただし、星まつりで手に入れた機種は今スコープタウンのホームページにある現行のものではないみたいで、会社名などが鏡筒に印刷されていません。過去の画像なども調べたのですが、どうもそれらとも違うみたいで、もしかしたら試作品などに相当するのかもしれません。強いていうならアストロアーツさんのページに載っているものが近いのですが、それとて口径も違いますし、先端のフードの色など細かいところが違います。

多分、天文マニアから見たらなぜこんな入門機がいいのか全くわからないと思いますし、逆に初心者の方にもなぜスコープテックがいいのか、なかなかわからないと思います。ちなみに当然ですが、スコープタウンから宣伝してほしいとか頼まれたわけでもなんでもなく、純粋にユーザーとしていいと思っていることを書いているだけなので、その点はご納得いただければと思います。


1. 二つ穴ファインダー 
  • 下の写真にも写っていますが、この望遠鏡の一番の特徴です。なぜこんなものがと思われるかもしれませんが、この二つ穴だと子供が天体を簡単に導入できるのです。普通の光学ファインダーは子供には調整できません。多くの初心者が天体望遠鏡を購入した時、月さえも見ることができなかったというのはファインダーに原因があると思います。
  • ちなみに横についているファンダーは、同じく星まつりで買った格安ファインダーです。鏡筒に穴を開けてネジ山を切って自分で取り付けたのですが、結局子供は全く使ってくれていません。
IMG_2212


2. 経緯台
  • この望遠鏡セットは星を追いかけれらる赤道儀式ではなく、もっと簡単な経緯台タイプになっています。簡単にいうと、上下と左右方向に調整ができるのみで、星の日周運動を追いかけるような動きはできないということです。その代わりに導入はすごく直感的で操作しやすいのだと思います。そのせいもあり、子供でも非常に天体を導入しやすいのです。
  • ただし、倍率を上げた場合すぐに星が逃げていくので、追いかけるのにはいつも苦労していますが、子供にとっては望遠鏡を操作している実感があり、それが楽しいみたいです。微動用のハンドルが両軸とも付いているのもポイントです。

3. 軽量
  • 鏡筒がプラスチック製らしいので、強度はあまりありませんがとにかく軽いです。強度はないと言ってもアイピースで見るぶんには全く困ることはありません。
  • それよりも軽くてすぐに出せるのは子供にとってはすごく重要です。いつも私が赤道儀の極軸合わせなどでモタモタしている間にも、すぐにセットして勝手に天体を導入して見始めています

4. 31.7mmのアイピース
  • 現行のものは直径が25.4mmタイプのアイピースが標準みたい(ホーページには31.7mmにも対応していると書いています)なのですが、うちが買ったものは31.7mmしか対応していません。31.7mmだと今最も普通に出回っているアイピースなどが使えるので便利です。
  • さらに星まつりなどで特価アイピースをいくつか買っておいたので、様々な倍率を楽しむことができています。
  • また、天頂プリズムが標準でついているために、無理な体勢をとらなくてよく、楽に見ることができます。

5. アクロマートレンズ
  • 少し専門的なことになりますが、筒などは安く上げている代わりに、レンズはアクロマートレンズと言って、収差の少ない性能のいいものを使っているとのことです。もちろんアポクロマートレンズのような最高級レンズではないので、収差がないわけではないのですが、入門者が普通に見るぶんには全く不満なく見ることができると思います。
  • 以前金星を250倍くらいにして明らかに過剰拡大をした時にはさすがに赤と青のにじみが見え、収差が確認できましたが、普通に使うぶんには気になるレベルではないでしょう。

6. 価格
  • これらのセットがかなりの低価格で販売されています。一番いいところは価格自身ではなく、低価格なので気兼ねなく操作できるところです。
  • 子供が触って多少壊そうが、全く気になりません。観望会などでも完全に解放して、お客さんに勝手に触ってもらっています。下の子がいつも得意げに導入方法を説明していて、お客さんにも試してもらっています。単に望遠鏡を覗かせてもらうだけと、月でもなんでもいいので自分で導入して見たときの反応は圧倒的に違います。

さて、実際にどれくらい見えるかですが、月のクレーターなどはすごく綺麗に見えます。手持ちでは20mmと9mmのアイピースをよく使うのですが、倍率がそれぞれ
  • 800mm ÷ 20mm = 40倍
  • 800mm ÷ 9mm = 89倍
となるのですが、この二つを主に使い分けています。木星の縞、木星の衛星、土星の輪などははっきり見えます。土星の輪にあるカッシーニの隙間は気流の状態がいい時に、かろうじてなんとか見えるくらいでしょうか。この倍率だと惑星は小さいですが、これ以上倍率を上げてもすぐに視界から出てしまい、追尾が難しくなるので実用的ではないです。



逆にできないことも書いておきます。

1. 撮影
  • 試したことはないですが、カメラでの撮影は厳しいでしょう。筒が弱いのと、経緯台のために星を追いかけることはできません。
  • すごく短時間なら可能かもしれませんが、暗い天体までは映らないです。
  • 月などをスマホで気軽に写すのは、逆に色々工夫ができそうで面白いかもしれません。

2. 小さな天体の導入
  • 二つ穴ファインダーの弱点です。倍率がないために、目が悪いとそもそもその天体を見ることができずに、穴に入れることもできません。
  • オプションのファインダーがあると改善されるでしょう。

3. 星雲
  • 残念ながら、よく雑誌などの天体写真で見るようなカラフルゴージャスな星雲を見ることはできません。これはスコープテックに限らず、かなりの高級機種でも、アイピースで見ている限り星雲に色がつくことはありません。形も文字通り「雲」のような白いモワッとしたものとしか見えないでしょう。
  • 星雲の色はカメラで撮影しているから綺麗に見えるのであって、人間の目はカメラのように光をためておくことはできないですし、色についてもカメラほど敏感ではありません。

このような点が不満になってきたら、もうスコープテックは卒業です。天文マニアへの階段を確実に上がっていっています。よかったら以前書いた機種選定の記事もご覧ください。



 

前回の記事から大分時間が空きましたが、久しぶりに天文ガイドバックナンバーの読み込み記事です。

IMG_2210


今回は1992年1月号から12月号の一年分ですが、今回一番思ったことがワクワク感がだんだんなくなって来たことです。 なぜだか理由ははっきりしています。この時代の広告の商品が今のラインナップともう大きく変わらないからです。もう御三家の広告もとっくになくなってしまいました。シュミカセもMEADE、Celestron共に普通に一般的になっています。値段もかなりこなれています。

もっと根本的に言うと、光学系に関してはほぼ民生の技術が確立して来た感があります。赤道儀に関しもVixenのSPから8年ぶりにバージョンアップしたGP(Grate Polaris)がこの年の5月21日に手頃な値段で出ていますし、8月号ではGPの特集が組まれています。自動導入もSKYSENSORが3にまでなっていて相当一般的になったことがわかります。特にSKYSENSORはコンセプト、方向性、メーカーの姿勢など、今見ても革新的だったことがわかります。SKYSENSORについては一度別個の記事でまとめて見たいと思っています。今も普通に使っている技術が一般的に浸透して来たのがこの頃のようです。

むしろCCDやパソコンの方がこの頃から比べて現在の技術が発達しすぎているので、隔世の感があります。例えば、8月号に初期の冷却CCDのST-4の解説が載っています。X68000(なつかしい)での画像処理だそうです。同号のカラーページにはST-4の画像例も載っています。その当時の天文マニアの最高技術だと思いますが、今の電視でのリアルタイム観望くらいの画質と比較できるくらいでしょうか。時間をかけて処理していたものが今ではリアルタイムと、やはり技術の進歩はすごいですね。なお、12月号には早速ST-6の記事も載っています。また、9月号に初のステライメージの宣伝が載っています。今のアストロアーツではなくアスキーからです。マルチメディアという言葉が流行った頃かと思います。

一方で、今ではほぼ完全に廃れてしまった、フィルム時代の吸引や増感の記事がいくつかあります。やって見たかったと思う反面、正直今のデジタル一眼の時代で楽になったのはよかったとも思えてしまいます。

特集記事などです。
  • 8月号にNifty ServeのSPACE FORUMのオフラインミーティングの特集が組まれていました。やっとこの頃マニア同士のネットでの情報交換ができ始めてきた時期です。だんだん情報が雑誌オンリーからネットに変わっていく変わり目の時代です。ただし、パソコン通信の時代の幕開けであり、まだまだインターネットは全く一般的ではありません。でもいつの時代でもマニアはやっぱりマニアですね。
  • 1月号のカノープス北限記録は昨年に引き続きまた失敗に終わっていましたが、こう言った記事は後から読んでも十分楽しめます。昨年は岩手県栗駒山で雲に覆われ失敗、この年は秋田県須川温泉ですが、やはり雲で失敗。失敗なのですが、何かやって見たいという挑戦心が刺激されます。
  • 11月号には手作りの分解能測定装置の記事がありました。92年のスターライトフェスティバルでお披露目されたそうです。手軽に分解能を測定できる環境はちょっと羨ましいです。最近の興味は惑星撮影での動画をスタックする技術での分解能です。スタックした時の分解能の理論的な限界を知りたいですが、どこかにないでしょうか?自分で計算するしかないかな?それを実測で試すのも面白そうです。
  • 1月号で投稿写真に対するスタッフの批評コーナーが終了し、入選者の声に変わっています。いつかここに私が知っている人も掲載されているのではと今から楽しみです。

このブログの以前の天文ガイドの紹介記事のコメントコーナーでも面白かったと感想があった、赤瀬川原平さんのコラムですが、やはり面白いです。
  • 3月号で「ついにタカハシを買う」という記事が載っています。経緯はどうあれ、最初にタカハシを買うという一大イベントは全ての天文ファンに共通なのではないでしょうか。記事も書いてある通り、雑誌の中にそれらしき記事や写真が出てくると穴のあくほど見つめ、その僅かなニュアンスから信頼度を必死に探る。「天体望遠鏡の全て」なんて別冊が出ると、全ページ舐めるように見尽くす。赤瀬川さんは高橋製作所まで乗り込んで言ったそうです。ちなみに私の場合は最初のタカハシ(といってもまだ一本しかないですが)は福島のスターライトフェスティバルで落とした、工場に眠っていたと言うFS-60Qのアニバーサリーモデルのデモ機でした。
  • 8月号では「星派」か「メカ派」かを議論しています。赤瀬川さんは機械派だそうです。私も冷静に考えると機械派だと思います。星の写真を撮るにしても何か工夫してその成果を試したいと言うのが根幹にあるのです。ちなみにこの記事によると星派は政治的人間で自分の天文台を持ったり裕福なイメージみたいですが、メカ派はヘンタイだそうです。

モリマサユキ氏の「おもちゃの星座箱」です。
  • ケンタウルス座の紹介記事が印象的でした。「あの地平線を越えればケンタウルスの全ての姿を見られるのだろうか?その心意気は時を超え今日まで受け継がれています。ボストークとなり、アポロとなり、ボイジャーとなったのです。」とありますが、星好きな人が宇宙の深淵を望遠鏡で覗くのも同じ思いなのではないでしょうか。少なくとも私は同じです。いろいろ挑戦していきたいです。
  • この連載も6月号で終わり、7月号からは森雅之氏(なぜか漢字に)の「口笛の科学」という4コマ漫画になります。こちらも示唆に富んだ漫画で面白いです。


読者の投稿コーナーは相変わらず面白い投稿が溢れているので、バックナンバーといえども欠かさず読みます。
  • 3月号で「星見に命をかけたボク」という14歳の子の投稿があるですが、屋根で星を見ていて夜露で滑って地面に後頭部を強打、3日間眠りっぱなしで左目失明という記事がありました。奇しくも最近子供が屋根に登って星を見出したので、この記事を見てやめさせることにしました。でもこの投稿の本当の論点は、その時に双眼鏡の光軸が狂ってしまったことと、さらにカメラを踏んづけて壊してしまったので、誰かカメラ譲ってくださいと言うことでした。編集でもシャレにならないとの感想でしたが、いろんな意味で本当にシャレになりません。
  • 5月号では女子高の流星観測会の様子が報告されていました。「金、金、金」はよくある話ですが、「男、男、男」だそうです。まあ、欲というのは男も女も、老いも若きも変わらないものですね。このあいだのイオン観望会で短冊飾をみんなに書いてもらったのですが、天文マニアの七夕の短冊は「おおきなぼうえんきょうがほしい」でした。
  • 6月号には「感心してしまうアメリカ製品」という投稿がありました。「とやかく言われるアメリカ製品ですが、発想の素晴らしさと低コストで仕上げる生産技術には、ミードやセレストロンの製品などを見るにつけ毎度敬服する次第です。」とあります。私も同感です。天文に限らずですが、日本は根性で精度を出し高価な値段をつけますが、アメリカは手を抜いてそこそこの精度を安価に出すのが得意ですね。民生品は後者の方が有利な気がしています。研究レベルで、定量的に評価して必要なところに精度を出していくのはアリだと思いますが、趣味という範疇ではいかに裾野を広げるかと言うことが重要なのかと思います。まあ、最近は中国製が多いのですが、これとて精度としては十分なものも多く、決して侮ることはできません。
  • 8月号にプラネタリウムでに双眼鏡を使った観測の投稿がありました。今では結構一般的な手法ですが、この頃に発案されたみたいです。
  • この年の話題の投稿は公共天文台のあり方です。2月号で都市部に作って、「一番口径が大きいと宣伝できることが最も大事だ」と市の職員に言われたと怒っている記事に、4月号で月をまたいで反応がありました。天文マニアのわがままではないかと言う意見です。公共天文台はいろいろな役割があります。安全も考えなくてはいけません。富山の天文台には時々手伝いに行きますが、職員さんの計らいもあり、市民と天文マニアのうまい橋渡し役になっているのかと思います。天文マニアにも一般の人に見せてあげることが好きな人もいれば嫌がる人もいます。好きな人は土曜日とかには天文台に自分の機材を持ち込んで、たくさん来るお客さんの対応を手伝う人もいます。ちなみに7月号に2月号で投稿した人からさらに投稿がありました。星好きの天文台職員がいて、みんなが星好きになってくれればという意見だそうで、いずれにせよみなさん星好きの裾野が広がることを願っていることには変わりないみたいです。

また長い記事になってしまいましたが、私にとっては昔の記事は経験不足を埋める数少ない手段の一つです。と同時に、技術の進化などは趣味としてもとても楽しみながら読むことができます。昔からの天文ファンの方にも、この頃のことを思い出すきっかけになれば嬉しく思います。また次の年の分も読んだら(実はもうとっくに読み終わってはいるのですが)まとめてみたいと思います。





 

2017年7月12日、平日で少し雲があったのですが、NexStar 4SE用架台のテストをしてみました。

結論としては思ったよりかなりいいです。アラインメントは簡単で、撮影さえしなければ眼視や電視では十分な精度でしょう。Advanced VXよりはやはりはるかに軽いですし、MEADEのETX-60ATよりは重いですがそのぶん精度と十分な安定性(観望会などでトラブルなく信頼できるという意味)があります。即実践投入できそうです。

まず、初期アラインメントも何通りか方法がありますが、一番簡単な「Sky Align」は、とりあえず3つの明るい星(惑星でもいいとのこと)を入れるだけの手軽さです。今回はベガとアルタイルとスピカで試しました。実は今回は水平も、北の方向も何も取らずに試したのですが、 それでもそこそこというか、十分合ってしまいます。ただし、マニュアルを見ると水平は取ったほうがいいとのこと。水準器をどこかに取り付けようかと思っています。

マニュアルは日本語版が付属されていたのですが、6SEか8SE用の英語のものを日本語に訳したものみたいで、全く同じものがネット上にもありました。どなたかが翻訳されたのでしょうか、とても役に立ちます。 

惑星だけを使った「Solar System Align」もできるようですが、こちらはあまり正確ではないとマニュアルに書いています。今回は水平を全くとていなかったので、やっぱりボロボロでした。水平をきちんと撮ってから試したいと思います。

「Two Star Alignment」 はAdvanced VXで使っているアラインメント方法と同じで馴染みがあります。「Auto Two-Star Align」というのもありますが、こちらは今回は試していませんので、またいつか試して見たいと思います。


使い勝手ですが、 Advanced VXのコントローラーよりボタンの数が少ないので少し戸惑いますが、普通に操作するぶんには十分わかりやすいです。導入速度もAdvanced VXほど速くはないですが、全く問題ないレベルでしょう。最後の微調整で流れて止まるまでの時間が思ったより長いのが気になったくらいですが、これも十分許容範囲です。

IMG_2180



今回はテストで木星、土星、M57、M27、月と導入しましたが、いずれも十分な精度でした。鏡筒はとりあえずFS-60CBです。

その際ASI178MCで電視で試しました。ASI224MCに比べてセンサー面積が大きいのと、周辺の収差が気になったのでレデューサも入れずに試しました。月がちょうどぴったりくらいの大きさで入って、PCの画面の解像度に比べても十分な高解像度で見えます。画面上で拡大するとまるで月を探索しているみたいです。前回のイオンの観望会で月をあまり見せることができなかったので、これは観望会にいいと思いました。実は月は観望会では大人気メニューの一つなのです。 

昨日の天体写真展で天文台の方から天体写真についての講演を頼まれました。昨日は観望会の後、疲れてそのまますぐ寝てしまったのですが、明けて7月8日の日曜日、朝9時半ころから天文台にいって、その場でスライドを少し準備して実際にお話しをしてきました。

頼まれたのが昨日で、今朝の今朝までどのような人に話すのかあまり聞いていなかったのですが、どうやら年配の方が中心でグループで写真を撮っているので、その方達が星の写真を撮ることができるようにということでした。以前作ったスライドを直前の10分程度で多少変更して、初心者対象という形で話しました。講演自体は自分の機材を見せたりしながら、順調に進んで良かったのですが、面白かったのはその後です。天文台のプラネタリウムに入って、暗い中でドームに映した星を自分のカメラで撮影するのです。

まずびっくりしたのが、今回のために参加者全員カメラと三脚持参で、しかもほぼ全員相当なカメラとレンズを持っています。私が持っているのがCanonの60Dなのですが、NIKONのD810を持っている方もいれば、Canon 5D MarkⅢを使っている人もいて、ほとんどの方が講師のはずの私のカメラよりもはるかにいいカメラを持っていました。よくよく聞いてみると、カメラの先生を招いてみんなで富山のいい景色を撮るという試みをしているとのことです。その中でカメラやレンズを趣味のようにしている方もいるということでした。

さらに興味を引かれたのが、今回のプラネタリウムでの撮影の目的が、暗いところでのカメラの操作になれるということでした。明るいところでほとんど撮ったことのない私にとってはむしろ目から鱗で、十分なカメラの経験があるような方でも暗闇の中でのカメラの操作には相当てこずるようでした。

というわけで、最初のX7を触り始めた時にコツという形で少しまとめたことはあるのですが、今一度天体写真に慣れていない方に向けて、これまでの経験も踏まえて改めてコツを書いておこうと思います。対象は天の川などの星景写真で、(私もそうでしたが)おそらく一番最初に経験するカメラと三脚だけを使った場合です。

まず、昼間のうちにできることはやっておきます。基本的に全てマニュアルモードです。
  1. ダイアルを回してMのところに合わてマニュアルモードにします。一眼レフカメラでないコンパクトデジカメの場合には設定メニューに隠れている場合などがありますので、マニュアルなどで調べてみてください。
  2. 実際によく忘れるのが、レンズ本体の設定です。レンズのところに切り替えスイッチがありますが、マニュアルフォーカスモード、手振れ補正はオフにします。
  3. ファイル形式はRAWが必須ですが、後で処理が面倒だという方はJPGもありかもしれません。私はファイルサイズは大きくなりますが、基本的にRAW+JPGにしています。
  4. ホワイトバランスは蛍光灯か白熱電球のほうが夜空の色に近く見えます。もちろんRAWで撮っておけば後から変更できるのですが、夜空に近い色の方が後々も楽かと思います。オートホワイトバランスは何枚も撮影していると途中で色温度が変わることがあり、統一処理ができなくなるため、やめておいたほうがいいと思います。
  5. 絞りは手持ちのレンズの一番明るいところに合わせます。Fの値を一番小さくするという意味です。星像が変な形になる、周辺減光がひどいなどという場合は少しFの値を大きくして絞ります。注意することは、あえてきちんとF値を設定しないとFが勝手に大きくなったままになってしまって撮影してしまうことがあるので、必ず確認したほうがいいです。
  6. ノイズリダクションなどの機能は基本的に全てオフの方がいいと思います。ただし、後で画像処理をすることが前提です。画像処理をしない場合は長時間ノイズキャンセル機能はオンにしてもいいかもしれませんが、撮影できる時間が半分になってしまうので時間がもったいないです。
  7. 液晶画面の明るさは普通の設定だと明るすぎるののと、暗さに慣れた目を戻さないように一番暗くします。
  8. ピントを星に合わせるのは意外に難しいです。できるならば昼間に(距離はレンズによりますが)数キロメートルと十分離れたところを見ながらピントを合わせて、その位置でピント調節リングをテープなどで固定してしまいます。ちょっと高いですが、パーマセルテープが便利です。
  9. シャッターを押すときのブレを避けるために、レリーズは用意したほうがいいです。レリーズの操作も昼間のうちに十分に慣れておいて下さい。連続で撮影する場合などはカメラが持っているインターバル撮影機能で代用することもできますが、それでも最初にシャッタを切る時にはブレてしまうので、できるならレリーズを使ったほうがいいです。
  10. 一度、三脚に乗せてカメラがきちんと固定できているか、ガタがないか、方向を変えることができるかなどもチェックします。暗闇で三脚に固定するのも、カメラの向きを変えるのも、明るいところとは勝手が違います。
  11. 意外にも、レンズキャップや、レンズの付け替えなども暗闇では大変です。外したレンズキャップをしまう場所もあらかじめ決めておいた方がいいでしょう。
  12. ヘッドライトを用意しておくといざという時に楽です。ライトには赤いフィルムを貼るなどして、暗闇に慣れた目を戻さないようにする工夫などが必要です。
  13. ISOや露光時間、F(絞り)を変える場合のスイッチの位置を改めて確認しておくといいでしょう。これらは暗闇で何度もいじる必要があるので、手探りだけでスイッチの位置がわかるようにしておく必要があります。

ここまでをとにかく昼間のうちに準備してしまいます。できるならば、これらのことは真っ暗なところでもできるように、暗い場所で何度も練習しておくことをオススメします。


さて実際の撮影ですが、本番当日の撮影をする前に、事前に夜の星の撮影を試すといいです。多少明るい自宅の庭でもいいので、夜空を写してみてください。意外に星が写ることにびっくりすると思います。十分な練習をしてから、本番の当日の撮影に向かいます。

撮影時のコツです。
  1. もし昼間にピントを合わせ忘れていた場合は、Live viewで明るい星を映してから、それを5倍か10倍で拡大して、一番小さく見えるところにフォーカスリングを合わせます。パーマセルテープなどで固定したほうがいいでしょう。
  2. ライブビューモードは楽ですが、カメラの温度が上がりすぎてノイズが出やすくなります。基本的にライブビューは切って撮影します。
  3. ISO感度をいくつにするかは周りの明るさによるので、何枚か試し撮りをして決定します。感度はノイズに直結するので、ノイズが目立たない最大のISOを探します。機種やレンズにもよりますが、ISO1600か3200くらいが適当かと思います。最初あまりノイズを気にしないのなら6400とかでもいいと思います。
  4. シャッター速度(露光時間)ですが、レンズの焦点距離や方角にもよりますが、最長で30秒くらいまでだと相当拡大しなければなんとか星が流れずに見えます。余裕を持って20秒くらいまでが適当かもしれません。

とにかく、事前の練習がすごく有効だと思います。暗い中で、手だけでボタンの位置を覚えてしまうくらいにしておかないと、実際の撮影ではなかなか上手くいかないでしょう。天気も場所もベストという時間は、実はかなり限られているので、その貴重な撮影時間を逃さないためにも、十分に練習しておいてください。焦って操作を誤って、出来上がったものを見てみたら見るも無残だったということを私も何度も経験しています。


撮影した後に重要なのは画像処理です。どれくらい処理するかは人によると思いますが、ほんの少し手を加えるだけでも驚くほと見栄えが良くなったります。ここら辺は以前色々記事にしていますが、初心者向けの記事ではないので、そのうちに初心者向けの画像処理の記事も書いてみたいと思います。


2017年7月8日イオンモール砺波で県天主催で写真展と観望会を開きました。

写真展は今年春に天文台で準備したものを各所で回覧しているもので、 私が出品したものも何点か展示されていました。面白かったのは、いつものお気軽SCOPETECHが大活躍で、下の写真にあるように、片隅に天体望遠鏡覗きませんかコーナーを作り、覗くとプレアデス星団の写真を拡大したのが見えて、まるで星を見てるような気分になります。小さい子はなんで星が見えるか最初わからなくて、望遠鏡の先をずっと辿って見ていくとやっと答えがわかって、写真のところまで走っていって確認するというわけです。子供はおろか、大人の多くも面白がってくれたみたいです。

IMG_2162



イオンでの食事は昼はペッパーランチでステーキと、夜は銀だこ。イオンらしいメニューでしたが、こういった店が少ない富山ではまあ結構満足です。写真展の合間と観望会の準備の合間に、早めに食事を取っておくことで混雑を避け時間を節約しました。

観望会は夕方から準備を始めたのですが、朝からの快晴がいつの間にか全面曇りになっていて心配だったのですが、薄暗くなることには天頂くらいは薄雲で、なんとか星が見えるかというくらいにはなりました。望遠鏡はYSさんのタカハシのf=1400mmの60年もの鏡筒をTS赤道儀に載せたもの、FJさんの32cmドブソニアン(NINJA)、 MKさんのFS128をSHOWAのピラー型の赤道儀の載せたもの、KMさんとKGさんでC9.25が2台、KJさんのMAXVISION(私は知りませんでしたが台湾のメーカーみたいで、スカイバードで売られていたものみたいです)のEDの多分127mm鏡筒と6セットほど出ていました。MAXVISIONは以前カビが発生したそうで、全分解したとのことです。屈折も分解できるんだと驚いていたら、やはり組み立てが難しくて光軸がイマイチ合わないといっていました。

IMG_2171


私はC8とSCOPETECHで、SCOPETECHは下の子がいつものように経緯台で追っかけながら木星や月、なぜか土星と間違えたアンタレスなどを導入していました。なので、計8セットの望遠鏡があったことになり、かなり豪華です。

お客さんの人数は100人くらいはいたでしょうか。7時15分頃から始まった天文台の方のお話の最中、まだ明るくて一番星も出ない中、最初のドブソニアンで木星を導入したとの声をきっかけに、肉眼でも見え出したようで、次々木星が導入されていきました。あいにく私は木星を捉えることがなかなかできなくて、5分ほど遅れてそれでもなんとか木星導入。時折雲に隠れて肉眼では見えなくなったりしましたが、望遠鏡ではまだ十分に見えています。最初のお話が終わって、ドッとお客さんが集まってきたのですが、北極星が全く見えないので、極軸も取ることができなくて見切り発車です。マニュアル導入で木星、土星、月、また木星と次々に見せて、1時間があっという間に過ぎてしまい、20時30分に終了となりました。土星の輪や木星の縞や衛星を見たことのない方が多く、子供も大人も、みんなこんなに綺麗に見えるんだとびっくりしていました。確かに薄雲でしたが、シーイングは結構良かったようです。カッシーニの間隙もはっきり見えていました。月はかなりおぼろげでしたが、それでもクレーターも少し見え、皆さん喜んでくれました。

かなり曇っていた割には、望遠鏡の数もたくさんあったこともあり、お客さんの多くはとても満足されたようで、大成功だったのだと思います。


天文と全く関係ないのですが、昨日の7月7日の七夕は快晴にもかかわらず全く機材を出しませんでした。月が明るかったせいもありますが、何年も前から続けているもう一つの趣味のカブクワ取りに子供達と夜中に出かけるために、夜は早々と仮眠をとったからです。その甲斐もあり、シーズン初めとしてはカブ雄1匹、ミヤマ雄大2匹、コクワ雄1匹を含む14匹とまあまあの結果でした。夏は星と虫取りで忙しいです。


IMG_2159
 

このページのトップヘ