ほしぞloveログ

天体観測始めました。

今回の記事は、普段私が何気に気を使ったりしていることや、小ネタなどをまとめてみることにしました。よかったら参考にしてください。細かいことなので、あまり記事とかにしてこなかったことも多いです。

あくまで個人のやり方なので、この方法が正しいなどという気はさらさらないですし、この方法を押し付けるようなこともしたくありません。むしろ、これを見てもっといいアイデアがあるぞとか、自分で工夫してもらってさらに発展させてもらえると嬉しいです。

それではいきます。


機材が揺れないように

倍率の高い状態で見たり撮影したりする望遠鏡。揺れは大敵です。

まず、L字型の構造は出来るだけ避けたほうがいいです。必要なら三角板をL字の真ん中に入れて補強するなどします。頭でっかちで、根元が細いのもだめです。赤道儀は基本的にL字や頭でっかちになりやすいですね。
  • 鏡筒と赤道儀の接合部
  • 赤緯体の根本
  • 赤経体の根本
  • ウェイトとウィエイトバー
  • 赤道儀と三脚の接合部
  • 三脚の足の接合部
などです。

基本的には、構造的に一番弱いところで一番大きく揺れます。極端に弱いところを途中に作らないことが重要です。

揺れに関しては重量というよりは慣性モーメントが効いてくるので、
  • 同じ重さなら、長い方がより揺れる。
  • 同じ重さなら、重量が端にあるものほどよく揺れ、重量が中心(支点に近いところ)にあるほど揺れにくい。
手で触って揺れが分かるようなものは構造的に不十分です。風が吹けば当然揺れてしまいます。

構造がしっかりしているはずなのに、ガタガタする場合はたいていクランプやネジの緩みです。特に赤道儀は、車などで運んでいると長期の間に自然にネジが緩むことがよくあります。外に出ているネジだけでなく、内部のネジまで含めて緩みを各自で定期的にチェックするか、それができなければメンテナンスに出すなどが必要になります。

一例ですが、私はガイド鏡でさえこれくらいガチガチに固定しています。高さもたわみなどが少なくなるようにできるだけ低くしています。

IMG_1513

もう一例、重い鏡筒なのでできるだけ鏡筒位置が低くなるような鏡筒バンドを選び、かつ長いロスマンディー規格のアリガタを使い、バンド間の距離をできるだけとっています。

IMG_9772

これだけバンド間の幅を取っていると、プレートより上は揺れに関しては無視することができて、それより下の赤道儀自身(今使っているCGEM IIの場合)の方が弱い構造となるので、揺れの大きさはそちらで決まります。


アルカスイス互換クランプ/プレートの利用

鏡筒の上部や下部に長めのアルカスイスプレートをつけておくと便利です。取っ手がわりにもなります。
さらに、ガイド鏡、ファインダーなどの下部にアルカスイスクランプをつけておくと、コンパクトな機構で安定に鏡筒に取りつけることができ、かつ取り外しが楽になります。




アルカスイス互換クランプは構造的に精度の許容範囲が広いため、安価なものでもそこそこ安定していて、気軽に使えるので使い勝手がいいです。。
  • 面で固定なので安定。
  • プレートの長さが相当長いものまで選べる。
  • クランプの長さも結構選べる

また、Vixen規格のアリガタからアルカスイスへの変換アダプターを作っておくと便利なことが多いです。

BCD1948C-4DAB-43CC-AB5C-BEB548F2F8C6

例えばAZ-GTiはVixen規格のアリミゾですが、上記アダプターでアリミゾからアルカスイス互換クランプに変換することで、L字フレームをつけたカメラや、上下にアルカスイス互換プレートをつけた軽い鏡筒なら、十分な強度で取り付けることができます。それだけでなく、このアダプターはかさ上げも兼ねていて、鏡筒が三脚に当たることをある程度防いでくれます。

さらに、この変換アダプターに使っているアルカスイス互換クランプのつまみのところには水準器が付いているので、AZ-GTiの経緯台モードの最初の設置の時に、鏡筒の水平出しに便利で、これがあるとないとで初期アラインメントの一発目の導入精度が全く違ってきます。


ハーフピラーの活用

AZ-GTiを使ったときに実感したのですが、上のかさ上げ用のアダプターでも不十分なときにはハーフピラーが便利です。AZ-GTi三脚セットに付属のものもそこそこの強度があfり悪くないです。特に天頂近くを見るときに、鏡筒が三脚に当たるのを防ぐことができます。


できるだけシンプルにすることを心がける

トラブルを避けるためには、あらゆるところをシンプルにした方がいいです。例えば、一つの箇所でトラブルが起きる確率が10%とすると、もしそれが10箇所あるとトラブルが起きる確率は1-0.9^10=0.65と、何と60%以上の確率で毎回何かトラブルが起きることになります。一つトラブルが起きると撮影としては大抵全て失敗してしまいます。意外なほどこの法則は当てはまったりするので、トラブルが起こる箇所の数を減らすことは、撮影の成功に直結します。
  1. 機材組み上げの構造はシンプルにする。
  2. ケーブルの本数は減らす。
  3. 複雑な操作を避ける。
  4. ソフトを多用しすぎない。
  5. Wi-Fiに便りきらない。何もつながらなくても動かせる手段を持っておく。
などです。

2. 特にケーブルはコネクタ部や内部で接触不良になったり、引っ掛けたり、可動部で挟んだり、何かとトラブルが多いです。持ってくるのを忘れることもよくありますね。

3.、4. 複雑なソフトの多用も考えものです。確かに全部連動してがうまく動くとカッコ良くて満足できたりするのですが、一つ動かないと全部動かなくなるとかの、互いのソフトの動作状況に依存するような組み合わせは最小限にすべきです。私は撮影時はPHD2と撮影ソフトのディザーのみの関係に抑えてます。各機器間を繋ぐASCOM関連の安定度は重要で、必ず事前にきちんと動くかチェックするようにしてます。

5. トラブったときに接続できなくて画面で何も見ることができない状況とかは、できれば避けたいです。PCをモニターがわりに使えるようなこんなアダプターを用意しておくと、別途モニターとかを用意する必要がなくなるのでいいかもしれません。


ケーブルの取り回し

ケーブルは回転の中心で固定したほうがいいです。例えば、鏡筒につけてあるカメラやガイド鏡に行くケーブルは、鏡筒と赤道儀の接合付近で一回ベルトでまとめてとめています。こうしておくと赤道儀が回転しても、ケーブルが変に引っ張られたりする危険が減ります。このことは、APTなどを使った子午線自動反転でのトラブルを少なくすることにつながります。


マジックテープは便利

三脚、ハーフピラーなど随所に裏がシールになっているマジックテープをつけてます。そこにもう一方のマジックテープを貼ったバッテリー、Stick PCなどをペタペタくっつけてます。こうすることでケーブルの長さを短くすることに貢献しています。

IMG_9893

ハーフピラーにマジックテープをつけてバッテリーとStick PCを親子亀方式でつけてます。
バッテリーとStick PCの間もマジックテープです。


ライトは暗いものがいい

庭撮りや遠征時に使うライトです。これの前のモデルを持っています。

 

電球分が取り外して懐中電灯のように使えるし、題において上から押すとスイッチが入ります。電球色で、暗いモードと明るいモードがあって、暗いほうのモードは天体観測には適度な明るさで、かつ1000時間以上持つので便利です。新しいモデルの高級バージョンは、6段回に明るさを調整できるみたいです。


テーブルと椅子

特に電視観望の時など、ノートPCを使う場合には、折りたたみ式のアウトドア用の机を使います。椅子もあると楽です。

IMG_9240

椅子は写真に写っているような高さ調整のできるものがいいです。私はルネセイコウのプロワークチェアを使っています。



これだと眼視の時にも相当低い位置から(高い位置よりも低い位置で安定して見えるほうが重要、腰が痛くなるのを避けることができます)見ることができて便利です。特に観望会などで足腰の弱いお年寄りの方がいる時には威力を発揮します。


小型のStick PCの利用

撮影時にはStick PCを使っています。小さく軽いのでマジックテープで三脚などに固定できるのと、Windowsのリモートデスクトップ機能を使うと、離れたところからでも他のPCから様子がわかるので、遠征時には車の中から、庭撮りでは自宅の中から、特に冬はヌクヌク状態で撮影しています。夜中じゅう放っておいて寝てしまっても、ベッドのところにiPadとかのタブレットを置いておけば、目が覚めた時にチラッと確認してまた眠ることができます。

最近はASIAir Proとか流行っているので、同様のことができますね。私はWindowsのソフトを使いたいのでStick PCですが、ASIAir Proは手軽さという面では上かと思います。


極軸をどう取るか?

極軸を合わせるのは極軸望遠鏡でもいいですが、最近では精度的には何らかのPCを使ったツールを使った方がいいでしょう。特に長時間撮影では精度の違いが重要になってきます。極軸精度が不十分だと一方向にずっとずれ続ける(「ドリフト」とか「DC的な変動」とかいいます)のでガイドに負担がかかってしまいます。

具体的には、私はSharpCapのPolar Align機能を使っています。Plate solveでリアルタイムで極軸を合わせることができる、非常に優秀で簡単に使える極軸調整ツールです。残念ながら有料版でしか使えない機能ですが、年間10ポンド(千数百円)とお小遣い程度なので、この機能のためだけでも有料版にしてもいいくらいです。ガイド鏡のカメラがそのまま使えるので、経済的にも、機材を簡略化する観点からもメリットが大きいです。

ちなみに、極軸を合わせるためのカメラは回転中心に置く必要はありません。しょせん星という無限遠を見ていることになるので、当たり前といえば当たり前ですね。さらに、カメラは極軸の方向にピッタリ合わせることも不要です。画面内のどこかくらいに入っていれば十分です。これもカメラの映像のピッタリ中心で回転することが必ずしも必要ないことから、当然といえば当然ですね。というわけで、適当に置いたガイドカメラを使っても十分に極軸調整のためのカメラとして使うことができるということです。


初期アラインメントはワンスターで十分!

極軸がきちんと取れてれば、初期アラインメントはワンスターアラインメントで十分です。無闇にツースターアラインメントや、スリースターアラインメントに時間をかける必要はありません。極端に言えば、高度なオートアラインメント機能などを使わずに、手動で導入しても構いません。だって、極軸があっていれば、どの星を見てもあとは自動で十分な精度で追尾してくれてくれるからです。

逆に、極軸が取れていない場合は複数の星を使った初期アラインメントが必要になります。それでも特に長時間露光の撮影時には、原理的にきちんと極軸を取ったものに勝てません。なので、極軸の精度はかなり重要になります。どれくらいの精度で合わせればいいかは



を見てください。ざっくり言うと、極軸を1分角の精度で合わせておけば、もう十分な精度と言えるでしょう。極軸望遠鏡でこの精度を出すにはなかなか難しいと思いますが、SharpCapなどのツールを使えばかなり簡単にこのレベルの精度を出すことができます。


初期アラインメント時に一発で視野に入れるには?

極軸をきちんと合わせているのに、初期アラインメント時に視野に入らない場合は、赤道儀の水平出しに気を使ってみてください。その際、水準器があると簡単ですが、水準器がついていない場合はホームセンターなどで買ってきて、赤道儀の平な面を見つけてそこに水準器を置き、一度水平を出してから赤道儀に直接接着してしまうと、毎回合わせることができるようになります。


ピントをどうやって合わせるか?

バーティノフマスクもいいですが、他にも精度良くピントを合わせる方法はたくさんあります。例えば、恒星のFWHM(半値全幅)を自動で測定してくれる機能が撮像ソフトには付いていることが多いです。BackYardEOSやSharpCapでは私も FWHMを常用しています。このFWHMが最小になるようにピントを調節します。このピントを調節するのも、やり方一つでかなり精度が変わってきます。ここら辺も経験が効いてきますが、コツを知っているか知っていないかでかなり違います。例えば、
  1. ダイヤルを回していって、一旦最適位置を通り越して、そのときに見た最小値を覚えておく。その最小値になるように戻す。
  2. 戻すだけだとバックラッシュで像の位置が変わることもあるので、一旦大きく戻して、最初に最初うちを見たときと同じ方向で、再び同じ最小値になるように合わせる。
  3. 手で触っていると揺れるので、どれくらい動かすかの最小単位を決めておき、毎回その単位で動かして毎回必ず手を離す。

さらに、ネジの精度が良すぎて変化がわかりにくい時の方法です。
  1. 一方向にあるステップ(幅)で動かしながら、何ステップ動かしたかを常に数えておく。
  2. 最初になんらかの変化が見えた位置から、最適値を通り越して、次に変化が見えなくなるまでのステップ数まで数える。
  3. 数えたステップの半分だけ戻す。
もし、最適値までのステップ数と、最適値後のステップ数にあまりに違いがあると、何らかの非対称性があるということになります。その場合は大抵何かおかしいことが起きているので、注意深く探ってみます。


その他

合わせてこちらもお読み下さい。





とまあ、今回はこんな所ですが、また何かありましたら随時追加してきます。

手持ちのStick PC、MiNISFORUM S41ですが、値段と性能の良さから天文界隈でも使っている方が意外なほど多いのかと思います。その小ささにもかかわらず、スピードも十分。なかなか微妙な立ち位置のStick PCの中で、久しぶりに出た高評価の実用的なものです。



これまでの状況

その中で唯一の弱点が電源。特にバッテリー駆動だとどうも不安定です。

これまで3種類のUSBバッテリーを使用して、そのうち2種は起動不可だったり、途中で落ちることが多かったです。唯一少しまともだったのがLess is moreというところの100Wまで出せるというバッテリーです。起動不可という経験はしたことがなく、テストでは不安定なことはありませんでした。

その後、Less is moreを実戦投入したのですが、撮影中に落ちてしまうということが何度かありました。いずれもSharpCapのPolar alignやファイルをまとめて触ったりするような高負荷なときです。今のところ、純粋に撮影だけしていた時に落ちたことはありません。それでも撮影が止まるのが怖いため、何度か落ちるのを経験した以降は使うのを諦めて、結局今はAC100V出力がある大容量バッテリーに、S41に付属のACアダプターを使って電源供給をしています。

もう少し汎用的にならないかと思うので、いったいどれくらいの電流になると落ちるのか調べてみようと思い、少し測定してみました。


まずは分解

測定に先駆けて、S41を分解して少し中を見てみました。

0C1E94C5-25EF-4A15-8756-6DE269383143

電源部をもう少し見てみます。

77FEA294-B834-48A1-83A3-BD1C40F7E5F0

付属のACアダプターのType Cコネクタの出力をStick PCにつないで、テスターで少し測定してみました。USB Type Cコネクタを使ってますが、形だけ使っているみたいで信号のやりとりはなく、電源とグランドピンだけしか使っていないみたいです。確かにこれだとUSB出力のバッテリーでは、大きな電流は流せないはずです。元々USB2.0は5Vで0.5Aまでしか流せない規格で、USB3.0でも5V、0.9Aです。その後USB PDなど色々拡張して20V x 5A =100Wとかまで使えますが、これはあくまで規格にのっとた信号のやり取りをした場合のはずです。なので、今回のように電圧ピンだけ使っているような場合では電圧が出ないはずなので、落ちる可能性が高いのは理解できます。


Ankerのバッテリー

では実際にどれくらいの電流が流れているの測定してみましょう。使ったのはUSBチェッカーです。

AD518BA4-027C-471F-880D-53551A8DD390

写真ではAnkerの13000mAのバッテリーをつなげています。上の写真は起動前の状態です。

5回くらい起動テストして、起動さえしなかったことが2回ありました。その場合は再起動を繰り返した場合と、止まってしまった場合がありました。それでも起動することもあり、起動した後は特に操作しなければ安定です。

ここの状態からソフトを立ち上げ負荷をかけますが、Ankerの場合SharpCapとStellariumを立ち上げたくらいで落ちることが多いです。落ちた後は0.87Aでほとんど動かなくまります。

FA243E68-C84E-4137-A450-8B6A433B4977

落ちる前にその負荷の高い時の電流を見ると、なぜか1A-1.5Aくらい普通にでてるんですよね。しかも大きな電流でも落ちない時もあり、さらにプレートソルブとかもかけてやります。すると一瞬ですが2Aを超えることもあります。

851C51F3-3F88-403A-9A2F-14EFEFD4CF86

これはどういうことなのでしょうか?そもそも規格で0.9Aしか出ないと思ってましたが、2A出すこともできるみたいです。

このAnkerバッテリー、負荷が低い時は安定する時もありますが、高負荷にしていくと必ず毎回最後は落ちました


Less is moreのバッテリー

Ankerの結果はあまりよくわからないですが、気を取り直してこれまで落ちにくかったLess is moreの100W出せるというバッテリーにつなぎ変えてみます。このバッテリー、Amazonで買ったのですが既にリンク先が切れていました。60Wのものは見つかりましたが、100Wの代替のものは無いみたいです。

61B75800-D386-44BA-BC86-8C128655AD80

ほとんど落ちることはなかったので、思いっきり負荷をかけます。CPUパワーは100%です。見ることができた最大電流は2.5A越え。

BB616BEE-BBD2-4DAD-8AC4-19BA7627BC76

ただし電圧が4.8V台全半まで落ちてます。2A位までは5Vを保ってますが、2Aを超えると供給電圧が落ちていくようです。StellariumにSharpCapでPolar align、プレートソルブをかけながらStellariumをグリグリ動かすととうとう落ちました。でも落ちる瞬間に電流がものすごく高いかというと、そうでもありません。フラフラしてますがCPUパワーが100%で頭打ちなので、平均では2A切ってます。

ここで言えることは、Ankerのものよりは確実に落ちにくいということくらいで、それでも高い負荷だと落ちることは落ちます。5回くらい試しましたが、ただ1度どう負荷をかけても落ちない時があって、その時は諦めて自分で電源を落としました。


付属のACアダプター

次に試したことが、ではACアダプターに繋げた時にどれくらいの電流が流れるか確認することです。でもこれも不思議なことに、2.3A位までは見ましたが2.5Aとかを見ることはできませんでした。CPUパワーが100%で頭打ちで、それ以上電力を使うことができないからかなと思ってますが、はっきりした理由は不明です。

一つだけ言えることは、どれだけ高負荷にしても落ちることは一度もなかったことです。


まとめ?と言えるのか...

結局今回試したことで定量的にはほとんど何も言えませんでした。定性的には
  • バッテリーを使う限りは、多少の違いはあるが、負荷がかかると落ちることを避けることは出来なさそう。
  • 付属のACアダプターが唯一まともな電源で、少なくとも高負荷などで落ちることは確認できなかった。
ということくらいです。逆に疑問点の方が多く
  • USBバッテリーで何の規格のやりとりもなしで2A以上も出せるのか?
  • 逆にいうと、ここまで電流出せるのになぜ落ちることがあるのか?
  • 落ちる理由は何か?もしかして電圧降下が直接の理由なのか?
など、わからないことだらけです。

今回はUSBチェッカーの表示だけを見たので、もっと速い速度で応答を見れば何か分かるかもしれません。もう少し原因がわかれば、何か手を打つこともできるかもしれませんが、USBの範囲でやろうとすると規格外のことになるので、無難に付属のACアダプターを使った方がいい気がしています。

あと、今考えてるのがラジコン用とかのもっとシンプルなバッテリーを使うことです。これをType Cの端子だけ100円ショップで見つけてきて変換アダプターを作るとかだとうまくいく気がします。もちろん自己責任になります。

 

1月末、今年の目標を考える時期になりました。書き始めたはいいのですが、反省と称してブログ見直してたら何日かにわたってしまって、とうとう2月に食い込んでしまいました。いつもに増して長い記事です。お暇な方はよろしければお付き合いください。

昨年の反省にならい
  • 機材、撮影、画像処理、考察評価など、活動、その他
と分けていきたいと思います。


機材関連

去年立てた目標を見直してみます。
  1. モノクロ冷却CMOSカメラを手に入れる。
  2. TSA-120を利用した眼視体制の強化。
  3. PENTAX 6x7レンズをできるだけ試して星景、星野の向き不向きを判別し、焦点距離の抜けを補完する。
うーん、2020年はコロナでショップに行けなかったこともあり、機材に関してはあまり進んでいない気がします。


1. モノクロ冷却CMOSカメラ
はASI294MM Proが出たので購入リストには入っているのですが、最近ASI2600MM Proが発表されたので迷っています。ただ、今もカラーカメラのブロードバンドやQBP、CBPでの撮影も面白くて、もう少し待つかもしれません。


2. TSA-120購入当初の頃はシリウスBを見たり、トラペジウムのE星、F星やさらに暗い星を見たりと、TSA-120ならではの楽しみかたで、かなり充実していました。



でもあとは惑星を少しみたくらいで、特に2020年の後半はそれほど進んでいません。その代わり、撮影に関して(後述)はQBPやCBPなどかなり進展がありました。



3. Pentax 6x7
レンズに関してはここでまとめましたが、

はほとんど進展はありません。しかも上記ページで評価した165mm、後に赤星像が肥大することがわかり、結構ショックでした。この記事で紹介した165mmが最後に購入したPentax 6x7レンズになります。

それでもNEOWISE彗星で6x7の105mmを使ったり、広域電視観望でも使ったりと、実用でもそこそこ役立っています。




あと、一昨年の目標で
  • Vixen Portaの経緯台の評価と安定化
というのがありましたが、これはZEROの評価の一環で、Vixen Portaの経緯台の評価を合わせてすることができました。


ポルタIIは入門用に広いシェアを得ています。ステップアップとしてZEROは面白いと思っていたのですが、残念ながらつい先日生産中止が決まってしまい、現行モデルでは在庫限りとなってしまっているようです。後継機が出てくれれば良いのですが、開発に大きく関わった方が引退されてしまっているというので心配です。

機材に関してはTSA-120以降、大きなものは購入していません。というかTSA-120が相当楽しいので、他を購入するモチベーションがかなり下がってしまっています。というわけで、

目標:  屈折はTSA-120でかなり満足しているので、反射のいいものが欲しい気もしています。まあ守れるかどうかわかりませんが、今年の目標としては
  1. モノクロ冷却CMOSカメラを手に入れる。
  2. 反射の口径の大きい性能の良い鏡筒を手に入れる。
としておきます。2に関しては2020年はVISACを使うチャンスがほとんどなかったので、まずはVISACを試し、それでもダメならということになるかもしれません。あと、先日SCOPIOで見た30cmのGinjiが魅力的でした。天リフのリレーで玄さんが30cmをぶん回していたのも楽しそうでした。30cmクラスは惑星や銀河用にできれば持っておきたいですが、赤道儀を選ぶことと、ここら辺までくると自宅ドームとか欲しくなります。最近自宅撮影でそこそこ満足いく結果が出てきてるので、本気で考えても良いのかもしれません。そのためにはまずは資金ですが...。


撮影

これも昨年の目標を見返してみます。
  1. TSA-120での撮影確立
  2. 飛騨コスモス天文台での満足のいく撮影
  3. ラッキーイメージングでの高分解能の追求
  4. ナローバンド撮影
  5. 電視観望技術を利用した超お手軽撮影で、どこまで迫れるか
  6. 太陽黒点の高解像度撮影
  7. 太陽アニメーションを作る手法を編み出す

1. TSA-120に関しては結構がんばったと思います。というか、昨年はTSA-120がメインの1年でした。作例だけ見ても、13あります。ちょうどCBPを手に入れた頃で、自宅庭撮りとかでも結構うまく出ました。これだけでもTSA-120を購入した甲斐があったというものです。かなりの稼働率です。













特にアンドロメダ銀河と、プレアデス星団と、オリオン大星雲は、昔撮影したものを再撮影してみたくなったものです。何年か経って、機材も画像処理の技術も随分と進化したことがわかります。

他にも、星景写真や惑星など、2020年に撮ったものは他の機材のものも含めてここにまとめてあります。



2. 飛騨コスモス天文台での撮影に関しては、雪解け時には既にコロナ禍であまり移動もできず、結局ドームでの撮影はできませんでした。飛騨コスモス天文台で観望会が3回あったのみです。

3. 4. のラッキーイメージとナローバンドに関してはほとんど進展がありません。VISACの復活とともに進めることになると思います。

5. 電視観望のお手軽撮影に関しては、SharpCapが一眼レフカメラに対応したことが大きいです。例えば6Dで連続撮影してその画像をLiveStackすることができます。電視観望をする際のいちばん大きな壁が、CMOSカメラの値段かと思います。小さな面積のASI224MCなどはまだ安価ですが、センサー面積の広いASI294MCなどは10万円近くするので、やはり初心者には敷居が高いと思われます。本当は導入の楽なセンサー面積の広いものほど初心者に使ってもらいたいのです。その点、APS-Cなどの中古の安価なカメラが電視観望ように使えるなら、かなり敷居が下がることになるかと思います。



ただ、いまだSharpCapの一眼レフ対応はベータ版で、そのまますぐに初心者におすすめというわけにはいきません。ここら辺は時間が解決してくれるでしょう。

もう一つ、サイトロンのSV305-SHJとSkyWatcherのEVOGUIDE 50EDを使った電視観望入門記事は、かなり好評だったようです。コメントの数も63とこれまでの記事で最も多いです。


6. 大口径鏡筒での太陽撮影は大きな進展がありました。C8とPSTを利用した口径20cmの太陽Hα望遠鏡です。2年越しの計画がひょんなことでうまく行きました。シンチレーションがいい日の解像度は物凄いものがあります。あくまで自己責任ですが、これはやった甲斐がありました。


その後の太陽黒点も、PSTで撮影したとは信じられないくらいの解像度で撮影できています。これは昨年の大成果の一つでしょう。




太陽関連で言うと、日食をまともに撮影したのは昨年が初めてでした。部分日食でしたが、それでも十分楽しめました。



7. 太陽アニメーション手法を確立できました。かなり複雑な手順になりますが、出来上がりを見るとやる価値はあると思います。


ただ問題は、恐ろしくディスク容量食うんですよね。節約して1コマ2GBで撮ったとしても200コマとか撮ると400GBです。処理も合わせると5-600GBとかいってしまうこともあります。なかなか気楽にはできません。


目標: 全体を振り返ると、TSA-120、お気軽電視観望、太陽まあそこそこ進んでいますね。撮影に関しては、そろそろ明るいのよりはもう少し淡いのとかが楽しくなりそうです。なので今年の目標は
  1. モクモク暗黒体を撮影する。
  2. 銀河も積極的に手を出す。
とかにします。その過程でナローになるのか、ブロードでまだ撮り続けるのか、いろいろ試しながら進めていきたいと思います。


画像処理

昨年の目標は
  1. 恒星処理
だけでした。これはまだ継続中ですが、着実に進歩していると思います。StarNetの扱いもだいぶノウハウが溜まってきました。またPixInsightでの恒星の扱いもだいぶマシになったと思います。というか、去年1年で画像処理全般の腕がかなり上がったのではと思っています。StarNetとDeNoise AIの力が大きいかと思いますが、画像処理全般について私だけでなくPixInsightの使いこなしなども含めて、特に新しい若い方を中心に進んでいる気がします。蒼月城さんのビデオ解説はもちろんですが、最近はNiwaさんのブログでの解説が非常に有用です。私も置いてかれないように丁寧な画像処理を今後も目指したいと思います。

あと、今もそうですが少し派手目な色調に傾倒しています。じっくりみると飽きてしまうのですが、最初のインパクトや画面を小さくした時でもきちんと認識されるのがいいところかと思っています。まだしばらくギリギリのところを攻めて行こうと思っています。そのうち飽きたら落ち着いた作風にするかもしれません。

あ、そういえばモニターのキャリブレーションも一時期凝ってました。印刷したものとモニター上の画面がこんなに合うとは、ちょっとびっくりでした。



カラーチャートまで作ってしまいました。

カラーマネージメントはそのうち通る道だとは思っていたので、いい経験でした。印刷に関してもある程度の知見を得ることができました。でもいまだに雑誌に投稿できてないチキンです。


目標: 画像処理に関しては、
  1. ハッと思われる画像処理を目指す。
  2. 隙のない画像処理を目指す。
としたいと思います。ちょっと抽象的なのでもう少しわかりやすくいうと、天体マニアだけでない、一般の人が見ても綺麗と思われるような、そして且つ天体マニアが見てもおかしいと思わないようなものを目指したいです。昨年末に撮ったM42もまだ少し不満が残っています。年明けに撮ったM78ももう少し感覚的でない、具体的にはPhotoshopよりもPixInsightを多用して定量的な画像処理をしてみたいです。新しい素材よりも、一度処理した画像を他の方法で処理し直す方が良い練習になるのかと思っています。M78、M42と過去に帰っていき、少し再処理を頑張ることで、次回の素材までに手法が確立できたらと思っています。


電視観望? 中継と言ってしまっても良いかも

去年は
  1. 電視観望がさらに一般的な観測手段になっていくように努力する。
という目標でした。昨年はコロナが大変で、観望会や星まつりが相当中止に追い込まれました。その代わりと言っては何ですが、電視観望がかなり広まったのではないかと思います。外に出れないので、ベランダ観望を始めた人が電視観望にも興味を持つというパターンです。

かくいう私も、Zoomを利用した電視観望中継を何度かやってみました。



あ、そういえばこの電視観望中継ですが、星ナビにも紹介されたのでした。これは大きな宣伝効果ですね。


そういえば、ネオワイズ彗星の中継なんかもしました。撮影のついでだったのですが、ずっと梅雨が続いていて全国的に天気が悪く、この中継で初めてネオワイズ彗星が見えたという方もいたみたいで、反応が大きかったです。マニアだけでなく、一般の方も結構参加してくれました。



ここら辺は広域電視観望の技術を確立できたことで、かなりやりやすくなり、見ている方も見応えが出る感があります。



広域電視観望については、この間の天リフさんのリレーでも紹介しました。昔からカメラをやっていた人にとっては、むしろこちらの方がとっつきやすいかもしれません。これも広まっていくと良いなあと思っています。


この過程で出てきた、「屋根から上る北アメリカ星雲」は電視観望ならではの臨場感で、最も気に入っているものの一つです。
IMG_9940

Zoomにおいては電視観望だけでなく、遠くのいろんな人と繋がることができる、ある意味コロナ禍でなければ気づかなかったかもしれない使い方を模索できました。

PST分解の中継
なんて、Zoomがここまで広まらなかったら多分考えもつかなかったと思います。



ブログやTwitterで質問が来て、それをZoomで相談にのるというのもありました。こんなのもやはり新しい形なのかと思います。



Zoom飲み会と称して、ノイズをネタに大勢が集まってしまって焦ってしまったこともありました。学会みたいだったと言われてましたね。


星まつりでの電視観望の講演などはコロナで実現しませんでしたが、その分結局別の方法でいろいろやることになったんだなというのが感想でしょうか。特にベランダ感冒のおかげか、ここ1年で一般の方達にも認識され始めるくらいになってきていると思います。今後も技術的なことはもちろん、リモートでの講演とかでも積極的に話して、電視観望の魅力を伝えていけたらと思っています。


目標: 今年の目標ですが、
  1. コロナ禍のうちはリモートでの企画を続ける
  2. 晴れてコロナ禍が終わったら、星まつりや観望会で電視観望の魅力を伝えていく
としたいと思います。できれば今年はコロナ収束して欲しいです。

IMG_1530


考察、実験、評価など

理論的なことは昨年は意外なほど進んでいない気がします。というより、これまで考えてきたいろいろなことが、ノイズ軽減や画像処理に生きてくるようになってきたと言っても良いのかと思います。

例えばノイズ飲み会のもとになった、天リフ編集長の疑問に答えるとかも、過去の考察があったからなのではと思います。


エタロンの直感的な理解の記事もやっと書くことができました。


CMOSカメラのコンバージョンファクターを求めることも継続していますが、カラーCMOSカメラはいまだに謎で進展がありません。Matlabの紹介くらいで終わってしまっています。



測定、評価に関しては大きく二つのことをしました。

ZEROの振動測定



大阪あすろとぐらふぃ〜迷人会の井戸端さん製作の微動自由雲台の振動測定です。



ともに、減衰特性に優れた素晴らしい機材です。惜しむらくは、ZEROが生産中止になって在庫限りになってしまったことです。井戸端さんはさらに改良を重ねているらしいので、こちらはさらに楽しみです。


他にもいろいろやってます。

CBPフィルターの検証は、彗星だけでなく、光害フィルターとしても十分に使え、しかもQBPより青系も出やすいとか、赤ハロを防ぐことができ恒星の色が出やすいとかのメリットもあるのではという面白い結果になりました。



トラペジウムを利用したバローレンズの見比べもかなり面白かったです。TeleVueいまだに借りっぱなしです。まだ使っていいよと言ってくれてますが、いい加減に返さなくてはダメですね。



縞ノイズ解析もやりました。画像処理に関連することになりますが、縞ノイズの一つの原因がフラットであることもわかりました。撮影後、暗い中で長時間かけて撮るフラット画像はノイジーということです。それよりも明るいところで短時間で撮った方がいいという結果でした。




大気収差も少し解析してみました。TSA-120で月を見て収差らしきものが見えてびっくりしたのですが、計算すると大気分散で説明ができそうでした。逆に大気分散が見えてしまうTSA-120の性能に驚きました。


シュミットさんからたまたまお借りしたEVOSTAR 72EDの勝手な評価記事は、なんと6本の分量になってしまいました。入門者の最初のED鏡筒としては手軽で扱いやすいものかと思います。タカハシのマルチフラットナーと組み合わせると像がかなり決まりますが、接続に少し苦労しました。








太陽用のBF(ブロッキングフィルター)を3.5nmのHαフィルターで置き換えられないかを、国際光器さんに協力していただいて試したのも面白かったです。結局この試み自体は失敗に終わったのですが、カメラ側に入れてやれば散乱光などを防ぐためか、コントラストが明らかに向上するという効果が見られました。この件シベットさんも追試してくれていました。その後3.5nmフィルターは返してしまいましたが、後のC8にPSTを繋げた時の散乱光の影響の大きさを見るに、やはり一定の効果があるものと今も思っています。





新しいStick PCも試しました。これすごく良くて2台持っています。電源だけが弱点ですかね。


縞ノイズの可視化は結構インパクトがあったみたいです。


固定三脚で天の川を撮影しPixInsightでスタックできるのは、結構実用性が高いと思いました。


小ネタは意外なほどウケがいいです。



あと、TSA-120を整備する過程での鏡筒周りの小ネタとか、ガイド鏡の固定方法とかケースについての考察とかです。






ソフト解説も少ししています。主に撮影ソフトですね。
 

 
 

電視観望の初心者向けにソフトの紹介です。SharpCapは初心者には思ったより敷居が高いみたいで、ASILiveの方がやはり楽みたいです。でもLiveStackは少し重いのと、微調整がやりにくいので、慣れたらSharpCapに移っていくのかと思います。

そういった意味では、ASILive自身が電視観望の普及という意味で、ずいぶん貢献してくれていると思います。

少しだけ開発もしてます。と言っても、以前pythonで書いたものの移植ですが。


こうやってみると、面白いことからくだらないことまで、相変わらず結構な量のことをやっていることがわかります。基本的にはその時に面白いと思ったことだったり、必要だったりしたことです。おそらくただそのまま撮影するよりは、何か新しいことをやってその結果を見たいというのがあるのかと思います。それでもTSA-120が来てからは、性能にはあまり疑いを持つ必要がなくなってしまったので、平日夜中中放っておいて撮影という余裕?みたいなものも出てきました。

目標: おそらくこれからも考察などは状況に応じて行き当たりばったりだったりします。機材の評価を突然頼まれたりもしますし、頼まれもしないのに勝手に評価したりもします。ここら辺は今後も、その時その時の興味の赴くままにやっていけたらいいのかと思います。


課外活動

昨年はコロナ禍ということもあり、ほとんど外で活動することができませんでした。

星まつりは福島のスターライトフェスティバルのみです。それでも開催できたのが奇跡と思えるくらいでした。



数少ない観望会飛騨コスモス天文台での観望会が3回。
 
 
 

富山市科学博物館での観望会はしばらく中止が続き、再開してからも完全予約制で人数を制限して現在も進められています。お手伝いはコロナ前が1回、落ち着いてからが2回参加できたのみです。




一方、こちらは富山のある企業が観望会を計画して実現するために機材を導入するという、少し面白い経験でした。


現在はさらに進化して、VMC260Lを発注したというから大したものです。


写真展は昨年の中では貴重な行事の一つでした。一つはコロナ第一波直後くらいでしょうか、黒部市の科学館です。


もう一つは、年末から年始にかけての富山市科学博物館での写真展です。




天文ショップには数えるほどしかいけていません。コロナ前にスターベースでTSA-120を決める時に行けたのと



コロナが落ち着いた時と、母親が骨折した時に、実家に帰って寄ったSCOPIOショップ2回のみです。




それでも新しい友人もたくさんできました。SNSなどのやりとりが主ですが、実際にあんとんシュガーさんが2度自宅に来てくれました。



科学博物館の観望会で知り合った宙ガールのMちゃんも自宅に来てくれました。相変わらず星三昧のようなので、これからどういう道に行くのかとても楽しみです。


これらの活動記録、並べてるので多少外でもいろいろやっているように見えますが、一昨年と比べると遥かに少なくなっています。一時はありとあらゆる行事が中止になってしまったので、コロナの影響はやはり大きかったです。ワクチンも出来てきて落ち着いていく方向に行くと思うのですが、今年はいろいろな行事もある程度は再開されることを期待したいです。


最後に

上の中から、昨年1年で大きく印象に残っていることを3つ挙げるとしたら
  • TSA-120購入から、テスト、撮影まで。
  • 口径20cmでの太陽Hα撮影でのものすごい分解能。
  • 画像処理の進歩
でしょうか。機材の一つは既製品の使い込み、もう一つは魔改造なので、いいバランスだったのかと思います。

画像処理は自分自身まだ進化している途中だと思いますが、自宅撮影とかでも長時間露光と相まってなのか、やっと少し満足するようになりつつあります。以前ももちろん、その当時はできる限りのことをしてきたつもりですが、今見直して再処理したくなるのがいくつかあります。当然、今いいと思っていても将来見るとまだまだだなあとなると思うのですが、昨年1年間に続き今年もこの路線を続けて、少なくとも自分で満足できるような、そしてできれば他の人が見ても納得してもらえるような方向で進められたらと思います。

ちなみに、1年で何本ブログの記事を書いたか数えてみると、2020年1月1日から12月31日まででなんと141本でした。3日に一本以上書いている計算になります。でもまだネタは全くつきず。書きたいことだらけです。

あ、去年の反省の最後に書いた「ブログの記事を短くする」は全く達成できませんでした(笑)。

こうやってみるとやはりこの1年間、たとえコロナ禍であってもいろいろやってきたんだなあと、改めて実感します。この趣味のおかげでしょうか、外に出れない厳しい環境下でもほとんどストレスなく、楽しいことに没頭できた気がしています。


先週に引き続き、今週も午前は名古屋人心の故郷のコメダ珈琲に。Twitterで昨日の画像処理研究会の議論の続きをしつつ、2時間近くも長居してました。


PCCのカラーバランスについて

議論はPCCについてです。もともと昨日の研究会での議論は、PCCで撮影した画像の恒星を使い、合わせたカラーバランスは、星雲のカラーバランスにも適用できるか?というものでしたが、私の意見は星雲のカラーバランスは別物。理由はフィルターやセンサーのRBGの波長依存性があるので、たとえ恒星で合わせてもそれは必ずしも星雲のカラーバランスを保証するとは限らないのではというものです。APASSの参照カラーもTutrialにあるような特定のセンサーによって測定され、それは当然自分の持っているセンサー特性とは違うためです。

さらに今朝の議論は、星のカラーバランスも参照センサーと自分のセンサーの違いがあるので、厳密には正しくないのではないかということ。その通りかと思います。フィッティングしたグラフをよく見ると、各恒星の色データのばらつきは通常数10%程度はあり(グラフの数値は等級であることに注意、1は2.5倍の違いを表します)、それがセンサーバランスの違いと同程度のオーダーかと思います。なので、PCCはあるセンサーについてはベストエフォートのカラーバランスをしようとしているが、画像データだけからセンサー間の波長依存性の違いを補正するような魔法はないというのが私の考えです。


長焦点距離の電視観望

もう一つ別件で面白い議論をTwitterでしました。長焦点距離の電視観望は、短焦点距離の電視観望より効率が悪いのでは?というものです。シベットさんのC8での電視観望で効率が悪いという意見に端を発します。

シベットさんは実はLiveStackでとりこぼすので効率が悪いということを意味してたのですが、私は勘違いして長焦点そのものが効率が悪いと取り違えたのです。何でかというと、BKP200のF4の800mmでの電視観望と、FS-60CBでのF6の350mmでの電視観望、意外なほどFS-60CBの方が見えたりするのです。その後、cockatooさんからセンサーサイズやピクセルサイズが関係するのではという意見が出ました。最初私はあまりそれらのことは関係ないと思ってましたが、よく考えたら感度の悪いセンサーでQBPを使うと、むしろ悪化するという経験を思い出しました。もしかしたら、電視観望ではある明るさ以下になった時に途端に不利になるのではないかと考え始めました。例えば、
  • QBPで背景光が小さくなった結果、ノイズ(広がり)が大きくて中央値の小さい(例えば)リードノイズとかADCの量子化ノイズに埋もれた場合と
  • QBPなしで、ノイズ(広がり)が小さくて中央値の大きい背景光に乗っかった場合
の違いです。まだアイデアだけですが、定量的に評価できたら機材にある一定の制限をあたえることができそうです。


自宅へ帰って、太陽撮影

こんなことをずっと考えていたので、今日はコメダ珈琲では雑誌を読んだりすることもなく、午後1時前くらいに店を出ました。外が結構晴れてきてたので、自宅について少しだけ太陽撮影をしました。機材は最近流行のC8+PSTです。

太陽のHα像をまずはぐるっと見回すと、プロミネンス がいくつか出ています。光球面はダークフィラメントが少しありますが、あまり興味を引かれるほどではありませんでした。プロミネンス を4ショット撮っておしまい。その中の一つは結構大きくて、リング構造まで出すことができました。

14_35_25_lapl4_ap1540_RS_color_cut

14_38_10_lapl4_ap1318_IP_cut

14_39_23_lapl4_ap1371_IP_cut

14_42_32_lapl4_ap2326_IP_cut
  • 撮影日時: 2021/1/31 14:35から14時45分
  • 撮影場所: 富山県富山市自宅
  • 鏡筒: Celestron C8、口径203mm、焦点距離2032mm、F10
  • エタロン: Coronado P.S.T.
  • 赤道儀: Celestron CGEM II
  • カメラ: ZWO ASI290MM
  • 撮影ソフト: SharpCap 3.3beta (64bit)
  • 撮影条件: ser形式でgain 150-170, 1.25ms x 2000フレーム中上位50%を使用
  • 画像処理: AS3にてスタック、ImPPGで細部出し、PhotoshopCCとShapen AIで後処理
もう少しプロミネンス の細かい構造が出て欲しい気もしますが、結構迫力はあるのでまあ満足です。


センサーのお掃除

ついでにASI290MMのセンサー面の掃除をしました。細かいゴミがついているみたいで、黒いスポットを作っています。保護ガラスを外してもゴミがまだ見えたので、どうもセンサー面に直接ゴミがついているようです。目で見ても全くわかりません。綿棒でそれらしいところを擦ります。カメラをセットし、太陽を見て確認して、ホコリがまだ残っていればまた清掃というのを何度か繰り返します。ホコリが全て取れたことを確認してから、再び保護ガラスをかぶせて元に戻します。

これで次回以降はもう少しまともに撮れるはずです。

 

1月24日の日曜日、富山市科学博物館で開かれている県天の写真展の最終日に案内係がてら行ってきたことを記事にするのを忘れてました。少し思い出しながら書いておきます。


写真展の案内

休日の朝の楽しみの一つ、名古屋人の心の故郷、コメダ珈琲でモーニング。嬉しいことに富山にも何軒か進出しています。朝はコーヒーを頼むだけで、パンとゆで玉子とかがついてきます。しかも長居ができるところがいいです。ここでブログを書くこともよくあります。

その後12時頃でしょうか、富山市科学博物館に移動し、県天の名札を入り口で見せて案内係として特別展室に向かいます。最終日だからでしょうか、それとも日曜日だからでしょうか、前回あんなににきた時と比べると意外なほどお客さんがいます。私がいる2時間くらいの間に数十組、5-60人くらいはきていたと思います。ただし、小さな子を連れた親子連れが8割以上を占めていた印象です。親子連れなのでおそらく写真展のために来たというよりは、日曜で来てみて、たまたま写真展がやっていたということなのかと思います。

IMG_1533

そんな中、何人かは個人で来ていて、明らかに写真展目当てのお客さんがいました。熱心そうな方には声をかけて話をしますが、その中の一人が「ブログを見て最終日だからきた」と言うのです。よく聞いてみると、なんと「ほしぞloveとかいうブログ」と言うので、「あ、そのブログ書いてるの私です」と。

ブログを見てわざわざ写真展に来てくれるなんて本当に嬉しいものです。少し話してみると、県内の方だそうです。地元の人でこのブログを見てきてくれたということは、少なからずもこのブログが宣伝になっていたということです。

実は先ほどこの方からコメントが来てました。こんなマニアックなブログを見てくれていると言うことは、少なくとも天体観測や天体写真に興味があるはずの方です。コメントの中にはあまり大袈裟にはできないと言うようなことは書かれていますが、またいつかどこかでお会いできたらと思っています。

他にも榎本武揚が隕鉄から5振り作らせたうちの一刀、「流星刀」を熱心に見ている方などいました。この方は写真展もそうですが、展示の隕石に興味があるようでした。でもやはり大半は親子連れで、写真展よりも展示物の方が遥かに人気です。

子供も楽しめるように、いくつかの展示物があります。月、土星、火星、木星での体重を知ることができる体重計は子供たちが全部乗って、「木星が一番重いー」とか、「土星はあまり変わらなーい」とか言っています。月の体重計はかなり軽く表示されるのでお母様方にも人気です。


太陽系儀でクイズ

IMG_1326
真ん中にあるのが太陽系儀です。

一組、星に興味がありそうな親子がいました。聞いたら男の子は小学4年生、ちょうど理科の授業で天体のことをやるはずです。その親子が興味を示していたのが太陽系儀。太陽の周りを回る惑星の動きを歯車を使い再現した模型です。展示してあるものは、電気とモーターで動くものです。

おそらく学芸員さんの一人が『週刊 天体模型 太陽系をつくる』で作ったものかと思いますが、お母さんがインテリアとしてでしょうか、興味を持ったみたいです。そこでお母さんと子供にクイズを出してみました。地球自身がくるくる回っているので

「地球が太陽の周りを一周する間に、地球は自分で何回転するでしょーうか?」

問題の意味はわかったみたいなのですが、「えー、そんなの...」と言う感じですが、「ではヒントです。一年は何日でしょうか?」と言ったら、「あっ!」と言う顔をして分かったみたいです。(でも実際はこの太陽系儀の地球は月の公転に合わせて地球が自転しているだけなので、そんなに回っていませんでした。)

「では第2問、月が地球の周りを回っていますが、地球が太陽の周りを一回転する間にこの月は地球のまわりを何回まわるでしょーうか?」

これも最初「えー???」とか言っていましたが、「知識なんか必要ないですよ、これも生活に密着してます」「ではヒント、1年は何ヶ月でしょうか?」と言ったら、今度は子供が先だったでしょうか、「あっ!」と答えがわかったみたいでした。実際には12回ともう少しなのですが、一年は12ヶ「月」と言うのは子供でも知っていることですね。

「不思議ですよね。こんな天体の動きが、普段の生活から分かるわけです。でも当たり前ですよね。もともと地球と月の動きがもとで太古から生物は適応してきたのですから」とかの話になりました。すごく興味深く聞いてくれているようなので、毎週やっている観望会の話もしました。過去に何度かきたこともあるとのことです。「晴れてれば私もお手伝いに行くので、また観望会で会えるかもね」と誘っておきました。

お星様にかわいいお願い

もう一つの人気コーナーが「ほしにねがいを」です。星型の付箋紙に願い事を書いて貼り付けます。

IMG_1532

小さい子に声をかけると、楽しそうに書いてくれます。もう貼り付けるとことは隙間もないくらいいっぱいです。そんな中で見つけたのが下の写真。

IMG_1530

字を覚え立ての子が、がんばって書いてくれたのだと思います。本当に早く収束して欲しいですね。

私は午後2時頃に科学館をあとにしました。ひょっとしたらMちゃんきているかとも思いましたが、学芸さんによると土曜の観望会には参加してたそうですが、この日は見てないとか。名古屋のお土産のアイピースはまた今度手渡します。



めずらしく晴れた!さあ撮影だ!

1月20日と21日、珍しく1日半程度、撮影ができるくらいに晴れました。しかも昼間の立山があまりにきれいにくっきり見えました。透明度はいいに違いありません。

もうずっと晴れてなくて、途中短時間の電視観望や太陽撮影はありましたが、星雲に関して言えば前回の撮影日が12月9日でオリオン大星雲なので、もう一月以上撮影できていません。



M42は楽しかったですが、昔撮ったものの取り直しも飽きてきたので、今回はあまりにメジャーな明るいものでなく、少し淡いモクモクしたものを撮りたくなってきました。そのための最初の一歩になります。平日なので自宅撮影です。でもそもそもそんな淡いモクモク、遠征せずに撮れるのでしょうか?

ターゲットですが、この時期でTSA-120と6Dで撮れる画角のものから選びます。いろいろ考えてオリオン座の上の方のM78としました。まだ真面目に撮影したことがないので、初撮影になります。かなり昔、電視観望では見たことがありましたが、中心以外はかなり暗いのでほとんど何も映らなかった記憶があります。


半月が出ててもフィルター無しで撮影

今回は少し課題をつけます。
  1. 平日なので自宅になるため光害は気にしない
  2. 冬の北陸で天気のいい日がかなり限られているので、月があっても厭わない。この日は月齢7日で、ほぼ半月。沈むのは0時頃ですが、そのころにはオリオン座も結構西に傾いてしまっているので、夜の早いうちから撮影を始めます。
  3. M78は白色や青色が豊富なので、フィルターを入れるとどれくらい色が変わってしまう可能性があります。なのでNo光害フィルターでいきます。ただし、恒星にハロが出る可能性があるのがわかっているので2インチのUV/IRカットフィルターを入れます。
要するに、ほとんど光害対策をしなくてどこまで淡い天体が出るかということです。

これまでQBP、CBPなどを使って、自宅でも輝線スペクトルをそこそこコントラスト良く出せることを示してきました。しかしながら、これらはかなり強力な光害防止フィルターのようなものなので、たとえ輝線スペクトルをきちんと通すとしても、カラーバランスが崩れてしまうことはどうしても避けられないのかと思います。例えばQBPではかなり赤によりがちになります。CBPは青をもう少し出してくれるのでまだマシかと思います。ところが、特に今回のM78のように、反射星雲だと波長は恒星によるはずで、QBPやCBPでは本来あるべき波長がカットされてしまっている可能性があります。また、暗黒星雲とその周りのモクモクの色なんかも光害カットフィルターで様子が変わってしまうのでは思っています。これはCBPで網状星雲を撮影したときに、右側に出るはずの広い暗黒星雲が全く出てこなかったことに起因します。

実はこのフィルター無しでとこまで写るのか、ずっとやってみたかったのです。だってHIROPNさんが都心で低ISOで成果を出しているし、トータル露光時間を伸ばせば背景光ノイズは相当小さくできるはずで、必ず記録はされているはずの天体情報は、うまくすれば引き出すことができるはずだからです。でも失敗してせっかくの撮影時間をまるまる潰す可能性があるので、なかなか勇気が出ませんでした。


撮影開始、でもやはり光害の影響はすごい

そんなこんなでいろいろ考えながらも、準備を焦らずゆっくりして、22時近くから撮影を始めました。6DでISO800、露光時間は3分です。ところが途中で試しに1枚、ABEで滑らかにしてオートストレッチ後、HTしてみたのを試しに見てみたのですが、もうひどいものです。

LIGHT_180s_ISO800_0c_20210120_23h55m36s483ms_RGB_VNG_ABE

リングは多分ABE由来ですが、M78自身が中心以外ほとんど何も写ってません。センサーの汚れも目立ちます。衛星もたくさん写り込んでそうです。どうもこの超ノーマル状態での光害下での撮影はだめそうです。

ちなみに撮って出しJPEGだとそれこそほとんど何も写ってません。

LIGHT_180s_ISO1600_+8c_20210120-21h32m46s782ms

この時点でかなりやる気をなくしたのですが、また設定し直すのも面倒なので、そのままフテ寝してしまいました。朝起きて確認すると夜中の1時頃でカメラのバッテリー切れで止まっています。トータル3時間、月が沈むのが0時だったので、最初の2時間分はまだ月が出ていたことになります。もうだめそうだし、時間も途中で切れてかけれなかったのでここで諦めても良かったのですが、次の日も途中までは晴れそうです。

結局二日目も同じ構図で、少し撮り増し。というか、どうせ途中で曇る予報なので新たに別の天体を撮り切る時間もなさそうですし、M78なら前日の設定が全て残っているので、楽だったからと言うのが実際の理由です。二日目は準備もほとんどできているので、少し早めの18時過ぎから撮影を始めました。天気予報通り、21時すぎで雲が出てきたのでここで終了。この日も3時間程度の撮影時間でした。


スタックした画像を見てみると!

こんな状態だったので、画像処理もあまりやる気にならずに半ば諦めて放っておいたのですが、一応後日フラットとフラットダークを撮影してPixInsightでスタックまでの画像処理をしてみました。

ダークとバイアスは以前の使い回しなので、最近は楽なもんです。ISOと露光時間を合わせておくと、冷蔵庫法のダークライブラリの構築がそこまで大変でないです。スタック後の画像を見てみると、なんと意外にいけそう。下はオートストレッチ後、HistgramTransformation (HT)で適用したものです。

masterLight-BINNING_1-FILTER_NoFilter-EXPTIME_180.8

失敗画像を除いても5時間越えぶんの露光時間が効いたのでしょうか?色もきちんとついてますし、暗黒体の部分も結構出ています。

これは俄然やる気になってきました。


フラット補正とカブリ

ただし上の画像、フラットフレームを部屋で別撮りで撮ったので、実際の空とは違いどうしても1次的なカブリが残ってしまっています。

今回フラットフレームの撮影も簡易的な方法に置き換えました。昼間に太陽が出てる時、もしくは全面曇りの時に、部屋の中の窓から少し遠い白い壁を写すだけです。注意点は
  • 鏡筒の影を避けるために、壁に近づけすぎないこと。
  • 以前は鏡筒の先にスーパーの白い袋をかぶせていたが、今回はそれも外したこと。
  • ISOを同じにして、露光時間を短くしてヒストグラムのピークが中央らへんにくるようにすること。
  • その場で蓋をしてフラットダークも一緒に撮影してしまうこと。
などです。以前は晴れの日を選んで、スーパーの袋をかぶせていました。太陽が出ていて雲が横切ると明るさが変わってあまり良くなかったのですが、空一面の曇りなら大丈夫ではということです。あと、どうせピントは合わないので(多少壁はざらざらしているが)スーパーの袋はなくてもいいのではと言うところが改善点です。

さて、上の画像に残るカブリを取りたいのですが、左下の赤い部分はバーナードループなのでこれは残したいです。こんなときはABEはあまり使えません。実際にABEを1次で試しましたが、赤い部分が大きく取り除かれてしまいした。こんな時はDBEの方がよく、しかも点数をかなり制限してやります。実際打ったアンカーは数えたら10個ちょいでした。

DBE
(アンカーが見やすいように少し画面を暗くしています。)

これでできたのが以下のようになります。カブリが取れて、かつ左下の赤いのはしっかりと残ってます。

masterLight_180_8_integration_DBE4


ここでPCCのトラブルに直面

この後はPCCで、恒星の色を合わせます。ところがところが、肝心な時にPCCがなぜかうまく動きません。これで2日ほどストップしてしまいましたが、その顛末は前回の記事にまとめてあります。




ストレッチからPhotoshopに渡して仕上げへ

PCCがうまくいったあとはArcsinhStretch (AS)を何度かに分けてかけ、ストレッチします。ASは彩度を落とさない利点があるのですが、恒星の鋭さが無くなるので、StarNetで恒星が分離しきれない問題があります。そのため、ストレッチ前の画像から改めてScreenTransferFunctionでオートストレッチして、HTで適用することで恒星を鋭くしました。こうすることでStarNetできちん恒星と背景を分離できるようになります。分離した恒星画像から星マスクを作ります。実際にMaskとして使うにはMohologiacalTransformationのDilationをかけて少し(1.5倍位)星像を大きくします。

あとはPhotoshopに渡していつものように仕上げです。基本はほとんどが先ほど作った恒星マスクを当てての作業になります。DeNoiseも使います。そういえばDeNoiseのバージョンが2.4.0に上がり、Low Lightモードのノイズがさらに改善されたとのことです。DeNoiseは非常に強力ですが、それでもやはりマスクの境や、モコモコしたカラーノイズのようなものが出るなど、悪影響がどうしても残ってしまうことは否めません。今後はいかにDeNoiseから脱却することが課題になってくるのかもしれません。

結果を示します。少しトリミングして90度回転しています。

「M78」
masterLight_DBE4_crop_PCC_pink_AS3_cut

  • 撮影日: 2021年1月20日21時51分-1月21日1時12分、1月21日18時12分-21時20分
  • 撮影場所: 富山県富山市
  • 鏡筒: タカハシ TSA-120 (口径120mm, 焦点距離900mm) + 35フラットナー + SVbony 2inch UV/IRカットフィルター
  • 赤道儀: Celestron CGEM II
  • センサー: Canon EOS 6D HKIR改造
  • ガイド: PHD2 + 120mmガイド鏡 + ASI120MM miniによるディザリング
  • 撮影: BackYard EOS, ISO800,  露光時間: 180秒 x 108枚 = 5時間24分
  • 画像処理: PixInsight、Photoshop CC, DeNoise
どうでしょうか?光害下で、Noフィルターとは思えないくらい出たのではないかと思います。自分でもびっくりです。M78はこれまでも何度か挑戦しようとして諦めていたので、これくらい出ればそこそこ満足です。

ついでにAnotationです。

masterLight_DBE4_crop_PCC_pink_AS3_cut_Annotated



考察

今回の結果はある意味一つの挑戦です。

光害や月明かりが、実際の仕上げまでにどこまで影響するかです。はっきり言って、庭で半月でフィルターなしでここまで出てくるとは全く思っていませんでした。少なくとも1枚画像を見たときはこのチャレンジは失敗だと思っていました。

色バランスを考えた場合、フィルターは少なからず影響を与えます。なので色の再現性だけ考えたときには、フィルター無しの方が良いのかと思います。その代わり当然ですが、フィルターが無いと光害地では明るい背景光やカブリが問題になります。

明るい背景光は大きなノイズ(ノイズは明るさのルートに比例します)を出すので、淡い天体はノイズに埋もれてしまいます。それでも背景光に比べて、天体の明るさの分、少しだけ明るく記録されます。背景光のノイズは多数枚スタックすることで小さくなります。ヒストグラムで考えると、ピークの広がりが小さくなるということです。ノイズピークの広がりが小さくなれば、その一定値に近くなった明るさの中央値をオフセットとして引くことで、天体をはっきりと炙り出すことができるようになります。トータルの露光時間が増えれば、多少の光害地でも淡い天体を炙り出すことは不可能ではないということです。

ではフィルターの役割はなんでしょう?まずは背景光のノイズを光の段階で軽減させることが一番の理由でしょう。もちろん程度問題で、暗いところで撮影したら光害防止フィルターの効果は小さいでしょう。逆にあまりにひどい光害地でフィルターなしで撮影しても、一枚あたりの露光時間をろくにとれなくなったりするので、どうしてもフィルターが必須という状況もありえるでしょう。

あとこれは個人的な意見ですが、フィルターのメリットの一つは画像処理が圧倒的に楽になることではないかと思います。今回の光害下での撮影の画像処理は結構というか、おそらく初心者から見たらかなり大変です。例えばカブリ取りなんかは相当戦略を考えて進めることになります。こういった困難さを避けることができるのなら、光害防止フィルターは大きな役割があると言っていいのかと思います。

逆にフィルターのデメリットの一つは、すでに書きましたがカラーバランスが崩れるということがあると思います。画像処理で多少は回復できますが、それはそれで負担になってしまいます。あと、高級なフィルターの場合、値段もデメリットの一つと言えるのかと思います。

フィルターを使う使わないは、状況に応じて臨機応変に考えれば良いのかと思います。それでも今回、光害地で半月が出ている状況で、フィルターなしでも、画像処理によっては淡い天体をある程度炙り出すことも可能であるということが、多少は示すことができたのではないかと思います。このフィルター無しの方法が、どのくらいひどい光害まで適用できるのか、ここら辺は今後の課題なのかと思います。

今回は失敗かと思ったところからの大逆転、かなり楽しかったです。



 


PixInsightのPCCが動かない!

先週撮影したM78の画像処理を進めているのですが、何日か前からPixInsightのPhotometricColorCalibration (PCC)が使えなくなるという現象が起きていました。Plate solveを使った位置決めまではうまくいくのに、色合わせのところで3回エラーが起こって止まるという問題です。エラーは

PCC

のようなものです。エラーを吐き出すhttps以下のところをブラウザにコピペして呼び出すと

No catalogue or table was specified or found.

というエラーが出ます。通常はフランスのサーバーがデフォルトなのですが、他のいくつかあるサーバーを全部試しても同じ状況でした。また、PIのMac版、Windows版で試しても同じでした。


しびれをきらしてTwitterにヘルプを

しばらくしたら直るかと思って放って置いたのですが、何日か経ってもダメ。ここでTwitterに同じ症状がいないか投げてみると、次々と同じ症状の人が。PCC事故調査委員会の再招集です。



するとすかさずnabeさんが、Gaiaデータをローカルに落とす方法があると示唆してくれました。

少し調べてみると、ここにやり方が載っていました。



そうこうする間にも、誰すのちさんから世界中で同じ状況が起こっているという情報が。




その後も、うまくいったとか、やっぱりガセだったとか、DR3だったらいいかもとか、情報が乱れ飛びます。とりあえず私もDR3で試そうとしていたので、ダウンロード完了後試してみますが、やはりダメ。そもそもローカルに落としたファイルを使えているかどうかの確証がありませんでした。

その後、まず適当なファイルをデータベースとして選択してやると、位置合わせからエラーで全く動かないことが確認できたので、少なくとも位置合わせが動くときはローカルのデータベースは使っていたことが判明。ということは、GaiaファイルはローカルなものもDR2でもDR3でもダメなことが分かりました。

ここで一旦進展が止まって悩みます。

しばらくPCCの設定画面を見ていたら、どうも位置合わせはGaiaとか使っているのですが、色合わせはAPASSというのを使っているのではと思い始めました。

結論だけ言うとこれがビンゴでした。

ラッキーなことに、APASSもDR2、DR3とアップロードされています。あとはどうローカルで使うか。手順を書いておきます。


解決法

まずはここからAPASS DR9かDR10をダウンロードしてどこかに置いておきます。ダウンロードにはユーザーアカウントとパスワードが必要になります。



その後、PixInsightに移り以下の手順でローカルに落としたAPAPPを使うようにします。
  1. Process Explorerの画面を左のタブのところにカーソルを持っていって出します。タブがない場合は「View」メニューの「Explore Windows」から「Process Explorer」を押してください。
  2. かなり下の方の「Start Catalogs」の中の「APASS」をダブルクリック。
  3. 出てきた画面の右下のスパナマーク (Preferences) を押します。
  4. 「Data release」でDR9かDR10かを選びます。先にダウンロードしたファイルに合わせてください。
  5. 「Select」を押し、ダウンロードしたファイルを選択します。
  6. 「ok」を押せば準備完了。
  7. PCCの設定画面に移り、「Photometry Parameters」の「Automatic catalog」のチェックを外し、APASSDR9_XPSDかAPASSDR10_XPSDをダウンロードしたファイルに合わせて選択します。
  8. あとは普通にPCCを走らせてください。エラーが出ることなく、最後までいき、グラフが表示されると思います。


Twitterすごい

Twitterに投稿してわずか1時間くらいで解決でした。確かに最後のAPASSまでたどり着いたのは私でマッチポンプ状態(笑)ですが、nabeさんのローカルでGaiaデータが使えると言う助言がなければ、自分だけでやっていた限り絶対こんな短時間では解決策まで辿り着けなかったと思います。誰すのちさんのフォーラムの情報にも助けられました。

nabeさん、誰すのちさん、Cooさん、だいこもんさん、あんとんシュガーさん、智さん

コメント、助言、テストなどありがとうございました。みなさん事故調査委員会のメンバーですね。私も前回のPCCの色違いの時は委員に入れなかったので、今回は委員の一員になれたのかと思うと光栄です。


(追記: 2021/1/29 復帰したみたいです。サーバー上のAPASSでうまくPCC最後まで行きます。PIをアップデートしたわけではないので、Vizierの方で対応したのかと思います。)

昨年9月に自宅に遊びに来てくれたあんとんシュガーさん。その時はまだ機材を揃え始めたばかりで、長時間の撮影はできてませんでした。その後自宅前でアンドロメダ銀河を、FS-60CBをポラリスUに載せ、FUJIFILMのX-T2で約1時間半を切るくらいの時間で撮影したそうです。撮った画像は自分自身で、時にはTwitterでの猛者たちの力も借りて、PixInsightの練習も兼ね画像処理を熱心に進めてきてました。その様子はあんとんしゅガーさんのTwitterでの投稿を見てるとよくわかり、私もいくつかコメントを返し、いつかまた一緒に画像処理やりましょうと約束してました。


直前に訪問が決まる

1月22日の金曜日「そろそろどうですか?」と聞いてみたら「それでは明日の土曜日に」となり、急遽自宅に来てもらうことに。新潟の考太郎さんも以前から参加したいと表明されていたので、声をおかけしたのですが、直前のお誘いのためにやはり仕事で都合がつかないとのこと。とても残念がってくれたので、次回こそはぜひ参加していただきたいです。


到着

久しぶりのお客さんなので、午前中少し部屋を片付けました。午後1時過ぎ、あんとんシュガーさんが到着。早速見せてくれたのが、大阪あすとろぐらふぃ〜迷人会の井戸端さん製作の自由微動雲台の改良版。

IMG_1528

以前テストしたものよりも見た目もシンプルに、より頑丈そうになっていて、動きもスムーズそうでした。ただ、星を見てのテストまではできてないので、できれば実測でテストしてみたいです。ちょうどTwitterで井戸端さんと繋がって聞いてみると、揺れを収めるための制振用の柔らかい金属を挟み込んでいるとのことでした。でもこれは後から聞いた情報で、その場で見ただけではわからなかったです。これを聞いてますます実際の星で見てみたくなりました。Twitter上でも、他に手に入れられたからの意見で「相当頑丈に固定できる」との意見が出ていたので、かなりいいものに仕上がっているのかと思います。数は出ていないと思うので、手に入れられたユーザーは多分相当ラッキーなのかと思います。末長く実用レベルで使えるのか思います。


画像処理へ

さて、会話のままに引き続き画像処理になだれ込んでいったのですが、どうやってやるかが考えものでした。あんとんシュガーさんは見事にPixInsight (PI)門下になってしまって(笑)、WeightedBatchPreprocessing (WBPP)でIntegrationしたくらいの画像までは出せるようにはなっています。ただ、それ以降の炙り出しをPIの中だけでやろうとしているため、なかなか苦戦しているようです。まずはあらかじめPIでIntegrationまでした画像を用意して、今回はストレッチまで進めるところを実際にやってもらって、その後は別のソフト(今回はPhotoshop)に移して(あんとんシュガーさんはPhotoshopは持っていないので)やり方を「見て」もらう、としました。


PixInsightにて

まずIntegrationした直後の画像は、当然ですがPI上では真っ暗です。あんとんシュガーさんは、そもそもきちんと撮影できているかどうか不安で、この画像にどれくらいの情報が入っているのか理解し切れていないようでした。なかなか細部まで出てこなかったことから来ている不安だと思います。少し安心してもらいたくて、以前Twitterに投稿された画像(JPEG)から、私の方でStarNetで分離して、少しだけ炙り出した画像をTwitterで再投稿したことがあります。

Epqa74tVEAQiGyN_ABE_DBE_back

JPEGから出したものなので、情報は既に欠落しているはずです。それでもこれくらいの淡いところまで残っているので、もう素材としては十分なものが撮れているわけです。その眠っている情報を引き出すことはやはり多少の技術がいるので、今回はそこを重点的に説明することになりました。

といってもやったことは当たり前のことで、
  • AutomaticBackgoundExtractor(ABE)、DynamicBackgroungExtraction(DBE)で周辺減光など、できるだけフラット化しておくこと。
  • PhotometricColorCalibration(PCC)で恒星の色を正しいと思われるものに合わせること。
  • 主にArcsinhStretch(AS)を使って、彩度を落とすことなくストレッチすること。
がメインです。

まずABEですが、2次と4次で個別に処理してみましたが、どちらも結果にあまり変わりはなく、銀河の周りに大きなリングが残ってしまいました。ここでABEは諦めてDBEに。今回は銀河なので、暗黒帯や広い範囲にわたる星雲もなく、DBEでのアンカーは銀河以外のところに数多く、明るさの差があるところは細かく打っていきます。その結果、ABEの時よりはかなりマシになりましたが、それでもリングはうっすらと残ってしまっています。ちょうど良いタイミングでniwaさんがDBEの面白い使い方を示してくれていました。



この情報はあんとんシュガーさんが帰ってから読んだので、今回は試せませんでしたが、これでうまくリングが消えるかもしれません。それでもDBEで相当フラットになったので、M31のかなり淡いところまで出てくるようになります。ここがまず一つ理解してもらいたかった点です。

PCCはデフォルトの12等星まででなく15等星くらいまでにすること、Apartureをデフォルトの8でなく12くらいまで増やすことで、おかしな色バランスになることを防ぎます。詳しくはniwaさんたち委員会の結果を見るといいです。ちなみに私は(どこで知ったか、もう覚えていないのですが)おまじないのように15等星までやっていたので、これまで色バランスがおかしいと思ったことはないです。




次ですが、あんとんシュガーさんは色を出すのに苦労しているようなので、ASで彩度を落とさないようにストレッチしてみます。ASにはハイライトを防ぐオプションがあるのですが、これは通常オンにしておきます。ところが今回はこれをオンにしたことで少し苦労しました。ASを何段階かに分けてかけ、最後のみScreenTransferFunctionとHistogramTransformationで微調整して以下のようになりました。

_60_30__ABE_DBE1_Sam_toPS

最大にストレッチしきる手前で止めてあります。ASのハイライト防止のオプションのために恒星がサチることはいです。この状態でStarNetをかけると、一部の恒星が銀河や星雲などととして認識され、うまく分離できないという問題が出ました。恒星としての鋭さがないことが原因です。そのため、別途ストレッチを戻してから再びSFTとHTをかけて、あえて恒星をサチらせるようにすると、きちんと恒星と背景を分離できました。ここで作った恒星部をMorphologicalTransformation(MT)でDilationをかけて少し恒星を拡大してマスクとしました。

そうそう、このときあんとんシュガーさんから「サチる」がわからないと質問されました。Twitterとかでも使われてるのをみるけど意味が分からないというのです。多分これ理系用語なんですよね。「飽和」を意味するSaturationからきていますが、実験とかして電圧が測定範囲外で上に張り付いたりするときに「あ、サチってる」とか普通に使っています。

恒星をサチらせていない上の画像と、別で恒星をサチらせて作ったマスクを、16bitのTIFFフォーマットで保存して、Photoshopで開きます。でもここからはあんとんシュガーさんがPhotoshopを持っていないので、あらかたの作業工程を見せるだけになります。


Photoshopにて

Photshop上ではアルファチャンネルを利用して星マスクをかけて、銀河部分をあぶりだし、且つ銀河以外の背景のノイズを軽減します。特に銀河部の色出しは彩度、明度をともに調整しつつ自分の好みになるように調整します。中でもCamera Rawフィルターは便利なので初心者にも使いやすいと思います。

今回は星マスクを使いPhotoshopで処理しましたが、StarNetで分離した恒星画像とその他銀河を含んだ背景画像に分けた状態で処理し、レイヤーで重ねる方法もあります。ただ、PI上でArcsinhStretchを使ったために恒星が一部分離できなかったので、今回はこの方法を取ることができませんでした。後のレイヤーでの合成をうまくできるなら、初心者にはこちらの方がやりやすいと思います。

ノイズに関してはNik CollectionのDfine2やDeNoise AIが強力です。それでもこれらツールには限界はあるのと、ときには強力すぎることもあるので注意が必要です。

_60_30__ABE_DBE1_Sam_low

Photoshopに持ってくる前の画像と比べると、銀河の色は出ていますが、どこまで淡いのが出てるかに関しては、Photoshopで処理してもそこまで変わらないのかと思います。背景は銀河の炙り出しとともに荒れてきたのでDeNoiseをかけています。本当は銀河部だけのマスクを作って、銀河だけ炙り出すようなことをやるともう少しましになるのかと思いますが、今回はそこまで時間をかけることができませんでした。


課題

それらのことを含めて、まだできそうな改善の余地をあげておくと
  • DBEでもう少し銀河回りのリングをうまく除去する
  • Pink starの除去
  • 銀河部だけのマスクを使った処理、そのための銀河以外の背景のノイズ処理
  • 最後の微調整に時間をかけること
などかと思います。

結局午後6時くらいまででしょうか、5時間くらいずっとほぼ休憩なく画像処理でした。私自身いつものように紆余曲折しながら長い時間かけましたが、こういったごちゃごちゃした過程を、丁寧に一つ一つ潰しながら、時に後ろに戻って時間をかけてやっていくということを見せたかったのです。

あんとんシュガーさんはすごく熱心なので、多分今回やったこと、見てもらったことを、また自分で繰り返してくれるのかと思います。その場でも話していたのですが、前回9月にきたときにはまだ処理する画像ファイルも無いような状態だったので、すでに今回までに相当大きく進歩しています。春になれば北陸も晴れる日が増えてくるはずなので、撮影もどんどん重ねていくのかと思います。

重要なのはせっかく撮影した画像からいかに情報を引き出してやるか。環境の良いところで長時間撮影したものは処理も楽なのですが、自宅前で撮影したようなものは、画像処理もある程度手間をかけてやらなければなかなか見栄えのするものにならないです。これからも楽しんで画像処理をすすめて頂けたらと思います。



突然の名古屋行き

天リフ中継の次の日、なんと実家の母親が足を2ヶ所も骨折したとの連絡が入り、急遽緊急事態制限下の名古屋に行くことに。母親の世話をしたり、病院に付き添ったり、家の片付けをしたり、結構大変だったのですが、それはそれでなんとかしました。少しだけ時間があり、せっかくなのでSCOPIOに顔を出しました。

夕方16時半頃に店に到着。店長さんと近況を話して、最近のC8での太陽撮影や、先日の天リフの広域電視観望でバーナードループが見えることなど一通り盛り上がります。昨年夏に導入をお手伝いした日本空調さんの様子も聞くことができました。最後に日本空調さんから連絡があったのが「電視観望の最中にASI294MCが突然画面が暗くなった」というので、「SCOPIOさんに相談した方がいい」と答えていたので、その後の様子を聞くことができました。カメラはそのまま交換したとのことで、後で確認したら電視観望の最中にUSBケーブルを何度も抜き差ししていたとのことです。見えなくなったのはそれが原因だったのではということでした。カメラ自体は特に問題なかったそうです。動作中のUSBケーブルの抜き差しは、電源も供給されていることを考えると、確かにあまり良くないかもしれないですね。私も覚えておくことにします。


購入品

この日SCOPIOでいくつか細かいものを購入しました。一つはSVbonyのヘリコイドです。

IMG_1509

今使っているサイトロンのガイド鏡ですが、不安定そうな一本足を取り除いて、出てきたT2ネジにASI290MMを直接取り付けてます。

IMG_9848

でもASI290MMは太陽撮影と兼用なので、いちいち取り外す必要がありちょっと面倒でした。代替機種として福島のスターライトフェスティバルでASI120MM miniを特価で購入しました。miniなので差し込み口の径がアメリカンサイズのアイピースと同じなのですが、T2ネジには直接つけることができません。そこで、T2からアメリカンサイズの変換アダプターのようなものが欲しかったのです。ZWOのヘリコイドがちょうどそのサイズだったのは知っていたのですが、その場ではZWO社のものはなく、代わりにもう少し安いSVbonyのものがあると出してきてくれました。ネジ径に問題もなさそうなことと、更にコンパクトなことと、少しだけ安いので、SVbonyのものにすることに決めました。

IMG_1513

実際にガイド鏡に取り付けてみましたが、上のようにASI120MM miniをうまく組み込むことができました。

カメラがヘリコイド内部の段差に当たってしまって、最後まで押し込めないのは誤算でした。カメラは圧倒的に小さくなって良かったのですが、ヘリコイドの分は当然体積が大きくなるので、そこはマイナス。ヘリコイドでピント調整がしやすくなったのはプラスです。前部の対物レンズでももちろんピント調整できますが、赤いネジを締め込むと少しズレしまうのが不満でした。でもまあ、一度合わせたらほとんどいじることはないので、どちらでもいいと言えばどちらでもいいです。

ASI120MM miniには、2mほどの長さのUSB Type A - USB Type Cケーブルが付属されていて、これまで使っていたUSB3.0のType Bケーブルより細くコンパクトになりました。さらに、もっと短いUSB Type A - USB Type Cケーブルも付属されているので、ASI294MC ProなどのUSB2.0出力があるカメラで撮影する際には、そこからガイドカメラのASI120MM miniに接続できるようになります。そのため長いケーブルが一本丸々省略できるためにこれは大きな利点です。

でもよく考えたら、最近ASI290MMも安いのでそちらを追加した方が良かったかもしれません。いや、太陽用だと290のセンサー面積が小さいのが少し不満なので、グローバルシャッターのASI174MMを買って、290をそのままガイドに使っても良かったかも。いや、ASI294MMだとアップデートで分解能倍くらいになるしいっそのこと...。


あともう一つちょっとした買い物は、サイトロン製の3倍の星ビノです。笠井製の3倍の星座ビノは持っていますが



サイトロン製のものは似て非なるなるもののようです。前回10月にSCOPIOに行った時にその場で直に比べさせてもらいましたが、明らかに周辺の歪み具合が違います。前回はまだ見本があっただけで在庫がなかったので、今回やっと手に入れることができました。値段も1万円台前半なのでおすすめです。

IMG_1518

まあ、夜に見ると笠井のものとの違いがどこまでわかるかは、実際に試してみないとわからないと思いますが、2倍のものはたくさん持っていても3倍のものは一つしかなかったので、ちょうど良かったです。

あとは細かいものだけです。中古のフレキシブルハンドル。ハンドルの持ち手が小さいのが気に入りました。

IMG_1519

Vixenの5mmのジャンクのアイピース。中にカビがあるかもとのことですが、みた限りは大丈夫そうでした。安かったので誰かにあげようと思ってます。

IMG_1520

天文年間。買い忘れてたのでちょうど良かったです。

IMG_1523


やくもふさんと

そんなおり、以前SCOPIOでお会いして、PSTの分解にも参加してくれたやくもふさんが入店してきて、Advance VX用の三脚にサイトロン製のカーボン三脚を実物と合わせていました。合わせてみるとピン位置が合わないので、そこは3Dプリンタで自作するかもとのことです。カーボン三脚実物は軽くて石突きも頑丈そうで、結構良さそうでした。お店にあるのは古いバージョンで、新しいバージョンは足を伸ばしたり短くしたりする時の空気抜けの穴が空いているとか。

やくもふさんが気づいたのですが、お店にGINJIが150mm、250mm、300mmとそろっています。

IMG_1504

わかりにくいかもしれませんが、写真の真ん中に3本並んで写っています。特に30cm、二人とも欲しがってたのですが、重さ約20kgとやはり赤道儀を選びます。タカハシならEM400クラス、VixenならAXDくらいが欲しいとのこと。CelestronでもCGXクラスとのことなので、少し考えてしまいます。ちょうど天リフのリレーでも玄さんが30cmを振り回してたのですが、個人でドーム無し持ち運んで運用するには多分30cmは限界近くの大きさでしょう。C14とかは35.5cmありますが、シュミカセなので短く、重さも20kg程度で同じくらい。EQ6Rなら20kgでギリギリ。まあいつかドームでEQ8とかで30cm以上というのを夢見ることにします。たまにお店に行くと、どんどん夢が膨らんでいきます。怖い怖い。

あともう一つ面白かったのは、15cmのシュミット補正版が2枚入っていてEDという名で売り出していたという珍しい反射型のオレンジ色の鏡筒がありました。メーカー名は聞いたけど忘れてしまいましたが、口径の小さいものも発売されていたそうです。一般的にシュミカセは周辺に行くほどコマ収差が気になるのですが、補正版2枚だと星像がどれくらいになるのか気になります。最近機材が多すぎるので我慢しているのですが、それでもかなり魅力的でした。でもここはぐっと我慢です。今の手持ちの本数から考えると、買っても絶対活用できなさそうです。以前どこかでも書きましたが、一度に操作できるのは(私は)せいぜい2本です。

最後に出てきたのが、Unistellar社のeVcope。お手軽電視観望を実現している新しいタイプの望遠鏡です。実物は初めてみました。思ったより細長いのと、実際に持たせてもらいましたが、見た目より軽くて運搬もそれほど苦ではなさそうです。

IMG_1501

初心者がなかなかパッと変える値段ではないですが、こういったパッケージ物の活路は必ずあるのかと思います。ソフトも独自開発みたいなので、もう少し値段もこなれて一般的になれば一気に広まって、望遠鏡の一ジャンルを絞めるようになるのかもしれません。


いろいろ終えて、やっと富山へ

仕事も休んで(と言っても一部はリモート会議)3日間名古屋に滞在しました。緊急事態宣言の中、結局外食は帰るときに高速手前で入ったすがきやだけでした。あとは全部コンビニかスーパーの弁当など。まあ、贅沢は言ってられません。 

名古屋からの途中の道も結構雪に降られ、富山についたらまた2-30cm雪が積もっていました。でも、次の日は朝から夜までものすごい快晴。

IMG_1508

月が夜中ころまで出てましたが、少しだけ撮影しました。あまりうまく行ったかどうか自信がありません。うまく撮影できていたら、また画像処理して記事にします。
 

天リフさん主催の日本全国天文ファンオンラインリレーが無事に終わりました。私のネタは電視観望でしたが、自分自身もとっても楽しかったですし、他の方の話もとても楽しかったです。

企画、運営から全てやっていただいた天リフ編集長に感謝いたします。


準備

もともと天気がよければ電視観望の中継をやろうと思っていたのですが、そもそも当日の天気が悪くなる予報でした。北陸の冬は基本的にずっと天気が悪いのでしかたないのですが、なんと中継の前日が奇跡的に晴れたので、準備がてら電視観望の動画撮影とスナップショットを撮っておきました。

中継時の動画がしばらく再生可能とのことなので、こちら

Er2XefYUcAAOjUw

を見てもらえればいいと思うのですが、 用意しておいて出し切れなかったものもあるので、少し補足しつつ前日にテストした時の広域電視観望の様子を載せておきます。

IMG_1473


ちなみに、広域電視観望の詳しい機材などについてはこちら



をご覧ください。


冬の広域電視観望

実際に試したのは中継前日の2021年1月15日で、まずは自宅の屋根が入ったところからのM42を導入するところの動画を撮影しました。


電視観望で、しかも自宅からバーナードループが見えるのは、なかなかインパクトがあるのではないかと思いますが、どうだったでしょうか?中継で見せたのはこの動画だけですが、見せようと思って見せ忘れていた静止画があります。エンゼルフィッシュ星雲です。

angelfish

時間の制限もあるので、当日見せる予定ではなかったですが、他にもいくつかスナップショットを撮っています。

California
カリフォルニア星雲


seagull
かもめ星雲


double
二重星団と胎児星雲、ハート星雲


IMG_1477
モンキー星雲とクラゲ星雲

IMG_1476
バラ星雲

などなどです。寒かったので、AZ-GTiを使っての部屋からのリモート導入での撮影です。なので設置後は気楽なものでした。久しぶりの晴れだったので、その後ガチの撮影も考えていたのですが、風速8mの強風で、明日の準備もあるのでこの日はもう諦めました。

多少の光害地でも、実際の観望会でこれに近いものを見せることができるので、この広域電視観望というのはなかなかの威力かと思います。今回は光害防止でQBPと、あと赤ハロを防ぐためにUV/IRカットフィルターを入れています。QBPは900nm以上の赤外を通してしまうことと、CMOSカメラも赤外に感度があるためです。レンズによっては赤外の収差に気を使っていないものも多いので、このようにIRのカットがあるといいと思います。


実際の中継

さて実際のリレー中継ですが、1週間前の日曜にテストで出演者とZoom上で顔合わせと打ち合わせがありました。画像や音声の途切れなどのトラブルもあり、天リフさんの準備は大変だったのではと思います。その後、平日にも中継テストがあったりで、その甲斐もあったのでしょうか、当日は初期トラブル以外は私がマイクミュートで喋っていた事くらいがトラブルで、他はかなり順調だったのではないかと思います。時間ももっとオーバーするかと思っていましたが、結局質疑も入れて一人平均15分くらいだったでしょうか。トータル2時間以内だったので、ものたり感もなく、ちょうど満足するくらいの長さだったかと思います。

今回私が狙ったのは、電視観望の簡単な説明と、SharpCapのポイント、あと一番力を入れたのが広域電視観望です。これを動画でアピールできたのはやはり効果的だったのかと思います。持ち時間は10分(実際にはほとんどの方がオーバーですが)と限られていたので、多少強引な説明になってしまいましたが、電視観望に興味を持っている方にどれくらい見えるのか、電視観望をすでに始めている人にも広域という手もあるということを見せることができたのかなと思います。

自分のビデオを後から見直しましたが、天リフさんの「機材増えましたね」というツッコミを聞き逃してしまったのが失敗でした。電視観望でバーナードループが見えるのは、流石にインパクトがあったのかと思います。その効果でしょうか、あとで広域用のレンズを買ったとのTwitterでの書き込みもありました。この手法も観望会などで広まってくれると嬉しいです。動画の後、エンゼルフィッシュ星雲を見せるのをすっかり忘れていたのは痛かったです。

その場ではコメントを見切れなかったのですが、あとで改めてコメントを見直すと、このブログを見て電視観望を始めたという書き込みもかなりありました。とても嬉しかったです。

他の方のお話もすごく面白かったです。niwaさんが走ってくれました。荻野さんも電視観望の活用を話してくれました。玄さんが30cmを振り回してました。satoru takagiさんの光害地でのラッキーメージでの銀河はすごいです。星見屋さんは腰の痛みを押して出演してくれました。utoさんの東京で5cmとは思えない星像にはビックリです。


更に...

とても楽しかったのと、とても有意義な企画だと思います。またこんなことをやってほしいと思っていたら、次回のアナウンスがすでにされてました。1月30日or31日だそうです。他の方の話もいろいろ聞いてみたいです。私もまた機会があれば、他のネタで出たいと思います。
 

このページのトップヘ